最近の記事
< 2020年02月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
Myu
Myu
いろいろ恵むより恵まれて仕事をし、感謝しながらつぶやいて生きている無芸大食の一応the female です。
オーナーへメッセージ
過去記事

2019年12月08日

世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!

世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!


(10月30日長崎にて沖縄首里城の火災
のニュースを夜ホテルにて見て驚愕!)

本日は12月8日(日)
今日は気温11度晴れとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかり元気にやり切って生きましょうと。

日曜経済講座
米政界に米中「資本分断」案 
対立の新たな火種に
2019.12.8

https://special.sankei.com/a/economy/article/20191208/0001.html

【アメリカを読む】
米5G戦略、ソフト開発で巻き返し 
国内はファーウェイ完全排除
2019.12.8 01:00プレミアム
アメリカを読む

https://www.sankei.com/premium/news/191208/prm1912080009-n1.html

【あめりかノート】
古森義久 対中融和唱える日本の異端
2019.12.8 10:30コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/191208/clm1912080004-n1.html

抜粋
米国では議会とトランプ政権が一体で中国
の人権弾圧を糾弾する鋭い動きが広がった。
香港人権民主主義法、チベットやウイグル
の人権弾圧への制裁、台湾の民主主義の
称賛などである。
米国は対中政策では後戻りのない
ルビコン川を渡った。
中国共産党政権の
人権弾圧部分に糾弾の焦点を絞ることは、
経済、外交、軍事での中国非難のさらに
先を進む心臓部への攻撃だからだ。
共産党の独裁支配は人権抑圧なしには
無期限に保てない。

 トランプ政権の対中政策のこれほどの
先鋭化は10月末のマイク・ポンペオ国務
長官の演説が象徴していた。
 「米国はこれまで中国共産党政権の
人権弾圧とその基礎となるイデオロギー
の民主主義陣営への敵対性を過小評価
してきた。米中間の諸課題はもはやその
イデオロギーの基本的な相違に触れず
には論じられない」
「中国共産党のイデオロギーは米国など
民主主義諸国との闘争と世界制覇を
企図し、そのためには軍事力の行使や
威圧をも辞さない。だから米国は全世界
の民主主義国と共同で中国の脅威と
対決する必要がある」

アジアの安全保障を専門とする気鋭の
学者のホーヌング氏は、同論文で安倍
政権が最近始めた日中接近の軌跡を
たどり、「日中両国はたがいの便宜の
ために対立点を脇におき、融和を始めた
ようだが、戦略面での基本的な相違や
衝突があまりに大きいために、その
和解は必ず失敗する」
と断じていた。

戦略面での基本的相違は3点
1・尖閣諸島をめぐる対立(日中対立には
  交渉がなく和解の見通しがない)
2・脅威認識の違い(中国は米国を最大の
  脅威とみなし、日本には中国が最大
  脅威となってきた)
3・国際秩序構想の違い(中国は現存の
  国際秩序の打破、日本は保持を
  目指す)


北が東倉里で「重大な試験」、
ICBMエンジン実験で米に圧力か
2019.12.8 10:54国際朝鮮半島
米朝会談

https://www.sankei.com/world/news/191208/wor1912080003-n1.html

香港で大規模デモ 区議会選の
「民意」無視に反発
2019.12.8 16:36国際朝鮮半島
香港デモ

https://www.sankei.com/world/news/191208/wor1912080010-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

目標より目的が先にありき

<成長のヒント>
 目標ばかりにこだわっていると 
 個性(本来の良さ)が消えていき
 大事なものを見失い
 「こんなはずでは...」
 という残念な結果になってしまう。
 迷ったときほど
 勝負をかけるときほど
 目的を深めてハッキリさせる。
 そもそも、何を得たいのか?
 誰にどうなってほしいのか?
 うまくいった先には、どんな世の中が
 待ってるのか?
 そうして
 方向性が定まるほど
 同時に
 逆算して的確な目標が立てることが
 できる。
 


同じカテゴリー(日本?!)の記事画像
国策国民監視国家に驚くも、今や宇宙も監視政策でにぎにぎしきや!
新型肺炎が中国武漢から?何故に?アフリカでなく?東南アジアでなく?
世界の今、日本の立ち位置、正念場、国民としてもしっかりと。
勝算ある逃亡か?一生逃亡者か?映画化なるか?日本司法は?
専制監視統制社会と自由民主主義社会のバランスの危機の年、平和のスポーツの祭典東京オリンピックの年!
言行暴走族、覇権暴走族、マイファースト暴走族、危機鈍感暴走族・・・まさに危ない社会
同じカテゴリー(日本?!)の記事
 国策国民監視国家に驚くも、今や宇宙も監視政策でにぎにぎしきや! (2020-02-09 20:08)
 新型肺炎が中国武漢から?何故に?アフリカでなく?東南アジアでなく? (2020-01-26 20:26)
 世界の今、日本の立ち位置、正念場、国民としてもしっかりと。 (2020-01-20 22:21)
 勝算ある逃亡か?一生逃亡者か?映画化なるか?日本司法は? (2020-01-04 22:01)
 専制監視統制社会と自由民主主義社会のバランスの危機の年、平和のスポーツの祭典東京オリンピックの年! (2020-01-01 23:36)
 言行暴走族、覇権暴走族、マイファースト暴走族、危機鈍感暴走族・・・まさに危ない社会 (2019-12-21 20:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!
    コメント(0)