最近の記事
< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
プロフィール
Myu
Myu
いろいろ恵むより恵まれて仕事をし、感謝しながらつぶやいて生きている無芸大食の一応the female です。
オーナーへメッセージ
過去記事

2020年07月31日

追悼 李登輝氏。そして帰ってきた世界の警察、筋の通った米トランプ大統領

追悼 李登輝氏。そして帰ってきた世界の警察、筋の通った米トランプ大統領


追悼 李登輝氏。そして帰ってきた世界の警察、筋の通った米トランプ大統領


追悼 李登輝氏。そして帰ってきた世界の警察、筋の通った米トランプ大統領


追悼 李登輝氏。そして帰ってきた世界の警察、筋の通った米トランプ大統領


本日は7月30日(木)
今日は気温25度曇り時々雨との予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。
まだまだ梅雨明けとなりませぬ。
九州四国中国近畿北陸東北と大雨で
河川の氾濫浸水土砂災害等等・・・
大変な状態が長く続いています。
大自然気象災害の試練・・・
中国武漢発新型肺炎コロナウイルス
の初動故意隠蔽の人的感染被害は
パンデミック拡大と、7か月過ぎようと
するもいまだに収束(終息)するどころ
か感染は続いて気が抜けません。
世界中の人々の生活・経済・・・・が
大変な状態になってしまいました。
政府・医療関係者の休まずの緊張
緊急体制で各国様々な事情状況で
必死に格闘して生き抜いています。
そして更に悪の枢軸中国共産党習近平
の野望策略で今やコロナも元凶、覇権
も元凶と世界中を震撼させています。
国内も多民族の国民を虫けら如くの扱
いで監視統制し、臓器移植の金儲けの
為に大勢の国民を虐待し中には生きた
まま臓器を取り出したり、悪行やり放題
です。世界中1000人計画とやらで
各国の知的財産窃盗特許先取りと、
上げたら際限なき狡猾の限りをやり
尽くしています。何十年もやってきた悪行
で世界第二位の経済大国になって久しい。
アメリカがトランプ大統領になってやっと
気が付き本気で怒り、貿易戦争に始まっ
て、更に世界中を我が物顔で覇権意欲
満々で強気に出る中国共産党習近平に
アメリカが世界の警察と立ち上がって
くれました!!善と悪の戦争だ!!
ポンペオ米国務長官もニクソン図書館にて
立派な演説をされ、世界中が感動覚醒し、
信頼し期待するものです。
中国共産党は中国ではない。中国国民が
中国共産党を倒せと。
中国共産党を応援する国は一か国として
世界中どこにも無い。
一帯一路政策も見え透いた覇権目的と、
援助を受けた多数の後進国も既に酷い
目に遭い、又、いずれ?と・・恐怖の中に
ある状態です。援助の押し付けで感謝
せよと恩の押し売り強制する始末には
開いた口がふさがらない。理解不能!

正論
日本も対中政策の徹底的検証を 
評論家・江崎道朗
2020.7.27

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200727/0001.html

抜粋
 ≪米国が過去の誤り認めた報告≫
 「過去20年間の対中関与政策は
『誤り(false)』だった」

 米国のトランプ共和党政権は5月20日、
「中国に対する米国の戦略的アプローチ」と
題する報告書の中でこう指摘した。

 オバマ民主党政権は2015年の「国家
安全保障戦略」において中国について
「協力と注視」と述べるだけであった。
だが、
トランプ政権は17年12月、「米国の価値や
利益とは正反対の世界への転換を図る
ライバル」だと中国を名指しで非難した。

この対中戦略の転換に伴って中国の政策を
徹底的に検証したのが今回の報告書だ。

 冒頭次のように指摘している。
 《1979年に米国と中国が国交を樹立
して以来、米国の対中政策は、関与を深
めることで中国の経済的・政治的な根本
的な開放を促し、中国がより開かれた
社会を持つ建設的で責任ある国際的な
利害関係者として台頭することを期待する
ことが前提となっていた》

 だが、その期待は中国共産党によって
裏切られた。

 《中国の急速な経済発展と世界との関
わりは、米国が期待していたような市民
中心の自由で開かれた秩序への収束には
至らなかった。中国共産党は代わりに、
自由で開かれたルールに基づいた国際秩序
を利用し、国際システムを自分たちに有利な
形に再構築しようとしている。北京は、中国
共産党の利益とイデオロギーに合わせて
国際秩序を変革しようとしていることを公然
と認めている》

そして中国の問題点を次のように列挙した。
 ・2001年に中国がWTO(世界貿易
  機関)に加盟した際、加盟国は、中国
  が経済改革の道を歩み続け、市場志向
  の経済・貿易体制へと変貌していくことを
  期待していた。こうした期待は実現され
  なかった
 ・1980年代以降、北京は知的財産を保護
  するために複数の国際協定に署名してき
  た。にもかかわらず、世界の偽造品の63
  %以上が中国製であり、世界中の合法的
  なビジネスに数千億ドルの損害を与えて
  いる
 ≪中国の問題点を列挙≫
 ・北京は脅迫と誘導を組み合わせて外国
  の政府、エリート、企業、シンクタンク
  などに中国共産党の路線に沿うように
  圧力をかけている
 ・中国は10年以上にわたり世界最大の
  温室効果ガス排出国である。中国はま
  た、海洋プラスチック汚染の世界最大の
  発生源でもあり、毎年350万トン以上を
  海洋に排出している
 ・2017年以降、中国は100万人以上の
  ウイグル人やその他の少数民族・宗教
  団体のメンバーを再教育収容所に収容
  した。キリスト教徒、チベット仏教徒、イス
  ラム教徒、法輪功のメンバーに対する宗
  教的迫害は、礼拝所の破壊や冒涜、
  平和的な信者の逮捕、強制的な信仰放
  棄、信仰の伝統の中で子供を育てるこ
  との禁止などを含めて広範囲にわたっ
  て行われている
 ・北京が東シナ海、南シナ海、台湾海峡など
  で挑発的で強圧的な軍事・準軍事活動に
  従事していることは自らの美辞麗句に反
  し、近隣諸国との約束を無視している
 ・米国やその他の外国企業は、中国の軍民
  融合戦略のために、知らず知らずのうち
  に中国の軍事研究開発にデュアルユー
  ス技術を投入しており、国内の反対勢力
  を弾圧し、米国の同盟国やパートナーを
  含む外国を脅迫する中国共産党の強圧
  的な能力を強化している
 よってこう総括している。
 《国家安全保障戦略は米国に対し「過去
20年間の政策を見直すこと」を要求して
いる。それはライバルに関与し、国際機関
や国際商取引に参加させることによって、
ライバルを良識ある行動者や信頼できる
パートナーに変えることができるという前提
に基づいた政策である。大部分において
この前提が誤りであることが判明した》

 ≪国益踏まえた戦略へ総力を≫
対中政策の誤りを認めた勇気は称賛に値す
る。そして最早これまでのような対中「関与」
政策には戻らないとして、こう明言する。
 《米国は、自由で開かれたルールに基づく
国際秩序を弱める北京の行動には応じない
し、応じるつもりもない》

 一方日本はこれまでの対中政策の
「誤り」を認めているのだろうか。沖縄の
尖閣諸島周辺の領海への侵入や中国国内
の日本企業への嫌がらせ、知的財産の不正
利用などの問題に対し、どのように総括して
いるのか。

 習近平国家主席の訪日問題に対する
「腰の据わらない」政府の対応を見ていると、
トランプ政権が対中戦略を変更したので、
それにしぶしぶと従っているだけではないか
という疑問が湧いている。
 確かに対米「協調」は必要だ。だが、それ
が対米「追従」に陥らないためにも、日本政
府も全省庁の総力を結集して、この20年の
日中関係を徹底的に検証し、その問題点を
明らかにした報告書を作成・公表すべきだ。
そうすればおのずと日本の国益を踏まえた
対中戦略が定まってくるはずである。


まず親中派二階・今井(氏)は安倍政権から
即刻辞退引退すべしでしょう。


正論
日本による植民地化の功罪考える 
東京大学名誉教授・平川祐弘
2020.7.28

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200728/0001.html

抜粋
 サッチャー英首相がベルギーで西欧政治
家向けに講演し、白人は「白人の責務」を背
負って野蛮な民の世話をやくため植民地開
拓の事業をした。それは世界に文明をもた
らした。謝る必要はないと言った
ことは前に
紹介した。
 その時は驚いた。西洋の植民地政策は
功のみで日本の植民地政策は罪のみか。
私はそう思った。
 ≪民主制は漢民族にもなじむ≫
 アヘン戦争で香港を英国に奪われたこと
中国では「国恥」と教える。だから中国人
は香港奪還は当然と思う。そんな歴史教育
だから、政権が香港に高飛車に出れば
出るほど国内的人気は上がる。世界の国で
中国だけは悪いことをしたことがない、
「歴史清白、道徳高尚」と中国では教える

 だが香港の人は警察国家は嫌いだ。
「香港は一国二制度の方がいい。大陸に
同化されるなら英国領の方がまし」と思う
人もいるだろう。サッチャー演説を正しい
と思う人が出るのは当然だ。香港問題は
はしなくも植民地化の功罪をあらためて
問わせることとなった。
 植民地化は植民者という一級市民と
被植民者という二級市民を作るがゆえに
悪である。そうと認めない国もある。中国
は反植民地主義を唱える植民地大国で、
ウイグルやチベットを支配し、西部大躍進、
王道楽土建設中と言い張る。この逆走改革
が目指す先は、明・清並みの帝国復活で、
鄭和の大遠征にならって版図の拡大を
はかるコロニアリズムだ。
社会帝国主義と呼ぶにふさわしい。
 そんな中国共産党支配は真平御免と
いうのが、香港に限らず、台湾の人だ。
大陸と手を結ぼうとした国民党の韓国瑜は
台湾総統選で蔡英文に敗れた。
 台湾では米日の評判はいい。親日的だ
けでなく民主的だから台湾が好きだ。教育
水準が高く、言論自由の空間があれば
民主制は漢民族にもなじみ得ることを立証
した。
 だが、だからといって日本による植民地
化を「勇気と才覚の物語でありました」と
言おうものなら学者は学者生命を失いか
ねない。しかし、比較史家の私は、日本
帝国が植民地化した地域で、いまなお日本
に発せられる表の非難や裏の評価が、国・
時・人により違うことに興味を抱く。
 日本は植民地に帝国大学を建設した珍
しい文明国だ。台湾で台北帝大の教授だっ
た日本人の評判はいい。しかし、韓国では
京城帝大教授だった日本人をよく言おうも
のなら親日派とにらまれるから、悪口の方
が言いやすい。同じ頃造られた京城と台北
の帝大教授の人選に違いがあるはずはない。
違いは客観的な教授の実体でなく、近隣
諸国の主観的な日本人像だ。
 相手国の国民性や言論の自由・不自由
の差で、日本人像も変化する。
タテマエとホンネが違う。
 ≪李垠-李氏朝鮮最後の王≫
 西洋では宗主国の皇族女子が植民地の
王侯と結婚することはなかった。李氏朝鮮
最後の王が、昭和天皇のお妃候補の一人、
梨本宮方子さまと結婚した。日本は植民地
化といわず日韓併合といったが、合点する
人も出た。いや、これぞ人質をとる戦国武将
の婚姻政策が復活したと見る人も出た。
 李王殿下のことは、林真理子「李王家の
縁談」(『文芸春秋』連載)が評判だ。
李建志『李垠-李氏朝鮮最後の王』(作品社)
はさらに真実で面白い。徹底した史実調査と
巧みに叙述する筆力で読ませる。日の光のあ
たらなかった日韓関係の深部を照らし出す。
 切り口の鋭さ、ずばり言い切る意志、資料
を鮮やかに整理する表現力に舌を巻いた。
著者の自己紹介を引くと、「私はいわゆる
『在日朝鮮人』と他称される人間で国籍は
韓国であり、大韓民国の人間として、日本
在住の外国人として生まれ、育った。その
ことに文句があるわけではない。しかし、こ
のような存在をつくり、かつ放置してきた
大韓民国、北朝鮮、そして日本に対して、
どうしても許せないのだ。そして私は思う。
最初の『在日朝鮮人』とは誰か-。」
 それが「李垠と言う」その李王をとりあげ
た著者、李建志は「リ・ケンジ」と読む。
漢字の読み方は一定がよい。電話帳も索引
も「リ」か「イ」か、わからなければ商売も
研究も進まない。だが、ローマ字綴りが本の
表紙に Lee kenji、日本研究特別賞を
授与した田久保忠衛国家基本問題研究所副
理事長の選考報告に Rhee Kenji
とある。李王殿下の李垠は Lee Eun
と表記され、李垠は最初「リコン」と日本
語読みされたが、結婚に際して「リギン」に
した。離婚に通じてはまずいから「リギン」
の読み方を取ったらしい、とお堅い本に
笑いもまじる。
 ≪福祉事業で慕われた方子さま≫
 東大比較大学院は多数の韓国留学生を
迎え入れ、助手は名前を韓国音で覚えたが、
今では漢字名は記憶するが片仮名で覚えた
類似音は忘れた由。無理は続かない。私た
ち教授がソウルで学会に出ている合間に
助手だった加納孝代さんは方子さまに会い
に行った。晩年をソウルで過ごした李王殿下
の没後、方子さまは障害児の福祉事業に
携わり、人々に慕われた、小柄で上品な方
だった由である。

正論
「銅像」が語る歴史を壊す愚かさ 
麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
2020.7.29

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200729/0001.html

抜粋
 銅像の破壊は歴史的に繰り返されてきた。
古代ローマの将軍、皇帝などが制覇したエジ
プトから、ラムセス2世、トトメス4世などの
オベリスクを奪い、勝利のトロフィーとして
ローマで展示した。古代エジプトの君主で
あるファラオも、前のファラオの石像などを
取り壊し、石碑から名前を消すなどが頻繁
にあった。
 アウグスティヌスの『神の国』では、有名な
将軍が都市タレントゥムを「潰した」時、その
街の像をあえて壊さなかったことが非常に
珍しいと書いている。ほとんどの場合は、
敵の神々の像、敵の指導者の銅像、石像
などを打ち壊していたわけだから。
 ≪歴史をゴミにして捨てる≫
 古代も現代も同じ。中国共産党の毛沢東
による「文化大革命」の延長戦として、「批
林批孔運動」で孔子の像などが破壊された。
今の共産党は、孔子を盾にして世界中に
プロパガンダをばらまいている。代わりに
チベットで仏像などを破壊した。
 共産主義といえば、ソ連崩壊時にレーニン
やKGBの前身の秘密警察創設者、フェリッ
クス・ジェルジンスキーなどの銅像が次々に
倒された。
 2001年にアフガニスタンのタリバン
政権下ではバーミヤン渓谷の崖にある大仏
が爆破された。それを激しく批判していた
米国だが、2年後、イラク侵攻により、
サダム・フセインの銅像は顔に星条旗がかけ
られてから、クレーン車で撤去された。
 米国政府はその文化的バンダル(破壊)
主義が外国だけでとどまると期待していた
かもしれないが、同じ現象が今、米国内で
繰り返されている。不都合な真実が自分の
イデオロギーに邪魔だと思ったら、堂々と
落書きをしてから取り壊す。あたかも存在
しなかったかのように、米国の歴史を根っこ
から取り出してゴミにする動きが米国で強い
勢力を見せている。
 500年前に欧州でカトリックの聖マリア
像、聖ヨセフ像、イエズスの像などを壊した
プロテスタントの精神を受け継いだ米国は、
自分の「世俗的聖人」、例えばワシントン、
ジェファソン、リンカーンなどの「偶像」ま
で一掃、壊して捨てている。剣を取るものは
剣で滅びる。
 ≪過去の間違いから学ぶこと≫
 像を壊すというブームが世界レベルに
発展している今は、改めて日本の「像」に
対する意識を参考にしてほしい。日本では、
祟(たた)りが怖いからか、または平川祐弘
先生が指摘される通り死者が政治を超越して
いると考えているからか、像は歴史をそのま
ま伝えている。時の朝廷に反逆した平将門は
首都の真ん中にある神田明神で祀(まつ)
られ、彼にも像がある。
 西郷隆盛の像は、上野駅周辺の目印として
長年親しまれている。坂本龍馬、織田信長、
会津若松の白虎隊、皆、銅像がある。敗北者
にも発言する権利がある。過去に間違いをし
たとしても、彼らから学ぶことができる。
チェスタトン曰く「死者の民主主義」のように、
昔の人も現在に語り続けている。人間のスト
ーリーは、今生きている人に限っていない。
 確かに、気に入らない像を取り壊すことは
日本でもあった。廃仏毀釈(きしゃく)と
いわれ、仏教のお寺、像などが容赦なく壊さ
れたこともある。しかし、よく考えるとこれ
は西洋の影響を受け、国家宗教が必要だと
思って急いで「神道」を取り付けようとした
政府の政策だった。冷静になったら反省して
破壊をやめた。いくら「邪魔者」だと思っても、
やはり歴史の遺産を壊してはいけないのだ。
死者を裁く存在は、神様だ。人間ではない。
 ≪歴史の前に素直になる≫
 歴史の事実を勝手に、自分の都合に沿わ
せるようにいじってはいけないからこそ
「慰安婦像」に反対している。慰安婦の歴史
の詳細は、秦郁彦先生、そして韓国の李栄薫
先生らの学者が徹底に研究して学術書などを
発表している。そうした実証的研究と異なり、
慰安婦像は歴史を歪曲し、隣国への嫌がらせ
や詐欺のために建てられた。史実を尊重して
いる者からは非常に違和感を覚えさせる物だ。
 結局、敵の像を壊す事は、敵そのものを壊
そうとしている事に匹敵する。その点でも
米国に日本を見習ってもらいたい。米軍が
日本を空襲している中、狙われている日本の
市民は墜落したB29爆撃機の乗務員を追悼
する石碑を建てていた。苛烈な合戦の中、
敵を嫌うのではなく、敵を許してまさに博愛
していた。
 靖国神社の境内にある遊就館の前にある
パール判事の石碑に書いてある通り、
「時が熱狂と偏見とをやわらげた暁には 
また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとった
暁には その時こそ正義の女神は その
秤(はかり)を平衡に保ちながら 過去の
賞罰の多くに そのところを変えることを
要求するであろう」

南北戦争時の南部の大統領、
ジェファーソン・デービスの文からの
引用で考えさせてくれる言葉だ。
 歴史そのものを敵に回している現在の
アメリカ人よ。日本を模範にして、歴史の
前に素直になって、過去を消すのをやめて
過去から学びなさい。


中国への寄付金 
自民、議員数や総額公表せず
2020.7.29 19:20政治政局
膨張する中国

https://www.sankei.com/politics/news/200729/plt2007290021-n1.html

抜粋
自民党は29日、新型コロナウイルス禍に
あった中国に対し、党所属国会議員から
1人当たり5千円を募って支援する方針を
めぐり、寄付に応じた議員数や総額を産
経新聞の取材に明らかにしなかった。
党幹事長室が文書で回答した。
党幹事長室は「寄せられた支援金は、中国
大使館に届けた。賛同した議員の氏名や人
数、総額については回答は控える」とした。
 二階俊博幹事長は2月の記者会見で、
所属議員の3月の歳費から一律5千円を
集め、中国に寄付する考えを表明したが、
保守系議員らの反発を招き、任意での
寄付に方針転換していた。

正論
平和ボケ改め「令和維新」実現を 
明治大学名誉教授・入江隆則
2020.7.30

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200730/0001.html

抜粋
 ≪明治維新前の2つの戦争≫
 国難である“小さな戦争”が国民の意識に
与える影響について、私はこれまでに何度
も書いたことがある。例えば日本の近代化
の出発点となった約150年前の「明治維新」
が、何故あれほど成功したのかといえば、
それに先立つ薩英戦争と馬関戦争で、当時
日本の雄藩だといわれていた薩摩藩と長州
藩がともに敗れたからである。
 その詳細を今ここで書くことはできないが、
1862年に横浜の近郊で起こった生麦事件
で薩摩藩士が英国人を斬り殺したことの復讐
として、翌年、英艦隊が鹿児島湾に侵入し
鹿児島市街の約1割を破壊した。その結果
薩摩藩と幕府とが英国に54万ドルを支払っ
て解決したのが前者の薩英戦争である。

石平のChina Watch
大水害…習政権の無責任体制
2020.7.30

https://special.sankei.com/a/international/article/20200730/0002.html

抜粋
 今月22日から中国の習近平国家主席は
東北地方の吉林省で地方視察を行った。
 同日は、同省の吉林市で農業生産基地や
「革命戦争」の記念館などを視察し、農業
生産の重要性や「革命伝統」の大事さなど
について熱っぽく語った。翌23日には、
同省最大の都市、長春市で視察を続け、
空軍の航空大学や第一汽車(自動車)集団
有限公司などを見て回り、中国の軍事戦略
や産業政策について「重要講話」を行った。
このようにして習主席は吉林省視察を精力
的に行っていたが、問題はこの地方視察の
タイミングと場所の選定があまりにも間が
抜け、あまりにも無神経であったことだ。

北朝鮮への潜入17年 
米国人スパイの数奇な運命 
トランプ氏「あなたは英雄」
2020.7.30

https://special.sankei.com/a/international/article/20200730/0003.html

抜粋
2015年10月、北朝鮮北東部の経済
特区、羅先(ラソン)市の庁舎に車で向
かっていた米国人、ドンチョル・キムの
前に意外な人物が立ちふさがった。
北朝鮮の秘密情報の収集を助けてくれて
きた協力者だ。この場にいるはずのない
人物。「会長がお望みだった資料ですよ」。
協力者は助手席に封筒を投げ込むと、キム
がこれからたどる運命を知っていたのか、
ひきつった笑みを浮かべて立ち去った。
 神学博士のキムが01年に北朝鮮入り
したのは本来、布教が目的だった。体制
に取り入ろうと、ホテルを建てたり、中国
から投資を集めたりした功績が認められ、
市の海外投資誘致委員長などの要職も任
された。中国朝鮮族の妻が北朝鮮体制の
重鎮の親族だった点も大きく作用した。
米国籍でありながらホテルを経営する
「会長」としても確固たる名声を手にした
が、その瓦解は一瞬にして訪れた。

福島・郡山の爆発事故で1人死亡 
内装工事で休業中、プロパンガス使用 
2020.7.30 11:27社会地震・災害
火災・放火・爆発

https://www.sankei.com/affairs/news/200730/afr2007300010-n1.html

「100年に1度の健康被害」 
WHO報道官が危機訴え
2020.7.30 18:58国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200730/wor2007300011-n1.html

抜粋
世界保健機関(WHO)が新型コロナウイ
ルス
について「国際的に懸念される公衆
衛生上の緊急事態」を宣言してから30日で
半年がたったが、感染拡大は続いている。
世界全体の感染者数は累計1600万人を
超えた。WHOのマーガレット・ハリス報道
官は「人類は100年に1度の健康被害に
直面している」とし、「私たちは新型コロナ
とともに生きることを学ばなければなら
ない」と感染防止策の徹底を訴えた。

東京五輪の開催方法については国際オリン
ピック委員会(IOC)が最終的に決定する
が、私たちは(助言などの)協力をしている。
未来は予想できないが、最終的に東京五輪
は開催されるだろう。だが、通常とは異なっ
た方法で開催されることが予想される」
 「どのような種類の大規模な集会であっ
ても、人々を感染の危険にさらす。私たちは
多くの人が集まったときに感染が発生して
いるのを確認している。もし、新型コロナの
感染が続くのであれば、私たちは無観客開催
を含めた別の開催方法を探さなければなら
ない。現在、さまざまなスポーツ大会が感染
を拡大させない開催方法を試そうとしており
、IOCはそれらの大会を見て学ぶべきだ」

李登輝氏死去】
戦後台湾の象徴 
「22歳までは日本人だった」
2020.7.30 21:54国際中国・台湾
李登輝氏死去

https://www.sankei.com/world/news/200730/wor2007300018-n1.html

抜粋
 本省人(台湾出身者)として初の総統と
なった李登輝氏は、台湾の戦後史を象徴
する存在だった。外省人(中国大陸出身者)
による支配が長く続いた台湾で、本省人の
登用策に乗り最高権力者に上り詰めた。
就任後は自らの政治手腕で権力闘争に打ち
勝ち、民主化と統治体制の「台湾化」を強力
に推進。共産党一党独裁の中国とは異なる
「自由で民主的な台湾」の像を国際社会で
確立した。
 李氏は日本統治時代に高等教育を受け、
「22歳までは日本人だった」と語っていた。
台湾は終戦によって中華民国に接収され、
本省人が日常的に話す言葉とは異なる標準
中国語が公用語になった。李氏も他のエリー
ト層同様、言語を再習得せざるを得なかった。
国共内戦に敗れ台湾に移った中国国民党
政権は、1987年まで続く戒厳令を元に
「白色テロ」と呼ばれる政治弾圧を行った。
李氏も共産党系の「読書会」に参加したこと
で監視対象とされ、不安な日々を送った。

李登輝氏死去】
習近平氏の野望を阻んだ「台湾人意識」 
尖閣は「日本のもの」と公言
2020.7.30 22:03国際中国・台湾
李登輝氏死去

https://www.sankei.com/world/news/200730/wor2007300019-n1.html

抜粋
中国の習近平国家主席は台湾に
「一国二制度」の受け入れを迫っているが、
その台湾統一の野望を阻む最大の砦は、
李登輝氏が総統時代に政治改革や教育政策
などを通じて確立させた台湾人意識だ。台湾
の主体性を重視するこの意識は今や党派を
超えた台湾民意の主流となり、李氏の死去で
揺らぐことはなく、指導部に残された手段は
限られている。
台湾統一は氏が掲げる国家目標「中華民
族の偉大な復興という中国の夢」の中核だ。
だが2012年の指導部発足以降、台湾
独立志向の民主進歩党を率いる蔡英文氏
に二度の総統選当選を許すなど台湾政策
の成果は乏しい。特に今年1月の総統選は、
香港への統制強化が台湾社会に一国二
制度への不信感を募らせる結果となり、
中国側の“オウンゴール”に終わった。
 焦りを隠せない指導部は5月、党序列
3位の栗戦書政治局員が、台湾独立の動き
があった場合に武力行使することを規定した
「反国家分裂法」に基づく軍事力の発動を
示唆した。
 中国が武力侵攻に踏み切る可能性はある
のか。李氏は18年10月、産経新聞の
取材に「米国がどの程度関与してくるかは
不明で(台湾も)過大な期待を持つべきでは
ない」としつつ、中国側にもリスクは大きい
との見方を示した。北京の中国人ジャーナ
リストも「もし台湾側に三峡ダムを爆撃され
たら下流の江蘇省や浙江省は水没する」と
指摘し、指導部が政治的賭けに出る可能
性は低いとみる。
 李氏は総統退任後、台湾を「正常な国家」
とするための新憲法制定を掲げ、中国が領
有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)も
「日本のものだ」と公言。中国の左派を「現
代最大の漢奸(かんかん)だ」(中国紙・環
球時報電子版)と逆上させた。中国ではこう
した批判の声が大勢を占める一方、改革派の
中には「台湾の民主改革を穏健に実現した」
(北京の政治学者)と評価する声もある。

国内感染新たに1305人 最多を更新
2020.7.30 22:51ライフからだ
新型コロナとたたかう

https://www.sankei.com/life/news/200730/lif2007300080-n1.html

抜粋
東京は22日連続で100人を超え、過去
最多だった23日の366人を上回り、
367人となった。
大阪は190人
愛知は29日に記録した過去最多の
167人に迫る160人
福岡は121人で最多を更新した。
千葉49人

トランプ氏、米大統領選の延期に言及
2020.7.30 22:54国際米州
米大統領選

https://www.sankei.com/world/news/200730/wor2007300024-n1.html

抜粋
トランプ米大統領は30日、ツイッターで
11月3日実施予定の大統領選を延期
する可能性に言及した。
 トランプ氏は、新型コロナウイルスの
感染拡大を受けて全米各州で郵便投票
を導入する動きが広がっていることに関し、
不正投票の温床になる恐れが高いとの
立場から「今年の選挙は最も不正確
かつ不正が横行する選挙になるだろう」
と主張した。
 同氏はその上で「有権者が正当かつ
安全に投票できるよう、選挙を延期す
べきでは?」と指摘した。
 大統領選の実施日は米国憲法で
定められているため、期日変更には
議会でそのための法律を通過させる
必要があるとの指摘があり、延期が
可能かどうかは定かでない。

李登輝氏死去】靖国で「涙が出ます」 
東日本大震災の被災地にも足運ぶ
2020.7.30 23:38国際中国・台湾
李登輝氏死去
https://www.sankei.com/world/news/200730/wor2007300027-n1.html

抜粋
 台湾民主化の父、李登輝氏が97歳で亡く
なった。日本統治時代の台湾で生まれ京都
帝国大(現京都大)で学び、「私は22歳ま
で日本人だった」と語るほどの親日家だった
李氏。その根底には、日本から学んだ「日本
精神」があった。2000(平成12)年に
台湾の総統を退任して以降、計9回にわたり
来日。俳人、松尾芭蕉の「奥の細道」を歩き
、東日本大震災の被災地にも足を運ぶなど、
日本を愛し続けた人生だった。

今日の小田氏からのメールは?

人生が変わるほどの出会いをする秘訣

<成長のヒント>
 たったひとりと出会うことで
 それまでやってきたことがつながって
 すべて報われるような気持になったり
 それまでに思いもしなかった
 次に進む方向を指し示してくれたり
 それまでの自分に欠けていた
 人生で大切なことを教えてくれたりして
 「あぁ、この人と出会うためだったのか」
 と、しみじみ思える
 人生の転機(ターニングポイント)になる
 ことがある。
 そんな人生が変わるような出会いをする
 には
 どうすればいいのか?
 1)自分の役割やお役目は、何かを問い
  かける。
 2)自分がもらった以上に、与えることを
  心がける。
 3)何でもいいから、ごまかさずに続ける。
 すると
 小さなご縁が重なり
 まるで導かれるように偶然が重なって
 必要なタイミングで、ご縁がつながって
 いく。


同じカテゴリー(民族)の記事画像
世界は深く広し!様々な大小紛争の危機感の中、宇宙研究覇権問題?生物の生命の様々な危機も!
日本は世界の共通人主主義国と協力体制をより強くして相反する悪政国にしっかり対応対処体制を!
隣大国の次々にあらわになる残虐悪事覇権政策の長年の非道卑劣狡猾悲劇を如何に
不安な船出の様?!果たして?!
あまりに異なる民族性、歴史、思考、思想、人道非人道、善悪・・・世界の安全安心平和安定は厳しい・・・
荒波の世界・日本は今後如何に?
同じカテゴリー(民族)の記事
 世界は深く広し!様々な大小紛争の危機感の中、宇宙研究覇権問題?生物の生命の様々な危機も! (2020-09-22 09:26)
 日本は世界の共通人主主義国と協力体制をより強くして相反する悪政国にしっかり対応対処体制を! (2020-09-21 20:58)
 隣大国の次々にあらわになる残虐悪事覇権政策の長年の非道卑劣狡猾悲劇を如何に (2020-09-19 19:18)
 不安な船出の様?!果たして?! (2020-09-17 18:23)
 あまりに異なる民族性、歴史、思考、思想、人道非人道、善悪・・・世界の安全安心平和安定は厳しい・・・ (2020-09-16 21:55)
 荒波の世界・日本は今後如何に? (2020-09-16 08:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
追悼 李登輝氏。そして帰ってきた世界の警察、筋の通った米トランプ大統領
    コメント(0)