最近の記事
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
Myu
Myu
いろいろ恵むより恵まれて仕事をし、感謝しながらつぶやいて生きている無芸大食の一応the female です。
オーナーへメッセージ
過去記事

2018年05月30日

店長の立場とその思いの重さに敬服







本日は5月29日(火)
今日はN女史の依頼にて交替シフトとなり
ました。そして午後1時半から2時間の元々
入っていた研修に間に合うように調整して
頂き、両方しっかりやりきってできました。
いつものように店長の車に乗せて頂き行き
ました。その道中、先日のサプライズバース
デープレゼントのお礼を言われ、店長の心
の一端を聞かせて頂くことになりました。
先ず、嬉しく楽しい今年・・昨年は悲しい事
があったけれどやはり思えば楽しかった。
その悲しいこととは2年前に当店を愛して
止まない仕事大好き元気人でお客様からも
慕われたN女史が筋肉の難病?でわずか2年
の闘病生活後、あっけなく亡くなってしまった
こと。店長としてN女史のご主人(も当店に
料理人として勤めていらした)から病名を知ら
され相談されて、今自分にできることは?と
色々考えたり、行動したりと・・・・スタッフに
伝えるタイミングとかも・・・・・・
そして訃報にてMyuも仲間スタッフとして
お葬式に臨みましたが。
店長はその前ずうっと寄り添ってみるみる
変調し動けなくなっていくN女史に面白い話
をずうっとし続け笑わせたり(ヘルパーさん
たちにこのような笑顔の表情は見たことなか
ったと言わせたり)励ましたりと、そして息を
引き取ってから‥‥体を拭き清めたり、目を
つぶらせたり、口を閉じさせたり・・・と・・・
本当に親族以上のことをされたと話され、
Myuはそんなことまでされたのか?!と驚嘆
しつつ聞き入りました。この店長にしてN女史
との関わりの深さもありましょうが、日々の
気づき即行の良さ、広域注意力の巧みさは
確かに素晴らしいと感心するものでしたので
さもあらむと。ひょんに車中で重い話をお聞
きしつ、研修会に臨みました。(苦笑)
昨年11月から月一回開催の接客研修会の
今日は最終回となりました。
マナーは相手に不快感を与えないための
最低限のルール、そこに「心」が加わると、
「ホスピタリティー」になる。
サービスの語源はラテン語のServus(奴隷)
サービスを受ける立場が主であって、主従
関係がはっきりしている。
ホスピタリティーの語源はラテン語の
Hospics(客人等の保護)でおもてなし・
喜びを与えることに重きをおいている、
ホスピタリティーにおいて重視されるのは、
人間性や信条、個性、感性など、
おもてなし・喜びを通じて、報酬は結果と
してついてくるという考え。
ホスピタリティーを高める方法を思考し、
実践する。
①感動を共有する②相手の話を丁寧に聞く
③先輩・上司がモデルとなり、見せる
明日から自身のできることをしっかり考えて
実践して生きましょう。

K講師にそして社長にそして店長に感謝
申し上げます。

2018.5.27 11:20
【日曜に書く】
傾聴に値するマハティール氏の
〝日本への提言〟未来を問うことこそ重要 
論説委員・河村直哉http://www.sankei.com/column/news/180527/clm1805270005-n1.html

2018.5.28 23:54
マレーシア、中国の“野望”に反旗 
国内最大規模の鉄道建設も見直し本格化http://www.sankei.com/world/news/180528/wor1805280026-n1.html

2018.5.29 11:00
【正論】
北の手玉に取られる轍を踏むな 
福井県立大学教授・島田洋一http://www.sankei.com/column/news/180529/clm1805290005-n1.html

抜粋
≪安易な妥協が腰砕けを招いた≫
2008年、北朝鮮の「テロ支援国家指定」
を解除したいライス国務長官らと全面反対
のチェイニー副大統領らが激しく対立して
いた。チェイニー氏らの切り札的論点の
一つが、「拉致で進展がない中、日本が
納得しない。日米関係が壊れる」だった。
ところが6月13日、福田康夫内閣が、
北朝鮮の拉致「調査委員会」設置と引き換え
に制裁を緩和したとの声明を発する。

「調査」には期限を設けない一方、「すべて
の北朝鮮船舶に人道目的での入港を認める」
などの日本側措置は即日実施したという。
米強硬派は梯子(はしご)を外された。

北の思惑通り、ブッシュ政権は、日朝合意
から約2週間後、「テロ指定解除に向けた
手続きの開始」を発表した。
日本の安易な
妥協が、米国内での宥和派勝利をも招来
したのである。北は同じ事態の再現を狙って
いよう。北朝鮮の「態度軟化」に惑わされ、
手玉に取られた福田政権の轍(てつ)
決して踏んではならない。

2018.5.29 18:09
【激動・朝鮮半島】
北朝鮮、中国船と「瀬取り」か 
日本政府が国連安保理に通報http://www.sankei.com/world/news/180529/wor1805290019-n1.html

2018.5.29 20:48
【アメフット】
内田前監督と井上前コーチは「除名」 
森ヘッドコーチは「資格剥奪」 
宮川選手とチームは18年度シーズン終了
まで試合出場停止http://www.sankei.com/sports/news/180529/spo1805290028-n1.html

内田正人監督とはオーム真理教の麻原彰晃
を真似している?!または金正恩か?!
しかし、あまりにお粗末で脳がありませんで
したね。洗脳されたり従わざるを得なかった
者たちが何とも哀れで悲しい。
こうした小山の大将もどきはまだまだ氷山の
一角ではないですか?

今日の小田氏からのメールは?

利益よりも、ぬくもりを選ぶ

<成長のヒント>
 誰しも
 ぬくもりを感じる仕事をしたいし
 心に温かみがある人と
 一緒にいることを求めている。
 それなのに
 身近な人や仲間とギブ&テイクの
 ビジネス(取り引き)として
 利害関係を続けてしまうと
 自分の心は冷たくなっていく。
 まずは
 自分の心の温もりを取り戻すこと。
 過去のことは引きずらないで
 思い切って、水に流れして許す。
 自分にとって
 今、大切だと思う人を大切にする。
 周りの幸せ、喜び、成長、人生が輝く
 ことを
 心から祈る。
 そうして
 心の温度を上げていくと
 人の温もりを感じられるようになり
 周りの人間関係が変わっていき
 大切な人に惜しみなく
 何かをしてあげたくなる。
 そんな日常を過ごしていると
 いつの間にか
 ぬくもりを感じる仕事をしていて
 温かみがある人に囲まれているはず。





同じカテゴリー(仕事)の記事画像
PCの調子が??三度目の正直なるか?
お盆商戦猛烈繁忙にて候
体力筋力をしっかりと!
お盆商戦前哨戦
為すべき役割、「残心」の心で
美味しい手作りをお裾分けする嬉しさよ!
同じカテゴリー(仕事)の記事
 PCの調子が??三度目の正直なるか? (2018-08-15 13:28)
 お盆商戦猛烈繁忙にて候 (2018-08-13 07:16)
 体力筋力をしっかりと! (2018-08-12 04:43)
 お盆商戦前哨戦 (2018-08-10 21:12)
 為すべき役割、「残心」の心で (2018-08-06 10:25)
 美味しい手作りをお裾分けする嬉しさよ! (2018-07-26 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
店長の立場とその思いの重さに敬服
    コメント(0)