最近の記事
< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
プロフィール
Myu
Myu
いろいろ恵むより恵まれて仕事をし、感謝しながらつぶやいて生きている無芸大食の一応the female です。
オーナーへメッセージ
過去記事

2020年08月20日

「正論」に学び、世界を見る。







本日は8月19日(水)
今日は気温35度猛暑との予報。
今日は半日仕事につきしっかり水分補給
に努めてマスク手袋消毒等等お客様への
お願いスタッフ一同共にやり切って生きま
しょうと。
昨日右こめかみの痛みに終日悩まされ、
ロクソニンを服用することに。
今朝も少々残る痛み、仕事に入れば多分
忘れてしまう程度かな?(苦笑)

正論
戦後75年に思う 
「富国強兵」に向け国論の喚起を 
東京大学名誉教授・小堀桂一郎
2020.8.13

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200813/0001.html

抜粋
 ≪戦前生まれの世代の眼から≫
 米国を主とする連合国との大戦争に辛う
じて停戦交渉を成立させてより75年の夏が
来てゐる。戦前生れの世代の眼には、自分
が体験した世界史の節目についての記憶が
この長さの既往の事になつたといふ事実に
面してさすがに感慨がある。この長い年月、
戦後の日本国民は所謂東京裁判史観といふ
偏つた戦争観が強制する対世界罪障意識の
重圧を受け、前科者に対する如き外部世界
の冷い視線を堪へ忍んで懸命に働いて来た。

 昭和26年、解任されて帰国したマッカー
サーの米上院軍事外交合同委員会での
証言の眼目は、過去百年間に米国が犯した
最大の外交上の過誤は、シナ大陸に於ける
共産主義の制覇を黙過してしまつた事にある

この趨勢に抗して戦つた日本の対連合国
戦争は正しく自衛戦争だつたのだ、といふ
深刻な主旨
であるが、この告白の全原文は
平成7年に我々の手に入つた。

 このマッカーサー証言を原文通り引用
する事を利器として東京裁判史観是正の
事業を内外に開始してからも25年を経た。
その間日米開戦50年を記念しルーズベルト
大統領の対日戦挑発責任を断罪するビー
アドの浩瀚(こうかん)な研究の翻訳、
それに刺激されての如くフーバー大統領
回顧録の全訳と紹介も世に出、歴史修正
の実績は着実に歩みを進めて来た。
 最近ポンペオ米国務長官によるニクソン
大統領以来過去50年の米国の対中政策
の失敗を認めた公式演説は、実は70年前
のマッカーサー証言にまで遡り、過去2世紀
に亙る米国の戦略的過誤をも追認した事
になると解してよいだらう。

 従来通用して来た連合国側の歴史解釈を、
真実に向けて修正してゆく再検証の作業は
今後も厳正且つ精細に続けてゆくべきは
当然であり、専門家による史実の博捜と
発掘に期待する所は大きい。その一方、
歴史修正の作業がここ迄進んで来た実績を
踏まへ、この記念すべき年を転換点として
我々は或る新しい視角を定め、未来志向の
思索を展開してゆく、その様な要請をも受け
てゐるのではないかとの感想が湧いて来る。
 ≪国が富むどころか弱体化≫
 即ち75年前の歴史的事実である敗戦の
挫折感と敗者として受けた屈辱は、もはや
民族的記憶に過ぎないのだと達観し、我々
は過去に拘泥(こだわ)るよりもむしろこれ
からの時代をどう生きたらよいのか、との
目前に差迫つた課題に眼を向け、その
構想に思索を展開したい。
 歴史上の過去の濡れ衣を脱ぎ捨てて立ち
上る日本は、幸ひにも現政権の気概に富ん
だ首相の嚮導(きょうどう)下に、国際社会
の秩序を守る自由主義諸国の有力な一翼と
して応分の責務を果す事ができよう。その
ためには先づ日本国は強い国でなくてはなら
ない。そこで思ひ浮かぶのが「富国強兵」と
いふ東洋古来の国家理想を表す標語である。
 因(ちな)みに言へば<富国強兵を覇者
の術といふは後世の腐儒の妄説なり>と、
既に江戸時代享保期に荻生徂徠学派の
儒者が喝破した例がある。それは覇権主義
どころではない、およそ独立主権国家の
<在るべき様>を定義しようとすればこの
一語に尽きる字眼である。
 富国とはその経済的基盤の強固なる以前
に人口が十分に有る事を要し、それが又
強兵を保つ事の大前提でもある。現今日本
国の人口が逓減の趨勢にある事が国民一同
の憂慮の種であり、それは現に自衛隊の恆常
的定員不足の原因である。人口減少は国が
富むどころか弱体化してゆく事の指標である。
 人口減少を防ぎ、増加に転ぜしめるために
若い世代同士の縁組をふやしてゆく妙案は
あるのか。この難問に対し現に多くの知恵者
達が思案を巡らし、幾多の提案も出てゐるが
、これはどうやら絶望的な難題であるらしい。
 ≪「家庭基盤の充実」のために≫
 筆者にも提示するに足る解決案があるわ
けではないが、一つの手懸りとして述べて
おきたい事はある。それは昭和54年7月
に、時の大平正芳総理の内閣が編み出した
政策研究の経験から来る。政権の座につい
た大平氏は民間人数十名を糾合して政策
研究会なる諮問機関を組織し、翌年5月の
退陣まで月例の研究会を開催して各界の
意見の聴取に努めた。その時筆者は「家庭
基盤の充実」といふ課題を掲げた分科会に
所属し、同じ成員諸氏との共同討議を通じ
て現実政治に触れる勉強をさせて貰つた。

 当時は少子高齢化の現象はまだ危険視
される程には至つてをらずこの研究題目は
むしろ次世代の教育的環境の整備といふ
意味で設定されてゐたのだが、討議の過程
で浮上して来た解答は目下の難題の解決
に示唆を与へてゐる。
 即ち国民の生活目標として私有財産形成
の努力を奨励し、且つ一つの世代が築き得
た私産の次の世代への継承を容易とすべ
く国が保証する。それは税制にその目的に
沿つた改正を施せば可能な事なのだから、
国の「政策」として掲げる事には十分の
現実性がある、
との判断だつた。ただこの
案は政策としては陽の目を見ずに終つた。

正論
戦後75年に思う 
祖国の「英雄」としての「英霊」 
文芸批評家・新保祐司
2020.8.14

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200814/0001.html

抜粋
 ≪悠久の歴史を意識する≫
 今年の8月15日は、新型コロナウイル
禍の下で迎えることになった。感染拡大
予防のために、全国戦没者追悼式も規模
を縮小して行われるのはやむを得ないこと
である。しかし、いうまでもなく、これは規模
の縮小であって、追悼の質の深さは何ら
変わらないものでなければならない。
 今、日本が、新型コロナウイルス禍の
対応で、「現在」に意識が集中しているの
はある意味で当然である。しかし、この
国難の中にあっても、いや国難の中に
あるが故に、歴史の悲劇の回想を深く
抱き続けていることが国家の品格と日本
人の精神の格調を保持するということを
忘れてはならない。特に、大東亜戦争の
「英霊」に思いを致すことは、この国難を
単に「現在」のために耐えるのではなく、
日本の悠久の歴史を意識して克服する
ためにも必要である。
 それにしても75年たち、遺族の方々
も高齢となられた。我々「現在」の日本人
は戦争を直接には知らない世代がほと
んどである。そうした社会で当時の経験
をどのように受け継いでいくかが問われ
ている。「英霊」への回想を深く、生き生き
としたものにする努力が必要であろう。
 そのためには「英霊」に関する思いを
語った、戦争を体験した先人たちのことを
知ることも大切である。ここでは五味康祐
の言葉を紹介したい。ベートーヴェンの
交響曲第3番変ホ長調「英雄」の第2楽章
「葬送行進曲」についてである。この交響
曲は、周知のようにナポレオンに関係した
曲であり、欧州の激動の時代の精神を背景
に生まれた傑作だ。第2楽章は「英雄」の
ための「葬送行進曲」になっている。
 ≪学徒を慰めた楽聖の曲≫

正論
米中「覇権争奪戦」の構造と行方 
東京国際大学特命教授・村井友秀
2020.8.18

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200818/0001.html

抜粋
 米中対立が拡大している。7月22日に
ビーガン米国務副長官が議会で「南シナ海
で中国の主張を押し返す」と証言した。
他方、中国の王毅外相は7月21日「南
シナ海は我々の庭であり、中国と東南アジア
諸国は永久に隣人だ」と述べた。但し、
中国では古代から「遠きに交わり近きを
攻む」(兵法三十六計)が常識である。
関税から始まった米中対立がハイテク技術
移転などの経済対立、領事館の閉鎖といっ
た政治対立に拡大し、南シナ海では米中
両軍の動きが活発になっている。
 ≪経済よりイデオロギー≫
 米中両国はイデオロギーを国家の基礎に
据えた国であり、世界的な供給網を持つ
経済大国であり、自給自足が可能な資源
大国である。
イデオロギーは妥協を嫌い、
経済は対立を嫌う。
従って、経済重視派は
対立を避けて妥協するが、イデオロギー
対立は安易な妥協を許さない。
尚、中国
共産党にとって経済は政治の道具である。

 他方、米国と中国のイデオロギーの違い
は大きい。
米国のイデオロギーは、自由と
民主主義を守ることであり、これは神から
与えられた使命である(Manifest 
Destiny)と教会へ行って神に祈る
米国民は信じている。米国民の8割は神を
信じ4割は毎週教会へ行く。米国は血縁で
はなくイデオロギーで結ばれた移民国家で
ある。
他方、中国共産党の第一の核心的
利益は共産党支配体制であり、共産党支配
は国民の同意ではなく共産党の暴力装置に
よって維持されている。
米国から見ると中国
共産党のイデオロギーは自由と民主主義を
否定する全体主義である(ポンペオ国務長官
、7月23日)。中国共産党の戦略が、米国
のイデオロギーと両立できない中国式全体
主義を世界に広げることなら、米中の対立
は政権の正統性の問題であり、妥協できる
余地は小さくなる。イデオロギーで結ばれた
米国民にとって米国的価値は経済的利益
に優る。

 ≪米中対立のメカニズム≫
現在の米中対立は、世界の覇者である米国
が、覇者の地位を狙い米国に追い付こうと
している中国を、追い抜かれる前に叩く
予防戦争であると説明することもできる
(パワーシフト理論)

 中国の世界観である「一つの山に二匹の
虎はいない」
(戦国時代モデル)で説明する
こともできる。
中国が日本を追い落として
アジアの山の虎になることは米国も許容で
きるが(オバマ政権の「関与政策」)、米国
に挑戦して世界の山の虎(覇者)になるこ
とは絶対に許さないということである。

中国共産党が唱導する中国の経済圏である
「一帯一路」がアフリカ、南太平洋、そして
米国の裏庭である中南米まで拡大し、
「中国製造2025」を掲げてハイテク覇権を
狙う中国共産党の姿勢
は米国から見れば
中国が世界の山の虎になろうとしている
証拠である。

 但し中国の経済成長は基本的に労働力
拡大によって支えられてきた。しかし生産
年齢人口(15歳から64歳)を見ると、
2010年をピークに減少が始まり、40年
には経済改革が始まった1980年の6割
に減少することが予想されている。就業人口
も2018年から減少し始めた。一人っ子
政策をやめたにもかかわらず、一人の女性
が産む子供の数(特殊出生率)は1・6で
あり都市部では1・0と言われている(日本
は1・4)。世界の工場や市場として拡大
してきた経済力は今後縮小し、世界に対す
る影響力も低下するだろう。
対外経済進出
を支える世界一の外貨準備も対外債務の
大きさを考慮すれば、17年以降IMFが
算出する適正水準を下回っている。
20年に10年比でGDPを倍増するという
共産党の公約も実現が怪しくなってきた。
今が世界に中国の影響力を拡大する
最後のチャンスである。中国共産党は
焦っている。

 ≪米中の「決意のバランス」≫
 中国は世界の覇者になれるか。今は経済
力でも軍事力でも中国は米国に劣っている
が、もう一つ重要なポイントがある。それは
中国の決意である(決意のバランス)。
戦う力は戦う能力と戦う意志の掛け算で
ある。
戦う能力が高くても戦う意志がゼロ
ならば戦う力はゼロになる。経済力や軍事
力で劣っていても強い決意が敵を上回れば
ベトナム戦争のように強敵に勝つチャンス
はある。
 米中どちらが強い決意を持っているか。
プロスペクト理論によれば、人は何かを失
うと感じた時に失う痛みは大きいので、
強い決意でリスクを取って失うことを防ごう
とする傾向がある。逆に何かを得る時には
得ることに失敗しても元に戻るだけで痛み
は小さくリスクを取らない傾向がある。
 米中対立の状況を見ると、米国は今
持っている覇権を失うかもしれないという
強い痛みを感じており、強い決意でリスク
を取って覇権を守ろうとしている。他方、
中国は今持っていない覇権を取ろうとして
いるのであり、大きなリスクを取らないだ
ろう。決意のバランスも米国が優位に立っ
ている。

 経済力、軍事力、決意の面で劣っている
中国が米中対立に勝利することは難しい
だろう。


矢板明夫の中国点描
世界注目、2020年は台湾の年
2020.8.18

https://special.sankei.com/a/international/article/20200818/0003.html

抜粋
 アフリカ大陸の東端にある半独立状態の
「ソマリランド共和国」の「首都」ハルゲイサ
で17日、台湾が称する「中華民国」の
「青天白日満地紅旗」が高らかに掲揚された。
 国際社会からは承認されていないが、
1991年にソマリアから分離独立を宣言し、
実質的に国家として機能するソマリランドが
7月、台湾と代表機構の相互設置で合意した。
双方は医療、技術、教育などの分野で協力
を深めるという。

座礁船のインド人船長逮捕 
モーリシャス沖、重油流出
2020.8.18 22:32社会事故・火災

https://www.sankei.com/affairs/news/200818/afr2008180028-n1.html

抜粋
インド洋の島国モーリシャス沖で日本の
貨物船が座礁し大量の重油が流出した
事故で、地元警察は18日、安全な航行を
怠った疑いでインド人船長の男とスリラン
カ人乗組員1人の計2人を逮捕したと明
らかにした。船長らは裁判所に出廷した。
 乗組員20人は貨物船を保有する長鋪
(ながしき)汽船(岡山県)が手配し乗船。
船長らインド人3人、スリランカ人1人、
フィリピン人16人は全員救助され無事
だった。
 船は商船三井がチャーターし、中国から
シンガポール経由でブラジルに向かって
いた。現地時間7月25日に座礁。燃料の
重油が千トン以上漏れ出した。

正論
繰り返す歴史、露認識は甚だ迂闊 
青学・新潟県立大学名誉教授 袴田茂樹
2020.8.19

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200819/0001.html

抜粋
 ≪戦後75年と日本人の国際認識≫
 戦後75年は、わが生涯でもある。その
間、国際政治の研究者としてソ連や米国
で数年生活し、多くの国を訪問して政治家、
専門家や市民たちと交流した。その体験を
基に、日本政治の特質や日本人の思考法に
つき私見を述べたい。勿論個人は千差万別
で「日本人」なる実体はなく、わが国民や
政治家の一般的傾向と解して頂きたい。
私は、日本の指導者、多くのマスコミ人や
専門家の対露認識には、強い危機感を抱
いている。
 戦後75年は、冷戦期と冷戦後に大別
できる。冷戦期に、日本は安全保障という
主権国家の根幹部分を米国に委ねた結果、
独立国としての基本的な政治認識を国民が
持つ機会を失った。教育においても国家、
権力、軍は基本的人権と対立する「悪」と
された。私も学生時代には諸外国の文学
や思想を漁(あさ)って「コスモポリタン」を
自認していた。1964年の東京オリンピック
の時は大学生だったが、「日本人として
日本選手を応援する」ことに違和感を覚え、
競技のテレビも見なかった。私はかなり
リアリスト的だったが、それでも国民意識
は薄かったのだ。今は日本選手を素直に
応援しているが。
 ≪現実的な認識を失うな≫
 しかし現実は、南シナ海、東シナ海そし
てEUそのものが、理想とは正反対の方向
に向かっているのは説明不要だろう。国家
、国境、領海はよりリアルになってきた。
にもかかわらず、日本国民は国際情勢や
国家に対する現実的な認識を失ったままだ。
自衛隊を国防軍と言うのは、ましてや憲法に
書くのは今でもタブーだ。クラウゼヴィッツ
の有名な言葉を捻(ひね)ると「(国際)
政治は他の手段による戦争」
が今も現実
であり、この認識を有してこその平和なの
だが。
 多くの日本人が露について理解していな
いことがある。それは、プーチン大統領も
典型的な露人として、「国際法とか条約など
は潜り抜けるのが、また利用できる時には
最大限利用するのが政治の知恵」と心得て
いることだ。「平和条約交渉」の疑似餌は
利用できる場合は最大限利用する。

 しかし、2島といえど返還の意図は全く
ない。経済協力や善隣条約などで信頼関係
を深めれば露が譲歩すると考えるのは、
あまりにもナイーブだ。日本政府は敗戦
直前に、スターリンに甘い幻想を抱き、
日米和平の仲介を依頼しようとした。
当時の東郷茂徳外相が後に「ソ連側の
意図を想像し得なかったのは甚だ迂闊
だった」と手記で述べたのを想起させる。
戦後75年、歴史は繰り返す。


安倍政権考
秋の「解散風」は収束へ 
続くコロナ禍 狭まる選択肢
2020.8.19

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200819/0001.html

抜粋
 衆院解散・総選挙の時期をめぐり、早け
れば今秋とされていた「解散風」が急速に
収まりつつある。新型コロナウイルス
感染が全国で再拡大し、政府・与党幹部
から否定的な見解が相次いでいるからだ。
安倍晋三首相の自民党総裁任期切れが
来年9月、衆院議員の任期満了が同10
月にそれぞれ迫る中、首相は慎重に
解散時期を見極めているもようだ。
 早期解散説が駆け巡ったのは、首相と
麻生太郎副総理兼財務相が6月に3度
も2人きりで会談したことが発端だった。
 「首相の手で、憲法改正はしないん
ですか」
 党関係者によると、6月10日、首相
官邸に安倍首相を尋ねた麻生氏はこう
問いかけ、憲法改正の実現のために
早期解散を決断するよう説得したという。
首相はその言葉にはっと顔を上げたと
いうが、解散の実施の是非について
言質を取らせることはなかったとされる。
 麻生氏が早期解散を主張するのは、
秋以降にずれこむと、衆院選の結果が
2つの「外的要因」に大きく左右される
可能性があるからだ。

ビジネス解読
SNSで展開される中国
「スパイ活動」の手口

2020.8.19

https://special.sankei.com/a/international/article/20200819/0001.html

抜粋
 米トランプ政権が、米国で1億人が利用
する中国系動画投稿アプリの「TikTok」
の運営企業との取引を禁じた。これら中国
系IT企業を通じて、中国共産党が米国の
個人や企業の情報を不法に入手する恐れ
があるためだ。米司法省はこのほど、中国
情報機関の工作員になり米国で諜報活動
をしていたとして、シンガポール国籍の男
を起訴した。会員制交流サイト(SNS)を
舞台に、米国市民をスパイ活動の標的に
する手口も明らかにされた。

新START 
米「ロシア次第で延長応じる」
2020.8.19 01:11国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200819/wor2008190001-n1.html

抜粋
来年2月に期限切れを迎える米国とロシア
間の新戦略兵器削減条約(新START)の
延長問題で、米露両国は18日、オースト
リアの首都ウィーンで高官協議を行った。
協議に参加した米国のビリングスリー
大統領特使(軍備管理担当)は協議後の
記者説明で、「ロシアが条約に違反して
増強した核戦力を処理するのであれば、
米国は条約延長を前向きに考える」との
考えを示した。ロイター通信が伝えた。
 ビリングスリー氏はそれに加え、「より
強固な(条約違反の)検証システム」も
条約延長には必要だとも述べた。また、
中国の参加を切り離すとの軟化姿勢も
示した。米国は中国に参加を求めていた
が中国は条約参加を拒み、延長交渉が
難航する原因となっていた。
 ただし、イタル・タス通信によると、
ロシア側から出席したリャプコフ外務次官
は「現時点で米国が無条件での条約延長
という立場に変わったと述べることはでき
ない」と指摘した。「米国は中国を(核軍縮
枠組みに)参加させることになお関心を
持っている」とも述べた。
 米露間では昨年8月、中距離核戦力
(INF)全廃条約が失効し、新START
が残る唯一の軍備管理条約。ロシアは
無条件の条約延長を求めてきたが、
米国は中国を含めた3カ国による新たな
核軍縮枠組みの構築を提唱してきた。

マリ反乱軍が大統領を拘束 クーデターか
2020.8.19 06:47国際中東・アフリカ

https://www.sankei.com/world/news/200819/wor2008190003-n1.html

抜粋
西アフリカ・マリの首都バマコで18日、
軍を離脱した兵士らがケイタ大統領や
政府高官、軍幹部を拘束した。ロイター
通信などが治安筋の話として報じた。
首都近郊の軍基地では銃声が聞こえ、
市街地を軍用車両が走行している。
クーデターが進行中の可能性がある。
 2012年にもクーデターが起き、混乱に
乗じてイスラム過激派が台頭。多数の
住民が家を追われ、周辺国も合わせて
約400万人が食料難に陥るなど深刻な
人道危機を引き起こしている。今回のケイ
タ氏拘束で、情勢がさらに混迷しそうだ。
 頻発する過激派の襲撃や経済悪化、
政府高官の汚職で国民の不満が高まり、
大統領辞任を求めるデモが広がっていた。
 マリや隣国ブルキナファソ、ニジェール
では国際テロ組織アルカイダ系勢力の
ほか、過激派組織「イスラム国」(IS)に
忠誠を誓う勢力も活動。旧宗主国の
フランスが各国と合同で掃討作戦を
展開するが、難航している。

「バイデン大統領」なら
対中融和路線に逆戻りか 
民主党綱領など分析
2020.8.19 13:07国際米州
米大統領選

https://www.sankei.com/world/news/200819/wor2008190020-n1.html

抜粋
11月の米大統領選で民主党のバイデン
前副大統領が当選した場合、次期政権の
対中政策はどうなるのか。
18日に採択さ
れた党綱領などから読み解く限り、経済や
安全保障など広範な分野で中国に付け入
る隙を与えたオバマ前政権のような「対中
融和」路線に回帰していく恐れをはらむ。

今年の綱領は、中国が米本土に到達可能
な潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を
含む核戦力を増強し、南シナ海では人工島
の軍事拠点化などを通じて海洋覇権の拡大
を進めているにもかかわらず、「民主党は、
中国からの挑戦は基本的に軍事的なもの
でないと信じる」と指摘
した。
 綱領はさらに、中国との全面対決姿勢を
強めるトランプ政権に対抗する形で「民主党
は自滅的で一方的な関税戦争に訴えたり、
『新冷戦』のわなに陥ったりしない」と
強調した。
 しかし、トランプ政権による中国のハイ
テク覇権や軍事的覇権の阻止、不公正な
貿易慣行の是正、中国による新疆ウイグル
自治区などでの人権抑圧への制裁といった
取り組みは、オバマ前政権を含む歴代米政
権によって積み重ねられた対中政策のゆが
みを正すものだ。

民主党の主張は、現政権による一連の対中
圧力を「米国が『新冷戦』を仕掛けている」
と断じる中国の習近平政権による対米批判
に極めて似通っている。

 実際、綱領は「国防支出を減らしつつ
軍事力を維持し米国の安全を守る」
と明記。
南シナ海問題では「中国の威嚇的行動に
抵抗する」としているが、軍事力の裏付け
なしに中国の挑戦的行動をどう抑止する
のか、綱領や民主党指導部の発言からは
見えてこない。


首相「責任持って陣頭指揮」 
萩生田氏が休暇取得進言も応じず
2020.8.19 18:11政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200819/plt2008190022-n1.html

抜粋
萩生田光一文部科学相は19日、3日間の
短い夏休みを終えて公務を再開した安倍
晋三首相と官邸で会い、「ちょっと疲れて
いるのではないか。(もっと)夏休みを取っ
た方がいい」と進言した。首相は「大丈夫
だ。責任を持ってしっかりと陣頭指揮を
取りたい」と応じなかった。
 萩生田氏が面会後、記者団に明らかに
した。
韓国、産業用バルブ課税を撤廃 
日本「是正勧告の誠実な履行といえず、
遺憾」

2020.8.19 11:57経済産業・ビジネス
WTO

https://www.sankei.com/economy/news/200819/ecn2008190018-n1.html

抜粋
韓国政府は19日、日本製産業用バルブへ
の反ダンピング(不当廉売)課税を撤廃した。
課税は不当だとする日本側の提訴を受け、
世界貿易機関(WTO)が昨年9月に協定
違反を認定し、是正を勧告していた。経済
産業省は同日、「WTO紛争解決手続きを
通じ、問題措置の早期解消につながった」
と評価する一方、韓国が本来の是正期限
だった5月30日までに課税を撤廃しなか
ったことについては「是正勧告の誠実な
履行とはいえず、遺憾だ」というコメントを
出した。
 韓国政府は公式にコメントせず、日本の
経産省が、19日午前0時の課税措置撤廃
を確認し、発表した。韓国はWTOのルール
で認められた2015年からの5年間の課税
措置が満了したという理屈で、日本側の主
張を受け入れたと認めたくなかったようだ。
 対象となったのは「空気圧伝送用バルブ」
で、圧縮した空気の流れを制御する部品。
自動車や家電など工場の組立工程で使わ
れる。韓国は、日本企業が不当に低価格
で輸出したと主張し、15年に11・66~
22・77%の追加関税を適用した。日本
は韓国の措置はWTO協定違反だとして
提訴。WTOは1審に続き、最終審に当た
る上級委員会も日本側の主張に軍配を
上げ、昨年9月に韓国側の協定違反を
認定していた。
 韓国は是正期限前日の今年5月29日、
「再調査を行い、措置を是正した」と主張
しすぐには課税を撤廃しなかった。
8月18日の期間満了まで課税を続け、
延長しないという形を取った。

今日の小田氏からのメールは?

リーダーシップを磨いていく

<成長のヒント>
 どんどん状況が変わっていく昨今。
 振り回されて、場当たり的に対処して
 いたら
 本当に成し遂げたいことが、何もでき
 なくなってしまう。
 そんなときほど必要なのが
 リーダーシップの発揮。
 刻々と状況が変わっていくなら
 まず目指す理想やゴールを明確にする。
 そのうえで
 現場では、どんな問題が起きているのか
 を把握する。
 1)どんなリソースが必要なのか?
 2)自分たちには、何が足りないのか?
 3)どんな計画で進めていくか?
 それらを徹底的に調べて
 情報とみんなの想いを集めて
 方向性を決めていく。
 その次は
 みんなのモチベーションがあがるように語
 って共有し
 必要なモノを調達していく。
 そして
 自分もみんなも
 狂いなく、迷いなく、パッと動けるようにして
 目指す理想やゴールに
 毎日、一歩ずつ確実に進めていき
 ときには大胆に
 一気に飛び込んでいく。 
  


Posted by Myu at 09:51Comments(0)情報世界!政治日本?!

2020年07月30日

情報いろいろ、民族いろいろ・・・・











本日は7月29日(水)
今日は気温25度曇り時々雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。

中国外相
「米国は国際秩序の最大の破壊者」と非難 
英仏と電話会談で
2020.7.29 07:28国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200729/wor2007290005-n1.html

新型コロナ、東京都で250人感染
2020.7.29 15:46ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200729/lif2007290026-n1.html

FBより抜粋引用
Yosihiro Turusaki
正しい歴史を伝える会*
1日前 ·
韓国人、在日朝鮮人に問いたい。
韓国で少女像に土下座する“安倍像”なる
ものを設置しました。しかし、このような事
をする国家は、韓国、中国、北朝鮮のみ
です。
戦前わが日本は朝鮮の求めに応じて、
朝鮮を日本に取入れ朝鮮半島を日本国と
定めました。歴史を振り返れば、かつての
朝鮮では、科学も、医学もなく、学校も病院
も治水施設等もほとんどなく、中国の文豪
・魯迅からは「世界一貧しい国」と呼ばれた
国が朝鮮でした。
そこで、わが日本は朝鮮保護のため、
併合後の日本政府は、朝鮮半島が日本と
同じ近代的国家にするため、日本は官民
をあげ朝鮮の近代化を支援したのです。
決して植民地支配はしていません。日韓
併合当時の朝鮮半島は、経済破綻状態
でした。そこで日本政府は10年間、朝鮮
から税金を取らない免税措置をとりました。
さらに、当時の日本政府は、朝鮮を豊かに
するために、田畑の開墾、ダム建設、用水
路、道路などのインフラ整備、学校教育な
ど様々な分野で、日本の税金を投入し朝鮮
を豊かにしました。その額は現在の貨幣
価値にすれば、60兆円相当になります。
そしてわが日本が敗戦すると、かれら朝鮮
人たちは「自分たちは戦勝国民」だと騒ぎ
出し、わが日本が朝鮮半島を豊かににして
いた事実を認める事なく「植民地支配を受
けた」と主張し始めたのでした。
日本と韓国が国交を正常化させた条約が
1965年に交わされたのが、日韓基本条約
です。この条約でわが日本は韓国に対し、
無償3億ドル有償2億ドル、民間借款3億ド
ル、合計8億ドルの経済援助を行いました。
この条約では「日韓問題は最終的完全に
解決された」と明記されています。
その後わが日本は、韓国に対しアジア通貨
危機、リーマンショックなどで韓国経済を
救援するため約13兆円もの援助をしてい
ます。2002サッカー日韓W杯スタジアム
建設費300億円までも融資していますが、
これらは全て未完済です。
にも係わらず、韓国の平昌にある植物園で、
安倍首相に見立てた男性が少女像に土下座
する像を設置し、日本叩きを行っています。
こんな事しか出来ないのが韓国です。
もはや怒りを通り越して呆れるだけです。
かつて、日本も太平洋戦争当時に、米英を
踏み絵にしてはいましたが、それは75年前
の話です。それを今行っている韓国がいか
に時代遅れで非常識なのかを全く分かって
いません。
これが正しい、と言うなら是非とも韓国人や
在日の方に意見を求めたい。韓国は自国の
恥を全世界にさらしているのと全く同じです。

今さら聞けないウイグル問題①
- 21世紀のホロコーストて本当?
https://hotnews8.net/society/communism/uyghur?fbclid=IwAR0cb6psyIOhqdvwpoE5hpObnGd_r0EvmD11LWFb31B-GNZue9na7nMSG38
◾️どんな弾圧があるの?
 核実験46回
 思想教育施設
 モスク破壊
 臓器売買ーDNA登録
 出産制限工作
 家族を人質
◾️今の市内は?
 監視カメラがビッシリ
 孤児が溢れている
 経済的差別
 同胞を監視
 民族浄化結婚
◾️国際社会の反応は?
 経済支配で各国は萎縮
 日本の人権派は沈黙
 サッカードイツ代表エジル選手が声明を
 出した
 米国政府が声を挙げた
 米中デカップリングが進行中
◾️弾圧の理由は?
 経済ー新疆・ウイグル自治区に眠る
 豊富な天然資源
 国際戦略ー「一帯一路」構想の拠点
 国内政治ーISなどのテロを警戒
◾️私たちにできることは?
 ウイグル問題をまず自分が知ること
 友人・知人・社会に知らせること

今日の小田氏からのメールは?

本当の直感を磨く方法

<成長のヒント>
 直感はとても大切。
 だけど
 直感ばかりに頼っていると
 だんだんと感覚が狂ってくる。
 特に以下の傾向が出てきたら要注意。
 やれることをやらずに、言い訳や批判が
 多くなる。
 自分からは動かなくなり、人に口は出す
 ようになる。
 起きた出来事を、自分の都合がいいように
 解釈する。
 そのうえで
 たまたまいい結果が続くと
 特別意識や自我が肥大化して
 直感がズレていく。
 本当の直感を働かせるには
 周りにしてもらっていることに感謝して、
 人の幸せを心から祈る。
 自分のこと以上に誰かのために動く。
 「自分って、まだまだだなぁ」
 としみじみ思うぐらい
 人間性や心を磨くことを勉強し続ける。
  


Posted by Myu at 23:22Comments(0)情報世界!政治民族

2020年07月09日

世界の危機、悪・・に協力して立ち向かい対処撲滅すべし







本日は7月8日(水)
今日は気温26度雨時々曇りとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気にやり
切って生きましょうと。
九州熊本鹿児島福岡長崎大分と大雨特別
警報が発令・・散々な更に更に危険な状態
大災害状態となっています。
そして今日は愛知岐阜長野にも大雨特別
警報が発令と!50年に一度の大変な危機
の状態が大災害が起こる?すでに起こって
いる可能性もと・・・・

正論
「内モンゴル人権法」を制定せよ 
文化人類学者、静岡大学教授・楊海英
2020.7.2

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200702/0001.html

抜粋
 米国のトランプ大統領は6月17日、
ウイグル人権法案に署名した。議会の超党派
の支持を得ていた同法の成立により、ウイ
グル人弾圧に関与した中国当局者に制裁を
科すことが可能となった。中国は新疆ウイ
グル自治区で100万人以上のイスラム教徒
を強制収容所に閉じ込め、ウイグル語での
教育を禁止し、抵抗した者を殺害するなど
厳しい弾圧を続けてきた。
 ≪文化的ジェノサイド許すな≫
 新疆の陰に隠れたかたちだが、中国の内
モンゴル自治区では苛烈な文化的ジェノサイ
ドが断行されている。内モンゴルでは今秋
から中学校以上の教育機関ではモンゴル語
による理数系の授業がすべて停止を命じら
れ、代わりに中国語の使用が決定された。
小学校でも3年生からモンゴル語だけでなく
、中国語と英語の併用は以前から導入され
てきたが、実質上は中国語一辺倒である。
中国語をマスターすれば、将来の進学と就職
に有利だと政府は公的なメディアを動員して
宣伝する。同時に裏では「モンゴル語は立ち
遅れた少数者の言語で、近代化に不向きだ」
と幹部たちは説得して回っている。
 内モンゴルにおけるモンゴル語教育の廃止
方針は、新疆ウイグル自治区での「成功例」
を模倣としたものである。新疆では2018年
からモンゴル語の教育が廃止された。同自治
区には2つのモンゴル自治州と、3つのモン
ゴル人居住地域があり、母語による高水準の
教育を維持してきたが、それが政府によって
破滅に追い込まれた。当然、ウイグル人に
対しても同様で、中国語の教育が強化され、
母語を忘れたウイグル人が増えるように
仕向けてきた。
 特定の言語が近代化に不向きだ、との理屈
は成立しない。モンゴル語は13世紀からユー
ラシアの世界帝国の共通語の地位を獲得して
いた。モンゴル帝国が崩壊した後も、18世紀
末までは中央アジア各政権の外交用言語で
あった。一時は清朝が南アジア諸国と外交
使節を交わす時にも使われていた。内モン
ゴルでは、1980年代初期から大型コンピュ
ーターの開発にモンゴル語ソフトが開発され
ていたので、場合によっては中国語ソフトの
登場よりも早い。
 ≪モンゴル語を禁止する狙い≫
 ではなぜ中国政府は執拗にモンゴル語を
消滅しようとするのか。
それは同地域が日本
と特別な関係を結んできたからである。

大日本帝国時代に誕生した満州国の西部は
モンゴル人自治地域だった。満州国の西隣
のモンゴル自治邦(時期によってはモンゴル
軍政権、モンゴル聯盟自治政府、蒙疆とも)
も日本軍の支配下にあった。
 要するに現在の内モンゴル自治区の3分
の2に当たる広大な草原が日本の植民地か
コントロール下にあって、日本人と友好関係
を結んでいた。例えば、著名なジャーナリス
トの大宅壮一も「(モンゴル人は)容貌や
言語の上からいっても、かれらは支那人に
比してはるかに日本人に近い」と述べていた。

モンゴル人は単純に「日本に協力」したの
ではなく、日本軍の力で中国からの独立を
目指していた。日本もモンゴル人の目標を
理解し、支持していた。

 戦後、内モンゴルは中国に占領された
結果、モンゴル人の「対日協力」が問われ、
文化大革命中に34万人が逮捕され、12万
人が暴力を受けて倒れ、2万7900人が
殺害された。それでもモンゴル人は抵抗し
1981年に大規模な反中国人移民の政治
運動を起こした。その時最高指導者のトウ
小平は有名な指示を国内に出していた。
「内モンゴルの真の脅威は東部にある。
偽満州国の一部だった地域のモンゴル人
は信用できない」との「勅令」である。
 内モンゴルから日本に大勢のモンゴル人
留学生は来ているが、それも日本の影響下
にあった地域出身者が圧倒的に多い。
中国政府が今でも不信の視線を浴びせ続
けている地域、自治区東部からモンゴル語
教育の中止を命じたのも、そうした歴史が
あったからである。
 ≪日本政府は毅然と抗議せよ≫
 日本に対し、「侵略した」「しなかった」
という反日的な歴史観に基づく非難は過去
にも今も内モンゴルにはない。だからこそ、
日本は旧宗主国として内モンゴルのモンゴル
人が置かれている状況について北京当局に
抗議すべきである。フランスやベルギーなど
がアフリカ諸国の元植民地に対して積極的
に介入しているのと同様に、中国にものを
言うべきである。
 日本政府は中国の少数民族の人権問題
香港の自由維持、それに新型コロナウイルス
感染拡大に関する中国の責任問題に腰が
引け、毅然と批判しようとしてこなかった。

こうした対中宥和姿勢はトランプ政権の
不信を招いている。

 沖縄県の尖閣諸島をめぐり、周辺の日本
領海に中国公船が侵入を繰り返す日本への
主権侵害も相変わらずだ。こうした中で
「日中友好」を国是とするならば、米国の
若者はどうして「尖閣死守」のために命を
捧(ささ)げるのか。
過去の盟友であった
モンゴル人の命運に関心を注ぎ、日米
同盟に忠実であり続けるという侍精神を
忘却してはならないのではなかろうか。


正論
コロナ後の社会担う若い世代へ 
同志社大学特別客員教授・阿川尚之
2020.7.6

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200706/0001.html

抜粋
≪人々の価値観にも変化が≫
≪変えてはいけないことも≫

コロナであろうとなかろうと、人は多くの
原因で毎日死んでいく。2018(平成30)
年の統計によれば、日本人の年間死亡者数
はがんが37万4千、心疾患が20万8千、
老衰、脳血管疾患、肺炎がそれぞれ10万
前後。交通事故の約4千、転倒・転落事故
約1万を含めいずれもコロナ死亡者数の
2倍(年ベース)よりはるかに多い。
 ただこれらの病気や事故は感染せず、
死者の90%近くが65歳以上である。
そのため大多数の人は個別の死を特段強く
意識しなかった。人格、地位、年齢などに
関係なく、人が突然感染して死んでしまうと
いう点でコロナは衝撃的であるが、死は
本来平等に訪れる。歳をとれば順番に死ぬ。
この認識が、古来日本人の死生観、宗教観
を形成してきた。
 にもかかわらず、この半年間、コロナ
示した人間のはかなさ、死の辛さ、悲しさを、
宗教的精神的に捉える動きはあまりなかった。
全国の寺、神社、教会などで一部の人々が
真剣に祈っていたかもしれないが、大方の
人はコロナ危機をごく即物的に捉えていた。
 感染が多少落ち着いた今、人々はまた忙
しくなりつつあり、恐怖を忘れかけている。
ちなみに「忙」と「忘」という漢字は、どちらも
「心」と人の死を意味する「亡」という字の組み
合わせからできている。
 ≪変わらぬ伝統と記憶受け継ぎ≫
 こんなふうに考えると、まだこの先不確定
なことが多い今、細かいことで右往左往する
のはやめた方がいいように思う。他の分野
についてはわからないが、私が籍を置く大学
でも文部科学省の新しい通知が届くたびに
教員と事務の人たちが対応に追われている。
小、中学、高校の現場も同じだろう。
 しかしコロナのせいで学習が遅れたら、
そんなに大変なのだろうか。大学を繰り上げ
卒業して戦地へ赴いた学徒たちは、戦後能力
が不足しただろうか。
 役所の指示に振り回されて、本当に大事な
ことを教えられるだろうか。義務教育はとも
かく、特に私学はそれぞれの建学の思想に
したがってもっと自由に教えていいのでは
ないか。
 若い人たちには、コロナ危機の経験から、
教科書では学べない多くのことを吸収し考
えてほしい。今元気でいることの大切さ。
変わらぬ伝統や記憶を受け継いで次の
世代に伝えることの重要性。将来悲しく
辛いことが起きても、「強くあれ。雄々しく
あれ。恐れてはならない。おののいては
ならない」(旧約聖書「ヨシュア記」)と
古代の人が若者を励ましていること。
 コロナが原因であってもなくても先に
逝く我々には、コロナ以後の社会を担う
若い世代に、希望と勇気と力を与える
責任がある。

正論
「大国」中国と「強国」日本の角逐 
東京国際大学特命教授・村井友秀
2020.7.7

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200707/0001.html

抜粋
 今、世界が直面する脅威として、
ウイルス以外に国連は6つの脅威を指摘
している。国家間戦争内戦テロリズム
大量破壊兵器の拡散環境汚染国際犯罪
である。
 ≪日本が直面する脅威の現状≫
 日本に対する脅威を見ると、東シナ海では
中国が武装力を動員し日本の島を奪おうとし
ており、日本には中国との国境紛争という
戦争の脅威が存在する。戦争は規模が小さい
程、コストが小さくなり発生する確率が高く
なる。内戦に関しては日本で分離独立を主張
する勢力は極少数であり、訓練された戦闘員
による反体制運動も存在せず、日本に内戦
の脅威はない。

 また、現在の日本には死傷者が発生する
ような民族紛争や宗教対立はなく、「極左
暴力集団」も高齢化して力を失い、テロの
脅威は低下した。
大量破壊兵器の拡散では
北朝鮮が核兵器を開発して日本を脅迫して
いるが、北朝鮮の目標は政権の生き残りで
あり核戦争を始めて自滅する可能性は低い。

 環境問題に関して、日本では経済成長より健康な環境を優先する思想が定着し、津波による放射能汚染の問題を除いて環境汚染は改善している。また、犯罪組織の状況は、不法薬物や人身売買は日本でも存在するが、世界と比較すると低レベルである。1960年代には18万人いた暴力団員も現在は3万人以下になった。
 ≪国内で脅威が潜行する中国≫
 中国が戦争する可能性を見ると、インド、
東南アジア諸国、日本と国境線をめぐる
小戦争の可能性があり、台湾と政権の正統性
を争う大戦争の可能性がある。また、台湾や
日本との軍事衝突が米国を巻き込む大戦争
になる可能性もある。大戦争に負ければ共産
党政権の正統性は崩壊する。米国との戦争で
中国が軍事的に優位に立つ可能性はなく、
大戦争は中国共産党にとって大きな脅威で
ある。

 内戦の可能性もある。中国は漢民族が
異民族を支配する帝国であり、国内植民地の
少数民族が独立を求める民族自決(一民族
一国家)運動がなくなることはない。ウイグル
族やチベット族の独立運動は現在のところ
軍隊による対応が必要になる内戦レベル以下
に抑えられているが、警察が対応するテロ
レベルでは根強く続いている。他方テロの
土壌は拡散している。将来は金持ちになれる
という国民の夢を支えてきた経済成長も減速
し、共産主義では有り得ない貧富の差も拡大
し、拝金主義共産党に抗議するデモや暴動が
増加し共産党支配の足元が揺れている。
 大量破壊兵器の状況をみると、中国は世界
第3位の軍事大国であるが、第1位の米国と
第2位のロシアの核戦力の強化は中国にとっ
て深刻な脅威である。第4位のインドの核戦
力は中国と大差があり、核開発を進める北朝
鮮は同盟国であり脅威ではない。
 中国の大気、水質、土壌の汚染は深刻だ。
国土の2割が砂漠化し河川の6割、耕地の
2割が汚染された。微小粒子状物質が国民
の健康を害し、地方における死亡率第1位が
呼吸器系疾患になった。2015年に「中国
環境法」が制定されたが、経済発展を重視
する地方の状況は改善していない。
 中国では犯罪組織(黒社会)が賭博、不法
薬物、人身売買などの違法ビジネスから経済
や政治分野へ浸透し、違法から合法に移行
し合法で違法を隠蔽するようになった。
地方では警察と黒社会の幹部が同一人物で
ある例もみられ、警察が黒社会の「庇護の
傘」になり、黒社会の幹部が人民代表大会代
表や人民政治協商会議代表になった地方も
あるという。貧しい農民と都市の失業者が
黒社会の予備軍であり、経済状況が悪化す
れば黒社会は拡大する。「我国の悪辣勢力
による犯罪はまさに活性化段階にある」
(北京市人民検察院)。
 ≪変化する日中対立の構図≫
 日中戦争で日本軍に主要都市を占領された
毛沢東はどのようにすれば「大きくて弱い
中国」が「小さくて強い日本」に勝てるか
考えた。毛沢東戦略の核心は戦争の長期化
であった。戦争が長引けば「小さくて強い」
日本の人的物的資源は枯渇し日本は敗退
すると予想した。戦争は毛沢東の予想とは
異なり中国戦線では1945年になっても
日本軍は優勢であったが、日本軍は米軍と
の戦争に敗れて中国から撤退した。
 日本と中国の面積や資源を比較すると
中国は大国であり日本は小国である。しかし
、政治体制を比較すると、国民の支持がない
中国共産党政権は脆弱であり、選挙で勝利
し国民の支持が証明されている日本政府は
強靱である。
 現在の日中対立は「大きくて弱い」中国
政府と「小さくて強い」日本政府の角逐に
なっている。形状記憶合金が曲げても暫く
すると元の形に戻るように、現在の中国は
日本軍に占領され共産党に打倒された拝金
主義が蔓延し腐敗堕落した中華民国に戻り
つつあるように見える。コロナ対応において
も日本人の底力を垣間見ることができた。
日中戦争時代とは異なり対立が長期化すれ
ば、内外の脅威が深刻化する中国共産党
政権は弱体化するだろう。

正論
露改憲と平和条約締結の「疑似餌」 
青学・新潟県立大学名誉教授 袴田茂樹
2020.7.8

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200708/0001.html

抜粋
≪歴史の独断的歪曲許すな≫
 ≪露側の矛盾の裏には≫

露の専門家たちは同時に、支持率の下が
っているプーチン氏は、2島といえども任期
中日本に渡すつもりは全くない、とも言う。
恐らくこれは正しい。それでも、「平和条約
交渉は継続する」と露側は常に述べる。
一体何を交渉すると言うのか。露側の矛盾
をどう理解すべきか。
私の解釈は以下の通りである。プーチン氏
が国境線画定作業に触れたのは、日本を
念頭に置いた「疑似餌」だろう。つまり、日本
が夢中で追いかけ、露と経済協力、国際協力
をせっせと行わせるための仕掛けだ。露の
高官や専門家たちと平和条約問題について
話すと、常に言われるのが、領土問題が解決
すると日本は露への関心を失う、という懸念
である。
 それ故、日本に領土を返還する気はなくて
も、常にその可能性がある素振りの疑似餌
を日本の前にぶら下げる必要がある。露首脳
が平和条約交渉は続けると常に述べるのも、
そのためだ。長年日露交渉に携わった露側
の元外務省高官もソ連時代でさえも日本に
対してこのような侮辱的態度は取らなかった
と言う。第三国の外交官たちと私的に話し合
っても、皆が「日本は被害者なのに、なぜ
こんなに露に媚(こ)びるのか」と言われる。

≪日本は腹を括れるか≫
 以下、問題点を4つ指摘して、今後の
対露政策への提言としたい。
(1)05年9月のように歴史を乱暴に歪曲
 されても、日本政府は覚悟を持って毅然
 と抗議し真実を国際発信していない。
 その年の11月に予定されていたプーチン
 来日の中止を恐れたからだ。翌年筆者は
 直接大統領と討議する機会があり、強く
 抗議したが、これは本来政府の仕事である。
 また抗議は言葉だけでなく政府間の経済
 協力中止などの実行が伴わなくてはなら
 ない
(2)12年にプーチン氏は平和条約締結後
 色丹、歯舞の2島を日本に引き渡すとの
 日ソ共同宣言を認めながら、引き渡しても
 主権は露が保持する可能性を述べた。
 しかし日本のマスコミはこの時の
 「ヒキワケ」発言のみをクローズアップし
 て、政府も政治家も浮かれた。つまり客観
 的認識を放棄して希望的観測のみに頼
 っている。
(3)露が対日強硬姿勢を強めると、日本
 側は 譲歩に譲歩を重ねた。当然露は、
 強硬策は正しかった、さらに譲歩させる
 には一層強硬化すればよいと化すれば
 よいと結論し、現実にそうした
(4)首相がレガシー作りを重視して、任期中
 に平和条約を、と焦った。交渉事は、期間
 を区切った方が弱者になる。領土問題は
 さらに数十年単位の問題だと腹を括(くく)
 り諸点を克服すべきだ。
かかる態度が、結果的に露が日本に一目置
く、つまり日露関係改善の策となるのである。

米特別代表、韓国の親北路線にクギ 
外相らと会談
2020.7.8

https://special.sankei.com/a/international/article/20200708/0002.html

抜粋
米国の北朝鮮担当特別代表を兼務する
ビーガン国務副長官は8日、ソウルで韓国
の康京和(カン・ギョンファ)外相らと会談し、
北朝鮮問題での連携を確認した。南北共同
連絡事務所まで爆破して韓国に米国主導の
制裁路線との決別を迫る北朝鮮に対し、文
在寅政権内では、南北協力を優先すべきだ
との声が高まっており、ビーガン氏の訪韓は、
米韓の共同歩調から文政権が外れないよう
クギを刺す狙いがあるようだ。
 ビーガン氏は、趙世暎外務第1次官らと
会談後、北朝鮮の非核化をめぐる米朝交渉
に絡み、「韓国と緊密に協力して今年、進展
を成し遂げることを期待する」と述べた。
金正恩朝鮮労働党委員長が交渉責任者さえ
指名すれば、即協議できる準備があるとも
強調した。
 7日に韓国入りしたビーガン氏一行は、
新型コロナウイルス検査に手間取り、ハリス
駐韓米大使との夕食会を見送ったと報じら
れた。それほど苦労しての訪韓だが、
北朝鮮が「米国と対座しない」と繰り返し
主張する現状では、打開策を見いだせた
可能性は低い。

中国政府の研究情報窃取を警戒、
在米中国人に通報呼び掛け FBI長官
2020.7.8 07:32国際米州
GAFA
https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080004-n1.html

抜粋
レイ氏は、中国の情報当局者が身分を隠して
ソーシャルメディアを使い、米軍の情報担当
者に接触を図った例もあると紹介し、FBIが
抱えるスパイ防止事案約5千件のうち、中国
に関するものが約半数に上っている
と明らか
にした。

 米国から盗まれた技術が中国で特許登録
されることがある
とも指摘。
米国民の税金や
企業の投資が中国の不当な利益のために
使われていることになると批判した。各国が
連携し、中国にルールに基づく競争を促す
ことが必要だと強調した。


米国、WHO脱退を正式通知 
トランプ氏「中国寄り」と批判 
脱退は1年後
2020.7.8 08:17国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080006-n1.html

抜粋
トランプ大統領は、新型コロナ感染拡大に
関し「WHOが中国寄りの立場を示し、対応
が遅れた」と批判。5月下旬には「WHOは
中国に牛耳られている。関係を断絶する」
と脱退の意向を示し、年間4億5000万ドル
(約480億円)規模とされるWHOへの拠出
金を、他の公衆衛生関連の取り組みに
充てるとした。

「不正が生き方の一部」
トランプ氏めいの暴露本
2020.7.8 09:11国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080008-n1.html

「マスク着けて」と注意されて乗客逆上 
運転手が暴行受け脳死 仏当局が捜査
2020.7.8 10:07国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080012-n1.html

トランプ政権内幕本の
ボルトン氏インタビュー 
日本に警告! 駐留米軍経費交渉不調なら
「在日米軍撤収も」
2020.7.8 13:18国際米州
米大統領選

https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080019-n1.html

抜粋
難航する北朝鮮の非核化協議に関しては、
トランプ氏が11月の大統領選に向け劣勢が
目立った場合、起死回生策として「10月に
金正恩朝鮮労働党委員長と再会談する可能
性がある」との見方を明らかにした。
 ただ、ボルトン氏は「北朝鮮は核計画を
堅持する意向だ」と分析し、再会談が実現
しても「進展は一切見込めない」と語った。

空気感染に「証拠が出てきている」 
WHO技術責任者明かす
2020.7.8 16:26ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200708/lif2007080042-n1.html

台湾、積極的な外交攻勢 
ソマリランドに代表機構設置、
グアムの「領事館」再開 存在感アピール
2020.7.8 17:42国際中国・台湾
台湾・蔡英文総統

https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080023-n1.html

香港で国安維持公署が始動 
中国の要員ら300人常駐 
解放軍とも協力強化
2020.7.8 19:08国際中国・台湾
香港国家安全法

https://www.sankei.com/world/news/200708/wor2007080025-n1.html

抜粋
同公署は「国家の安全が重大な脅威に直面
した状況」などで、捜査を直接行う権限を認
められている。こうした重大局面で解放軍が
関与する可能性もある。
 解放軍の香港駐留部隊は6月下旬、船を
使って逃亡を図る「不法分子」を制圧・拘束
する陸海空軍合同の演習や、狙撃訓練を
相次いで実施、威圧効果を狙うように映像
を公開している。

まるで泥の「湖」 
九州北部の豪雨被災地、機上ルポ
2020.7.8 19:24産経WEST
熊本豪雨

https://www.sankei.com/west/news/200708/wst2007080026-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

いい人生を歩むには、解釈力を高める

<成長のヒント>
 人生は
 起きた事実で決まるのではなく。
 その事実を
 自分自身で、どう解釈しているのかで
 決まる。
 たとえ
 過去にイヤなことを経験していても
 「そのおかげで~」
 と解釈して
 いい未来の原因にできたなら
 過去の闇から光が生まれる。
 その数が多いほど
 心は明るくなり
 人の輝いているところを見ることができて
 周りに希望を与えられるような存在に
 なっていく。
 
  


Posted by Myu at 07:19Comments(0)情報自然災害世界!政治

2020年06月13日

今や世界中あらゆるところに指令を待つ悪玉菌あり、除菌!気づいた今でしょ!







本日は6月12日(金)
今日は気温29度曇り後雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。

香港を逃れた若者が集うレストラン 
台湾の有志が生活を支援 
2020.6.12

https://special.sankei.com/a/international/article/20200612/0002.html

抜粋
 台北市中心部、台湾大学の近くに
「保護傘」という変わった名前のレストラン
がある。4月中旬にオープンしたばかりで
スパゲティなど簡単な料理しか出さない
が、いつもほぼ満席の人気だ。十数人の
店員は昨年、一連の反中デモに参加した
香港の若者で、彼らの台湾での生活を
支援するため支持者らが資金を出し合っ
て作った店という。今は香港の若者と、
香港問題に関心を持つ台北市民らが
交流する場所になっている。
 店内には「光復香港 時代革命」(香港
を取り戻せ、革命の時代だ)という昨年の
香港反中デモのスローガンが大きく掲げ
られ、香港の民主化を支援する書籍、
写真集、Tシャツなども販売されている。
 壁には客が書いた便箋が多く張られて
いる。「全力で香港を応援する」「最後まで
戦う」といった言葉のほか、「お母さんに
会いたい。心配ばかりをかけてごめんな
さい」という若い女性が書いたとみられる、
香港にいる母親に宛てた母の日のメッセ
ージもあった。

政界徒然草
香港、新型コロナ…共産、相次ぎ中国批判 
現実路線・ソフト化アピールも
2020.6.12

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200612/0001.html

抜粋
共産党が中国批判を強めている。志位和夫
委員長は香港への「国家安全法制」導入を
非難する声明を発表したほか、新型コロナ
ウイルス
の感染拡大をめぐり、感染源の
中国の責任にも言及した。共産党としては、
中国共産党との違いを際立たせることで、
党のソフト化や現実路線への転換を印象
付ける狙いもありそうだ。
天安門は今の問題
 「中国指導部はいまなお天安門事件
ついて反省がない。事件の記憶を封印して
しまおうという動きになっている。天安門の
問題は今の問題でもある」

 多数の死傷者を出した天安門事件から
31年となった6月4日、志位氏は記者
会見でこう強調した。
 また、「わが党は事件の当初から、
直ちに『断固として糾弾する。人権弾圧は
絶対許すわけにはいかない』
という厳しい
抗議声明を発表した」と語るなど、これま
での経緯についても自ら言及する力の
入れようだった。
 5月28日に中国が香港への国家安全
法制導入を決めた際も、強く抗議する談話
を発表。「香港への人権抑圧強化の動きを
ただちに中止することを強く求める」
とアピ
ールした。
 新型コロナの感染拡大をめぐっても、
志位氏は2月27日の記者会見で、中国政府
や中国共産党に「大きな責任がある」
と非難。
原因不明の肺炎発生に警鐘を鳴らした医師
を摘発したことを念頭に、「初動の段階で、
警告を警察の力によって抑え込んだ。言論
の自由、そういう体制上の問題点がある」

と指摘した。

維新以外の野党は不要で無視状態でした。
共産党に至っては害であると一切嫌悪対象
でした。今回、同じ共産党仲間の中国を
批判するのを初めて見て驚愕。信用できま
せぬが。日本人として愛国心を持つ善玉菌
に成れるか??


米ズーム、中国圧力で人権団体の利用を
一時停止 天安門絡み

2020.6.12 11:54経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200612/ecn2006120011-n1.html

抜粋
ズームは同日、中国政府から事実上、圧力
を受けて対応したことを認めた。
 ズームは新型コロナウイルスの流行下で
世界的に利用者が急増中だ。今回の問題
発覚で、ズームの情報通信ツールとしての
中立性に疑念が生じそうだ。
ズームは、中国国内からのアクセスが確認
されるなどした一部のビデオ会議について、
開催中に遮断したとしている。同社は「過ち
を犯した」として、運営を改善する方針を
示した。
 ズームは2011年に設立。創業者の
エリック・ユアン最高経営責任者(CEO)
中国出身で、現在は米国市民権を
保有しているという。


中国政府関連のアカウント停止 
米ツイッター、17万超
2020.6.12 16:32経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200612/ecn2006120028-n1.html

抜粋
米短文投稿サイトのツイッターは11日、
中国政府当局が関わる17万を超える
アカウントについて、同社が定める指針
に違反したとして使用停止にしたと発表
した。新型コロナウイルスや香港での
抗議デモなどに関し、中国政府寄りの
情報を拡散するのに使われていた。

米メディアが伝えた。

自動車のF1日本GP中止 
新型コロナ感染拡大で
2020.6.12 17:35スポーツその他

https://www.sankei.com/sports/news/200612/spo2006120019-n1.html

抜粋
10月9~11日に三重県鈴鹿サーキット
で予定されていた自動車F1シリーズの日本
グランプリ(GP)が12日、新型コロナ
ウイルス
感染拡大の影響で中止となった。
日本国内におけるモータースポーツの国際
大会では、10月に栃木県ツインリンク
もてぎで開催予定だったオートバイの世界
選手権シリーズが中止となった。

「焼け石に水」「間に合うのか」…
2次補正、
手厚い支援も事業者の不安強く 
2020.6.12 19:15産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200612/wst2006120028-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

魂の声を吐き出してみる

<成長のヒント>
 真剣にやるほど
 イライラすることも増える。
 そのイライラは
 すべて悪いものとは限らない。
 個人的な期待が裏切られて
 怒りとなっているのか?
 全体的を考えたうえで
 嘆かわしい気持ちで
 いてもたってもいられない憤りなのか?
 個人的怒りなら
 その気持ちを丸ごと飲み込んで
 相手に期待せず
 自分がやれることにフォーカスして
 活動のエネルギーに変換し
 ひとつひとつ地道にやっていく。
 もし、イライラの源泉が
 全体のためを思う憤りなら
 遠慮せず、後先考えず
 その気持ちを飲み込まないで
 まるで吐くように
 関係者に本音でぶつかったり
 声高々にやりたいことを公表したりして
 みる。
 すると
 心の距離を置いた方がいい人と
 ガッチリ一緒に肩を組んで
 共に向かっていく人がハッキリ見えて
 くる。
 そこからは
 進むのが早くなっていく。
 
  


Posted by Myu at 06:46Comments(0)情報世界!政治民族

2020年03月02日

3月1日いろいろ正念場、冷静に危機感と覚悟をもって生きるべし。







本日は3月1日(日)
今日は気温17度晴れ時々曇りとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかりやり切って生きましょうと。
此処2・3日腰痛復活につき寝ても起きても
痛くて辛い。仕事へ行けるかな?と思いつ
やっとのことで起床。昨日もそうだったが
何とか仕事への緊張感で出勤の時間まで
に動けそうと少し痛み動きが良くなり行け、
頑張れました。今朝はどうか?後1時間半を
しっかり様子見です。着替えは済みました。
鎮痛剤2錠服用して出勤。仕事の緊張感と
必要性そして身体状況の理を入れ、スタッフ
皆に気持ち協力を頂き、何とか薬の効きも
あってかやり切ることが出来ました。
帰宅して気が緩むとやはり厳しいものがあり
ます。性懲り無い自身の性格性分に問題
原因があることは常に事後自認反省する
ものでありまする。学び改善無くその繰り
返しに苦痛と共に生きるが我が人生なの
でしょう。

あえて土曜日会見 
頭を下げ伝えた首相の決意
2020.2.29

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200229/0002.html

新型肺炎追及の記者拘束か 
中国、ネット中継途絶える
2020.2.29 21:52国際中国・台湾
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200229/wor2002290036-n1.html

【独自】習近平主席、来日延期へ 
新型肺炎で環境整わず 秋以降が有力 
2020.2.29 23:08政治政策
新型肺炎

https://www.sankei.com/politics/news/200229/plt2002290033-n1.html

論点 一斉休校突然の要請、
どうとらえるか、何が起きるか
2020.3.1

https://special.sankei.com/a/society/article/20200301/0002.html

日曜経済講座
欧州経済に追い打ち 
新型コロナウイルス感染拡大 
ロンドン支局長・板東和正
2020.3.1

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200301/0001.html

相次ぐ韓国人隔離…
批判は中国に甘い文大統領に、
弾劾請願130万人
2020.3.1 08:32国際朝鮮半島
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200301/wor2003010007-n1.html

米アフガン和平 「米国後」のアフガン、
中露進出で「グレート・ゲーム」再来へ
2020.3.1 08:41国際アジア
今、中東は

https://www.sankei.com/world/news/200301/wor2003010009-n1.html

米のアフガン撤収を待つIS 
再び領域支配の機をうかがう
2020.3.1 08:43国際アジア
今、中東は

https://www.sankei.com/world/news/200301/wor2003010010-n1.html

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】
〈760〉とにかく睡眠が大事だ
2020.3.1 09:00プレミアム
花田紀凱の週刊誌ウオッチング

https://www.sankei.com/premium/news/200301/prm2003010007-n1.html

イタリアの死者29人に 
感染、日本上回り千人超
2020.3.1 09:40国際欧州・ロシア
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200301/wor2003010011-n1.html

米大統領、利下げ再要求 
肺炎でFRBに対策期待
2020.3.1 11:48経済金融・財政
経済・新型肺炎ショック

https://www.sankei.com/economy/news/200301/ecn2003010004-n1.html

【モンテーニュとの対話 
「随想録」を読みながら】
三島由紀夫が本当に訴えたかったこと
2020.3.1 12:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200301/prm2003010002-n1.html

「共に危機克服し、未来志向の協力関係を」 
韓国大統領、三・一独立運動の式典で
2020.3.1 12:07国際朝鮮半島
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200301/wor2003010015-n1.html

大火災の「瀬戸際」 
感染“消し止める”ラストチャンス
2020.3.1 20:23ライフからだ
新型肺炎

https://www.sankei.com/life/news/200301/lif2003010043-n1.html

抜粋
シミュレーションは地震や津波の被害予測
でも用いられる手法で、対策を取った場合
と取らない場合で明確な差が出たという。
専門家会議は「適切な対策が取られれば
患者数の増加スピードを抑制し、流行時
のピークを下げることができる」と判断。
「感染の火はまだ消せる状況で、市中の
ぼやとして消し止められる」(関係者)との
見方を強めた。

家庭で感染疑いが出たら…
「8つのポイント」公表 加藤厚労相
2020.3.1 21:26ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200301/lif2003010047-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

継続する最高の方法

<成長のヒント>
 どんなにいいことを聞いても
 いつの間にか、頭から消えていく。
 どんなに強く決意しても
 いつの間にか、すり替わってしまう。
 どんなにやる気があっても
 いつの間にか、やらなくなっていく。
 そもそも
 人は忘れる生き物。
 意志の力には、限界がある。
 決めたことをやり続けて
 突き抜けている人たちは
 もともと能力が高かったり
 意思が人一倍強いのではなく
 思い出す工夫と仕組みがすごい。
 何度も思い出したり
 自動的に思い出したり
 自然に思い出すためには
 いろいろな方法があるが
 その中でも最高の手段がある。
 それは
 仲間をつくること。
 当たり前にやっている
 基準が高い人たちとつながり
 飛び込んで
 一緒にいる時間を増やす。
 もちろん最初は
 居心地が悪かったり
 しんどいことも多いが
 何とか着いていくと
 当たり前が変わってきて
 どんどん形にしていける。
  


Posted by Myu at 09:31Comments(0)人生情報健康世界!

2020年02月25日

中国から始まった新型肺炎が今や世界中が正念場







本日は2月25日(火)
今日は気温13度晴れ後雨との予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。
おとといから年一回今季の花粉症状が
出てきましたので、昨年の残った頓服薬
を飲み始めました。かれこれ40年以上に
なる経歴の花粉症です。杉と檜の花粉
に反応してこれから2か月は覚悟です。
もうそろそろ卒業免除させてくれないか
とこのところ毎年つくづく思います。
しかし、良い薬(一日一錠で良い)が出て
以来本当に楽になり助かっています。
最初のころはもう大変でしたから。
本日午前中に整形外科と耳鼻科、そして
処方調剤薬局へ、他ショッピング等々
出かけてきました。花粉症も今年は例年
より2週間ほど早く出ていると耳鼻科医が
おっしゃっていました。薬も毎年色々と
開発されて沢山あるようです。どうします
か?と毎回聞かれますが、最新の方が
よく聞いて色々善いのかと聞き返しても
人それぞれですとのお返事にて、いつも
返って困ってしまいます。結局もう何年も
同じ薬で通してきましたので効くと思って
服用し、さほど大きな変化はないので
このまま同じ薬でとお願いしました。
丁度合わない薬があるとあまりに鈍感な
Myu自身で一年も飲んでから分かった
ばかりでしたので、新しい薬に挑戦する
意欲はありません。できればなるべく薬
は飲みたくありませぬと改めて確認認識
しました。(苦笑)

メルマガ「週刊正論」      
令和2年2月25日号
【北朝鮮による拉致問題 決意と誓い】

月刊「正論」でおなじみの西岡力モラロジー
研究所教授・麗澤大学客員教授は24日、
同研究所廣池千九郎記念講堂(千葉県
柏市、麗澤キャンパス)で行われたニッポン
放送の人気ラジオ番組「飯田浩司のOK!
Cozy up!」のPodcast番組に出演しました。
朝鮮半島情勢について語ったなかで、
週刊正論では北朝鮮による拉致問題に
関する西岡氏の発言部分を紹介します。

抜粋            ◆
1880年、当時はみんな冷たくて、外務省
はいまはそうではないですが、課長にも
会えなくて、課員の人と廊下のソファで
話をして、「北朝鮮とは国交がないから
仕方がないですよ」「名前を出して訴える
と向こうにいる人が危なくなりますよ」
・・
と言われた。
安倍総理はこう言っていましたね。
「嘉代子さんは自分が安倍晋太郎事務所の
秘書だった時から一緒に戦ってきた仲だ」
 
有本さんたちは88年からですが、私は
91年に文藝春秋社から出ていた「諸君!」
という雑誌に日本の学者として初めて、
日本人が拉致されたという論文を書きま
した。周りから言われたのは身の危険は
ないか、ということでした。日本の学者が
日本語で拉致があると書くだけで、公安
関係者らから「先生、身の危険はありま
せんか」と言われました。
そういうなかで、
安倍総理もそうだし、亡くなった中川昭一
先生とか、拉致があるんだということを
言うだけで、大変な不利益があったわけ
です。特に政治家の立場としてはそうだ
と思いますけれども、いままで一緒に
やってきたんです。


第2次安倍政権になって結果が出ていない。
本当に悔しいですけれども、総理が「一緒
に戦ってきた」と言うのを聞いた時、「この
人まだ根性あるな、北朝鮮と戦っている
気持ちなんだな」と思いました。私も嘉代子
さんが亡くなった時、戦場にいて横にいた
戦友が弾にあたって倒れたとの気持ちだ
った。総理も同じなんだなと思いました。
戦いを止めたら勝てません。戦い続ける
しかないと思っています。

殺してやるという脅迫状が来たこともあり
ました。バッシングされるようになったのは
運動を始めた97年、横田めぐみさんのこと
が明らかになった頃です。私が編集長を
やっていた月刊「現代コリア」が明らかに
するのに関与しました。韓国の情報から
明らかになったんですけれども、横田さん
のご両親(滋さん、早紀江さん)は大変悩ん
だんですね。名前を出して、写真を出して
訴えると、向こうにいる娘が殺されるかも
しれない。北朝鮮は当時、拉致はないと
言っていた。名前を出したら、証拠隠滅の
ため殺されるかもしれないということを
日本政府の関係者が言っていた。
専門家も同じ発言をしていたんですね。
しかし、何もしなければ動かない。20年間、
残念ながら日本政府はこの問題に取り組
んでこなかった。北朝鮮と外交交渉をした
のに取り上げなかった。何もしなければ
娘は北朝鮮に拉致されたことも明らかに
ならないまま死んでいくだろう。親たちも
死んでいくだろう。危険はあるけど、世論に
訴えようという決断を横田さんたちがされ
て、それに有本さんたちが合流して家族会
ができた。それが97年、23年前のことです。

西岡氏:私はいま、拉致被害者を取り戻す
3回目のチャンスが来たと思っているんです。
1回目は金丸訪朝の時です。(注、1990年
9月、自民党の金丸信元副総理、社会党の
田辺誠副委員長が訪朝した。北朝鮮に
抑留されていた邦人2人はその後釈放され
たが、有本恵子さんの拉致は取り上げられ
なかった)
2回目は小泉訪朝の時ですね。(注、
2002年と04年の2回訪朝し、拉致被害者
5人が帰国した)
そして3回目がいまです。北朝鮮は困らなけ
れば日本に接近してこないんです。ただ
話し合いをしてもダメなんです。まず困ら
せる。具体的には制裁をかけるということ
です。北朝鮮は石油など持っていません
ので、外貨を枯渇させるということが効く
んです。北朝鮮の独裁政権を維持する
ためには、(朝鮮労働党委員長の)金正恩
の個人資金、「39号室」というところが
管理しているんですけれども、年間40億
ドル(約4400億円)から50億ドル
(約5500億円)必要なんですね。

昔は朝鮮総連が多額のお金を送っていた
わけですが、いまはそれを遮断した。韓国
の左派政権が送っていたのも遮断されて
いる。文在寅政権は送りたくてしょうがな
いが、米国が見張っているので送れない。

去年の春の段階で、40~50億ドルあっ
たのが、数億ドルになった。苦しくなって
きている。
これは複数の情報源からとった
ものです。
もう一つ、北朝鮮を追い込むのは、米国を
中心とする国際的な軍事圧力です。

小泉訪朝の時も米国が「悪の枢軸」といっ
て軍事圧力をかけたから日本にすり寄っ
て来たんです。
いま、それと似たような状況
ができてきているので、安倍総理は去年、
条件なしに金正恩氏に会うと言いました。

去年、家族会とともに米国に行って、
トランプ政権の高官に会いました。
「(昨年2月)トランプ大統領はハノイでの
金正恩氏との会談で、2回拉致問題を出
した。1回目は1対1の会談で出した。
その時は金正恩が話題を逸らした。2回目
は少人数の夕食会で出した。その時は意味
のある答えをしました。しかし、この内容は
家族会にも教えることはできません。
シンゾー・アベには全部言ってあります」
と教えてくれました。

金正恩氏の頭の中には拉致問題が入った。
そのため無条件で会うということを言って
いるわけです。

残っているのは3人だけなんです。横田さん
のご両親と有本さんのお父さん(明弘さん)
だけで、横田さんのお父さんは2年前から
入院中です。
そういうギリギリのところにきていますけれど
も、しかし、家族会の人は総理に会った時、
急いでほしいが、慌てないでください。
拙速にみせかけの進展を求めて、平壌に
行くということを目的にして制裁を緩めたり
したら終わりだと伝えました。いまは苦しい
けれども、前回は5人しか取り戻せなくて、
あと死んだと嘘をつかれて失敗したので、
われわれは今回は全被害者の即時一括
帰国と言っています。全員が一緒に帰らな
いとだめだ。何人かだけではだめだ。
日本政府は17人を拉致被害者として認定
し、うち5人が帰国しました。12人残って
いますが、政府は認定の有無にかかわら
ず全員助けると言っています。
認定されていない被害者もいる。その人
たちも含めて、あなた知っているでしょ、
金正恩さん。あなたが決断するしかない
んだ。それをしない限り制裁は緩みませ
んよ。トランプ大統領もその気ですよ。
あなたはもう生き残れないところまで、
その直前まで来ている。

苦しいですけれども、この戦いをやめる
わけにはいかないのです。

中国全人代延期で首都防衛 
習氏国賓訪日は流動的
2020.2.24

https://special.sankei.com/a/international/article/20200224/0002.html

米、中国記者追放検討か 
WSJ退去要求への報復
2020.2.25 08:30国際米州
膨張する中国
https://www.sankei.com/world/news/200225/wor2002250007-n1.html

習主席の国賓来日
「現時点では予定通り」菅氏
2020.2.25 11:00政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200225/plt2002250007-n1.html

新型肺炎 韓国の感染者 日本を上回る
2020.2.25 11:44国際朝鮮半島
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200225/wor2002250014-n1.html

米CDC、韓国への注意レベル最高に 
渡航避けるよう警告
2020.2.25 12:59国際米州
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200225/wor2002250017-n1.html

中国メディアが日韓批判「後手で信念欠く」 
水際対策反発どこへ…
2020.2.25 18:29国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200225/wor2002250022-n1.html

抜粋
中国政府は、中国からの入国制限措置を
発動した米国に対して「悪い前例をつく
った」と批判し、一部の国の水際対策を
「過剰反応」と反発してきた。渡航制限を
しないよう各国に圧力をかけたことが世界
規模の感染拡大を招いた側面もある。

にも拘わらず、
なんて言いぐさでしょう??!!
新型肺炎原因国として謝罪に始まって、次
にお願いでしょう!他国からの援助への
感謝どころかや隔離処置渡航制限処置
政策等々を批判するとは?


中国、野生動物の食用を全面禁止 
全人代常務委、「悪習」を根絶
2020.2.25 19:09国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200225/wor2002250024-n1.html

抜粋
2002~03年に流行した重症急性呼吸
器症候群(SARS)では、食用として売ら
れていたハクビシンから人に感染したとの
説が有力視された。そのため、ハクビシン
などの野生動物の取引が禁止されたが、
その後まもなく解禁された経緯がある。

が、今となってはそれも疑わしい。
本当のところどうだったのですか?!
もっと科学的検証を専門家が実施して
中国政府は透明性をもってそれを公表
すべき義務があると思われます。
野生動物おせいにして収めようとは甘い
のでは?そうであるならば、野生動物を
徹底的に捕獲し検査するべきでしょう。
早急に!(生物化学兵器ではないと絶対
否定したいのならば?正確に迅速に証明
すべきでしょう!)

今日の小田氏からのメールは?

立場やステージを上げる前にやっておくこと

<成長のヒント>
 もし、受験生が
 基礎的なことや求められていることを
 一通りやっていないにも関わらず
 「何でこんなにやっているのに
 成績があがらないんだ!?」
 と感情的になっても
 それは当然の結果。
 これはに何事も一緒
 なかなか思い通りいかないからと言って
 批判的、感情的になって
 自分を責めたり、誰かを責めたり
 焦ったり、諦めるのではなく
 まず今できる一通りのことをやり尽くす
 ことが大事。
 基礎や最低限必要なことや
 周りから求められていることを
 1から9までやっていると
 ・自然と感謝の気持ちが湧いてくる
 ・初心や原点を思い出す(戻る)
 ・気持ちフッと軽くなる
 ・いいアイディアをパッとひらめく
 ・助けてくれる人が現れる
 そうして
 あるときに急に
 桁、立場、ステージがあがっていく。
  


Posted by Myu at 21:52Comments(0)情報世界!病気?!医療

2020年02月11日

多岐にわたる問題山積の呉越同舟の地球、今更ですが運命共同体の自覚すべき







本日は2月10日(月)
今日は気温7度晴れ時々曇りとの予報。
今日は水曜日へシフト調整につき休日休養
日に相成り候にてゆっくり色々と。

尖閣周辺に中国船 8日連続
2020.2.9 15:45政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200209/plt2002090005-n1.html

ダイヤモンド・プリンセス 
全乗客の旅行代全額払い戻し
2020.2.9 23:17ライフからだ
新型肺炎

https://www.sankei.com/life/news/200209/lif2002090044-n1.html

緯度経度
感染症が暴いた習近平体制の病弊 
古森義久
2020.2.10

https://special.sankei.com/a/international/article/20200210/0001.html

抜粋
 米国では中国でのコロナウイルス感染
症の爆発的な広がりに対して共産党独裁
の根本的な欠陥の露呈ととらえ、とくに
習近平体制の失態と危機とみなす認識が
広まってきた。今回の事件は全世界の中国
への見方を変え、中国を実際に弱くすると
いう見解でもある。
 米国の官民あげてのいまの中国コロナ
ウイルス論議では日本と異なり「肺炎」と
いう言葉がまったく使われない。この感染
症を肺炎だとする根拠はなく、実態はなお
不明だという思考からだろう。
 米国各界ではこの感染症を公衆衛生の
危機だけでなく中国という国家のあり方に
連結させて習独裁体制を非難する見方が
2月上旬までには定着してきた


新型肺炎
中国で高まる「言論の自由」要求 
死者数に疑問、調査の弁護士拘束か
2020.2.10

https://special.sankei.com/a/international/article/20200210/0002.html

抜粋
言論統制社会が被害の拡大を招いたとの
認識が広がっているためだ。当局による
公表死者数への疑念も広がる中、病院や
火葬場などを現地調査していた中国人
弁護士が当局から「強制隔離」措置を受け
たことも判明した。
 「ウイルスの感染力は強くないとデマを
流した当局者の責任は問わないのか」
 中国版ツイッター「微博」には、7日に
死去した李文亮医師(33)への追悼に加え
て、当局の言論統制への批判が削除され
ないまま残る。「声を上げる自由を与えよ。
これは憲法がわれわれに賦与した権利だ」
といった直接的なコメントもある。削除しき
れないほど多いのが原因とみられるが、
これまでは考えられなかった事態だ。

単刀直言
森雅子法相 
検察人事「事務方の案を尊重」 
保釈中のGPS装着など検討
2020.2.10

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200210/0002.html

【アメリカを読む】「親より信用できる」
サンダース支持者の熱狂
2020.2.10 08:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200210/prm2002100008-n1.html

抜粋
「サンダース氏は、普通の人たちの暮ら
しを心配してくれている。自分の父親より
も信用できる存在だ」
「米国の若者たちは医療保険欲しさに、
米軍に入る人が多い。私の夫もそうだっ
た。弟は、妻が重病になり医療保険の
ためにストレスの多い仕事を続けて、
長年アルコールとオピオイドを摂取して
いた。『医療保険は特権ではなく、人権』。
サンダース氏はこうした状況から抜け
出すために戦っている」
 「民主党はなぜ条件を変更したのか。
勢いのあるサンダース氏を当選させたく
ないからだ。多くの人は、政治の裏側に
ある、腐敗したエリート組織の存在に
気づいている。でも、サンダース氏の
運動は、普通の人たちによるものだ。
彼らにも決して止めることはできない」

京大院卒リケ女が大手IT企業内定蹴って
選んだ「振り売り」の生き方  
2020.2.10 10:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200210/prm2002100006-n1.html0

韓国メディア、また誤用 
昭和10年以前の福岡の写真を
「軍艦島徴用工」
2020.2.10

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200210/0001.html

「貧困」「格差」テーマに共感広がる 
アカデミー賞で韓国作品が4賞受賞
2020.2.10

https://special.sankei.com/a/entertainment/article/20200210/0001.html

日露に本質的差異、領土交渉は困難」 
モスクワ国際関係大学部長・
ストレリツォフ氏
2020.2.10 17:33国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200210/wor2002100014-n1.html

抜粋
ロシアは「平和条約締結後にソ連は歯舞
(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を
日本に引き渡す」と定めた1956年の日ソ
共同宣言により、第二次大戦に関して未解
決だった問題は解決されたと考えている。
ソ連と後継国のロシアは「島を引き渡す
ための必須要件は友好や相互信頼関係
の構築であり、それがないまま平和条約
を結んでも無意味だ」という立場だ。
しかし日本は、ロシアを敵対国とする
米国と安全保障上の協力を強化し、
米軍に基地用地を提供している。
ロシアは「島を引き渡せる条件が
満たされていない」と考えている。


中国軍護衛機が台湾海峡の中間線越える 
台湾戦闘機が警告 昨年3月以来
2020.2.10 18:25国際中国・台湾
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200210/wor2002100016-n1.html

抜粋
中国台湾担当報道官曰く、台湾の与党、
民主進歩党の指導者が、「米台結託の
新たな動きを画策している」と主張。軍の
行動は頼清徳(らい・せいとく)次期副総統
の訪米に対抗したものだと示唆した。
 一方、台湾で対中政策を主管する大陸
委員会は10日、中国当局は新型コロナ
ウイルスの感染の拡大防止に集中する
べきで、「民族主義感情をあおって注目
点をそらすな」とする声明を出した。

IOC、防護服聖火ランナーのポスター
めぐり韓国民間団体を非難 

2020.2.10 20:50政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200210/plt2002100029-n1.html

抜粋
IOCは10日までに産経新聞の取材に
対し、「広報担当理事がVANKに対し、
政治的メッセージのためのオリンピック
エンブレムの不正使用を非難し、今後、
このような行動を控えるよう求めた」と
明らかにした。
 ただ、VANKは10日午後8時の段階で
もフェイスブックにポスターの画像を掲載
しており、IOCの要請は無視されている。

ソフトバンク機密情報漏洩 
露幹部職員が出国か 元社員は
自宅からサーバーにアクセス疑い
2020.2.10 21:28社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/200210/afr2002100033-n1.html

露幹部職員出国で全容解明困難も
「覚知遅れれば、もっと情報取られていた」 
ソフトバンク漏洩 
2020.2.10 21:33社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/200210/afr2002100034-n1.html

安倍首相「引退後はチョコ輸入」 
エストニア首相との夕食会で
2020.2.10 23:16政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200210/plt2002100034-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

⁇来ませんでした!残念!!
  


Posted by Myu at 10:32Comments(0)情報世界!政治病気?!

2020年01月19日

日米安保条約改定60年、日本国民真剣に思考するとき







本日は1月19日(日)
今日は気温8度晴れ時々曇りとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかり元気にやり切って生きましょうと。

産経抄 戦後日本に問われる覚悟
1月19日

https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200119/0001.html

論点 日米安保改定60年
中国・世界の変容 日米同盟の行方
2020.1.19

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200119/0002.html

抜粋
日米安全保障条約改定の調印から19日で
60年を迎えた。日米両国が旧ソ連と対峙
していた冷戦時代は終わったものの、近年
は中国が海洋進出を強め、安保条約を核と
する日米同盟の在り方も変化している。

ゴーン被告の背後に「ゴッドマザー」 
PR駆使し国際情報戦
2020.1.19

https://special.sankei.com/a/international/article/20200119/0003.html

抜粋
日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告
(65)=会社法違反(特別背任)の罪
などで起訴=が保釈中にレバノンへ逃亡
した後、記者会見や欧米メディアを中心と
する個別インタビューに応じ、日本の刑事
司法制度への批判を強めている。身の
潔白や逃亡の正当性をアピールする思惑
があるとみられ、その主張に賛同する海外
メディアも出てきた。戦いの舞台は、日本
の司法から国際世論に支持を広げる
「情報戦」に移ったといわれ、フランス
PR業界の「ゴッドマザー」と呼ばれる
人物がゴーン被告のメディア戦略を
練っているようだ。

英ヘンリー王子の“王室離脱”問題 
「明らかに勇み足」
君塚直隆・関東学院大教授
2020.1.19

https://special.sankei.com/a/international/article/20200119/0001.html

古森義久のあめりかノート
弾圧者の国賓招聘どう映る
2020.1.19

https://special.sankei.com/a/column/article/20200119/0001.html

抜粋
「2019年の中国では習近平国家主席の
直接の指令の下に自由を求める市民、
民主主義の活動家、宗教信仰者、少数
民族などへの組織的な弾圧がかつてない
苛酷さで実行された」(「中国に関する
議会・政府委員会」年次報告書)

【主張】日米安保改定60年 
同盟発展が平和もたらす 
再改定と防衛力の強化を図れ
2020.1.19 05:00コラム主張
日米安保改定60年

https://www.sankei.com/column/news/200119/clm2001190001-n1.html

トランプ氏、日米安保条約改定60年に祝意
2020.1.19 10:23国際米州
日米安保改定60年

https://www.sankei.com/world/news/200119/wor2001190007-n1.html

抜粋
トランプ氏は「偉大な両国の堅固な同盟
関係は、過去60年にわたって米国と日本、
インド太平洋地域と世界全体の平和と安全
、繁栄に向け必要不可欠となってきた」と
指摘。その上で「安全保障環境が変容し
続け新たな諸課題が持ち上がる中、同盟
を一層強化し、深化させていかなくては
ならない」と訴えた。さらに「両国の相互
安全保障をめぐる日本の貢献が向こう
数カ月から数年のうちに一層拡大し、
同盟が引き続き前進していくことを確信
している」と強調した。日本に対し防衛費
の増額や駐留米軍経費の負担増を暗に
求めたものとみられる。

【新聞に喝!】「日本」をどうしたいのか 
作家・ジャーナリスト・門田隆将
2020.1.19 10:52コラムその他
新聞に喝!

https://www.sankei.com/column/news/200119/clm2001190003-n1.html

【モンテーニュとの対話 
「随想録」を読みながら】
「根無し草」の滑稽な悲劇
2020.1.19 12:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200119/prm2001190003-n1.html

日米安保条約改定60年式典を開催 
首相「世界の平和・繁栄保証する
不動の柱」強調
2020.1.19 14:42政治政策
日米安保改定60年

https://www.sankei.com/politics/news/200119/plt2001190007-n1.html

北朝鮮指導部が大幅交代 
対米交渉停滞で外交責任者ら刷新か
2020.1.19 16:11国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200119/wor2001190012-n1.html

中国・武漢の新型肺炎、
「1700人超の可能性」の試算も 
発症者は62人に拡大
2020.1.19 18:26国際中国・台湾
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200119/wor2001190014-n1.html

【大内清の中東報告】
反政府デモ続くレバノン 
「ゴーンも同じ」と既得権益層の腐敗に反発
2020.1.19 18:31国際中東・アフリカ
ゴーン被告逃亡

https://www.sankei.com/world/news/200119/wor2001190015-n1.html

アイゼンハワー元米大統領の孫を招待 
「日米安保は友好の一歩」
2020.1.19 19:51政治政策
日米安保改定60年

https://www.sankei.com/politics/news/200119/plt2001190017-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

直観と違和感が足を引っ張るか、助けら
れるか

<成長のヒント>
 確かに
 直感のままに動いて、物事が一気に
 進んだり
 違和感を見逃さないことで、事前に問題
 を防いだりできる。
 しかし
 すべて直感と違和感に従えば
 いいとは限らない。
 そもそも
 直感、違和感は
 日頃から
 どんなアンテナ(目的意識)を立てて
 いるかで
 大きく変わってくるもの。
 特に何も意識していないなら
 直感と違和感は
 自己保存欲求からの正当化や責任転嫁や
 単に、かまってほしいだけの衝動になって
 しまう。
 何かを真剣に目指したり
 何かを必死に守るほど
 直感と違和感が研ぎ澄まされて
 範囲・感度・精度があがり
 ひらめきをキャッチしたり
 問題になりそうな火種を見つけることが
 できる。
  


Posted by Myu at 22:25Comments(0)情報世界!政治法律

2020年01月19日

変化変遷・・・より良くあれと







本日は1月18日(土)
今日は気温6度曇りとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切っていきましょうと。
今日はこの冬一番の寒さの様です。
痛み止めを飲みつ、多少の痛みは我慢
しても動く、動ける仕事があることが今、
Myuの健康体調回復管理には必要で
有り難いと感謝です。医師の診断にて
一か月は痛いが治ると言って頂いたこと
で安心しました。その治る見通しに今の
痛みもしっかり受け止めて心身ともに
前向きに生きることができています。
もはやピークは過ぎ、日に日に痛みが
快方に向かっている進捗実感もまた
楽しんで感謝して生きましょう。

久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ
強硬路線の金正恩氏 
米朝交渉「3つのシナリオ」とは
2020.1.18

https://special.sankei.com/a/international/article/20200118/0001.html

韓国で日系のハリス駐韓米大使のひげに批判 
日本統治時代の「朝鮮総督を連想させる」  
2020.1.18 11:00国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200118/wor2001180009-n1.html

【センター試験】国立大離れが加速、
公私立に流れる 「都立大」人気も
2020.1.18 16:30 入試 コラム
受験

https://www.sankei.com/nyushi/news/200118/nys2001180008-n1.html

ナイキの厚底にアシックスとミズノが反撃 
五輪前に新シューズ発売へ
2020.1.18 18:57東京五輪

https://www.sankei.com/tokyo2020/news/200118/tko2001180002-n1.html

中国の新型肺炎、発症者4人増 
日本発のNHK報道は中断
2020.1.18 18:10国際中国・台湾
新型肺炎

https://www.sankei.com/world/news/200118/wor2001180018-n1.html

香港、デモ隊と警察が武器強化 
パイプ爆弾押収、テーザー銃導入検討
2020.1.18 19:06国際中国・台湾
香港デモ

https://www.sankei.com/world/news/200118/wor2001180019-n1.html

最後のセンター試験初日 
志願者数は55万7699人
2020.1.18 20:26 入試 コラム
受験

https://www.sankei.com/nyushi/news/200118/nys2001180012-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

自分の使命を見つける5つの質問

<成長のヒント>
 自分の役割や使命を果たしたいなら
 周りをよく知ること。
 1)みんな何に困っているのか?
 2)どんなことを望んでいるから
  何の壁にぶつかっているのか?
 3)周りから自分は、何を求められて
  いるのか?
 4)身近な人たちは、どんな役割を
  しているのか?
 5)自分も周りも笑顔になり、全体が
  良くなるために
  今、自分ができることは何か?
 それらを知るほど
 自分の仕事が明確になり
 その仕事を熱心にするほど
 周りがよく分かってきて
 ますます
 自分の出番が見えてくる。
  


Posted by Myu at 06:58Comments(0)情報世界!政治歴史

2019年12月08日

世界の中の日本の在り方方向性如何に?正しい道を信じて!

















(10月30日長崎にて沖縄首里城の火災
のニュースを夜ホテルにて見て驚愕!)

本日は12月8日(日)
今日は気温11度晴れとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかり元気にやり切って生きましょうと。

日曜経済講座
米政界に米中「資本分断」案 
対立の新たな火種に
2019.12.8

https://special.sankei.com/a/economy/article/20191208/0001.html

【アメリカを読む】
米5G戦略、ソフト開発で巻き返し 
国内はファーウェイ完全排除
2019.12.8 01:00プレミアム
アメリカを読む

https://www.sankei.com/premium/news/191208/prm1912080009-n1.html

【あめりかノート】
古森義久 対中融和唱える日本の異端
2019.12.8 10:30コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/191208/clm1912080004-n1.html

抜粋
米国では議会とトランプ政権が一体で中国
の人権弾圧を糾弾する鋭い動きが広がった。
香港人権民主主義法、チベットやウイグル
の人権弾圧への制裁、台湾の民主主義の
称賛などである。
米国は対中政策では後戻りのない
ルビコン川を渡った。
中国共産党政権の
人権弾圧部分に糾弾の焦点を絞ることは、
経済、外交、軍事での中国非難のさらに
先を進む心臓部への攻撃だからだ。
共産党の独裁支配は人権抑圧なしには
無期限に保てない。

 トランプ政権の対中政策のこれほどの
先鋭化は10月末のマイク・ポンペオ国務
長官の演説が象徴していた。
 「米国はこれまで中国共産党政権の
人権弾圧とその基礎となるイデオロギー
の民主主義陣営への敵対性を過小評価
してきた。米中間の諸課題はもはやその
イデオロギーの基本的な相違に触れず
には論じられない」
「中国共産党のイデオロギーは米国など
民主主義諸国との闘争と世界制覇を
企図し、そのためには軍事力の行使や
威圧をも辞さない。だから米国は全世界
の民主主義国と共同で中国の脅威と
対決する必要がある」

アジアの安全保障を専門とする気鋭の
学者のホーヌング氏は、同論文で安倍
政権が最近始めた日中接近の軌跡を
たどり、「日中両国はたがいの便宜の
ために対立点を脇におき、融和を始めた
ようだが、戦略面での基本的な相違や
衝突があまりに大きいために、その
和解は必ず失敗する」
と断じていた。

戦略面での基本的相違は3点
1・尖閣諸島をめぐる対立(日中対立には
  交渉がなく和解の見通しがない)
2・脅威認識の違い(中国は米国を最大の
  脅威とみなし、日本には中国が最大
  脅威となってきた)
3・国際秩序構想の違い(中国は現存の
  国際秩序の打破、日本は保持を
  目指す)


北が東倉里で「重大な試験」、
ICBMエンジン実験で米に圧力か
2019.12.8 10:54国際朝鮮半島
米朝会談

https://www.sankei.com/world/news/191208/wor1912080003-n1.html

香港で大規模デモ 区議会選の
「民意」無視に反発
2019.12.8 16:36国際朝鮮半島
香港デモ

https://www.sankei.com/world/news/191208/wor1912080010-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

目標より目的が先にありき

<成長のヒント>
 目標ばかりにこだわっていると 
 個性(本来の良さ)が消えていき
 大事なものを見失い
 「こんなはずでは...」
 という残念な結果になってしまう。
 迷ったときほど
 勝負をかけるときほど
 目的を深めてハッキリさせる。
 そもそも、何を得たいのか?
 誰にどうなってほしいのか?
 うまくいった先には、どんな世の中が
 待ってるのか?
 そうして
 方向性が定まるほど
 同時に
 逆算して的確な目標が立てることが
 できる。
 
  


Posted by Myu at 21:11Comments(0)情報世界!政治日本?!

2019年11月27日

ローマ教皇の発信が世界の平和にしっかり功を奏しますようにお祈り申し上げます。









(金沢兼六園散策)

本日は11月26日(火)
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。

正論
「蒼古に還る魂」取り戻す機会を 
文芸批評家・新保祐司
2019.11.21

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20191121/0001.html

正論
法王は国際政治の「アクター」 
名古屋市立大学教授・松本佐保
2019.11.22

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20191122/0001.html

中国当局、日本の対中感情に苛立ち 
習近平氏訪日控え
2019.10.24 20:00国際中国・台湾
膨張する中国

https://www.sankei.com/world/news/191024/wor1910240029-n1.html

文在寅氏「四方」手詰まり…
ASEANに望み託す 特別首脳会議
2019.11.25 21:42国際朝鮮半島
徴用工・挺身隊訴訟

https://www.sankei.com/world/news/191125/wor1911250023-n1.html

ローマ教皇、拉致早期解決を支持 
安倍首相と会談
2019.11.25 22:40政治政策
ローマ教皇来日

https://www.sankei.com/politics/news/191125/plt1911250019-n1.html

正論
「大東亜共栄圏」目指す中国の夢 
東京国際大学教授・村井友秀
2019.11.26

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20191126/0001.html

【政界徒然草】安保議論なき国会
「桜を見る会」は最優先課題か
2019.11.26 10:00プレミアム
GSOMIA

https://www.sankei.com/premium/news/191126/prm1911260005-n1.html

抜粋
国政の重要課題にかかわる実質的な論戦が
影を潜めた背景として、政府・与党側に
2閣僚の辞任など追及材料を次々と与えた
面はある。与党国対幹部は「野党の支持率
が上がらない状況に安住してはいけない」
と戒める。「国権の最高機関」にふさわしい、
真に緊張感のある政策議論を期待したい。

河野防衛相、GSOMIA継続は
「一時的なものと理解」
2019.11.26 13:02政治政策
GSOMIA

https://www.sankei.com/politics/news/191126/plt1911260011-n1.html

「すきやばし次郎」消える 
最新ミシュラン、三つ星11店
2019.11.26 17:41ライフくらし

https://www.sankei.com/life/news/191126/lif1911260036-n1.html

抜粋
発刊から昨年まで12年連続で三つ星
だった「すきやばし次郎本店」と、
「さいとう」のすし店2店は一般予約が
できなくなり、掲載対象外に。

「日本の皆様に深く感謝」
ローマ教皇がツイート
2019.11.26 18:43ライフくらし
ローマ教皇来日

https://www.sankei.com/life/news/191126/lif1911260038-n1.html

韓国の対日外交、立ち往生 
限られた選択肢、日本に不信
2019.11.26 19:04国際朝鮮半島
GSOMIA

https://www.sankei.com/world/news/191126/wor1911260020-n1.html

中国に人権の「集中砲火」 
香港・ウイグル問題で
2019.11.26 21:48国際中国・台湾
香港デモ

https://www.sankei.com/world/news/191126/wor1911260023-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

3つの差(ギャップ)に可能性がある

<成長のヒント>
 好きなことを楽しくやっていて
 キラキラ輝いて、長く活躍する人もいれば
 ちょっと痛い感じて、人が離れていく人も
 いる。
 一体、何が違うのか?
 そのカギは、3つの差(ギャップ)にあり。
 1)「現実」と「理想」
 2)「自分がやりたいこと」と「相手が
  やってほしいこと」
 3)「自分の夢(願望)」と「社会的ニーズ」
 その差(ギャップ)を埋める(縮める)ほど
 自分の能力が引き出され
 個性が磨かれ
 ユニークで魅力的な存在になっていく。 
 
  


Posted by Myu at 09:20Comments(0)情報世界!日本?!天皇陛下

2019年11月24日

今日もPCの前に座ることなく情報僻地状態















(10月23日金沢駅に降り立ちました。)
(加賀屋のランチを頂きました)

本日は11月22日(金)
今日は気温10度晴のち雨との予報。
昨日夕方から何とも気温が下がり寒いと
しみじみ感じました。
おとといは温かく小春日和で布団干し
洗濯の家事日和でしたのに。
やはり11月は霜月なのですね。
干し柿の進捗状況が此処までは順調で
期待できましたが、ここにきて寒さは良い
のですが雨は辛いものがありまする。
さて今日も半日仕事をしっかりやり切って
元気に生きましょうと。
今日も午後はドライブショッピングへ。
今日もPCに向かうことなくニュースも
見ず仕舞と相成り候。(情報僻地状態)
次男のおかげさまでPCのバックアップ
&調整をしっかりやって頂きました。
3週間の旅行の3000枚強の写真の
分別整理はぼちぼち自分でやりましょうと。
その後、メールやプリントなどなど色々と。
楽しい良い旅行でした。写真がまた楽しい
思い出を語ってくれます。嬉しい限りです。
皆に感謝です。

今日の小田氏からのメールは?

自分<周り

<成長のヒント>
 何をするにしても最低限
 自分が下がらないように
 周りを下げないようにする。
 どうせなら
 意識したいのは
 周りを上げて
 自分も上がっていくこと。
 そのための秘訣は
 自分のことばかり考えずに
 周りの喜び、幸せ、成長を
 少しでも多く考えること。
  


Posted by Myu at 19:49Comments(0)天気情報季節フルーツ

2019年11月17日

日本中心に思考すると同時に世界を俯瞰できる情報も必須かと。











(10月22日夕食目利きの銀次にて)

本日は11月17日(日)
今日は気温18度晴時々曇りとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき、
しっかりやり切って生きましょうと。

【政界徒然草】
韓国議長、何しに来日したのか 
発言撤回なし、会議は途中欠席
2019.11.17 01:00プレミアム
徴用工・挺身隊訴訟

https://www.sankei.com/premium/news/191117/prm1911170009-n1.html

本人が(韓国公費で)来日して子供の使い
以下とは愚かすぎる!韓国政府が腐って
いる証で「恨」「火病」の民族性国民性は
本来中国に向かうべきが向かえず、日本
に甘える形で常に日本に救ってもらって
きた事も悪い習い性となっている。その自
らの姿を客観視できず反省もできずまして
感謝など期待不可、あまりに道理に欠け
情けない客観的姿に日本及び国際社会は
救いようがないと諦めの境地であります。
馬鹿は死ななきゃわからないということか。
中にわかっている少数の人たちがいること
がまた哀れなり。


仏ロンティボー国際音楽コンクール 
ピアノで日本人が1、2位独占
2019.11.17 08:36エンタメ

https://www.sankei.com/entertainments/news/191117/ent1911170004-n1.html

【新聞に喝!】世界が俯瞰できる紙面に nihonntyuusinnni
インド太平洋問題研究所理事長・簑原俊洋
2019.11.17 10:26コラムその他
新聞に喝!

https://www.sankei.com/column/news/191117/clm1911170005-n1.html

抜粋
ラトビアはバルト三国の真ん中に位置する。
安全保障に関する国際会議「リガ会議」に
参加する機会を得た。
主催者は、中国をロシアよりも大きくかつ
差し迫った脅威として捉え、中国の行動が
国際政治に及ぼす余波を討議する部会を
設けた。
そこで肌身で感じたのは、現在の
欧州がいかに厳しい対中姿勢に転じつつ
あるかとの実態
だった。ウイグル族などに
対する人権侵害
法の支配の無視
借金漬け外交香港問題、そして北極圏を
含む海洋権益の拡大
など、もはや中国の
行動は看過できないというのが大方の
ヨーロッパ人の見方である
。むろん、
かつてのように米国に頼れないからこそ
中国に対する危機感はさらに増幅される
のであろう。
世界を俯瞰(ふかん)できるような紙面
世界第3位の経済大国、否、「責任ある
大国」にふさわしいメディアを望む


日韓防衛相が会談、軍事協定で協議 
河野氏は再考要請
2019.11.17 14:30政治政策
日韓関係

https://www.sankei.com/politics/news/191117/plt1911170006-n1.html

日韓会談後の河野防衛相と
記者団のやりとり詳報
2019.11.17 15:44政治政策
日韓関係

https://www.sankei.com/politics/news/191117/plt1911170010-n1.html

「黄色いベスト」運動1年 
パリでデモ暴走化
2019.11.17 17:41国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/191117/wor1911170013-n1.html

安倍首相、
20日で通算在職日数単独1位に 
桂太郎抜く
2019.11.17 18:27政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/191117/plt1911170014-n1.html

GSOMIA破棄カードで
米の圧力招いた文氏
2019.11.17 19:13国際朝鮮半島
日韓関係

https://www.sankei.com/world/news/191117/wor1911170014-n1.html

北脅威を直視しない韓国 
描けぬ安保協力 防衛相会談
2019.11.17 20:27政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/191117/plt1911170017-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

恐れの感情を味方にする方法

<成長のヒント>
 恐れには
 人生の足を引っ張る「不安」と
 人生を引き上げてくれる「畏敬」の
 2種がある。
 不安に襲われると
 自己防衛に走ったり
 周りに疑心暗鬼になったりして
 周りとかみ合わなくなり
 調子も関係性も、流れも運も悪くなっ
 いく。
 逆に
 畏敬の念を持っていると
 自力の限界をよく理解し
 周りの気持ちを察して
 かみ合うようになり
 調子も関係性も、流れも運も良くなって
 いく。
 畏敬とは
 そこにリスペクト(敬意)があること。
 人や周囲や職業に
 尊敬の念を持ちながら働いていると
 仕事に誇りが生まれ
 自然と能力が高まり
 才能が開花していく。
 何でも、誰でも、どこでもいいから
 リスペクト・ポイントを見つけるほど
 恐れの感情が味方になっていく。
  


Posted by Myu at 22:29Comments(0)情報世界!政治民族

2019年10月14日

予定通り物事が運ぶ、できることは当然ではなく有り難きこと。感謝!







本日は10月14日(月)
今日は気温19度曇りのち雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかりやり切って
元気に生きましょうと。
明日から3週間休暇を頂いています。
ロサンゼルスの姉上が来日につき、羽田
へ迎えるところから3週間ずうっと一緒に
行動する予定です。
強大台風19号一過の日本に、そして此処
関東を直撃して交通機関もかなりの影響が
出ました。大災害による生活への悲惨な
状態は広範囲に及んでこれから更に被害
は拡大することも日本の地形の致命的
宿命のようです。そんな日本に来て更に
あちこち旅行もして移動する予定です。
北陸新幹線の車両が全車両の3分の2も
浸水し、廃車になるかもとのこと?!
影響は大きなことになりそうです。現在
運休箇所もあるようです。早々の復旧を!
間に合うようにお願いします。予定は決定
にあらず!まさに地球は人間は生きうご
めいている。刻々と決して同じときは無く、
変化してその時空を抗うことなく?または
抗い調整修正できる限りの努力をして、
とにかく今を一所懸命生きるばかりです。
実りある良き思い出作りの3週間となり
ます様にと祈りつつ、迎え感謝して貴重な
時間を楽しく過ごして生きましょう。
今日の仕事場では、生産者さんやスタッフ、
そしてお客様の中に様々な大小の台風被害
に見舞われた方々がいらっしゃいました。
ボランティアの方々に昼食をとデリのお弁当
や総菜を買っていかれる方のお話を直接
お聞きしたり、本当に身近に被害・被害者
に接し、何とも身の引き締まる思いでした。
本当に何が何時出来湧くか予想ができませ
んが、今、予定していたことができる幸せ、
そして明日、更に2か月も前から予定して
いた計画その他等々予定通りできることは
決して当たり前ではなく、させて頂ける巡り
合わせであると、感謝の何物でもないのだ
とつくづくと更にしみじみ感慨深く思い致す
ものです。

ビジネス解読
サムスン、中国でのスマホ生産撤退秒読み 
今やシェア0・7%
2019.10.14

https://special.sankei.com/a/economy/article/20191014/0001.html

<動画>【台風19号】
千曲川堤防の決壊現場は泥水がひき、
惨状が露わに 上空ルポ
2019.10.14 11:51社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140020-n1.html

リーチ主将「怖いくらい強くなっている」 
初のW杯8強入りから一夜明け会見
2019.10.14 13:27スポーツラグビー
ラグビーW杯 日本大会

https://www.sankei.com/sports/news/191014/spo1910140010-n1.html

文在寅政権に大打撃 
チョ法相の辞意表明 
厳しい政権運営は不可避 
2019.10.14 16:03国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140013-n1.html

文大統領、チョ法相辞意表明で国民に陳謝 
「国民に軋轢引き起こした」
2019.10.14 17:11国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140015-n1.html

【台風19号】
土手ごと流され…決壊相次いだ
埼玉・荒川上流の支流周辺
2019.10.14 17:55社会地震・災害

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140041-n1.html

【台風19号】
死者47人に 救助や捜索続く 
生活への影響長期化
2019.10.14 18:26社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140046-n1.html

文大統領がチョ法相の辞表を受理 
検察改革託しわずか1カ月余り
2019.10.14 18:27国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140017-n1.html

【台風19号】
2階に閉じこもり、
一夜明けようやく被害確認 
「もう元の生活には…」栃木・佐野市
2019.10.14 18:57社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140050-n1.html

中国、即位の礼に
王岐山氏の出席を正式発表 
習主席の特使、北海道も訪問へ
2019.10.14 19:00国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140018-n1.html

北海道へ行くのが不審・不信な感じがする。
中国人が土地の買い占めをして町が?
北海道が中国人台頭とと聞いて久しい!
中国人恐ろしや何を考えているかわからない。
否、覇権政策は着々と薄気味悪し!
それ以上に来春の習近平を国賓と迎えること
が許しがたい。その後天皇陛下を中国に迎え
て中国の思いのままになりそうな事こそが
恐ろしい!愚かにも見え透いた狡猾な覇権欲
がおぞましい。


【台風19号】
最大浸水10メートル以上の危険性… 
水没した新幹線車両基地は“適地”だったか
2019.10.14 19:15社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140052-n1.html

文大統領が安倍首相に哀悼メッセージ
「一日も早く平穏な日常を」
2019.10.14 19:18国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140020-n1.html

【台風19号】
毛布にくるまり避難所暮らし 
雨中で片付け、炊き出しも 埼玉・坂戸
2019.10.14 19:41社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140057-n1.html

【台風19号】
堤防決壊37河川52カ所 
国交省、調査で増加
2019.10.14 20:08社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140039-n1.html

JR東北線の再開見通せず 
新白河-岩沼の147キロ
2019.10.14 20:40社会地震・災害

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140061-n1.html

【台風19号】
「雨は小降り」でも、消防呼びかけに… 
危機一髪の避難劇
2019.10.14 20:55社会地震・災害
台風最新情報

https://www.sankei.com/affairs/news/191014/afr1910140062-n1.html

【台風19号】
「一日も早く普段の生活を」 
中国外務省がお見舞い
2019.10.14 21:17国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140022-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

エネルギーを貯めるのもみんなのため

<成長のヒント>
 何か新しいことを始めたり
 仕事と家庭を両立したり
 誰かのお役に立つには
 まず
 自分がエネルギーに満ち溢れていること。
 自分で考えて、主体的動くのも
 同時平行にバランスを取りながら進める
 のも
 人を思いやるにも
 莫大なエネルギーが必要。
 湯水のごとく湧き出ていないなら
 焦らずに
 エネルギーをじっくり貯めることが先決。
 お世話になった人
 厳しく指導してくれた人
 支えてくれた人
 の顔と場面を思い出す。
 大好きな人たちと
 心のこもったごはんを味わって
 楽しく食べる。
 愛読書を決めて
 まるで対話するように
 何度も何度も読む。
 将来やりたいことを
 好き勝手に想像して
 ニヤニヤする。
 そうして
 いても立ってもいられなくなったら
 立ち上がって踏み出すタイミング。
  


Posted by Myu at 22:43Comments(0)情報休日自然災害日本?!

2019年09月23日

情報があふれる社会、悪しき情報操作をいさめ正しき情報をしっかりと!







本日は9月22日(日)
今日は気温23度曇り時々雨との予報。
大型台風17号がまたまた九州四国地方に!
更にその進路で日本全国に影響しています!
今日は昨日より更に勢いのあるお彼岸商戦
の日曜日にてしっかりやり切っていきましょ
うと。

香港でまたデモ隊と警察衝突 
催涙ガスで強制排除
2019.9.21 20:24国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/190921/wor1909210024-n1.html

香港デモはSNS情報戦に 
真偽不明の拡散で募る不信感
2019.9.21 23:18国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/190921/wor1909210028-n1.html

抜粋
8月には、SNS大手の米ツイッター社と
米フェイスブック社が、中国発の不正
アカウントなど約950件が中国政府の
情報操作に使われたと発表。


日曜経済講座
日韓は経済戦争なのか? 
逆ギレして自ら危機を招く 
編集委員・田村秀男
2019.9.22

https://special.sankei.com/a/economy/article/20190922/0001.html

中国、最大軍事パレードへ周到 
“国難”で団結図る
2019.9.22

https://special.sankei.com/a/international/article/20190922/0001.html

沖澤のどかさん優勝 
仏国際指揮者コンクール
2019.9.22 06:11エンタメ

https://www.sankei.com/entertainments/news/190922/ent1909220003-n1.html

【から(韓)くに便り】
日韓「言葉戦争」の虚実 黒田勝弘
2019.9.22 09:30国際朝鮮半島
「慰安婦」問題

https://www.sankei.com/world/news/190922/wor1909220001-n1.html

【ニュースの陰影】
未来が売られていく
2019.9.22 09:50コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190922/clm1909220007-n1.html

抜粋
人工知能(AI)は未来を見通す
アルゴリズムの水晶玉だ。
データを集約してアルゴリズムにかけ
れば、さまざまな未来予測が水晶玉に
表れるだろう。
イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・
ハラリ氏は昨年、日本語版が出た話題
の著書「ホモ・デウス」で、人が進んで
プライバシーを提供し、グローバルな
データフローに一体化する未来を描いた。
人は神ならぬアルゴリズムに見守られて
安息を得るという。


【コリア実況中継!】
韓国の左派系“御用新聞”で若手記者が反旗
「編集局が腐った」
2019.9.22 10:00プレミアム
コリア実況中継!

https://www.sankei.com/premium/news/190921/prm1909210008-n1.html

【日本の議論】
最低賃金の引き上げ「先進国並みに」
「実態に注目を」
2019.9.22 12:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190922/prm1909220010-n1.html

「気候危機」歯止めなるか 
23日気候行動サミット 
世論高まりも各国足並み乱れ
2019.9.22 19:02国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/190922/wor1909220011-n1.html

抜粋
今世紀終盤には最大約5度も
 地球温暖化に伴い、世界ではさまざまな
気候変動が観測されている。
 気象庁や環境省によると、世界の平均
気温は過去100年で0・73度上昇。
1990年代半ば以降、高温となる年が多く
なった。北極域の海氷面積(夏季)も、
1979~2012年は10年当たり73万~
107万平方キロの範囲で減少。北海道の
約9~13倍に相当する広さだ。海面水位
も2010年までの110年で年平均約
1・7ミリ上昇し、1993年以降は
約3・2ミリと倍近いペースという。
 2081~2100年の平均気温は、
1986~2005年と比べ、最大4・8度
の上昇が予測され、今世紀半ばまでに
9月の北極域の海氷が、ほぼなくなる
可能性が高いとされる。
 一方、陸地では砂漠化が進み、国連
の調査によると、年間で九州と四国を
合わせた面積を超える約6万平方キロ
が砂漠に。将来的に砂漠の面積は
現在の3倍になると言われている。


小泉進次郎環境相が国際デビュー 
「日本の発信強化」決意も具体政策に課題
2019.9.22 20:57政治政策
千葉 台風被害

https://www.sankei.com/politics/news/190922/plt1909220010-n1.html

ユネスコ「世界の記憶」年内改革を断念 
韓国反対、作業部会で結論出ず
2019.9.22 22:13国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/190922/wor1909220013-n1.html

抜粋
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の
「世界の記憶」改革案を検討する作業部会
では、「政治利用の阻止」を掲げる日本を
中国やロシアなど多数が支持し、「韓国は
孤立する場面が目立った」
(外交筋)という。

今日の小田氏からのメールは?

解釈で人生を変え、空想で人生をつくる

<成長のヒント>
 今まで起きた出来事で
 人生がつくられていくのではない。
 どう受け止めて
 どのように解釈し
 そこから何を学ぶのか
 を煮詰めていくと
 「体験」が「経験」に変わって
 経験値となり
 人生のレベルがあがっていく。
 さらに
 これから次々に起こしていきたい奇跡を
 空想し
 最上のストーリーを楽しみながら描いて
 その主人公を演じていくことで
 本当に近い将来
 必要な人、モノ、お金、情報、チャンスが
 やってきて
 人生のステージがあがっていく。
 
  


Posted by Myu at 20:35Comments(0)人生情報世界!

2019年07月17日

世界中で出来湧く色々!必要あって出会うニュースの色々!







本日は7月17日(水)
今日は気温28度曇り後雨との予報。
今日も休日休養日にてゆっくりいろいろと。
何と晴れました!久しぶり!しっかり
布団干しをしました!やはり太陽の光は
有難く大切と感謝です!休日で良かった!

ボリビア大統領を表敬訪問 
眞子さま、南米2カ国目
2019.7.16 09:12ライフ皇室

https://www.sankei.com/life/news/190716/lif1907160003-n1.html

正論
「西方世界」の資格問われる韓国 
東洋学園大学教授・櫻田淳
2019.7.17

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190717/0001.html

抜粋
≪韓国は同盟国の信頼に足るか≫
京都大学教授だった高坂正堯氏は、安全保障
の目標が、「その国をその国たらしめている
諸制度、諸慣習、常識の体系を守る」という
ものであると指摘した。
当代日本では、法の
支配(国際法の順守)は、その「常識の体系」
に含まれる。高坂氏が指摘したように、安全保障
で意味するものが、単なる「軍事」や「経済」に
絡むものではなく、「常識の体系」、すなわち
「価値」や「理念」に絡むものも含むので
あれば、法の支配(国際法の順守)という
「価値」に絡んで確執を深めた韓国は、安全
保障上の「友好国」ではないと判断されても、
仕方がないのであろう。


 故に、韓国が「西方世界」の信条に則して
不誠実な振る舞いに走る
ならば、「西方世界」
における韓国の資格を問いただし、その交流
から得る便益や声望を消すことが、日本の
対応の眼目になるであろう。戦時労働者案件
の徴用工問題も日韓合意に基づき韓国で設立
された慰安婦支援の「和解・癒やし財団」
解散
も、日本に対する「挑発」というよりは、
「国際法の順守」を一つのセグメントとする
「西方世界」の信条に対する挑戦と説明され
るべきである
。先々の展開によっては、これ
は、「西方世界」の信条への挑戦という意味
において、「ロシアのクリミア併合」並みの
所業と説明されても佳(よ)いかもしれない。

 ≪幹事会G7で、議論の俎上に≫
こうしたことは、「西方世界」幹事会として
の先進7カ国(G7)首脳会議でも、議論の
俎上(そじょう)に載せるのがふさわしい。
第二次世界大戦後、韓国が北朝鮮と道のり
を異にした所以は、「西方世界」との縁にあ
る。
その縁こそが問い直されるべきである。

 従来、安倍晋三内閣の対外政策がうまく
回っていたのは、「日本だけが突出して何か
をしたわけではない」という姿勢を徹底させ
ていたからである。此度の措置発動や今後
の展開に際して、その成否は、「日本から
報復された…」という韓国世論の激高とは
裏腹に、
「日本だけが突出して何かをした
わけではない」という論理構成を厳守
できる
かに懸かっている。

中国ウオッチ
緊縮と成長、二兎追う中国 
しわ寄せで重大事故多発か
2019.7.17

https://special.sankei.com/a/international/article/20190717/0001.html

辞めたくても辞められない香港行政長官
2019.7.17

https://special.sankei.com/a/international/article/20190717/0003.html

抜粋
中国本土への容疑者引き渡しを可能にする
「逃亡犯条例」改正への反対デモが続く
香港で、辞任圧力にさらされているのが
政府トップの林鄭月娥行政長官だ。
「中国政府に何度も辞任を申し出たが
拒否された」とも報じられている。
なぜ、辞めたくても辞められないのか。

韓国、中国から代替調達か 
日本が輸出管理のフッ化水素
2019.7.17 01:15経済金融・財政
韓国へ輸出規制

https://www.sankei.com/economy/news/190717/ecn1907170004-n1.html

台湾・総統選、中国との距離感が争点 
蔡氏VS親中候補
2019.7.17 05:00国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170002-n1.html

遠藤良介のロシア深層】
宇宙大国、無残な凋落
2019.7.17 05:00国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170001-n1.html

「こんまり」番組候補入り 
米エミー賞、片づけ伝授
2019.7.17 09:54国際米州

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170017-n1.html
エミー賞とは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%BC%E8%B3%9E

リブラ責任者「G7と協調」 
FB、不正防止策で各国と連携姿勢
2019.7.17 10:28経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/190717/ecn1907170015-n1.html

トランプ氏、再び対中関税の脅し 
米農産品購入迫る
2019.7.17 10:41経済金融・財政
米中貿易戦争

https://www.sankei.com/economy/news/190717/ecn1907170017-n1.html

尖閣周辺に中国船 32日連続
2019.7.17 10:54社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/190717/afr1907170007-n1.html

【アポロ月面着陸50年】
研究続く「月の石」 通説覆す成果も
2019.7.17 11:00ライフ科学

https://www.sankei.com/life/news/190717/lif1907170005-n1.html

【河村直哉の時事論】
韓国輸出管理 身勝手やめ大局観持つべし
2019.7.17 11:00プレミアム
韓国へ輸出規制

https://www.sankei.com/premium/news/190717/prm1907170006-n1.html

抜粋
韓国は身勝手であるといっておく。
日本政府による半導体素材の輸出管理の
強化についてである。
アメリカに訴える、の図に至っては、見苦し
い。朴槿恵(パク・クネ)前大統領がこと
あるごとに外遊先で日本を批判した
「告げ口外交」を思い出させる。それを
恥ずかしいと思わないのだろう。
共産主義への冷静な認識

 朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は
確たる反共の人だった
。当時、自由主義国と
共産主義国は正面から対立していた。
朝鮮半島もこの対立に巻き込まれて分断され
たのである。共産主義に対する朴元大統領
の認識は鋭い。同じ演説から。
 「全体主義の挑発により、凄惨な事態が
生れることを未然に防ぐためには、共産主義
者がかかげるいわゆる協商ないし平和が、
すべて偽装されたものであること、そして
それが真の『目的』でなく、武力侵略をふく
む一切の侵略行為を可能ならしめるのに
必要な『手段』であることを知らなければ
ならないのであります」

 日韓請求権協定で供与された資金などに
より、韓国は漢江(ハンガン)の奇跡と呼ば
れる経済成長を果たす。
共産主義への冷静
な認識と自由主義国としての国家戦略を
持ったこのような韓国保守の系譜が、現在、
文在寅政権下では親日清算の対象となって
いる
ということになる。
 北朝鮮はその国家思想において、古典的
といってよいほど共産主義的である。その
ことを忘れるべきではない。独裁制が敷か
れ、人権や自由を抑圧する。そこで掲げら
れる平和は朴元大統領がいうように
「偽装されたもの」なのである。アメリカと
のこれまでの非核化交渉で、核やミサイル
を保持したままどれほど巧妙に立ち回って
きているか、思い起こせばよい。
 文在寅氏には、おそらくそのような構図
が見えていない。
北朝鮮にいいように利用
されてしまっている。やみくもな反日政策に
よる日韓の対立は、北朝鮮に都合のよい
事態なのである。
 朴元大統領を過剰に持ち上げるつもり
もない。ただしその共産主義観、大局観は
傾聴するに値する。
反共とは単にイデオロギーの問題ではない。
共産主義国の策謀を見抜き、自由・民主主義
を守るということなのである。
   

京都・祇園祭の山鉾巡行、観衆を魅了
2019.7.17 11:02産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/190717/wst1907170015-n1.html

【ニュースの深層】
朝食とらない、1人でごはん…
子供の食卓が深刻に

2019.7.17 12:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190717/prm1907170002-n1.html

日韓軍事情報協定は維持を 
河野外相、韓国紙に
2019.7.17 12:10政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190717/plt1907170014-n1.html

日本企業保護を強調 
西村副長官、元徴用工訴訟
2019.7.17 12:48政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190717/plt1907170017-n1.html

輸出管理厳格化の撤回要求 
韓国副首相、総合対策を近く発表
2019.7.17 14:36国際朝鮮半島
韓国へ輸出規制

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170020-n1.html

文政権が韓国紙日本語版を「売国的」と批判 
事実上言論統制
2019.7.17 18:02国際朝鮮半島
韓国へ輸出規制

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170023-n1.html

対韓輸出管理「2004年以前に戻るだけ」 
河野外相、韓国紙に
2019.7.17 18:17国際朝鮮半島
韓国へ輸出規制

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170024-n1.html

海自イージス艦「はぐろ」進水 
ミサイル防衛、8隻態勢に
2019.7.17 18:36政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190717/plt1907170025-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

大丈夫!できるよ

<成長のヒント>
 3つの喜びを知っている人ほど
 夢を叶えて、周りを豊かにしていく。
 1)「やってみよう!」と、新しいことに
   挑戦する喜び
 2)「やった!できた」と、できなかった
   ことができる喜び
 3)「やってよかった」と、みんなと分か
   ち合う喜び
 そのためには
 「大丈夫!できるよ」と
 勇気づけてくれる人を大切にすること。
 


  


Posted by Myu at 20:57Comments(0)情報世界!政治人間?!

2019年05月21日

色々と知らないこと多し、学びは今でしょ!(苦笑)





本日は5月20日(月)
今日は気温22度曇り時々雨との予報。
今日は店の鍵持参の早朝出勤ですが、
今朝はいつものように5時半起床、いつもの
様に、否、月曜日と認識して朝のルーティン
を・・・そして何とも一時的にすっかりうっかり
月曜日であることを忘れて過ごし・・・・・
それでも何ともお陰様10分くらいで気づき
ヒヤッとするも何とか即家を出る、出られる
(支度は何とかできていて)ことと・・・・
ゴミ出しが出来ず仕舞とはなりましたが・・・
依頼鍵開け時間には充分余裕はあるので
すが、Myu自身の気持ちの納得時間に
少々遅れてしまったという事で大反省です。
もう少し緊張して責任を全うするようにと。
そして急ぐとろくなことはありませぬ故。

正論
令和27年-戦後100年への旅 
東洋学園大学教授・櫻田淳
2019.5.8

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190508/0001.html

正論
戦時労働者問題で国際広報急げ
2019.5.9

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190509/0001.html

政治家政府はこうした有識者の意見をしっ
かり受け止めて理解し熟考して政策方針に
反映施行し日本・日本国民を国際社会に
於いても有利に守って欲しいと思います。
無知による無恥なる失言する愚かな政治家
が多いので・・・

正論
天皇が男系男子の理由を説く 
動物行動学研究家 
エッセイスト・竹内久美子
2019.5.15

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190515/0001.html

正論
米大統領選の「価値」とは何か 
元駐米大使・加藤良三
2019.5.20

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190520/0001.html?_ga=2.101527617.19704968.1557008849-283724694.1557008841

米中摩擦 内需むしばむ 
企業収益悪化 所得にも悪影響
2019.5.20

https://special.sankei.com/f/international/article/20190520/0001.html?_ga=2.69063633.19704968.1557008849-283724694.1557008841

グーグル、
ファーウェイのスマホにソフト提供停止
2019.5.20 09:42国際米州
ハイテク冷戦

https://www.sankei.com/world/news/190520/wor1905200002-n1.html

久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ
政権2年で日韓関係を破壊した文在寅大統領
2019.5.20

https://special.sankei.com/a/international/article/20190520/0001.html?_ga=2.67944273.19704968.1557008849-283724694.1557008841

抜粋
5月10日に就任2周年を迎えた文在寅
(ムン・ジェイン)大統領はこの2年間で、
両国の法的基盤、信頼関係、安全保障の
3分野を破壊し、いまも修復の意思をみせ
ていない。


日本政府が仲裁付託を韓国に通告 
徴用工訴訟問題で
2019.5.20 12:41政治政策
徴用工・挺身隊訴訟

https://www.sankei.com/politics/news/190520/plt1905200011-n1.html

徴用工判決の仲裁付託、
韓国外務省「慎重に検討していく」
2019.5.20 15:48国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190520/wor1905200008-n1.html

菅官房長官
「韓国には仲裁付託に応じる義務」
2019.5.20 17:18政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190520/plt1905200021-n1.html

小島消失か、調査始まる 
領海狭まる恐れも、北海道
2019.5.20 17:21政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190520/plt1905200020-n1.html

米大使、チベット訪問、2015年以来
2019.5.20 17:55国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/190520/wor1905200013-n1.html

トランプ米大統領、26日に大相撲観戦 
優勝力士に米国大統領杯贈呈
2019.5.20 20:56政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190520/plt1905200035-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

どんな課題(テーマ)でもクリアーする
ための秘訣

<成長のヒント>
 人は誰でも
 ・体(健康)
 ・仕事
 ・お金の使い方(稼ぎ方)
 ・思考と感情のクセ
 ・家族関係
 ・人間関係
 などのいずれかに
 自分の本領を発揮できない原因や
 周りにイヤな思いをさせてしまう理由が
 「人生の課題(テーマ)」として持って
 いる。
 それを避けてばかりいたり
 上手に言い訳して、放置していると
 課題(テーマ)が形を変えて
 さらに襲ってきて
 どんどん
 心が重く、暗く、苦しくなっていき
 残念な展開になっていく。
 逆に
 思い切って勇気を出して
 その課題(テーマ)と向き合って
 一線を踏み込んで、乗り越えていくと
 驚くほどスッキリして
 心が軽く、明るく、楽しくなっていき
 奇跡的な展開へとつながっていく。
 すべての課題(テーマ)をクリアーする
 ための
 共通の秘訣がある。
 それは…
 すぐに向き合うこと。
 思ったら即行動すること。
 未完成や中途半端でもいいから
 とにかく形にすること。
 そして
 やりながら微調整していく。
 周りの反応を見ながら修正していく。
 みんなに助けてもらいながら解決して
 いく。
 すると
 その課題(テーマ)のおかげで
 助け合える仲間ができて
 一気に人生が進んでいく。
 

  


Posted by Myu at 08:54Comments(0)情報世界!政治人間?!

2019年05月20日

意図的とも誤情報で長い間国民を翻弄し欺いてきた社是新聞を許すまじ







本日は5月19日(日)
今日は気温23度曇り時々晴れとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかりやりきって生きましょうと。

【コリア実況中継!】
大統領への質問「無礼だ」 韓国公営放送
に非難殺到 背景に“マスゴミ”不信
2019.5.18 01:00国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190518/wor1905180004-n1.html

船押収で北朝鮮、国連事務総長に抗議書簡
2019.5.18 16:36国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190518/wor1905180012-n1.html

日曜講座 少子高齢時代
激増する高齢世帯 
独居者同士で助け合いを 
客員論説委員 河合雅司
2019.5.19

https://special.sankei.com/a/politics/article/20190519/0001.html?_ga=2.72357715.19704968.1557008849-283724694.1557008841

【ビジネス解読】
韓国サムスン、世界王者の座危うく 
業績急減速に再び品質不安
2019.5.19 01:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190519/prm1905190004-n1.html

新聞に喝!】
朝日の本音は「天皇制否定」か 
作家・ジャーナリスト・門田隆将
2019.5.19 09:29コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190519/clm1905190004-n1.html

抜粋
天声人語子の解釈では、天皇両陛下(今や
上皇両陛下)が戦地を訪問して追悼された
ことが〈加害の歴史を忘れないように〉する
ためだったのだそうだ。
また天皇制という「世襲」に由来する権威を
ありがたがり、よりどころにするのはもうや
めようともいう。これほど痛烈な天皇制批判
を昨今、私は目にしたことがない

民の安寧と幸せを祈る務めを果たされた
天皇(同)。秩序と伝統を重んじる日本は、
天皇制を二千年の長きにわたって守り、
いつの間にか、日本は“世界最古の国”と
なった。だが、朝日はもう、ありがたがるな
、というのだ。考えてみれば、元号の典拠を
漢籍ではなく、初めて和書に求めたことに
対しても、最も異を唱えたのが朝日だった。

 逆に私は朝日に問いたいと思う。
それほど日本がお嫌いなら、なぜいつま
でも日本にいるのですか、と。

尖閣周辺に中国船 38日連続
2019.5.19 12:51国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/190519/wor1905190006-n1.html

本当に不思議だ?!国交正常化と日本に
握手を求めていながら左手でげんこつを
握りしめて尖閣周辺へ中国船を近づける
指示指令をたゆみなく出し続ける習近平。
その覇権主義は怖ろしく油断ならず、信頼
関係など対等に結ぼうなど全く考えは
無いでしょう。

【日曜に書く】本を読むと美しくなる 
論説委員・山上直子
2019.5.19 13:05コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190519/clm1905190003-n1.html

新幹線整備での佐賀の対応
「北朝鮮のよう」と自民議員発言
2019.5.19 18:02政治地方自治

https://www.sankei.com/politics/news/190519/plt1905190007-n1.html

抜粋
「山口祥義知事に『韓国か北朝鮮を相手
にしているような気分だ
』と言った」

谷川氏は取材に対し、発言が不適切だった
として「謝罪、修正したい」と語った。

山口知事に苦言を呈して「日本と台湾の
ような関係であってほしい
」と要望した

司法の市民参加語るシンポ 
裁判員制度10周年で 東京
2019.5.19 20:20社会裁判

https://www.sankei.com/affairs/news/190519/afr1905190016-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

食べ方に、働き方と生き方が表れている

<成長のヒント>
 食事のとき
 何を考えながら食べて
 どんなことを話しながら食卓を囲むか?
 それで
 生き方と人との関わり方
 仕事の充実度、人生の幸福度が決まる。
 仕事のことや
 やらなければいけないことばかり考え
 ながら食べていたら
 心(感性と感覚)は鈍り
 損得や自分の都合だけで
 人とも接してしまう。
 また
 ため息が出るような
 暗く後ろ向きなことを考えながら食べて
 いたり
 食卓の会話のほとんどが
 ネガティブな話題だったら
 心は
 どんどん重くなって、エネルギーが
 失われていき
 関係性も冷めていく。
 何を食べるか以上に
 どう食べるかが重要。
 感謝して
 「美味しいなぁー」
 と言葉にしながら心から味わう。
 好きな人たちと
 明るく前向きな会話をしながら
 楽しく食卓を囲む。
 すると
 どんどん心が温かく
 前向きで、明るくなって
 エネルギーに満ち溢れていき
 関係性が深まっていく。
 


  


Posted by Myu at 06:27Comments(0)情報世界!政治日本?!

2019年03月24日

ニュース情報が少ない日は少々つまらないような?!良いニュースはやはり嬉しい!







本日は3月24日(日)
今日は気温14度晴れとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
元気にしっかりやりきって生きましょう。

イタリア、「一帯一路」参画に署名 G7で初
2019.3.23 22:06国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/190323/wor1903230027-n1.html

【ソウルから 倭人の眼】
気づけば韓国孤立? 
北にのめり込み自縄自縛
2019.3.24 01:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190324/prm1903240013-n1.html

トランプ大統領以上に舞い上がって
しまったのでしょう?!!(笑)
すべては自覚反省の無い低い民度と民族性
による愚かな政策で身から出た錆、自業自得
でしょう。それも多分理解自認不可でしょう。
全ての非は己には無く他に有るとの態度で
はね。愚かな勘違いも根が深い故、つける
薬はないでしょう。

ノルウェー客船航行不能に 
1300人の救助活動
2019.3.24 06:22国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/190324/wor1903240006-n1.html

【改元に思う】
君塚直隆関東学院大教授「時代の流れ、
大きな一歩」
2019.3.24 07:00ライフ皇室

https://www.sankei.com/life/news/190324/lif1903240004-n1.html

白鵬が42度目の優勝 平成最後の場所
2019.3.24 17:55スポーツ格闘・相撲

https://www.sankei.com/sports/news/190324/spo1903240037-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

一番ヤバイのは、冷めていること

<成長のヒント>
 人は誰でも
 自分がラクな方ばかりを優先していると
 エネルギーが無くなっていき
 しだいに調子を崩していく。
 そもそも
 周りから気をかけてもらい
 周りから信じてもらい
 周りから助けてもらって
 調子があがっていき、実力以上を発揮
 できたり
 勢いがついていき、運がよくなっていく
 もの。
 そのためには
 まず自分自身と向き合い
 弱いところ、至らないところ、未熟な
 ところ
 自分の無力さ、自力の限界、心の
 冷たさを
 素直に受け入れる。
 しかし、それは最初
 本当に辛く、苦しく、しんどい。
 勇気をもって
 その壁を越えたとき
 自然に
 自分のことを考える以上に
 周りのことを考えるようになり
 自分も全体も良くなることをしていける。
 あとは
 すべては天が与えてくれたチャンス
 人生からのメッセージだと思って
 出し惜しみしない。あきらめない。
 流されない。逃げない。
 基準を下げない。割り切らない。
 何度も大事にしたいこと思い出し
 何度も立ち上がって、挑戦し
 何度も伝えて、残していく。
 そんな姿を
 必ず誰かが見ていて
 意外な人が手を差し伸べてくれて
 一緒に
 前に進んでいける。



  


Posted by Myu at 20:02Comments(0)情報世界!政治民族

2019年03月10日

変わる!?世界が日本が地域が生活が日常が・・・







本日は3月10日(日)
今日は気温16度晴れ時々雨との予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事に
つき更に張り切ってしっかりやりきって
楽しく元気に生きましょうと。

米政権、駐留米軍経費の全額負担
プラス5割上乗せ検討
2019.3.9 21:23国際米州

https://www.sankei.com/world/news/190309/wor1903090018-n1.html

抜粋
日本の18年度の在日米軍駐留経費負担は
1968億円。「費用プラス50」の算定式が
導入された場合、日本が大幅な支払い増を
迫られる可能性もある。

【正論4月号】独占リポート 
中国人に乗っ取られた“移民団地” 
産経新聞論説副委員長 佐々木類
2019.3.10 01:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190310/prm1903100007-n1.html

抜粋
定年退職後、のどかな年金生活を送っていた
ら、ある日突然、言葉の通じない中国人が
隣りに引っ越してきた。気づけば周囲は
いつの間にか中国人だらけとなっていた-。

いま、首都圏で起きている現実だ。あなたの
身の回りで明日にも起こりうる事態に、正面
から向かい合う覚悟ができているか。
 深夜早朝の騒音は当たり前。違法駐車、
ゴミの分別無視に始まり、偽装結婚、医療費
・養育費のタダ乗りと、わが国の生活習慣を
壊し、社会保障制度を食い物にする。


政府は少子高齢化に伴う人手不足の解消を
図ることを目的に、外国人労働者の受け入れ
拡大を目指す改正出入国管理法を4月から
実施する。巷では、多文化共生などという
美辞麗句が大手を振ってまかり通っているが
すでにルール無視の中国人らと生活空間
を共にする受け入れ住民にとって、それはお
仕着せの「他文化強制」でしかないのである。


【古森義久のあめりかノート】
米の本音「非は韓国にある」
2019.3.10 11:01コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190310/clm1903100005-n1.html

抜粋
米側の本音を朝鮮半島情勢専門の大ベテラン
のラリー・ニクシュ氏が驚くほど率直に語って
くれた。同氏は米国議会調査局で朝鮮半島や
東アジアの安全保障問題を30年間も担当し、
現在はジョージ・ワシントン大教授やCSIS
研究員という立場にある。

 「韓国裁判所の戦時労働者に関する判決
が日韓間の条約や協定に違反する形で履行
されるのであれば、日本政府は世界貿易機関
(WTO)に提訴し、韓国側が標的とする日本
企業の資産の差し押さえや現金徴収をした
場合に、その金額に等しい関税を韓国からの
輸入品にかけることを宣言すべきです。
日本国内からの韓国当事者たちの本国への
送金に特別な税金をかけるという警告も
一策です」

氏は慰安婦問題についても明快だった。

 「慰安婦問題を終わりにするという
2015年の日韓合意は米国政府も公式に
支持した国際合意です。日本政府はその規定
を厳守して、補償金などをすでに支払いまし
た。その合意全体を破棄するという韓国政府
の行動はどうみても正当化されません。
日本はこの問題での再交渉や再協議には
一切、応じるべきではない」

 文在寅(ムン・ジェイン)政権の措置は
不当だと明言するのである。
日本政府にとっても有効な指針とすべき
見解だろう。

【新聞に喝!】
「歴史」に堪えられる報道とは 
作家・ジャーナリスト・門田隆将
2019.3.10 11:30コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190310/clm1903100004-n1.html

抜粋
多くの新聞が米朝首脳会談を読み間違えた。
トランプ米大統領が成果を欲しがって前のめ
りになり、北朝鮮ペースになっていると日本
の新聞は思い込んでいた。だが、調べ上げた
北の核開発の実態を突きつけた米国は譲歩せ
ず、席を蹴る形で「合意なし」の選択をした。
〈「屑(くず)鉄廃棄」の見返りに「制裁
解除」に固執した北朝鮮は孤立と自滅を
招く〉と辛辣(しんらつ)な論評をした韓国
の東亜日報
と対照的に日本の新聞は戸惑い
を隠せなかった。

三菱重資産押収、欧州でも検討 挺身隊訴訟
2019.3.10 19:11国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190310/wor1903100014-n1.html
                                                           今日の小田氏からのメールは?
                                                            仕事で大きな決断をするときに
 悩んだならば
 以下の5つの問いに
 どれだけ心からYESと言えるかで決め
 てみる。
 1)そもそも、本当にやりたいことなのか ?
 2)最後まで、やり抜く気持ちはあるか ?
 3)多くの人に喜んでもらえることなのか ?
 4)もし、何かしらの問題が起きたとしても、
  自分で責任を負う気持ちはあるか ?
 5)やるための後押しや、良い流れや、
  強力な応援はあるか?
 それらを自分の良心や魂に問いかけた
 とき
 すべてYESなら、即やる。
 4つや3つでも、即やる。
 2つなら、やっぱりやる。
 もし、1つだけなら…
 逆に、他の4つがYESに近づくように
 改善や工夫や努力をしてから、やって
 みる。



  


Posted by Myu at 22:24Comments(0)情報世界!政治民族

2019年02月15日

怖ろしき虐待は次々と、そして今後も続々出てくるのか?!







本日は2月14日(木)
今日は気温8度晴れ時々曇りとの予報。
今日は半日仕事につきしっかりやりきって
生きましょうと。また、月一回のミーティング
も前半に実施です。5月の当店8周年記念
イベントについての話し合いです。
創造力豊かなスタッフの熱心な面白い話し
合いになりますよう楽しんで生きましょう。
8周年にちなんで、「∞(無限)の感謝」を
テーマ・キャッチフレーズに実施することに
相成り候。その他、若いスタッフのゲーム
のアイディアはすごい!面白く楽しい!
お客様・生産者を巻き込んでそれぞれに
感謝のイベントに一所懸命取り組んで
生きましょう。

新時代・第2部 GAFAが変えた世界
(1)人の領域 挑む新支配者 
言語の壁を越え、記憶力まで肩代わり
2019.2.13
https://special.sankei.com/f/economy/article/20190213/0001.html

GAFA市場独占の脅威 政府も看過できず
2019.2.13
https://special.sankei.com/a/economy/article/20190213/0001.html

新時代・第2部 GAFAが変えた世界
(2)独り歩きする個人情報
2019.2.14
https://special.sankei.com/f/economy/article/20190214/0001.html

日本の抗議「理解不能」 
天皇謝罪発言の韓国国会議長
2019.2.13 20:30国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190213/wor1902130027-n1.html

河野外相「文議長の発言は甚だしく無礼」
2019.2.13 21:33政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190213/plt1902130035-n1.html

ルノー、
退任のゴーン前会長に高額報酬払わず
2019.2.14 01:02国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/190214/wor1902140003-n1.html

小4女児死亡 浴室の床に顔打ち付ける 
顔の打撲や胸部骨折 父を再逮捕
2019.2.14 10:41社会事件・疑惑
https://www.sankei.com/affairs/news/190214/afr1902140005-n1.html

この父親の鬼の行為行動が今後とも色々
沢山報告発表されるのでしょう。それこそ
何年も毎日24時間恐怖暴行虐待の日々だっ
たのでしょうから・・・苦しくて堪らない!!
目には目を!どこかの国のように大衆による
石投げの刑とか・・もっと惨い厳罰に処したい
思いです。その父親もかつて虐待被害者なの
かもしれませんが。許せません!連鎖は如何
にか止めなければ!

5歳児の顔にドライアイスで凍傷 
48歳男を逮捕
2019.2.14 16:38産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/190214/wst1902140040-n1.html

またも?!ニュースを見てないのか?
厳罰!そして目には目を!
28歳の母親は黙認?幼稚園の職員が
発見通報と?

菅長官、中国で邦人拘束を確認 
昨年6月に起訴
2019.2.14 17:48社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/190214/afr1902140027-n1.html

菅長官「極めて深刻」 
徴用工訴訟、資産現金化を批判
2019.2.14 18:49政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190214/plt1902140027-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

不安定と複雑さを、丸ごと抱きしめる

<成長のヒント>
 アイディア、ひらめき、いいモノは
 不安定や複雑さの中から生まれる。
 仕組み化して、自動化したり
 割り切って、スッキリしたら
 安定してラクだが
 それだけでは
 表面的なことに振り回されて
 大事なモノまで失われてしまう。
 不安定で複雑な中で
 中心のテーマは、何か?
 共通する本質は、何か?
 を意識すると
 発想が立体的なって、目のつけ所が変
 わっていき
 見えなかったものが見えてくる。
 独特の嗅覚が発達して
 秘められた本来の良さを引き出せるよう
 になっていく。


  


Posted by Myu at 07:19Comments(0)情報子育て世界!政治

2019年02月01日

悲劇は無くならない!虐待、SNS出会い系サイト・・・







本日は2月1日(金)
今日は気温8度晴れとの予報。
今日も休日休養日につきゆっくりしっかり
色々と。(しっかり4連休でした!)

「けられて今もいたい」父の暴力告白 
死亡小4女児のアンケート公開
2019.2.1 21:13社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/190201/afr1902010063-n1.html

市教委「恐怖で渡した」いじめ訴える
アンケート 千葉、死亡小4の父に
2019.1.31 16:40社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/190131/afr1901310030-n1.html

秘密のSOS、父に筒抜け 
専門家「最悪の対応」
2019.1.31 21:36社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/190131/afr1901310058-n1.html

韓国人が日本人3人監禁か 
タイ、1千万円脅し取る
2019.1.31 18:26国際アジア

https://www.sankei.com/world/news/190131/wor1901310024-n1.html

タイ国、国際社会はしっかり公正・正当に
極悪犯罪を裁いて欲しい。
韓国朝鮮に戻れば反日無罪で日本人を
相手の凌辱・監禁・金品強奪・・・等等は
お茶の子さいさいで且つ英雄にもなる非道
な民族性国家ですから。国内国民でも
親日有罪と更に呆れた状態が横行している
ようです。ベトナムのライダイハン問題の
謝罪弁償なとどこ吹く風の様ですし・・・

米朝対話の陰で制裁破り 中露に加え韓国も 
「北に進展なし」「瀬取りは大幅増加」
2019.1.31 20:05国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190131/wor1901310025-n1.html

熱い北極海、日本に秋波 
資源にらみ中国存在感 ロシア、カナダ警戒
2019.1.31 21:14国際米州

https://www.sankei.com/world/news/190131/wor1901310031-n1.html

トランプ氏「大きく進展」 米中貿易協議、
首脳会談調整へ
2019.2.1 07:09国際米州

https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010004-n1.html

ソウルの日本大使館前で元慰安婦の告別式
2019.2.1 11:13国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010013-n1.html

元慰安婦告別式、西村官房副長官
「ウィーン条約に照らし問題」
2019.2.1 11:50政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/190201/plt1902010019-n1.html

「泥棒がうそ」発言に反発 
国民感情刺激と韓国外務省
2019.2.1 19:45国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010033-n1.html

エンタメよもやま話
ユニクロもダイソーも真似る中国のチェーン店
2019.2.1
https://special.sankei.com/a/entertainment/article/20190201/0001.html?_ga=2.149595766.1305709813.1548622491-925367231.1548622485

トランプ氏「米中冷戦」勝利に自信 
貿易閣僚級協議の「進展」で
2019.2.1 11:51国際米州
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010015-n1.html

米もミサイル開発で対抗へ 
中国の脅威にも対処
2019.2.1 14:12国際米州
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010016-n1.html

露、反発も本音したたか 
INF全廃条約破棄 対中牽制可能に
2019.2.1 18:15国際欧州・ロシア
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010027-n1.html

中国、INF廃棄の多国間化を警戒
2019.2.1 20:07国際中国・台湾
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010034-n1.html

【教研集会1日目】拉致問題DVD
「めぐみ」上映に「在日コリアン傷つける」
2019.2.1 18:54ライフ教育

https://www.sankei.com/life/news/190201/lif1902010030-n1.html

抜粋
拉致被害者の支援組織「救う会」の西岡力
会長は「在日の人々を責める内容ではなく、
事実でないことは取り上げていない。北朝鮮
が拉致を認めた当時から、在日朝鮮人の
子供がいじめられるかもしれないと危惧する
声はあった。現場の先生が心配であれば、
事前学習を行うなどの配慮をした上で活用
してほしい」と話している。

今日の小田氏からのメールは?

漫画「僕に人生の闇を教えてくれた先生たち」
 第21話が公開されました。
 https://odamasayoshi.com/comics/021/
 
善なる行いこそが、根を伸ばしてくれる

<成長のヒント>
 根のない木は
 すぐに倒れるように
 仕事、人間関係、人生において
 しっかり根が張っていなければ
 ちょっとしたことで倒れてしまう。
 では
 その根とは、何か?
 切りひらく知性であり
 生き抜く根性であり
 人を思う温かさ、真の優しさ。
 そして
 ・理想と現実の葛藤
 ・夢と生活との苦悩
 ・全体と個人の矛盾
 などのすべてを受け入れる器量。
 それらの根を張るには
 どうしたらいいのか?
 それは
 そのとき、その瞬間に
 一緒にいる人をしっかり見て
 少しでも良くなること
 全体が前進することする。
 その結果
 騙されても、裏切られても
 気にしない。動じない。くよくよしない。
 損しても、失敗しても
 言い訳しない。誤魔化さない。表面的に
 取り繕わない。
 それでもなお
 認めて、許して、信じて
 徹底的に最善を尽くし
 善なる行いを続けていく中で
 抱える葛藤、苦悩、矛盾こそが
 知性と根性(スピリッツ)となり
 すべてを支える根となっていく。


  


Posted by Myu at 20:58Comments(0)情報社会世界!政治

2019年01月22日

粘り強くタフになった錦織選手のように世界情勢も決して諦めずに・・・







本日は1月22日(火)
今日は気温9度晴れ時々曇りとの予報。
今日は月一回のミーティングにて朝2時間
出勤につき、しっかりやりきって生きましょ
うと。

習政権、景気対策の柱は減税 
過剰債務問題が反面教師に
2019.1.21

https://special.sankei.com/a/economy/article/20190121/0001.html?_ga=2.176259117.984487856.1543366290-907209346.1540262808

ベトナム、米朝再会談ホスト役に意欲 
存在感示し中国牽制
2019.1.21 20:37国際アジア

https://www.sankei.com/world/news/190121/wor1901210029-n1.html

【産経・FNN合同世論調査】徴用工に
レーダー照射問題…韓国批判高まる
2019.1.21 21:44政治政局

https://www.sankei.com/politics/news/190121/plt1901210038-n1.html

5時間超の死闘「タフな試合勝てた」 
錦織、一問一答
2019.1.21 22:46スポーツその他

https://www.sankei.com/sports/news/190121/spo1901210046-n1.html

凄い!!5時間死闘!!素晴らしい!!
本当にタフになった日本人!!

10歳でプロになる仲邑菫さん、
修業した韓国で会見
2019.1.22 12:15ライフ囲碁

https://www.sankei.com/life/news/190122/lif1901220034-n1.html

【政界徒然草】IWC脱退 自民捕鯨推進派
議員の迅速な対応、国際批判を抑制
2019.1.22 01:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190122/prm1901220006-n1.html

【風を読む】「ざんねんな努力」は要らない 
論説委員長・乾正人
2019.1.22 10:00コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190122/clm1901220004-n1.html

【一筆多論】韓国は「あちら側」へ移った 
榊原智
2019.1.22 11:00コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/190122/clm1901220005-n1.html

米、ファーウェイ副会長の引き渡し要請へ
2019.1.22 14:01国際米州

https://www.sankei.com/world/news/190122/wor1901220021-n1.html

「浴場で果物食べる」 
外国人マナーにトラブル続出
2019.1.21

https://special.sankei.com/f/economy/article/20190121/0001.html?_ga=2.240575371.984487856.1543366290-907209346.1540262808

日露首脳会談 
「表と裏」使い分ける交渉術に翻弄されるな
2019.1.22
https://special.sankei.com/a/international/article/20190122/0001.html

安倍首相
「平和条約問題、じっくり議論したい」 
プーチン氏との会談始まる
2019.1.22 21:28政治政策
https://www.sankei.com/politics/news/190122/plt1901220028-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

いい人と出会うための7つの行動

<成長のヒント>
 誰と出会うかで
 人生は大きく変わる。
 愛情を注いでくれる人
 自分を壊してくれる人
 一緒に戦える仲間たち
 仕事で鍛えてくれる人
 人生を教えてくれる人
 人生を共に歩むパートナー
 ただただ見守ってくれる人
 世界の広さを見せてくれる人
 そんな人たちに恵まれるほど
 人生は進んでいく。
 では、どうしたら
 そんな出会いがめぐってくるのか?
 1)今まで周りにしてもらってきたこと、
  愛されていたことを思い出して、
  感謝する。
 2)今、一緒にいる人たちの幸せを
  心から祈る。
 3)理想の未来、志、大きな夢、高い
  目標を持つ。
 4)突き詰めることを定めて、そのための
  問い(疑問)を毎日持ち続ける。
 5)出会った人に誠実に、お役に立って、
  徳を積む。
 6)みんなで、美味しいごはんを食べる。
 7)勉強して、自分を高め続ける。



  


Posted by Myu at 19:26Comments(0)情報風俗習慣世界!民族

2019年01月16日

救いようなく救われようがない民族の哀れ







本日は1月16日(水)
今日は気温9度晴れとの予報。
今日も休日休養日にてゆっくり色々と。
先ず、先日副店長から依頼されました店の
鍵開けのみに早朝自転車散歩がてら行って
来ました。最初の一人が来るまでの小一時間
をレシピ整理、ラインの無いスタッフへの連絡
記録作業、朝のルーティン作業等をして待ち
ました。行き帰り冷たい空気を吸って何とも
気持ち良い。しかし、ずうっと晴れの日が続い
ていますので乾燥しています。先日の成人の
日も晴れて幸いでしたが、もうそろそろお湿り
が欲しい所です。北日本は吹雪大雪で大変
な様ですが。此処等辺は来週もお天気が続き
そうです。やはり大雨大雪よりは良いかな?
住めば都で生きる知恵、生きる術、生きる力
を逞しくして、悲喜こもごも豊かな生活がきっと
そこにはあることでしょうね。

ゴーン被告の保釈を東京地裁が却下 
勾留長期化へ
2019.1.15 15:47社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/190115/afr1901150027-n1.html

移民との「蜜月」は長く続かない 
日米近現代史研究家・渡辺惣樹
正論
2019.1.16

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190116/0001.html

【中国軍事情勢】中国、南シナ海にらみ
「南部戦区」強化 その陣容は
2019.1.16 07:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/190115/prm1901150008-n1.html

【経済インサイド】優勝賞金1億円超えも
 eスポーツの市場拡大は本物か
2019.1.16 08:00プレミアム
https://www.sankei.com/premium/news/190116/prm1901160003-n1.html

横綱稀勢の里が引退へ 
初場所初日から3連敗で決断
2019.1.16 08:48スポーツ格闘・相撲

https://www.sankei.com/sports/news/190116/spo1901160007-n1.html

韓国外相、慰安婦問題で
「国際会議の開催検討」
2019.1.16 14:17国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/190116/wor1901160013-n1.html

嘘に嘘を大きく厚く重ね、民族の国の恥を
良くぞ世界に広くふれまわれるものです。
嘘も恥も一食たに「恨」「火病」の民族性は
今日も元気に反日無罪教育宜しく、今は
とにかく日本への嫉妬心から虚飾膨大に
叫ばざるを得ない心情国情なのでしょう。
哀れ始まりしばかりの今年も果ていぬめり。
自らの「ライダイハン」の反省等どこ吹く風
ですか?戦争に従事する男子の全世界的
問題の従軍慰安婦とは日本ばかりの問題
ではないことは周知のことでしょう。
「ライダイハン」はベトナム戦争時における
そしてその後も引き続く、まさに韓国の戦争
従事して犯した「従軍慰安婦」どころではな
い、とんでもない重罪で人間として許されぬ
怖ろしい人間性無き、動物にも劣る残虐
行為でしょう。それらを棚に上げてよくぞ
朝日新聞の愚かな嘘の記事に乗っかって
馬鹿踊りをするのでしょうか。何が真実で
何を為さねばならないか?国の政府が
何を馬鹿やっているのか?呆れるばかり。
自国の歴史の真実を見たくないのは分か
ります。先ず、歴史はあっても歴史書が
残ってないようです。都合よく歴史を美化
したいのもわかります。しかし、一番確と
はっきりその自国の歴史を表しているのが
その民族の「恨」「火病」の民族性でしょう。
そしてそれは既に救いようがない染みつ
いた民族国民感情で政府をも飲み込んで
しまうのですから国際社会に通用するはず
がないでしょう。とにかく他を日本が悪い
と被害者意識のみで賠償賠償と物乞い
するばかり。それもポーズは上目線?!
「ライダイハン」について韓国民・韓国は
如何思い、どうするのか?しない理由は
如何なのか?各政権がその都度都合で
国民に意図的?または恣意的?に知ら
せなかったり(日本からの多額の資金
援助、慰安婦問題、徴用工問題、・・・・
ライダイハンのことも・・・・)、恩を仇で
返す「反日教育」したりと・・・
翻弄される国民民族、そしてその国民
民族感情に翻弄される政府の悪循環は
ご勝手にともううんざいです。

今日の小田氏からのメールは?

話してスッキリしているなら要注意

<成長のヒント>
 人間関係を前進させるのが「表現」
 人間関係を崩壊させるのが「表出」
 表出とは
 あることがトリガー(きっかけ)となり
 それまでに溜まっていた感情(心のゴミ)を
 言葉に乗せて
 相手にぶつけて
 スッキリしようとすること。
 しかし、多くの場合は
 その後に
 「あぁ、言い過ぎてしまった…」
 「何で分かってくれないの!!」
 と、あと味が悪く残る。
 表現とは
 目的が明確で
 意図が相手に伝わるように
 気持ちを乗せて、胸の奥に届けること。
 表出にならないようにするためには
 まず普段から
 心のゴミをためないこと。
 そして
 相手の幸せ、喜び、成長を心から願い
 そのイメージで心をいっぱいにすること。
 そのうえで
 相手に受け取ってもらえるように
 心と言葉を尽くしていく。
 そうすると
 表現力が磨かれていき
 一体感が生まれ
 関係が深くなっていく。



  


Posted by Myu at 22:43Comments(0)情報世界!政治民族

2018年12月09日

スマホ機種変更等諸々と・・・感謝です。







本日は12月9日(日)
今日は気温9度晴れ時々曇りとの予報。
今日は勢いのある師走第二回目の日曜日
につきしっかり気合を入れて一所懸命やり
切って生きましょうと。
昨日午後約半日ドコモにて色々と。
Myuのスマホ他社からの乗り換え新機種
交換といずれイッキュッパ(一休さんの
TVコマーシャルの1980円)を考えての
ことか?長男の考え予定と、ドコモ担当者
のお勧めと様々なキャンペーンやお得情報
紹介得点ゴールドカード云々での割引特典
溜まったポイント等々、色々様々一堂に集約
して繰り広げられました。Myuも主人も長男
希望に沿ってしっかり即座に計算したり、
あらゆる知識を総動員して見事に応え
(答え)る担当者もまさにエキスパートと
流石立派と感心して見ておりました。
Myuのスマホが第一の目的ですが、しっかり
順次遂行されていきます。家の光、Wi-Fi
環境に及び、全くそこまで考えていなかった
との状態も行きつくところ結果既存のものと
期間期限のメリット情報も駆使して攻めて
くる優秀な担当者、さすが餅は餅屋か?
長男も提示
された条件状況お得感の思考判断を自身
納得できる形で納めたいとのせめぎ合い
です。長男の決断で着実に工事日程を始め
諸々がまさに年末のお互い混みあった忙しい
スケジュールの中色々が進みました。
説明や決定事項等、今やすべてタブレット
にて、サインして済みます。
もはやMyuは隔世の感にて、他力本願、
おんぶにだっこ、上げ膳据え膳状態で
自身ふがいなさを反省しつつ、申し訳なく
もお蔭様、有難いと長男に感謝です。
新機種のデータ移行もしかり・・・・・
Myuも一応IDやパスワードも色々と沢山
専用ノートに記録してありますが・・・
それらが必須であることはしっかり認識
するも仕様管理しきれていないような。
何とか文明の利器をしようできること、
しみじみお蔭様と感謝して生きましょう。

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】
(48)「無法乱世」の大韓帝国時代
2018.12.8 10:08国際朝鮮半島
https://www.sankei.com/world/news/181208/wor1812080009-n1.html

【雅子さま55歳】「国民の幸せのために
力を尽くす」(動画)
2018.12.9 00:00ライフ皇室
https://www.sankei.com/life/news/181209/lif1812090010-n1.html

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
徴用工判決が日韓関係を破壊する5つの理由
2018.12.9 01:00プレミアム
https://www.sankei.com/premium/news/181209/prm1812090016-n1.html

【iRONNA発】北方領土交渉 返還が
「2島-α」に終わる可能性も 名越健郎氏
2018.12.9 17:00プレミアム
https://www.sankei.com/premium/news/181209/prm1812090006-n1.html

紀平梨花「ザギトワはこれからもっと良い
演技をしてくる」
2018.12.9 12:50スポーツその他
https://www.sankei.com/sports/news/181209/spo1812090003-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

仕事の目的と人生の歓び

<成長のヒント>
 人と人がつながって、人生が進んでいく。
 人と人をつないで、人生を高めていく。
 いい人と出会うためには
 いい仕事ができるように
 思いを深く、熱心に働く。
 そして
 いい人を見つけたら
 すぐに会いに行く。
 図々しく近づく。
 喜んでもらえるように尽くす。
 そうして
 ご縁を深めていったならば
 次は自分から
 いい人たちをつなげていく。
 それこそが
 仕事の目的であり
 人生の歓びそのもの。
 


  


Posted by Myu at 21:42Comments(0)情報世界!政治家族

2018年11月11日

沢山の笑顔と素敵なお花の誕生祝い






本日は11月11日(日)
今日は気温20度晴れとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
元気に楽しくしっかりやりきって生きましょ
うと。朝から真っ青に晴れ渡った晩秋の空を
眺めながら、Myuと同じく年季の入った
マイバイスィクルで仕事場へ。昨夜来訪の
愛孫たちが昨夜21時過ぎに就寝して今朝
は早起きも5時!とな!20分にはMyuの
ところへやって来て色々と。年に2・3回
位しか会うことがなくなってしまいましたが
FBで土日毎のお出かけの様子や、運動会
、スキー教室、ピアノの発表会、バレエの
発表会等々、見ていますので不思議な
感じです。孫の方こそこちらの様子をFB
でも全く見ることなどありえないわけで、
本当に久しぶりのはずが何とも人懐こく
元気いっぱいでひょうひょうと寄ってくる
姿様子にこちらの妙な気遣い心配は
無用とはねのけてくれます。こちらジジババ
こそますますおいて様子が変化して見える
のでは??と・・・・・
愛孫たちは確実に着実に成長して女の子
としてそれぞれの個性を自ら伸ばし発揮
して見せてくれます。
Myuは仕事へ出かける時間までお付き合い
と。朝食は?ママがまだ寝ているとのこと
で、丁度昨夜作ったバターナッツポタージュ
スープとブロッコリーを沢山何度もお代わり
して美味しい美味しいと食べてくれました。
パパは仕事の仲間(昨夜来泊)と朝6時に
はツインリンク茂木へ別行動で出勤と。
ママはゆっくり10時過ぎ3人で茂木へとの
事の様です。Myuは仕事から帰宅しては
もう会えませぬ。まあ、元気てのびのび
成長しているさまを垣間見るだけでも善し
として自身の心身の健康維持管理に
今後ともできる限り努めて生きましょう。

そして本日仕事場にて朝礼時にサプライズ
!バースデーソングと共に11月生まれの
3人(S先輩、デリの女史、そしてMyu)に
素敵な花籠のプレゼント贈呈と店長始め、
本日のスタッフ全員で写真をとったりお祝い
して頂きました。ありがとうございました!
感謝感謝です。「より一層一所懸命楽しく
仕事を頑張ります!!」と。(嬉・笑)

【日曜に書く】中露「蜜月」の不都合な真実 
論説委員・斎藤勉
2018.11.11 10:53
https://www.sankei.com/column/news/181111/clm1811110004-n1.html

抜粋
《ラスプーチン プーチン チン》
「ロシア民族は消滅する」
「中国領」奪回に歴史的執念
「チンが極東を支配する日」
北方領土は「日中問題」に


【モンテーニュとの対話 
「随想録」を読みながら】〈38〉
いじめには反撃しかない
2018.11.11 12:00
https://www.sankei.com/premium/news/181111/prm1811110014-n1.html

抜粋
最後にこれだけは言っておきたい。学校内で
あろうと、人権侵害、窃盗、傷害、恐喝、
名誉毀損(めいよきそん)、器物損壊などの
罪をおかした者は、かならず法にのっとって
処罰されるという原則を確立し、周知徹底
すべきだ。教育論をかざして、学校を治外
法権の聖域にしてはならない。警察を校内に
入れないことで、いったい誰が得をすると
いうのか。


【新聞に喝!】報道の自由を断固守れ 
元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦
2018.11.11 12:52
https://www.sankei.com/column/news/181111/clm1811110005-n1.html

抜粋
「宋氏は中国共産党同様に日本の与党も
言論を統制しろ、と要求したのだ。あから
さまな内政干渉といっていい」
この問題の核心は、日本のメディアが中国に
とって好ましくない情報を報じないように、
中国が日本の政権与党に要求した事である。


「日本の謝罪と賠償を百倍千倍に」 
北朝鮮、徴用工訴訟めぐり対日非難
2018.11.11 15:55
https://www.sankei.com/world/news/181111/wor1811110013-n1.html

抜粋

判決は受け入れられないとする日本政府を
「厚顔無恥」と非難。

そっくりそのままお返しします。そのままでは
間に合わないでしょう。
100倍1000倍の厚顔の更に
1000倍2000倍の無恥なる民族さんへ。
やはり北は強いですね。南は大丈夫ですか?
1000年・2000年忘れないと言われた
1000・2000が好きな前大統領も
いましたっけ。政権が代わると牢獄か死か?
という怖ろしい国、民意優先民族国家で
国際社会で国の体なさずを自覚しない故、
日本が言わずもがな、世界から
「超ド級厚顔無恥」と笑われて・・・・それも
自覚なしか・・・・・
日本にもいました厚顔無恥が、朝日新聞!
結構年季が入っています。どこかで繋がって
ますか?しかし、そちらは世襲3代独裁強権
体制(国家?)ですよね。言行悪徳三昧も
超ド級ですね。文大統領は南の民族を北
の民族と同じ境遇にすることが目標なの
でしょうか?北は必死盛んに現体制維持
をアメリカに懇願してますよね。そして
金・金・金はひたすら大中華様でなく、日本
にたかりにたかろうとしてますよね。
小中華と自認して日本を下に見る立場に
あるとするようですが、間違い矛盾に気づか
ずひたすら自分天下で吠えていますね。
日本は朝鮮を大変な投資をして石器時代の
生活状態から文明文化生活へインフラ整備
(ダム建設や鉄道・・)をし、日本国以上とも、
そして植民地ではなく日本国民として分け隔
てなく行使したのです。
民族の尊厳を大切に、それでも誤算でした。
福沢諭吉翁が見抜いて注意忠告したように、
あまりに民族性が日本人とは比べようもない
全く相容れない怖ろしいほどに醜い「恨」
「火病」という決してどんなに優しく尽くして
やっても救いようがない予期せぬ解釈と
なるようで深入り禁物、決して関わらない方
が良いというもの。
今後ますます怖ろしいことになりそうです。
北がことあるごとに醜い凄みのある言動を
してきます。文大統領はもはや北の傀儡
です。南の民意はどうですか?
反日では嘘の教育宜しく一致団結という
ところでしょうが。
日本企業に就職する(一握りでしょうが)
人たちはどうなるのでしょうか?それも
これからですが。

今日の小田氏からのメールは?

イヤなことは、人生を進めてくれる

<成長のヒント> 
 仕事で巻き込まれたり
 人間関係で起きる
 イヤなことと出会ったとき
 どうするかで、人生が決まる。
 避けていると
 ずっと宿題が残り
 形を変えて、追いかけてくる。
 逆に
 「よし、やるぞ!」と
 正面から取り組み
 楽しくなってくるまで
 丁寧に、誠実に、やっていたら
 代わりにやってくれる人が現れたり
 自分の立場が変わったりして
 案外、早く抜けて
 次の展開が始まっていく。



  


Posted by Myu at 23:16Comments(0)情報誕生日世界!民族

2018年11月09日

もういい加減お人よしは止めましょう。





本日は11月9日(金)
今日は気温18度曇り時々雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかり楽しくやり
きって生きましょうと。

【主張】朝鮮学校への補助 
実態把握し公金見直しを
2018.11.9 05:00
https://www.sankei.com/column/news/181109/clm1811090001-n1.html

抜粋
朝鮮学校への補助金を打ち切る自治体が
増えている。
北朝鮮の独裁者をたたえる教育内容のほか、
朝鮮総連の影響下にある学校運営の実態を
踏まえれば当然の措置である。
朝鮮総連は破壊活動防止法に基づく調査
対象団体である。
独裁国家を支える思想教育や不明朗な
学校運営に目をつぶり、公金を使う方が
問題である。


全く遅きに失したとはこのことです。
よくも今まで日本にいながら日本・日本人を
騙し、貶める悪行三昧(拉致や、日本人妻
強奪・・・と)を工作する朝鮮総連をそのまま
にし、在日の学校に補助公金を出してきた
とは日本の政府行政の目はふしあなだった
のでしょうか。朝鮮総連と結託したか?
朝日新聞の「北朝鮮は桃源郷」に始まり、
「慰安婦問題」・・・まるでとんでもない嘘で
あったこと・・・許せませぬ。朝日新聞は重罪
にて即刻解体すべし。外患誘致罪に匹敵で
死刑または北へ島流しで粛清とか。

変わらず自己中心的な韓国
阿比留瑠比の極言御免
2018.11.9
https://special.sankei.com/a/politics/article/20181108/0001.html?_ga=2.191890154.1922796512.1540262809-907209346.1540262808

抜粋
ずっと韓国と向き合ってきた元アジア女性
基金理事、大沼保昭氏(今年10月に死去)
曰く、「すごく嫌なのは、韓国社会の余
(あま)りにも変わらない、反日さえ言って
いればいいという体質です。(中略)これ
ほど根の深いものだったのか」 「これほど
だめだったのかということを韓国について
知ってしまって…」

親韓派だった作家の豊田有恒氏はやがて
韓国に批判的となり、4年前に出版した
『どの面(ツラ)下げての韓国人』では
こう突き放している。
「同じ地球人と考えずに、どこか遠い異星の
宇宙人だと考えたほうが、対応法を誤らない」

 それほどまでに彼らの考え方、行動様式、
慣習、常識、道徳観、価値観、美意識、
世界認識などの日本人との差異は大きい
のである。

東京裁判判決から70年 
パール判事の家族「父の仕事を誇りに思う」 
インドでの知名度向上へ伝記作成
2018.11.9
https://special.sankei.com/f/international/article/20181109/0002.html

習主席も「雷鋒の墓」訪問 
国難のたびにわき起こる運動が再び…
藤本欣也の中国探訪
2018.11.9
https://special.sankei.com/f/international/article/20181109/0001.html?_ga=2.251143750.1922796512.1540262809-907209346.1540262808

新幹線E2系、深夜の国道ひた走る
2018.11.9 19:48
https://www.sankei.com/life/news/181109/lif1811090029-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

3つを定めてからが本当のスタート

 漫画「僕に人生の闇を教えてくれた先生たち」
 
 第10回目が公開されました。 
 https://odamasayoshi.com/comics/010/

<成長のヒント> 
 どんなにいいことを学んでも
 どんなにいい人に出会っても
 心にノイズ(雑音)が多ければ
 自分の都合にいいように曲げて解釈して
 大事なことが入って来ず
 出会いを活かすどころか
 逆に迷惑をかけてしまう。
 そもそも
 心のノイズが多くなるのは
 やることがバラバラだから。
 ノイズを消すには
 ・自分の拠点
 ・一番大事にする人
 ・最優先でやること
 の3つをしっかり定めること。
 すると
 心が静まり、重心が下って、地に足つき
 どんなことを学んでも
 どんな人に出会っても
 気づきとヒントを得られるようになる。
 

  


Posted by Myu at 21:23Comments(0)情報世界!政治日本?!

2018年11月03日

穏やかな文化の日も世界は色々と・・・・









本日は11月3日(土)
今日は気温20度晴れとの予報。
今日も半日仕事につきしっかり楽しくやり
切って生きましょうと。

南北、2032年夏季五輪誘致に向け合意 
他の協力事業は停滞…
2018.11.2 19:51
https://www.sankei.com/world/news/181102/wor1811020028-n1.html

過去も現在も未来もことごとく問題多き民族
であるようです。一挙手一投足醜い皮肉応酬
で援助してもらいたい北の態度はへりくだる
ことなどまるでなく、今もって高位に立ち威張
っている態度の様は何をか況や。
そうした様子をニュースで見聞する部外者で
ある日本を始め世界の国々は推して知るべし
と統一までも統一できたとしても空恐ろしい
状態を想像してしまいます。本当に韓国
は統一したいと思っているのでしょうか?
同じ民族だから大丈夫と思っているので
しょうか?韓国が日本に対し、反日無罪と
国民教育をしながら、散々たかり行為を
続けてきました。今、北から散々ことある
ごとに援助を要請(命令のごとくに)され
て北の意に沿わないとさんざん皮肉を痛烈
に言われ、約束も勝手なドタキャンとか
とにかく北ペースのようですね。
同じ「恨」と「火病」の民族性ですが、南の
韓国は司法も政府行政も国民の感情で
左右されてきた訳ですが、北は世襲3代
の独裁国家として国民は一切押さえつけ
られてきたわけです。果たして如何に?
分かっていたことでしょうが。見ものです。
他国に迷惑をかけなければよいのですが。

北朝鮮が核物質製造を継続か 
ウラン鉱山付近施設で活動 米サイト
2018.11.3 08:51
https://www.sankei.com/world/news/181103/wor1811030004-n1.html

【田村秀男のお金は知っている】
「日中通貨スワップは日本のため」とは
面妖な
2018.11.3 10:00  
https://www.sankei.com/premium/news/181103/prm1811030014-n1.html

抜粋
安倍晋三首相は北京で「新次元の日中協力」
を強調し、通貨スワップはその中心に据えら
れたが、内実は中国の危機対策のはずだ。
日本の官僚が「日本のためだ」と言い張る
のは、不都合な真実を隠すためだと、疑わ
ざるをえない。

天皇陛下、最後の文化勲章親授式 
「誠に喜ばしい」山崎正和氏らをおねぎらい
2018.11.3 13:00
https://www.sankei.com/life/news/181103/lif1811030027-n1.html

河野太郎外相、
元徴用工への補償は韓国の責任で
2018.11.3 14:42
https://www.sankei.com/politics/news/181103/plt1811030008-n1.html

抜粋
1965(昭和40)年に国交を正常化した
際に結んだ日韓請求権協定を基に、元徴用工
への補償は韓国政府の責任で行うべきだ

訴えた。
 河野氏は「(協定は)韓国政府が責任をもっ
て韓国国民に補償や賠償をするという取り
決めだ。日本政府は一人一人の個人を補償
するのではなく、韓国政府にその分のお金を
経済協力として渡した
」と述べた。

北朝鮮、核と経済の「並進路線」復帰示唆 
米を揺さぶり
2018.11.3 18:51
https://www.sankei.com/world/news/181103/wor1811030025-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

空回りせず、嚙み合うために必要なこと

<成長のヒント> 
 どんなに努力しても
 人、場、内容が噛み合っていないと
 むしろ、逆効果になってしまう。
 理想は
 魂を磨き合える仲間たちと
 本質や個性が引き出される場所(環境)で
 そのときの流れに乗って
 今までの自分を超えたことに挑戦すること。
 一番いいのは
 根本的、全体的、具体的に分かる人に
 頭を下げて、正直に相談して
 アドバイスをもらったり、助けてもらうこと。
 しかし、それが大抵
 都合が悪いことだったり
 イヤなことだったりして
 葛藤することが多い。
 そのときこそ
 自分を挟まず
 素直に丸ごと受け入れて
 飛び込んだ方が
 一気に動いていく。



  


Posted by Myu at 22:50Comments(0)情報世界!政治民族

2018年10月26日

狡くしたたかな民族の豹変ぶりに要注意要注視





本日は10月26日(金)
今日は気温19度晴れのち曇りとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり楽しくやり
きって生きましょうと。

【正論】自衛隊の誇り汚した文在寅氏の非礼 
金沢工業大学・虎ノ門大学院教授・伊藤俊幸
2018.10.25 12:00https://www.sankei.com/column/news/181025/clm1810250007-n1.html

安田純平さんが帰国 
2018.10.25 18:29https://www.sankei.com/affairs/news/181025/afr1810250034-n1.html

「洗脳され、ウイグル語も禁止に」 
在日ウイグル人が語る中国の弾圧
2018.10.26 01:00https://www.sankei.com/world/news/181026/wor1810260004-n1.html

日中通貨スワップは日米の信頼損なう 
編集委員 田村秀男
2018.10.26 01:00https://www.sankei.com/economy/news/181026/ecn1810260003-n1.html


安倍首相が李首相と会談、
日中通貨スワップ再開など合意へ
2018.10.26 11:28https://www.sankei.com/politics/news/181026/plt1810260011-n1.html

「競争から協調へ」 
安倍首相が李首相と会談、
来年の習主席訪日要請
2018.10.26 14:49https://www.sankei.com/politics/news/181026/plt1810260020-n1.html

日中間の経済協力 リスクはらむ緊密化
2018.10.26 16:10https://www.sankei.com/politics/news/181026/plt1810260022-n1.html

抜粋
中国側の“企業文化”にも懸念は強く、
中国企業と合弁を組む日本企業は、技術を
手放すよう強要される
といった問題点が
指摘されている。
制度上も中国からは簡単に撤退できないよ
うになっており、(中国経済が悪化しても)

より生産コストの低い東南アジアなどへ
拠点を移すことは難しい」

安倍首相が習近平主席と会談、日中新時代へ
「競争から協調へ」など新3原則確認 
李首相には「人権状況注視」言及
2018.10.26 20:28https://www.sankei.com/politics/news/181026/plt1810260033-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

まずはひとつのことに、ひとりのために

<成長のヒント> 
 全部均等に
 同時平行で、物事を進めようとしたり
 全員平等に
 広く上手に、人と関わろうとしていたら
 すぐにエネルギーが切れて
 周りにイヤな思いをさせて
 どれもうまくいかなくなってしまう。
 まずは
 今、もっとも重要なひとつに。
 今、大切にするひとりに。
 エネルギーと時間を
 ほぼほぼ注ぐこと。
 すると
 ひとつのことに
 ひとりに向かって
 向き合った姿勢が
 それが以外のことに影響を与え
 それ以外の人たちに広がっていき 
 結果的に、うまく回っていく。
 想像以上に、一気に進んでいく。


  


Posted by Myu at 20:55Comments(0)情報世界!政治民族

2018年10月16日

人間そして社会の問題と闇は常在、均衡の施策努力必須







本日は10月15日(月)
今日は気温19度曇りとの予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。
一昨夜は久しぶりにTVドラマを、新番組
「リーガルV」を、そして昨夜も2時間
ドラマ「科捜研の女SP」を何となく続けて
見てしまった!(苦笑)早口とゆっくり口調
と、喜劇的と真面目的と、今風と古典的
推理捜査解決の対照的主人公の役作り
に少々無理のある展開ですが最後まで
しっかり見てしまいました。(苦笑)
人間ドラマ、過去からの何らかの恨みや
嫉み感情から一線を越えて起こす大小の
事件は子供社会から大人社会まで決して
無くならない日常茶飯事的「いじめ問題」
と同じく人間の醜い性の発露ドラマなの
でしょう。みんなが面白く関心を持って
見入ってしまう要因は主人公の俳優性・
その演技・ストーリー・・・色々あるでしょ
うが、客観的冷静に見るも、少なからず
なるほどと共感する心の闇を見るから
でもありましょうか。(笑)

【独自】人手不足倒産が過去最多ペース 
月内にも前年水準超え
2018.10.14 23:05https://www.sankei.com/economy/news/181014/ecn1810140009-n1.html

【環球異見 中国がICPO総裁を拘束】
はじけ飛んだ「中国バブル」
 ワシントン・ポスト(米国) 
2018.10.15 11:10https://www.sankei.com/world/news/181015/wor1810150008-n1.html

世界を意のままにしたい習近平の野望は
単なる自己中・思い上がり・うぬぼれ・・・
共産党の思想統制言論統制を手段として
50もの民族の国民国家の長に終身在位と
上手く段取りしたつもりの様です。更に
中華思想(中華の天子が天下 の中心であり、
その文化・思想が神聖なものであると自負
する考え方で、漢民族が古くから持った
自民族中心主義の思想。自らを夏、華夏、
中国と美称し、王朝の庇護下とは異なる
周辺の辺境の異民族を文化程度の低い
夷狄 であるとして卑しむことから華夷思想と
も称す)こそ自らの歴史思想のバックボーン
と智も徳もなきまま軍事力と共に偉そうに
手法として世界覇権に邁進しようとしている
様です。太陽と北風の北風役を得意のまき
で演じています。結果は子どもにもわかる
こと。自明の理ですがまだ自覚自認は無い
ようですね。それとももう悪あがきの域で
しょうか??
安倍首相の中国との関わり方
に信頼して注視して生きましょう。
「一帯一路」など、最初から中国共産党・
習近平を信用していないと、日本とアメリカ
は一切乗らなかったことが正解とわかって
いた。そして・・・・


【正論】米最高裁の独立性は揺らぐのか 
同志社大学特別客員教授・阿川尚之
2018.10.15 11:30https://www.sankei.com/column/news/181015/clm1810150004-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

身体が目覚めていく7つの生活習慣

<成長のヒント> 
 人生の財産となるのは
 自分の身体(カラダ)づくり。 
 それは
 単に健康な体を作るという意味だけで
 はなく
 感性を磨き、感覚の高い体をつくること
 であり
 いるだけで周りに影響を与えて感化する
 ような
 魅力的で存在感のある体をつくっていく
 こと。
 その土台は、次の7つからつくられる。
 1)自分の身体を大事にする。
 2)日頃から五感を意識する
 3)エネルギーの高い食生活をする。
 4)普段いる場所を心地よい空間にする。
 5)高い理想を持って、いい未来を
  イメージする。
 6)身体が喜ぶような前向きな言葉を使う。
 7)感性と感覚が高い人と一緒にいる
  時間を増やす。
 


  


Posted by Myu at 16:47Comments(0)情報ドラマTV(テレビ)世界!