最近の記事
< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
プロフィール
Myu
Myu
いろいろ恵むより恵まれて仕事をし、感謝しながらつぶやいて生きている無芸大食の一応the female です。
オーナーへメッセージ
過去記事

2020年07月13日

大自然の暴走は無慈悲にも、弱気人間を襲う!C国トップは悪意に満ちた権力の暴走で弱き世界中の人間を襲う







本日は7月12日(日)
今日は気温31度曇り一時雨との予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかり気合を入れてやり切って元気に生き
ましょうと。連日大忙しの仕事場ですが、今日
もまた、しっかり大忙しでした。中国武漢発
新型肺炎コロナウイルス感染抑制も何のその
といった感じの連日のお客様のご来店状況に
は、本当に心配しつつも驚愕の毎日です。
誠に有難く感謝なのであります。
危機感と隣り合わせですが、うっかり忘れて
しまうほどの忙しい運動会の様です。
飛沫感染から空気感染とその感染状況が更
に厳しく危機が増してソーシャルディスタンス
を守っても危ないかと。勿論、その前に当店
ではソーシャルディスタンスは実際守られず
厳しい狭い店内環境です。アルコール消毒、
マスク、手袋、換気等々、極力できるだけ守っ
ての営業運営に努めていますが。

昭和天皇の87年
国防めぐる天皇発言の波紋 
「もう張りぼてにでも…」
2020.7.12

https://special.sankei.com/a/society/article/20200712/0001.html

抜粋
第242回 晩年(2)
 日本国憲法により、政治の表舞台からは
遠ざかった昭和天皇だが、官僚らの進講や
閣僚らの内奏を受け、晩年になっても国内外
の情勢に明るかった。
 昭和55年1月14日、昭和天皇は《侍従職
御用掛天羽民雄(外務省情報文化局長)より
国際情勢についての定例進講をお聴きになる。
以後、この年の定例進講は、皇居あるいは
那須御用邸において、月に一、二回の割合で
計二十回行われる。進講内容は、アフガニス
タン内戦へのソビエト連邦介入問題、オリン
ピックモスクワ大会への日本不参加、イラン
・イラク戦争などに及ぶ》
(昭和天皇実録56巻5~6頁)
 記憶力に優れた昭和天皇の、分析力や
直感力は鋭い。アフガン内戦を進講した天羽
に「ソ連は結局(アフガンを)とってしまうハラ
なんだろう」と話し、その意図を見抜いている。
1982(昭和57)年のフォークランド紛
争でも、当時の外務省情報文化局長に
「(英首相の)サッチャーは軍艦をだすか」
と尋ね、早くから軍事衝突を予見していた
(※1)。

世界裏舞台
作家・佐藤優 露の改憲と北方領土
2020.7.12

https://special.sankei.com/a/column/article/20200712/0002.html

抜粋
1日、ロシア憲法改正の是非を問う国民投票
が行われた。即日開票され、約78%が改憲
に賛成し、改正憲法が4日、発効した。旧憲
法では1期6年の大統領任期を連続2期まで
に制限していた。改正憲法では、大統領任期
を最大2期までに改めるとともに、旧憲法下
での大統領経験者の任期数は算入しないと
いう規定を設けた。
 産経新聞の小野田雄一モスクワ支局長は、
<仮にプーチン氏が2024年の大統領選に
出馬して勝利すれば、36年まで最長2期
12年にわたり再び大統領を務められる。
プーチン氏は24年の出馬の可能性を否定
しない一方、「まだ何も決めていない」と述
べている。プーチン氏は続投の可能性を示唆
することで、自身の影響力低下を回避すると
ともに、露政財界内に「ポスト・プーチン」を
見据えた権力闘争が起きるのを未然に防ぐ
思惑があるとみられる。露専門家内でも
「プーチン氏は続投の可能性を残しつつ、
後継者探しを進めていく」との見方が強い>
(2日の産経ニュース)と書いているが、
筆者も同じ認識だ。

言葉のひと解き
GPSの装着義務化 
お天道様はお見通しだぞ 清湖口敏
2020.7.12

https://special.sankei.com/a/column/article/20200712/0004.html

抜粋
 政府は先頃、仮釈放中や執行猶予中の
性犯罪者を対象に衛星利用測位システム
(GPS)端末の装着義務化を検討する方針
を関係府省会議で決定した。
 この手の話題になると決まって、人権侵害
だの監視社会につながるだのといった声が
一部メディアにわき起こる。はたして今回も、
「有罪確定者に新たな罰を科すことになりか
ねない」(京都新聞)「更生を目指す人への
人権侵害になってはならない」(信濃毎日
新聞)-などとして監視に頼る手法を危険
視する社説が散見したのである。
監視の効用
 一方、産経は6月14日付の社説(主張)
で「悲惨な事件はもうたくさんだ。少しでも
効果が望めるなら導入を躊躇すべきでない。
真に守られるべきは未来の被害者の人権で
ある」と断じて政府に着実な実施を促した。
なかでも目を引いたのが「監視されることで
対象者が自分の意思で行動を制御する効果
も報告されている」とのくだりである。
 一読して「パノプティコン」を想起した読者
もおられたことだろう。パノプティコンとはもと
もと、英国の哲学者、ベンサムが考案した
刑務所の監視システムで、フランスの哲学者
、フーコーがその著『監獄の誕生』で紹介し
たことから有名になった。「一望監視装置」
とも呼ばれている。
 施設の中央に監視塔を設け、塔を取り囲む
ようにドーナツ状に多数の独房を配置する。
独房の窓はどれも塔に向けられ、塔の監視所
にいる看守がそれぞれの窓を通して全ての
囚人の様子を一望に収められる仕組みに
なっている。だが独房からは看守の動向が
一切見えないため、受刑囚は看守が実際に
監視しているかどうかが定かでないにもかか
わらず、常に「見られているかもしれない」
と意識し、「悪い行為はできない」と自発的
に己を律することになるのだという。

日曜経済講座
米中「知の分断」に備えよ 
懸念される、大学の安保意識 
中部大特任教授 細川昌彦
2020.7.12

https://special.sankei.com/a/column/article/20200712/0003.html

抜粋
米中対立から懸念されるのは米中間の「供給
網の分断」だけではない。「知の分断」も起
ころうとしている。日本の大学・研究機関も
ひとごとでは済まされない。中国の大学・
企業との共同研究、資金の受け入れ、研究者
・留学生の受け入れなど、中国との向き合い
方を見直す必要に迫られている。
 昨年10月、米連邦捜査局(FBI)は
大学・研究機関向けに中国がアカデミア
(学術界)にもたらす脅威について通達を
発出した。中国人の研究者や留学生、中国
との共同研究を通じたさまざまな技術窃取
の事例を挙げて警鐘を鳴らしている。また
今年1月にはノーベル賞候補にもなった
ハーバード大学の化学生物学部長が中国
政府から多額の資金を受け取っていた関連で
司法省から刑事告訴されて衝撃が走った。
 こうした懸念が高まっているのは米国だけ
ではない。オーストラリア、英国でも同様の
懸念から政府、大学などが対応を迫られて
いる。研究成果の技術が中国において
軍事転用される可能性が高いからだ。

【主張】英の華為製品排除 
「自由と民主」守る決断だ
2020.7.12 05:00コラム主張
香港国家安全法

https://www.sankei.com/column/news/200712/clm2007120002-n1.html

抜粋
 ジョンソン英首相「潜在的敵対国の企業
に重要インフラを支配されたくない」
と発言
したことも報じられている。中国を「潜在的
敵対国」とみなしたのは、安全保障を重視
する観点からだ。
 駐英中国大使は、「われわれを敵対国に
するなら、報いを受けなければならない」

反発した。恫喝的な言葉が中国の焦りを
表している。
 華為に代えて、英政府は日本のNECなど
中国以外の国の企業と連携したい意向だ。
先進7カ国(G7)にオーストラリア、韓国、
インドを加えた民主国家10カ国「D10」
の枠組みを結成し、中国のデジタル覇権
追求に対抗する構想も模索している。
 すでに、米国、日本、オーストラリア、
台湾などが5Gで華為製品を排除している。
英国が加わることで、この流れが加速する
ことが期待される。
 カナダの通信大手2社は5Gでスウェー
デンのエリクソン、フィンランドのノキアと
組むと発表した。ドイツの通信大手1社も
エリクソン採用を決めた。フランスでも5G
での華為製品使用や華為工場の建設を
白紙に戻す検討が始まっている。
 5G機器などの開発に向けNTTとNEC
が資本・業務提携した日本は国産技術を
確立させ、英国など自由主義の国々の
通信網構築に寄与していきたい。

「人から人」感染を隠蔽 
渡米の中国専門家証言
2020.7.12 07:17国際中国・台湾
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200712/wor2007120003-n1.html

抜粋
 閻氏は香港大学公共衛生学院のウイルス
専門家。昨年末に中国武漢市で感染が初確認
された直後、世界保健機関(WHO)専門家と
共に極秘に調査を開始。12月31日、中国
当局が既に人から人へ集団感染が起きている
ことを把握していると中国疾病予防コントロ
ールセンターの友人に確認した。感染は非常
に深刻だったが中国当局は誰もこのことを
公表することを許さなかったという。

 閻氏は4月末に渡米。直後に山東省青島
市の実家に公安関係者が訪れ、家族が嫌
がらせを受けたという。


【新聞に喝!】
“内なる敵”が日本を滅ぼす 
作家・ジャーナリスト・門田隆将
2020.7.12 10:00コラムその他
新聞に喝!

https://www.sankei.com/column/news/200712/clm2007120004-n1.html

抜粋
国民の命をどう守るか。いうまでもなく、
これは国家と政治家の最大使命である。
だが残念なことに日本ではそのことを政治
家やマスコミがほとんど理解していない。
いわゆる“平和ボケ”だ。それどころか、
日本人の命の敵となり、他国を利するため
に懸命に動く人もいる。私は、そういう人た
ちを“内なる敵”と呼んで論評してきた。
日本では国民の命よりも「敵基地」の方を
守りたい勢力は大きい。立憲、共産、社民
などの野党はもちろん、与党の公明党も
そうだ。
 日進月歩のミサイル能力向上で迎撃が
困難な中国や北朝鮮のミサイルも登場して
いる。だが、先の政治勢力はもちろん、
朝日や毎日は敵基地攻撃に大反対だ。
 〈中国や北朝鮮、ロシアなどの反発を
招き、かえって安保環境を悪化させてし
まうおそれもある〉(朝日8日付)
〈敵基地攻撃能力を持てば、周辺国の
警戒感が高まり、安全保障環境を悪化
させる可能性もある。専守防衛を逸脱す
ることは許されない〉(毎日同)。
日本を狙う中国や北朝鮮が泣いて喜ぶ論理
である。

さすがに読売と産経は違う。
〈「侵略戦争につながる」といった空疎(な
論議に終始してはならない〉(読売6月
23日付)
〈ミサイル攻撃から国民を守るために、より
明確な方法に置き換える必要がある。ミサ
イル発射拠点を攻撃する「敵基地攻撃
(反撃)」能力の保有も本格的に検討す
べきだ〉(産経同29日付)

尖閣周辺に中国船 90日連続、最長を更新
2020.7.12 10:49政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200712/plt2007120003-n1.html

樹齢千年超のご神木倒れる 
高さ40メートル、大雨の影響で
2020.7.12 11:35社会地震・災害
豪雨

https://www.sankei.com/affairs/news/200712/afr2007120006-n1.html

新型コロナ】フランス 
「下水に潜むウイルスを探せ」 
感染の早期把握に新手法 
欧州各国で広がる 
2020.7.12 14:01国際欧州・ロシア
新型コロナとたたかう

https://www.sankei.com/world/news/200712/wor2007120009-n1.html

東京で新たに206人感染 
200人超は4日連続
2020.7.12 15:51ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200712/lif2007120030-n1.html

中国の改革派学者、釈放 
習氏批判、拘束で圧力か
2020.7.12 17:43国際中国・台湾
膨張する中国

https://www.sankei.com/world/news/200712/wor2007120011-n1.html

熊本の豪雨、8割が溺死 
九州犠牲者66人、不明12人
2020.7.12 17:44産経WEST
豪雨

https://www.sankei.com/west/news/200712/wst2007120022-n1.html

無念の痛く辛い事!お悔み申し上げます。

逃亡に借りとゴーン被告 
米協力者拘束、中東テレビ
2020.7.12 23:22国際中東・アフリカ

https://www.sankei.com/world/news/200712/wor2007120013-n1.html

抜粋
被告は金融商品取引法違反などの罪に問
われた自身の事件は日本側の「陰謀」と改
めて主張。逃亡に先駆け「日本国外の人と
連絡するシステムを構築した」と明かした。
支援者には「その忠誠心に対し金銭的支払
いをする」と話した。レバノンは引退先として
選んだとし、「日本にいるよりも千倍は良い」
と述べた。

忌々しや!日産のもうけをそのまま懐にと
いうところでしょうか?


今日の小田氏からのメールは?

成長は肯定、飛躍は否定から生まれる

<成長のヒント>
 好きなことを好きなように学んでいたら
 思考が偏って
 盲点が強くなっていき
 ますます
 自分を正当化することを探して(選んで)
 勉強するようになっていく。
 それだと
 少しずつは成長していくが
 人生の転機になるような
 飛躍なジャンプはない。
 仕事や人生の質が
 一気に高まるのは
 肯定とは真逆で
 今まで触れたことがないような
 圧倒的な人、次元の違うモノに触れて
 「あ!自分は違ってたなぁ...」
 「自分って、小さかった!!」
 「今まで何やっていたんだろう…」
 と、恥ずかしく思うような
 ある意味
 自分や現状を否定するようなことを
 受け入れることで
 根本から変わっていく。
 
  


Posted by Myu at 16:08Comments(0)自然災害世界!政治医療

2020年05月29日

中国武漢発新型肺炎コロナウイルスのパンデミックに対し、ブルーインパルスが尽力された医療従事者方に敬意と感謝!







本日は5月29日(金)
今日は気温26度晴れ時々曇りとの予報。
今日も休日休養日にてゆっくり色々と。
今日は昨日に続いて洗濯日和について
大洗濯布団干し・・・・等色々と。

宮家邦彦のWorld Watch
「パンデミック後」は来るか
2020.5.28

https://special.sankei.com/a/column/article/20200528/0001.html

抜粋
新型コロナウイルスの緊急事態宣言は漸
(ようや)く全面解除されたが、過去2カ月
自宅勤務が続いた筆者に「これで安心」と
いう実感はない。今も世界では感染者と死亡
者が増え続けている。やれ発令が遅い、検査
が少ない、強制力がない等と内外で散々批判
されてきたが、振り返ってみれば日本の
コロナ対策は理由はともかく、それなりの
結果を出している。
今後は経済活動の本格再開時期が気になる
が、今も世界では「思慮深いが根拠のない」
楽観論と「世紀末的」悲観論が飛び交ってお
り、不安は募るばかりだ。そんな状況で専門
外の話を書くのは、はばかられるが、今回も
あえて筆者の見立てを書こう。

コロナのワクチン、米中から「出遅れ」 
製薬各社開発加速、政府も後押し
2020.5.29

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200529/0001.html

抜粋
 国内の製薬各社による新型コロナ
ウイルス
のワクチンや治療薬の開発競争が
加速している。政府は研究開発や生産を支援
する予算を令和2年度第2次補正予算案に盛
り込み、国内のプロジェクトを後押しする。
研究開発は米国や中国が先行するが、完成
したワクチンや治療薬は世界中での「取り
合い」が必至。早期に社会活動を正常化さ
せるには自国での生産で供給量を確保する
ことが重要になる。
 世界保健機関(WHO)のまとめでは、
世界で100以上のワクチンの開発計画が
進められている。すでに米国や中国などで
は、人に投与して有効性を確認する臨床
試験(治験)の段階に入っており、日本は
後れを取っているのが現状だ。

英、脱中国依存に動く 欧米で広がる警戒
2020.5.29

https://special.sankei.com/a/international/article/20200529/0002.html

抜粋
英国が通信・医療分野における中国依存の
解消に向けて動き出した。新型コロナ
ウイルス
や香港などをめぐる中国の対応
への不信感が背景にあるとみられる。
米国が中国との対立を深めるなか、欧州や
オーストラリアも中国への警戒を高めており、
「中国離れ」がどれほど広がるか注視される。
 複数の英メディアが最近報じたところで
は、ジョンソン英首相は第5世代(5G)
移動通信システムの整備で、中国通信
大手の華為技術(ファーウェイ)などの
中国製品の活用を2023年までにとり
やめるよう指示した。
 英国は過去約15年間、華為製品を
採用。米国から5G整備での排除を働き
かけられたが、1月には限定使用を容認
しており、ジョンソン氏の指示は方針転換
となる。中国以外の供給先確保に向け、
先進7カ国(G7)や韓国、オーストラリア
、インドとの連携も検討しているという。

湯浅博の世界読解
米欧「中国離れ」に戦略的好機
2020.5.29

https://special.sankei.com/a/international/article/20200529/0001.html

【皇室ウイークリー】(643)
天皇陛下、皇居で恒例のお田植え 
災害ボランティア進講お受けに
2020.5.29 06:00ライフ皇室

https://www.sankei.com/life/news/200529/lif2005290004-n1.html

【北京春秋】「オンライン飲み会」
流行しない中国 日本との距離
2020.5.29 07:00国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200529/wor2005290003-n1.html

日産バルセロナ工場閉鎖の撤回を説得 
スペイン外相「何でもする」
2020.5.29 07:42経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200529/ecn2005290011-n1.html

米、中国人留学生の追放検討 
スパイ活動防止と報道
2020.5.29 09:13国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200529/wor2005290019-n1.html

抜粋
米紙ニューヨーク・タイムズは28日、
米国の大学に留学中の中国人大学院生や
研究者のうち、中国人民解放軍との関係が
疑われる人たちのビザ(査証)を取り消して
追放する計画をトランプ政権が検討してい
ると報じた。
(スパイ活動や知的財産の窃取を防ぐ狙い)
3千人以上が対象になる。米国の教育機関
には現在、中国人留学生が約36万人いる。
米当局者は中国人留学生の一部は高度な
技術を持つ米企業に就職しているため、
産業スパイとして活動することを警戒して
いるという。

非正規労働約100万人減少 
新型コロナで雇用など軒並み悪化
2020.5.29 11:32経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200529/ecn2005290036-n1.html

【動画あり】
東京の空で華麗なアクロバット 
ブルーインパルス、医療従事者に感謝
2020.5.29 13:14政治政策
ブルーインパルス

https://www.sankei.com/politics/news/200529/plt2005290021-n1.html

抜粋
 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム
ブルーインパルス」6機が29日昼過ぎ、
東京都心で、新型コロナウイルスと戦う
医師や看護師ら医療従事者に感謝の意を
示すアクロバット飛行を約20分間披露した。
 空自の精鋭パイロットたちは空自入間
基地(埼玉県狭山市)を出発。高度約800
~1400メートル上空で8の字を描く
ルートを2周し、白のスモークを噴射した。
ルート付近には新型コロナ患者を受け
入れている医療機関が点在している。
新型コロナウイルス感染症への対応に
あたる医療従事者への感謝を表すため、
都心を飛行したブルーインパルス
29日午後、東京都千代田区
 河野太郎防衛相は同日の記者会見で
「医療関係者やさまざまな方が感染拡大
防止に努力されていることに敬意を表する」
と述べた。空自によると、ブルーインパルス
が都心を飛ぶのは平成26年5月の
旧国立競技場のお別れイベント以来。
 米ニューヨークなど海外でも、軍が
アクロバット飛行により医療従事者に
感謝する試みが行われている。
米空軍サンダーバーズ
米海軍ブルーエンジェルス








死者10万人超の米国、
実際はもっと多い? 
「超過死亡」に注目
2020.5.29 14:41国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200529/wor2005290039-n1.html

抜粋
新型コロナによる米国の死者数は10万
1573人で、世界の3割弱を占めている。
増加ペースは4月のピーク時と比べると
鈍化したが、米疾病対策センター(CDC)
は28日、6月20日までに11万5千人
まで増えるとの予測を示した。

新型コロナ、東京都で22人感染確認
2020.5.29 15:32ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200529/lif2005290052-n1.html

中国序列3位の栗氏
「台湾独立派にあらゆる手段」 
武力行使の発動示唆 
反国家分裂法で蔡英文政権を威嚇
2020.5.29 17:37国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200529/wor2005290042-n1.html

抜粋
「もし台湾独立勢力が独断専行で向こう見
ずなことをすれば、われわれは反国家分裂
法に照らしてあらゆる必要な手段をとる」と
述べ、国家主権と領土保全を断固守る姿勢
を強調した。
 台湾の蔡英文政権は2期目に憲法改正
議論を進める方針を示しており、「台湾独立」
の動きとみた中国側が軍事行動の選択肢を
ちらつかせて威嚇したとみられる。
 座談会は台湾独立の動きがあった場合に
武力行使することを規定した「反国家分裂
法」の施行15周年を記念して開かれた。
栗氏は 蔡政権を念頭に「台湾独立勢力は
情勢の判断を誤り、われわれの国家主権と
領土保全を守る最低ラインに重大な挑戦を
行っており、断固として打撃を与えなければ
ならない」と主張した。
 さらに栗氏は、同勢力が「香港の状況を
利用して一国二制度を歪曲している」と批判
した。蔡氏が香港の混乱を理由に「一国二制
度」は実現不可能だとして中国側の統一
要求を拒否していることを受けた発言だ。

疑惑を全面否定 
慰安婦支援団体の前代表の尹氏が
釈明の会見 明日から国会議員に
2020.5.29 19:06国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200529/wor2005290044-n1.html

抜粋
 疑惑は募金・寄付金の使途や施設の売買、
不明朗な飲食費の会計記録や、元慰安婦
設立した奨学金の正義連幹部の子弟らに
対する優先給付などまで広がっている。
尹氏らは横領や背任などの容疑で市民団体
の告発を受け、検察が捜査を進めている。
 尹氏は「国民が十分だと判断するまで一つ
の疑惑もなく明らかにする」としつつも、
「捜査を控え(会見では)全てを話せない」
と述べた。
 尹氏は4月の総選挙で左派系与党「共に
民主党」の系列政党から比例代表で当選
しており、30日に国会議員としての任期が
スタートする。今週発表された世論調査で
は、回答者の約7割が尹氏の議員就任に
否定的だが、尹氏は議員就任辞退の意向
を示していない。

今日の小田氏からのメールは?

自分の心を育てていく

<成長のヒント>
 いい仲間に囲まれるには
 お世話になった人や
 恩義がある人を大事する
 「悌(てい)の心」を育てていくこと。
 悌がないと
 「我が我が」となり
 人の話を最後までちゃんと聞けなかったり
 関わる人たちにイヤな思いをさせてしまい
 深い関係が築けない。
 悌の心は
 持って生まれた性格ではなく
 後天的に育てていくしかない。
 そのためには
 今までしてもらった数々の恩を思い出して
 してくださった人たちの心を感じること。
 そして
 その気持ちを言語化して
 紙に書いて、それを目で見る。
 さらに
 湧き上がってきた気持ちを紙に書き
 再び、それを目で見る。
 それを続けていくと
 人に対しての優しさが増えていき
 人のために動きたい気持ちが強くなって
 いく。
  


Posted by Myu at 22:21Comments(0)世界!政治医療民族

2020年05月25日

世界の新たな潮流は中国武漢発新型コロナウイルスの感染拡大パンデミック以前から始まっているとな?







本日は5月25日(月)
今日は気温27度曇り時々晴れとの予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。

正論
感染症の「有志情報同盟」構築を 
福井県立大学教授・島田洋一
2020.5.15

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200515/0001.html

抜粋
 中国共産党政権が武漢での感染症発生
にいち早く警鐘を鳴らした医師らを弾圧せず
に情報を開示し、世界保健機関(WHO)が
専門家集団としての責務を果たしていれば、
ここまでのパンデミック(世界的大流行)と
なることは防げたはずである。
≪国連機関の構造的弱点≫
 では中共やWHOに強く反省を迫ることで
事態は改善するか。事はそう簡単ではない。
中国については、現在のファシズム体制を
倒し自由民主化を実現する以外、根本的な
解決策はない。WHOは国連全般に通ずる
構造的問題を抱えている。この点、示唆に
富むのは台湾の対応である


正論
コロナ禍後の世界の戦略研究を 
元駐米大使・加藤良三
2020.5.18

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200518/0001.html

抜粋
 世界中がコロナ禍の渦中で忘れてなら
ないことがある。他のどの国も皆日本と同じ
考え方をするとはかぎらないことだ。
 コロナ克服と国の経済維持双方の両立
を図ることは固(もと)より国の最重要の
責務である。一方、情け容赦のない国際
社会の現実は国の行政を預かる責任者・
関係者が国防・安全保障の問題から目を
離してはならないことを告げている。
 ≪尖閣での中国動向を米国把握≫

正論
「国民の絆」を壊す9月入学論 
九州大学教授・施光恒
2020.5.19

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200519/0001.html

抜粋
9月入学の議論が盛んになってきた。
私は反対である。今回のコロナ禍は歴史的
出来事である。これをきっかけに社会を変え
ようという議論が出てくることはわかる。だが、
次の二つの議論を明確に区別しなければな
らない。
 ≪混乱に乗じるなかれ≫
 一つは難局に直面してもそれに耐え得る
よう国や社会のあり方を強靱化しようとす
るものだ。もう一つは、混乱に乗じて本来
関係ない大規模な社会改造をこの際、やっ
てしまおうというものである。前者は必要
だが後者は慎むべきだ。難局への対応で
混乱している状態では、変革の必要性に
ついて冷静かつ十分な検討は行い得ない
し、現場の人々の仕事をいたずらに増やし、
疲弊させてしまうだけだからだ。

正論
慰安婦団体疑惑、文氏に問いたい 
龍谷大学教授・李相哲
2020.5.20

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200520/0001.html

抜粋
 “正義”の味方を自任してきた韓国の
慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決
のための正義記憶連帯」(通称・正義連、
旧韓国挺身隊問題対策協議会)の恥ず
べき姿が暴かれようとしている。事の発端
は、去る7日、元慰安婦のシンボル的な
存在の李容洙(イ・ヨンス)氏(91)が記者
会見を開き、「正義連」と尹美香元代表を
痛烈に批判したのが契機だ。
 ≪「30年も正義連に騙された」≫
 李氏は「30年間正義連に騙され、利用
された。正義連は国民から集めた寄付金
をハルモニ(元慰安婦のおばあさん)たち
のために使ったことなどない。これから
水曜集会(ソウルの日本大使館前で毎週
水曜日に開催される集会)には出ない。
集会は学生らに憎悪や傷だけを教えた」
と話した。李氏は、尹氏が2015年12月
の日韓慰安婦合意内容を事前に知って
いながら自分たちには教えず、政府との
接触も阻んだとも語った。

正論
尖閣諸島守る緊急事態の宣言を 
東海大学教授・山田吉彦
2020.5.22

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200522/0001.html

抜粋
尖閣諸島に緊急事態宣言を発すべきである。
中国海警局の警備船は、頻繁にわが国の
領海に侵入し、日本漁船を排除しようとして
いる。これは、尖閣諸島におけるわが国の
施政を揺るがす重大な事態なのだ。
≪新型コロナに乗じた中国≫
 中国は、全世界で対応に追われる新型
コロナウイルス
禍を利用し、アジアの海洋
支配に向けて大きく動き出した。その目標を
達成するために、尖閣諸島を奪取しようとし
ているのである。
 南シナ海においては人工島を築き、軍事
拠点化し、周辺海域も含めた実効支配体制
を盤石なものとしたうえで、スプラトリー諸島
を南沙区、パラセル諸島を西沙区とする行政
区を設け、施政下に組み入れたことを国の
内外に示した。

【日曜経済講座】
コロナショックが暴く「財政破綻」の嘘 
赤字膨張でも金利はマイナス 
編集委員田村秀男
2020.5.24 08:00プレミアム
日曜経済講座

https://www.sankei.com/premium/news/200524/prm2005240007-n1.html

抜粋
そもそもデフレの国で財政破綻が起きる
という理論そのものが机上の空論なのだ。
 「財政破綻」とは市場で信認を喪失した
国債の相場が暴落、即ち国債金利が高騰
することだ。
 安倍政権は小林氏らの財政破綻論がなぜ
フェイクなのかを見抜けないと、このまま復興
増税の罠にはまってしまいかねない。そうで
なくても「財政破綻」幻想は与党の一部でも
出始めている大型消費税減税案を潰す。
すると破綻するのはアベノミクス、即ち日本
再生策である。

【モンテーニュとの対話 
「随想録」を読みながら】
コロナ禍と蒙古襲来に見る「失敗の本質」
2020.5.24 13:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200524/prm2005240002-n1.html

抜粋
いまこそ習慣の批判的検証を
 寺田寅彦の「猫の穴掘り」という随筆
にこんな一節がある。
《人間の心の病や、社会や国家の病にも
こんなのがある。異常を「感じる」ところを
いくら療治してもその異常は直らない。
それを「感じさせる根原」の所在を突き止
めなければ病は直せないのである。しかし
この病原を突きとめて適当な治療を加える
ことの出来るような教育者や為政者は
古来稀(まれ)である》

《習慣の威力の第一の結果は、習慣が我々
をしっかりと握ってはなさないことであって、
そのためにその把握から自己を取りもどし、
自己に立ち帰り、その命令を理知に照らして
判断することなどは、もはやほとんどできな
くなっている》
《習慣は我々に物事の真実の姿をかくす》
大陸からの招かれざる客である新型コロナ
ウイルス
、経済危機、群発地震に見舞われ
ている現在の日本と、蒙古軍の襲来した
鎌倉時代が、私には重なって見える。まず
は、蒙古軍を迎え撃ったように、国民が一丸
となってコロナを撃退しなければならない。
問題はその後だ。いまの日本が鎌倉幕府
のように滅びるはずがない、なんて誰が言
えよう。悪辣な外敵が虎視眈々とわが国を
狙っている。困難なことかもしれないが、
戦後民主主義やグローバリゼーションの
なかでわれわれに根付いた習慣と、それに
支配された思考を批判的に検証することが
喫緊の課題ではなかろうか。知識人よ、
いまこそ出番だ。

香港安全法は「脅威」
台湾・蔡総統が懸念表明
2020.5.24 23:32国際中国・台湾
香港デモ

https://www.sankei.com/world/news/200524/wor2005240018-n1.html

抜粋
台湾の蔡英文総統は24日、中国の全国
人民代表大会(全人代)で審議されている
香港への国家安全法制導入についてフェイ
スブックで「香港の前途を重大な脅威にさら
すものだ」と懸念を表明し、中国政府と香港
政府に対して香港社会に自由と平静を取り
戻させるよう要求した。
 蔡氏は、同法制が導入、施行されると
「香港の民主・自由、司法の独立といった
核心的価値が損なわれる」と指摘。反対する
香港人への支持と人道的支援を提供する
用意があると表明した。

ビジネス解読
揺らぐ「クスリの安全保障」 
医薬品生産で高まる中国依存 
新型コロナ機に警戒感高まる
2020.5.25

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200525/0001.html

抜粋
 新型コロナウイルスの感染拡大が進む
中、医薬品分野での過剰な中国依存の
危険性への関心が急速に高まっている。
中国は医薬品製造に不可欠な原薬(有効
成分)などの生産の多くを担っており、中国
が将来的に意図的な輸出制限に踏み切る
リスクが意識されているためだ。中国が要因
のひとつとなった医薬品のサプライチェーン
(供給網)の寸断は、新型コロナの感染拡大
前にも現実のものになったことがある。世界
を揺るがす感染症がもたらした未曾有の危機
は「クスリの安全保障」という新たな課題を
各国につきつけている。
 「感染拡大のピークを越えたとみられる
中国政府が政治的な計算に基づき、海外の
特定の国だけに医療品を供給するかもしれ
ない」
 米議会調査局は4月6日に公表した中国
の医療サプライチェーンに関する報告書の
中で、医療における中国依存がもたらす危機
に警鐘を鳴らした。
 報告書によると、中国は鎮痛剤や糖尿病薬
などの原薬の分野で世界一の供給国だ。
米国は抗生物質のペニシリンの輸入(金額
ベース)の52%を中国に頼り、テトラサイ
クリンでは90%を中国に依存する。

正論
米民主襲う「ミーツー」ブーメラン 
日米近現代史研究家・渡辺惣樹
2020.5.25

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200525/0001.html

抜粋
米国の政治家は、引退時に自身の政治活動
の記録を示す文書を図書館に寄贈すること
が多い。図書館はそれを目録化し保管する。
それが後日の歴史研究の貴重な資料となる。
例えば「ジョセフ・マッカーシー・ペーパー」
は、マルケット(Marquette)大学
(ウィスコンシン州)図書館が保管する。
マッカーシーは、米連邦政府に巣くった
ソビエトスパイ網の排除(レッドパージ)
を訴えた反共の元上院議員である。
 「ウォルター・モンデール・ペーパー」は、
ジミー・カーター図書館(ジョージア州
アトランタ)が保管する。モンデールは、
駐日大使時代、尖閣諸島は日米安保条約
の適用範囲外と述べた元副大統領
(カーター政権)である。

コロナ 知は語る
露外交評論家フョードル・ルキヤノフ氏 
「西側が支配」過去のものに
2020.5.25

https://special.sankei.com/a/column/article/20200525/0001.html

抜粋
米中対立激化 中露関係は今後も変わらず
 新型コロナウイルス禍で米国と対立を
深める中国と共闘関係にあるのがロシアだ。
同国を代表する外交評論家、フョードル・
ルキヤノフ氏は米中が過去の東西冷戦の
ような緊張関係になると展望した上で、
自由主義的な「西側モデル」が世界を支配
するとの「イデオロギー」は終わりを迎えた
と語る。
自己中心化 顕著に
-新型コロナ禍は国際情勢にどう影響する

 「最も重要な傾向をいくつか指摘したい。
新型コロナは世界に新たな潮流を生んだ
のではない。すでに始まっていた潮流、
つまりグローバル化という自由主義的な
モデルからの脱却や、各国の協力低下
を加速させるのだ。各国の『自己中心化』
は一層顕著になった。これが今後、どの
ような形になるのか見通すのは現時点で
困難で、経済停滞の深刻度と期間により
変わる」

米、対中制裁の可能性 
香港に国家安全法導入ならと高官
2020.5.25 00:14国際米州
米中貿易摩擦

https://www.sankei.com/world/news/200525/wor2005250003-n1.html

抜粋
オブライエン米大統領補佐官(国家安全
保障問題担当)は24日、NBCテレビの
番組に出演し、中国が香港に国家安全法
を導入すれば「香港は中国の金融の中心
地ではなくなる」と述べ、中国と香港に制裁
を科す可能性があると表明した。米国が
昨年11月に制定した「香港人権民主法」に
基づき、香港への優遇措置を撤廃すること
を視野に入れた発言とみられる。

【政界徒然草】稲田朋美氏 
女性活躍掲げるも頼りは首相や二階氏 
「おじさん政治」を打破できるか
2020.5.25 01:00政治政局
政界徒然草

https://www.sankei.com/politics/news/200525/plt2005250001-n1.html

「9月入学」見えた課題 
一斉移行で「新入生1・4倍」 
段階移行で「待機児童5年46万人」
2020.5.25 06:30ライフ教育
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200525/lif2005250006-n1.html

【世界の論点】
コロナ対策 日本再評価 
米紙「奇妙な成功」 
香港紙「称賛すべき規範意識の高さ」
2020.5.25 09:00コラムその他
世界の論点

https://www.sankei.com/column/news/200525/clm2005250003-n1.html

抜粋
新型コロナウイルスの感染対策で日本は、
2月のクルーズ船の隔離停泊以来、海外
からの批判にさらされてきたが、最近、認識
が改められつつある。数字は雄弁で、日本
の感染死亡率が突出して低いからだ。日本
の対応に懐疑的だった米外交誌はこれを
「奇妙な成功」と評した。香港メディアは、
日本人の規範意識の高さが導いた結果と
分析した。だが、まだ気を緩める時ではない
のは明白。ウイルスとの闘いでの勝利は、
なお先だ。◇
≪ポイント≫
・日本の感染死亡率の低さは奇跡的である
・単なる幸運か、政策が良いからかは不明
・東アジア人は欧米人よりもルールに敏感
・超高齢社会の日本は肺炎の治療法を開拓
■米国 説明がつかない奇妙な成功
 「日本の奇妙な成功 生半可なコロナ
ウイルス
対策が何であれ功を奏している」。
米外交誌フォーリン・ポリシー(FP)電子版
は14日、この見出しの論評を掲載した。
 論評は書き出しから刺激的だ。
コロナウイルスとの闘いで、日本はす
べて間違ったことをしてきたように思えた。
ウイルス検査を受けたのは人口の
0・185%にすぎず、ソーシャルディス
タンス(社会的距離)の取り方も中途半端
だ。国民の大多数も政府の対応に批判的
である。しかし、死亡率は世界最低(水準)
で、医療崩壊も起こさずに感染者数は減少
している。不可解だが、すべてが正しい
方向に進んでいるように見えてしまう」
 FPが日本の「成功」の論拠としている
のは死者の少なさだ。感染者数は、検査数
が少ないのであてにならないが、死者数は
確かな「指標」になるというわけである。
14日時点での人口100万人当たりの
死者数は、日本が5人、米国が258人、
スペインが584人、欧州での防疫の成功
例として挙げられているドイツですら94人
に上ると指摘。日本の少なさは「ほとんど
奇跡的」と評した。

【アメリカを読む】
米、ファーウェイ禁輸強化のジレンマ 
「国際標準」策定で出遅れ懸念
2020.5.25 10:00プレミアム
アメリカを読む

https://www.sankei.com/premium/news/200525/prm2005250003-n1.html

G7サミットは「6月末」 
オブライエン大統領補佐官が見通し
2020.5.25 10:17国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200525/wor2005250007-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

運を良くするためには、ひたすら手を動かす

<成長のヒント>
 運がいい人とは
 タイミングがいい人。
 ・たまたま行ったところで…
 ・たまたま手にしたモノが…
 ・たまたま出会った人が…
 ・たまたま話題に上がったことが…
 ・たまたま起きた出来事が…
 それらの偶然がつながって
 いい流れができていき、展開が一気に進む。
 逆に、タイミングが悪いと
 動けば動くほど
 空回りばかりして、周りにイヤな思いをさせ
 てしまう。
 なぜなら
 タイミングが悪い人は
 間が悪いから、ことごとく外してしまう。
 では、どうしたら
 間が良くなり
 タイミングも良くなっていくのか?
 その近道は
 とにかく頭の中を整理すること。
 1)やることや悩みを、ひらすら書き出す。
 2)仕事に関わるすべてのことを書き出す。
 3)教わったことや学んだことも書く。
 4)現状の課題と、その思いつく解決策を
  すべて書く。
 5)理想の状態や、欲しいものなども書い
  ておく。
 すると
 頭の中がスッキリして
 思考が言語化されて、心が落ち着き
 相手の気持ちや思いが、スッと入ってきて
 何か求められた瞬間に、口から言葉が
 パッと出てくる。
 そして
 大事な場面では
 頭で考えるよりも体が先に動き
 周りとかみ合って、タイミングがあってくる。
  


Posted by Myu at 14:42Comments(0)世界!政治日本?!医療

2020年05月15日

中国武漢発新型肺炎コロナウイルスのパンデミック禍のその後がまた恐ろしいことに・・・?!







本日は5月15日(金)
今日は気温27度晴れ夕方から曇との予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。

コロナ 21世紀の大恐慌
マイナス成長40%の世界
2020.5.14

https://special.sankei.com/a/international/article/20200514/0001.html

抜粋
 ■第2波警戒 V字回復「夢物語」
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う
「自粛経済」で、世界的に景気後退が深刻
化している。世界恐慌やリーマン・ショック
とは異なり、感染症のパンデミック(世界的
大流行)が招く21世紀の新型不況の問題
は何か。そして「コロナ後」の暮らしはどう
変わるのか、多角的に検証する。
食料配給に行列
 全米の各都市で今、収入を失った人々が
食料配給所で長蛇の列を作っている。その
光景は、米国の株や不動産の過熱(バブル)
から1929年10月のニューヨーク株式市場
の大暴落をきっかけに始まった世界恐慌の
一幕として歴史書に掲載された「パンの配給
に並ぶ失業者」の写真と重なる。

安保理「空白」の2カ月 
コロナ停戦決議、米中応酬で棚ざらし
2020.5.14

https://special.sankei.com/a/international/article/20200514/0003.html

抜粋
新型コロナウイルスをめぐる米中の対立
激化が、国連安全保障理事会の決議案
審議に影を落としている。ウイルス
発生源やWHO(世界保健機関)の扱い
をめぐって米中が非難合戦を展開。
WHOによるパンデミック(世界的大流行)
宣言から2カ月以上がたっても、新型
コロナ
をめぐる停戦決議案は棚ざらしの
状態だ。安保理の機能不全がまたもや
露呈した。

台湾の存在感向上に期待 
台湾・国史館館長
「民主社会信じれば克服可能」
2020.5.14

https://special.sankei.com/a/international/article/20200514/0004.html

抜粋
--台湾の新型コロナ対応は迅速だった

 「台湾は(歴史的経緯から)中国共産党
のことを世界で最もよく知る立場にあり、
その動きに敏感だ。東西冷戦の時代から
現在まで一貫して、共産党の中国と対峙
する最前線に立っている。危機管理に加え
、情報の収集能力も高く、武漢の事態は
昨年12月に把握していた」
 --台湾は中国の政治圧力でなお
世界保健機関(WHO)に加盟できない

 「(18、19日に行われる)WHO年次
総会に台湾がオブザーバー参加できる
かどうかが鍵だ。新型コロナへの対応で
国際社会には、台湾が中国とは明らかに
異なる存在だとの認識が改めて広がり、
コンセンサスが生まれた。台湾から人種
差別被害を受けたと発言したWHOの
テドロス事務局長には、中国寄りの姿勢
を続けているとして、辞任を求める署名
が世界中から100万人以上集まった」

ネコ同士も感染広がる コロナ
東大医科研チーム
2020.5.14 08:48ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200514/lif2005140013-n1.html

【首相記者会見全文】(1)
宣言解除の39県「徹底したクラスター
対策で感染拡大
を防止できるレベル」
2020.5.14 18:46政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200514/plt2005140034-n1.html

民主バイデン氏、「環境過激派」
女性議員を陣営幹部に任命
2020.5.15

https://special.sankei.com/a/international/article/20200515/0001.html

抜粋
11月の米大統領選で民主党候補指名を
確実にしたバイデン前副大統領(77)は
13日、陣営の気候変動問題などの公約
を策定する専門チームの共同議長に同党
急進左派の女性下院議員、アレクサンドリア
・オカシオコルテス氏(30)を任命した。
同氏は「化石燃料の全面廃止」などを柱と
する過激な環境政策「グリーン・ニューディ
ール」の提唱者として知られ、バイデン氏の
当選に不可欠な中道穏健層や無党派層、労働
者層の票が逃げていく可能性が出てきた。

世界史の転換 
新型コロナウイルスの後に何が来るのか  
ウイルス学者・加藤茂孝
2020.5.15

https://special.sankei.com/a/life/article/20200515/0001.html

抜粋
3月に入って、世界史を変える大転換が
起きるのではないかと予感するようにな
った。
 過去の歴史を変えたパンデミックで思い
当たるのは、14世紀のペスト(黒死病)
である。
ペストが変えた世界
 1347-1351年のペスト大流行は、
推定で最大7500万人の死者が出て、
ヨーロッパの人口の1/3から1/2の
減少があったといわれる。現在と比べて
社会の変化は数世紀にわたってゆっくり
起きたが、最終的には中世から近世への
移行という世界史上の転換点となった。
 (1)カトリック教会の権威の失墜
 当時は教会の聖職者たちが医療も担
っていたが、ペストに対しては教皇の祈り
と同じで、全く無力であった。教会・教皇
の権威は失墜し、1415年に火あぶりに
なったヤン・フスや1517年に「95カ条
の意見書」を提起したマルチン・ルター
の宗教改革につながった。

【安倍政権考】首相と菅氏にすきま風? 
ポスト安倍めぐる政局の引き金にも
2020.5.15 01:00政治政策
安倍政権考

https://www.sankei.com/politics/news/200515/plt2005150001-n1.html

WTOのアゼベド事務局長が辞任表明 
今年8月末に
2020.5.15 07:01国際欧州・ロシア
WTO

https://www.sankei.com/world/news/200515/wor2005150001-n1.html

ポンペオ米国務長官、
中国によるワクチン開発情報窃取を非難
2020.5.15 08:44ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200515/lif2005150013-n1.html

抜粋
ポンペオ米国務長官は14日、中国政府に
連なるハッカーや、中国人留学生や在米の
中国人研究者を指すとみられる「従来とは
異なる当事者」が新型コロナウイルス
研究に関する米国の知的財産やデータの窃取
を図っているとして非難する声明を発表した。
 米政府が新型コロナのワクチンや治療薬
の開発情報の窃取問題で中国の対米サイバ
ー攻撃やスパイ活動を非難するのは初めて
 ポンペオ氏は「中国に対し一連の不正
行為を停止するよう要求する」とし、サイ
バー攻撃で米国の研究データを盗み出そ
うとする手法は「中国が新型コロナの感染
拡大の渦中でとってきた数々の非生産的
な行動の延長だ」と指摘した。
 ポンペオ氏はまた、米国および同盟・
パートナー諸国が人々の命を救おうと、
集団的かつ透明性の確保された対応に
向けて連携しているというのに、中国は
依然として科学者や記者、市民らの口を
封じ、偽情報を拡散させ、「目下の保健
衛生上の危機を一層深刻化させている」
と批判した。
 連邦捜査局(FBI)は13日、中国に
よるワクチン開発関連の情報窃取につい
て捜査を進めていると発表していた。

「奇妙な成功」 
米外交誌が日本のコロナ対策を論評
2020.5.15 13:06国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200515/wor2005150025-n1.html

感染悪化なら「東京アラート」発動 
小池知事がロードマップ「骨格」発表
2020.5.15 14:41ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200515/lif2005150048-n1.html

自民、都知事選候補擁立を断念
2020.5.15 15:24政治選挙

https://www.sankei.com/politics/news/200515/plt2005150025-n1.html

検察定年延長の採決見送りへ 
野党、武田担当相の不信任決議案提出
2020.5.15 16:32政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200515/plt2005150028-n1.html

北方領土で初の感染者 
国後島、サハリンに搬送へ
2020.5.15 16:54ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200515/lif2005150056-n1.html

東京都の新規感染者9人 
3月下旬以来の1桁に
2020.5.15 16:57ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200515/lif2005150057-n1.html

検察庁法改正、OBも異議 
現職は冷静「問題ごちゃまぜ」 
2020.5.15 18:18社会裁判

https://www.sankei.com/affairs/news/200515/afr2005150013-n1.html

抜粋
改正案は、国家公務員の定年延長に伴い
検事総長を除く検察官の定年を63歳から
65歳に引き上げることが主軸。63歳に達
した幹部が役職を外れる「役職定年制」
には特例を設け、内閣・法相の判断で役職
を最長3年延長できるとする。
 最大の問題となっている特例について、
検察幹部は「大量任官された世代が高齢と
なり、今後は定年や役職延長を組み合わせ
ないと人事が回らない」と強調。
準司法官
ともいわれる検察の人事が政権にコントロ
ールされれば「三権分立を脅かす」との
批判に対しては、「定年や役職延長は検察
側からの上申に基づくはずだ」
としている。
 検察OBの弁護士も「強大な権力を持つ
検察の暴走を止めるためにも、一定程度の
政権の関与はやむをえない」
と指摘。別の
検察幹部は「三権分立はお互いが一定程度
の関与をすることで権力のバランスを保つ。

批判している人たちは完全な独立こそが
三権分立だと誤解している
」と話した。

今日の小田氏からのメールは?

出口をつくるから、必要なモノが入ってくる

<成長のヒント>
 風が通らないと、空気が淀み荒れていき
 水は流れなければ、腐敗して悪さをする。
 大事なことは
 出口から手をつけていくこと。
 まず最初に
 出口を決めて、整えることで
 風は自然と通り
 水は自然と流れ行く。
 これは
 何でも一緒。
 ・仕事
 ・勉強
 ・ミーティング
 ・料理
 ・スポーツ
 ・人生
 理想のゴールや最終イメージを固める
 ことで
 起きる出来事が追い風のように、味方
 してくれたり
 流れ込んでくる水のように、情報が集ま
 ってくる。
 
  


Posted by Myu at 19:43Comments(0)世界!政治医療民族

2020年05月14日

人間失格、否、失格人間、否、人格失格者の如きは上に立ってはなりませぬ!







本日は5月14日(木)
今日は気温28度晴れとの予報。
今日は3連休最終日にてゆっくり色々と。

正論
社会的大試練に対処する視点 
大阪大学名誉教授・猪木武徳
2020.5.8

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200508/0001.html

正論
今こそ強靱な精神を取り戻そう 
日本財団会長・笹川陽平
2020.5.11

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200511/0001.html

抜粋
 ≪豊かで平和な戦後社会を反映≫

 自由で豊かな戦後社会で、日本の良き
伝統である自助努力や共助の精神は希薄
になり、権利意識と義務・責任感のバランス
も崩れつつある。結果、国民は政治頼み・
待ちの姿勢を強め、日本社会をリードした
官界は国より保身に走り、政治も国の大論よ
り聞こえがよい政策を競い合う傾向にある。
 財務相の諮問機関である財政制度等審議
会は平成30年間の財政運営を「受益の拡大
と負担の軽減・先送りを求める圧力に抗(あ
らが)えなかった時代」と総括した。国債と借
入金を合わせ1100兆円にも達した国の
借金はその結果である。
 ≪政治に欠ける迫力と説得力≫
 国難の中、緊急事態を宣言して国民に
外出自粛や大型イベント中止、小中高の
休校を求める以上、政治はもっと迫力と
説得力を持たねばならない。
 ≪立ち直るのは容易ではない≫
 コロナ禍の出口はいまだ見えない。あら
ゆる動きが止まった国際社会は1929年の
大恐慌以来の混乱の渦中にある。非常時
とはいえ外国からの入国を禁止し、国内でも
他府県からの訪問を拒否せざるを得なかった
一連の対応は大きな傷痕を残し、立ち直る
のは容易ではない。そういう時だからこそ、
互いに助け合ってたくましく生きる日本人の
強靱な精神を誰もが取り戻す必要がある。

正論
「リベラル国際秩序」侵すWHO 
東洋学園大学教授・櫻田淳
2020.5.12

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200512/0001.html

抜粋
 ≪説得力あるトランプの主張≫
WHOの「懐事情」を的確に説明
加盟国全てに割り当てられる「分担金」
加盟国・国際組織・民間団体が任意に拠出
する「任意拠出金」2本立てで成り、
2018~19年複数年度で計上された予算
額56億2000万ドル(約6050億円)の内、
「分担金」が9億5700万ドル(約1030
億円)、「任意拠出金」が大勢を占める43
億ドル(約4600億円)となっている。
「分担金」では、
米国が分担金総額の25%
を占める2億3700万ドル(約255億円)

を拠出する一方、
中国が拠出するのは、総額の8%、
7600万ドル(約82億円)。

「任意拠出金」を見ると、
米中両国におけるWHOへの資金貢献の
差は一層、際立つ。
米国が総額の約15%、5億5310万
ドル(約595億円)を拠出している

中国が拠出しているのは、総額の0・21
%、790万ドル(約8億5000万円)に
すぎない。

米国中国に比べ、分担金にして3倍
任意拠出金にして70倍の資金貢献を
WHOに対して行ってきたことになる。

 ウイルス禍収束後、テドロス事務局長の
地位を含めたWHOの体制や運営の刷新は、
国際政治上の焦点として真っ先に浮かび
上がることになるのであろう。

(実際、中国の武漢発新型肺炎コロナ
ウイルスのパンデミックはWHOにも
中国と同じく責任があると断罪すべし!
中国の偽装隠蔽情報遅延をしっかり
調査せず、いわれるがまま発表して
パンデミックにはならない、渡航の制限
はする必要がないとはっきり言い放って
いましたよね。そして中国は素晴らしい
と、まるで中国の宣伝マンのように!
愚かしい猿真似そのものでした。今なお!
許すまじ!世界の健康を損ね奪ったのは
最も守るべき立場のWHOその長テドロス
でしょう??!!どうしますか??!!)


抜粋続き
 ≪「WHO代替組織」創設構想≫
 加えて、筆者にとって大いに関心をひく
のは、トランプ大統領が資金拠出停止に
併せて検討していると報じられた「WHO
の代替組織」創設構想の行方である。
 そもそも、WHOや国連教育科学文化
機関(UNESCO)に類する国連傘下の
専門機関は、国連憲章や世界人権宣言に
裏付けられた第二次世界大戦後の「リベ
ラルな国際秩序」の精神を体現するもの
として、位置付けられてきた。
 自由民主主義世界におけるウイルス禍
対応の明白な成功事例を示した台湾が、
WHOの枠組みから排除されている事情は、
そうした「リベラルな国際秩序」の腐食を
象徴的に表す。
 ≪再び自由主義対権威主義対峙≫
 この構想が自由、人権尊重といった
「リベラルな国際秩序」の本来の趣旨に
のっとり、日米豪加各国や西欧諸国に
台湾を加えたものを基軸メンバーにして
「自由民主主義保健衛生連合」といった
ものを創設する方向性ならば、日本として
は、それに乗る意義があろうと思われる。
そこで、医薬品共同開発や公衆衛生確保
の大枠を議論してもらうわけである。
 このようにして、武漢ウイルス禍収束後
には、第二次世界大戦後の国際秩序が
内包した「矛盾」に再び目が向けられなけ
ればならない。
 自由民主主義体制と権威主義体制とが
対峙した冷戦下の構図は、「冷戦の終結」
以後の30年の歳月を経ても、変わってい
なかったのである。

正論
プーチン政権20年が意味するもの 
青山学院大学名誉教授・袴田茂樹
2020.5.14

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200514/0001.html 

抜粋
 この5月でプーチン政権は20年を迎え
た。プーチン大統領は2024年で最後の
任期を終えるはずだが、この3月強引な
改憲策-次の大統領選での彼の立候補
を認める改憲-を下院に出させ、盛り沢山
の福祉条項も抱き合わせにして4月22日
に賛否を問う全国投票を行う予定だった。
そして彼は「圧倒的支持」を背景に、36年
までの任期が可能になるはずだった。
 ≪予期せぬ事態と閉塞感≫
 ところが、全く予期せぬ2つの事態が、
彼のこの野心を危うくしている。油価の
暴落とコロナウイルス問題だ。
2014年3月の「クリミア併合」、
15年9月のシリア空爆で89・9%にも
達したプーチン氏の支持率は、この4月の
世論調査では、過去最低の59%に下がった。
世論調査では、ソ連邦崩壊後の大混乱と
極貧つまり「屈辱の90年代」を経験した
55歳以上の世代は、「当時よりまし」と
プーチン氏の任期延長に6割が支持したが、
90年代を知らない18~24歳の若者は、
改憲支持は35%、反対が61%だった
(本紙5月8日)。
 ≪気配りが過ぎる日本側≫
 経済でも政治でも構造改革が必要という
ことは露首脳たちもとっくに承知だ。しかし
政界、経済界のポストは利権であり、それが
腐敗、汚職蔓延の背景でもある。重要ポスト
はプーチン人脈で固められ、本気で構造改革
を実施すると、文字通り血を見る。従って
プーチン政権が続くかぎり、今後もこれらは
変わらない。またプーチン氏が簡単に辞任
できない理由も利権層が許さないからだ。
 最後に日露関係について一言。
私は2000年の拙著にこう書いた。
喜ぶべきか悲しむべきか、これは今も言える
ことで、念仏のように同じことを唱えている。
 「問題は日本側の気配りが過ぎて、断固
たる態度を示さなかったことだ。結果的に
露側は日本の方が露を必要としているのだ
と信じた。だから露が領土問題で譲歩しなく
ても、そのエサさえぶら下げていれば日本は
何時までも露にすり寄ってくるし、せっせと
協力を続けると考えている。ちなみに昨年
(99年)ユーゴ空爆で最も強硬な対露姿勢
を示したのはブレア英首相だが、プーチン氏
が大統領になって最初に訪問して握手した
のもブレアである」(『プーチンのロシア
 法独裁への道』)(はかまだ しげき)

それにしてもプーチン露大統領とはころころ
と心変わりする最も信用ならぬ露の民族性
を恥ずかしげも無く露呈してやまない裸の
王様そのものですね。気配り忖度の過ぎる
日本の在り方も共馬鹿で愚か過ぎます。
安部首相はもっと凛として向かって欲しい!

 
【政治デスクノート】
新型コロナで高まる知事の存在感 
ポスト安倍の構図に影響も
2020.5.13 01:00政治政局
東京五輪延期

https://www.sankei.com/politics/news/200513/plt2005130001-n1.html

抜粋
東京と大阪という国内の二大都市ゆえに
注目も高いが、それ以上に両知事の発信
力の高さが際立つ。外出自粛や休業要請、
協力金支給などさまざまな場面で前面に
立ち、時に政府を突き上げる。これまでに
なかった国と地方の構図だ。知事の存在
は「アフターコロナ」の政界も変えてしまう
かもしれない。

米IR最大手ラスベガス・サンズ 
日本参入断念 新型コロナ影響
2020.5.13 14:04経済産業・ビジネス
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200513/ecn2005130027-n1.html

抜粋
IRをめぐっては、新型コロナの各国の
運営事業者への影響が深刻化しており、
主要市場であるマカオ、シンガポール、
米国で、相次ぎ施設が閉鎖に追い込まれている。

コロナ 知は語る
東大教授・松田康博氏 
中国の政治宣伝は逆効果
2020.5.14

https://special.sankei.com/a/international/article/20200514/0002.html

抜粋
■対中依存の低下 日本は影響力行使を
 中国が新型コロナウイルスのパンデミ
ック(世界的大流行)の発生源となった責任
の回避に躍起だ。東大東洋文化研究所の
松田康博教授はその姿勢を「政治宣伝は
逆効果」
と断じる一方で、日本にとっては
中国に対して影響力を行使する機会とも
みる。
内向きな工作
 --国内の感染を封じ込めた中国の
動きを、どうみる

 「中国は昨年末から今年1月にかけた
湖北省武漢市での感染爆発情報隠蔽
海外への渡航制限の遅れという、政治体制
を原因とする2つの問題で感染拡大を引き
起こした。習近平指導部は外交戦略として、
2月半ば、まず責任論を回避するための
守りに動いた。3月後半には欧米での感染
拡大をチャンスとみて、攻勢に転じた


宮家邦彦のWorld Watch
「不世出の外交官」岡本氏しのぶ
2020.5.14

https://special.sankei.com/a/column/article/20200514/0001.html

抜粋
あの岡本行夫が逝ったなんて今でも信じ
られない。冷戦後の安保政策を立案・実行
した先輩は少なくないが、彼の活躍は群を
抜いていた。筆者を含め外務省には今も
岡本氏を「親分」と慕うグループがいるが、
彼の魅力は「人情味ある親分肌」だけでは
ない。岡本氏の真骨頂は発想力、行動力、
説得力の3つを兼ね備えながら、その実、
繊細な感受性も持ち合わせていたことだ。
岡本氏のような外交官はもう二度と現れ
ないだろう。

阿比留瑠比の極言御免
朝日のネット利用政権批判
2020.5.14

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200514/0001.html

抜粋
この日の朝日の紙面は、1面トップ記事
「検察庁法改正案 抗議ツイート急拡大」
「首相 今国会成立の構え」をはじめ、
2面トップも3面トップも4面トップも
25面トップも、1面コラム「天声人語」
も社説もすべて、検察官の定年を延長す
る検察庁法改正案に関する批判だった。
 まるで、改正案が成立したら天地が
ひっくり返り、日本が滅ぶかのような大騒
ぎっぷりである。
私的には北朝鮮が「桃源郷」と宣伝しまくり
それが全くの嘘でとんでもない地獄だった
と、そして多くの日本人妻たちが犠牲になっ
たと知って以来、そして日本の大マスコミの
頂点に長きに君臨してその後も慰安婦の嘘
のでっち上げ等々、まるで愛国心無く、日本
人の勤務する新聞社とは思えないと・・・
まるで孔子学院の親半島派日本版ですね。
かつて実家も嫁ぎ先も朝日新聞をしっかり
とって読んでいました。天声人語も偏って
いるとは毛頭考えずに受験勉強にも使用
したものですが、何とも悔しく地団太踏み
たい思いです。そして知れば知るほどひど
い新聞社で30年も経ってからやっと嘘を
認めたも謝罪せず仕舞いとは何事ぞ!
社会的に終わっているでしょう!かつて
東大卒が多く優秀な新聞と言われていた
ようですが、今や東大卒はいないとなって
も久しいと。私的には外患誘致罪と断罪
です。(憤怒)


英、唾かけられた駅員死亡
 コロナ感染自称の男を捜査
2020.5.14 06:41国際欧州・ロシア
衝撃事件の核心

https://www.sankei.com/world/news/200514/wor2005140006-n1.html

何とも空恐ろしい!背筋が凍る様!
まさに中国武漢発新型肺炎コロナ
ウイルス
を嘘と隠蔽と情報操作し、更に
責任回避に画策し、医療器具(マスク含)
買い占めに走り、パンデミックをまんまと
引き起こし、責任感じて謝罪するどころか
真逆の感謝しろとばかりの寄付で無く
困窮する各国の足元を見た恩きせがま
しいマスク・医療器具の販売外交を
繰り広げる中国を同じ酷さ残酷さ人間の
考えることすることではない!!


FBI、中国による米国のワクチン
開発情報の窃取を捜査 
米研究機関に警報を発令 新型コロナ
2020.5.14 06:57国際米州
米中貿易摩擦

https://www.sankei.com/world/news/200514/wor2005140007-n1.html

抜粋
中国がサイバー攻撃やスパイ活動を通じ
新型コロナウイルスのワクチンや治療薬
開発に関する情報の窃取を図っている
FBIは、新型コロナ関連の研究を行って
いる機関が、中国政府系のハッカー
加え、中国人留学生や在米の中国人
研究者を指す
とみられる「従来とは異なる
当事者」の標的になっていると指摘した。
2008年から実施されている「千人計画」
について、中国政府は「海外で活躍する
中国人や外国人の一流の人材をリクル
ートし、国内の技術革新と国際競争力を
強化させるのが目的」と説明。しかし、
米国防総省は18年6月の下院軍事委員会
の公聴会で、同計画は米国の知的財産の
獲得が狙いだと警告している。

米首都ワシントンが
来月8日まで自宅待機令を延長
2020.5.14 09:16国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200514/wor2005140011-n1.html

偽サイト大量発生 
菅長官「状況把握と注意喚起行う」
2020.5.14 12:19政治政策
衝撃事件の核心

https://www.sankei.com/politics/news/200514/plt2005140005-n1.html

抜粋
首相官邸や省庁、自治体、民間企業などの
ホームページ(HP)をまねた「偽サイト」
大量に見つかっている問題で、「犯罪など
に用いられる可能性があるため、引き続き
状況の把握に努め、必要な注意喚起を行っ
ている」
HPのアドレスの末尾に、見慣れない国名
が表示
されている場合には安易にアクセス
せずに、本物のサイトのアドレスを確認して
ほしい」

米駆逐艦が台湾海峡を通過 
異例の頻度で中国の挑発を牽制
2020.5.14 13:31国際米州
緊迫 南シナ海

https://www.sankei.com/world/news/200514/wor2005140012-n1.html

抜粋
米第7艦隊は13日、米海軍のミサイル
駆逐艦マッキャンベルが現地時間の
13日、台湾と中国を隔てる台湾海峡を
通過したと発表した。台湾の蔡英文総統
の2期目の就任式を20日に控え、中国
が挑発行動に出ないよう牽制する意図
があるとみられる。

東京の感染者、5000人超す 
新たに30人報告
2020.5.14 17:19ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200514/lif2005140042-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

力を出すより、引き出しあう

<成長のヒント>
 自分のチカラや考えだけで
 何とかしようとするほど
 空回して、周りから誤解されたり
 ちょっとしたズレが生まれていく。
 そして
 それを放置して、時間が経過するほど
 苦しくなっていき、事態も悪化していく。
 もし、心のどこかに
 ・自信が無い
 ・やったことない
 ・どうしたらいいか分からない
 という気持ちがあるなら
 それは逆にいいこと。
 なぜなら
 周りに素直に協力を仰ぎ
 垣根を越えて、話し合え、手をつなげる
 から。
 周りと心がつながったときに
 想像もしないようなひらめきが来たり
 突破口が見つかったりする。
 これからの時代は
 自分の力を出そうとするのではなく
 周りと力を引き出し合おうとすること
 それが大切になっていく。 
 
  


Posted by Myu at 19:14Comments(0)世界!政治医療民族

2020年05月14日

民族性もあるが、勘違い愚かなトップの人間性が問題の本質であるとな!







本日は5月13日(水)
今日は気温27度曇り後晴れとの予報。
今日は3連休中日にて余裕で色々と。
黄砂が飛んで来るとのこと。
中国はウイルス研究より黄砂抑制研究をす
べきではないでしょうか。迷惑なのですが。
同じ研究でも人類の敵か味方か悪か善か
の違いは天と地の如くです。
一連の意図的計略の思考言動行為行動は
その民度人間度がどんだけー!・・低くなる
と出来るものなのか?空恐ろしい限りです。
悪を選ばず、人類のために尽力する善を
選択する心は無いのでしょうか?

正論
真の危機に備え法制度の整備を 
国士舘大学特任教授 
日本大学名誉教授・百地章
2020.5.4

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200504/0001.html

抜粋
 ≪職権で憲法審査会の開催を≫
 野党筆頭幹事(立憲民主党)のいう反対
理由は「コロナ対策があるので今は応じら
れない」という胡乱(うろん)なものだ。これが
武漢肺炎問題が本格化してからも桜を見る
会や森友問題にうつつを抜かしてきた党の
いう言葉か。
 他方、2年以上も野党の横暴が抑えられ
ず、譲歩に譲歩を重ねてきた自民党の責任
は重い。今こそ審査会長は、審査会規程に
従って職権で審査会を開き、目下の急務で
ある緊急事態法制について積極的な論議
を開始すべきだ。
 ≪危機管理に逆行する特措法≫
第一が、「最悪の事態に備え先ず厳しく」で
はなく、逆に「必要最小限度の規制から」と
いう特措法の考え方である。これを示すの
が第5条だ。
特措法の第二の問題点は、権力の所在が
国と地方に分散し、しかも、地方に比重が
置かれていることだ。緊急事態宣言の発出
は首相の権限だが、実際に緊急措置権を
行使するのは都道府県知事とされている。
「地域主権」を掲げた民主党政権の発想に
よるものだが、これでは緊急事態において
大統領や首相に権限を集中している諸外国
の憲法とは発想が逆だ。
 ≪憲法に緊急事態条項を≫
 特措法を抜本的に見直し、真の危機に
対処できるよう法整備を行うべきであろう。
外出禁止命令を出して厳しく規制すること
なども考えなければなるまい。
 それと共に、今こそ、諸外国並みに憲法
に緊急事態条項を定めておく必要があると
思われる。
 例えば感染症の蔓延により国会が集会
できない場合の内閣による緊急政令権や
定足数の特例、さらに国政選挙が実施で
きないときに備えた国会議員の任期延長
などは、憲法に根拠を定めておくしかない。
あるべき憲法を目指して、まずできるところ
から取り組もうではないか。(ももち あきら)

正論
生産拠点の「国内回帰」は可能か 
評論家・拓殖大学大学院客員教授・江崎道朗
2020.5.5

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200505/0001.html

抜粋
≪マスクなどの海外供給依存≫
 新型コロナウイルスによる新型肺炎問題
に伴い、マスクをはじめとする医療物資など
の供給を中国などに依存したままでいいのか。
政府も議論を始めた。
≪米国にみる様々な誘導策≫
≪日本はさらなる手を講じよ≫
大規模減税と金融緩和、そして規制緩和
で国内市場を拡大しつつ、中国などから
知的財産を守るための仕組みを強化する
ことでトランプ政権は生産拠点の国内回帰
を誘導している。
 日本も大いに参考にすべきだが、日本
経済が収縮してしまったら元も子もない。
外資による日本企業買収などを阻止し、
将来の経済回復のスピードを速めるため
にも日本銀行と連携しつつ、消費税減税
を含むさらなる財政出動を期待したい。

正論
新型コロナ感染不安の心理学 
拓殖大学学事顧問・渡辺利夫
2020.5.6

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200506/0001.html

抜粋
≪不安の「虜囚」となるなかれ≫
生きとし生けるものにはすべて生存本能
がある。自己防衛本能がある。人間の本性
である。この本性があってこそ、人間は古来
このか細い人生を生き永らえてこられたのに
ちがいない。しかし、人間の生存本能は、時
として自らの生存を脅かすものを特定の他者
の中に見出し、これを非難し糾弾する攻撃的
な心理へと人々を誘う怪しさと危うさがある。
罹患(りかん)者を排除しようとする差別的な
心理はしばしば御(ぎょ)しがたい。
≪煩悩の犬、追えども去らず≫
神経症は実は異常ではない。人間の強い
生存本能のまぎれもない反面である。人間の
精神の内界には「生の欲望」と「死の恐怖」
が共存している。生の欲望が強ければ強い
ほど死への恐怖もまた強いという心理相対
論が真実なのであろう。
≪「情報公害」の拡散を避けよ≫
人類の歴史は感染症との闘争史であったと
いわれる。確かにそうであろう。しかし、なら
ば、これまで収束することのないパンデミック
はなかったということになろう。ファクト(事実)
とエビデンス(根拠)を粛々と伝えるという、
地味で着実な報道に徹してほしい。そして
何より、この過酷な戦場の最前線で身命を
賭(と)して戦う多くの医療従事者をはじめと
する者たちに、心からの深い敬意と、その戦
いが成果をあげるよう祈る、ジャーナリズム
は国民心理をそういう方向に導いてほしい。

台風1号が発生 過去8番目の遅さ
2020.5.12 23:14社会地震・災害

https://www.sankei.com/affairs/news/200512/afr2005120029-n1.html

正論
中国礼賛の価値や戦略改める時 
文化人類学者、静岡大学教授・楊海英
2020.5.13

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200513/0001.html

抜粋
 中国・武漢を発生源とするコロナ禍
過ぎ去った後の日本は、内外に向けて
いかなる戦略を立てるべきか。再考が
迫られている
 ≪中国頼みのインバウンド≫
 日本は国内の経済と教育を健全な状態
に戻すためには、中国からのインバウンド
に期待しない方がいい。調和の取れた日本
文化が破壊されている
からである。
優雅な銀座から美しい着物に身を包まれた
紳士淑女が姿を消し
道に唾を吐く団体客
が傍若無人に闊歩(かっぽ)していた。

歴史ある日本橋のデパートを日本人が敬遠
し、
身に合わないブランドで全身を飾り、
大声で喧嘩しているような成り金客が店内に
陣取っていた。
幽玄な温泉宿や和風旅館、
それに枯れ山水の庭園では
暗黙のルールを
明文化して配った紙を読もうともせず(読め
ない?)に独自の行動に終始している隣国人
が多かった。

 そもそも「観光」とは、異文化の「光」を
見いだそうとする美徳の伴われる行動で、
その「光の価値」が分かる教養を身につけ
ていないといけない。
残念ながら、中国人
観光客には経済力があっても文化力は疑わ
しく、真の意味での「観光」は成り立ってい
ない。「中国人が泊まっているか」とわざ
わざ電話して確認する日本人も多いと聞く。

このままでは日本の伝統が崩れる危険性
がある。

 なかには失われた古き良き「中華の
エッセンス」を日本の京都や奈良から発見
しようとやってくる人もいるそうだ。中華の
伝統文化を徹底的に壊してしまったのは、
ほかでもない中国人自身で、特に中国
共産党は抜きんでており、孔子の墓まで
暴いてしまった。

日本から「中華文化」を再発見した人たちも
独裁政権を決して批判しようとしないので、
彼らを開明人士や「親日家」として持ち上げ
ても意味がない。日本人が漢字を使ってい
るからといって「中華圏の一員」だと妄想す
るのは、勘違いも甚だしい。(へえー?!)
 中央アジアの多くのテュルク系やペルシア
系民族は古代からアラビア文字を使用して
きたが、アラブ文化圏に加わったことを意味
しないのと同じである。日本の伝統文化の
奥深さが分かるくらい、観光客の素養が高く
なるまで待ってもいいのではないか
(納得)
≪中国は「善で進歩的」か≫
「中国は善なる存在で、欧米と日本は悪」
、という見方が日本の思想界や学界に蔓延
してきた
。一部では社会主義中国を礼賛す
ることで日本が歩んできた近代化の道を
否定し、「反省」しようとする進歩主義史観
を持つ左派も多い。(へえー?!)
 日常的に勤務する大学という狭い業界の
現象を事例として挙げるのは恥ずかしいが、
日本の将来を担う人材の成長に負の影響
を与えてきたので、あえて示しておきたい。
例えば、大人数の講義や少人数のゼミに
おいて、武漢から世界中に感染が拡大して
しまった新型ウイルス習近平政権は隠蔽
していた、という事実を述べると、中国を
批判している、とみられる。
(へえー?!)
 「中国を批判すれば、即ち右派」とさらに
飛躍する。以前、静岡県のある大学でいわ
ゆる「南京事件」や「軍隊における性のあ
り方」について
多様な見解を語った教師
いたが、中国人留学生らから「反動教授」
とのレッテルを貼られ抗議される騒ぎに
発展した。(へえー?!)
 モンゴル人やウイグル人、それにチベット
人学生が自民族の置かれている抑圧の
状況について意見を述べると、「非客観的」
と叱責する教師がいる。対照的に、漢民族
の学生がいくら独裁政権を賛美しても、
「客観的になれ」とのアドバイスをしようと
しない。これは、多数派の漢民族を「正義」
として擁護し、少数派を排除する差別行為
である
(へえー?!)
 ≪説教される筋合いはない≫
 こうした教育関係者は1つや2つの大学
にとどまらず、日本全国に分布しており、
中国から来た少数民族出身の留学生の
コミュニティーでは「中共風日本人教授」
として有名である。というのも、留学生は
既に日本に来る前に中国国内で共産党員
の教授からさんざん洗脳されてきたので、
彼らにとって、留学先でまた日本人から
中共風に説教される筋合いはどこにも
ないからである。(へえー?!)
 朝廷において、皇帝の前で鹿を指して
馬だ、と語って敵と味方を見分けようとし
た物語からバカという言葉が由来する。
自国で発生したウイルスを米国軍人が持
ち込んだ、とすり替えることのできる精神
性が中国に生き続けている。
その中国を
基準に善悪の線引きをしようとするやり方
は時代遅れだと言わざるを得ない。(納得)
 自称「何千年もの歴史を有する文明国」
の人民の陋習(ろうしゅう)はどこから来て
いるのか。なぜ、部分的に近代化した21
世紀に入っても、コウモリのスープを愛飲し、
犬とネコ、それにハクビシンを調理する習
わしが消えないのか。世界中から敬遠され
ているかの国の人々はまず自問すべきで、
日本に来て「中華の過去の残滓(ざんし)」
を探し回っても「観光」にならない。健全な
日本は相手を慎重に選んで別の発展の
道を模索した方がいい。他人に左右され
る危ういインバウンドに頼る必要はない
のである。
(よう かいえい)(納得)

このような他国への観光・留学・移住等々
で中国の国策?日本ばかりでなく世界中
に孔子学院等作って中国優位の洗脳教育
を黙々と否、堂々とやってきて久しい。
世界もそのもくろみをわかってきたがその
菌のようなはびこりはしつこく、日本の教育
界・政界・財界・・・にしっかり侵食している
様です。今回の中国武漢発新型コロナウイ
ルス
のパンデミックの混乱も意図的決定打
ということか?如何に?如何に?間に合う
か?許すまじ!許すまじ!


コロナ 知は語る
仏精神科医、ボリス・シリュルニク氏 
深刻な格差、「共生の道」探れ
2020.5.13

https://special.sankei.com/a/society/article/20200513/0002.html

抜粋
 ■排外的ナショナリズムは危険
 新型コロナウイルスの感染対策で米欧
各国は都市封鎖に踏み切り、個人の自由
が制限された。著名なフランスの精神科医、
ボリス・シリュルニク氏は格差社会の分断
が浮き彫りになったと警告し、社会的価値
を見直して「共生の道」を探るよう訴える。
日常復帰に苦労
 --新たな社会現象とは
 「危機は常に格差を悪化させる。今回は
2つのグループに分かれた、新しい階級
社会が浮きあがった」

相次ぐ経済活動再開「深刻な結果に」…
米国の感染症権威が警鐘 
米上院公聴会で
2020.5.13 08:45国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200513/wor2005130014-n1.html

矢板明夫の中国点描
中国の治安当局幹部が相次ぎ失脚、
「新たな粛清」に戦々恐々
2020.5.13

https://special.sankei.com/a/column/article/20200513/0002.html

抜粋
4月中旬から5月初めにかけ、中国国内
で治安担当の大物幹部が相次いで失脚
し、波紋を広げている。
 米中対立が激化するなかで、米側に
機密情報を漏らしたことが原因ではない
かとささやかれている。
「新たな粛清が始まる」と関係者は戦々
恐々としている。
 最初に失脚したのは公安省次官の
孫力軍氏だ。昨年末まで香港の反中デモ
対策を担当していた。デモ学生らを容赦
なく拘束し、中国内陸部に連行するなど、
すご腕を振るった。湖北省武漢発の新型
コロナウイルス
の蔓延が始まると、1月に
武漢に派遣され、都市封鎖など陣頭指揮
をとった。

B・アダムスさん謝罪 
「中国人差別」の批判受け 
2020.5.13 11:13国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200513/wor2005130017-n1.html

抜粋
公演の中止を写真共有アプリ「インスタグラ
ム」で報告した際、最初に感染が拡大した
中国を念頭に「コウモリを食べ、市場で動物
を売り、ウイルスをつくる卑しいやつら」

せいだと表現

新型コロナで大相撲力士が死亡 
三段目の勝武士
2020.5.13 12:47ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200513/lif2005130041-n1.html

ああ!無念なことです!ご冥福を!

東京で新たに10人感染
2020.5.13 17:42ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200513/lif2005130071-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

無茶ぶりや巻き込まれることを歓迎する

<成長のヒント>
 いろいろな仕事を頼まれた方がいい。
 医者が
 いろいろな症状がある患者さんを
 たくさん見ることで
 腕が磨かれていくように
 未経験の難題を頼まれることで
 仕事のバリエーションが増えて
 自分の幅が広がっていく。
 ポイントは
 言い訳せずに、自分に負けずに
 最後まで諦めず、いい未来を信じて
 目の前の人を救うために
 最善を尽くし続けること。
 すると
 偶然が味方してくれるようになり
 奇跡的な出来事が重なって
 結果的に
 いろいろできるようになっていく。
  


Posted by Myu at 07:37Comments(0)世界!政治医療民族

2020年05月13日

どこまであくどくしたたかなのか?空恐ろしい行為行動に何をか況や!如何にせむ!









本日は5月12日(火)
今日は気温23度曇り一時雨との予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。
今日から3連休とゆっくり色々と。
予報と違って結構明るく良いお天気です。
朝から入浴し大洗濯し、昼食用に美味しい
サンドイッチを一斤(8枚切り)作りました。
このところバター(普通・無塩共に)がスー
パーで品切れ状態が続いています。
ストックもあと1個ずつしかありません。
コロナの影響でしょうが困ったものです。
生クリームも2週間前に2個買ってチーズ
ケーキを作りましたが、その後スーパーに
並ばず、ぎりセーフでラーッキーでした。
バター・粒マスタード・ハム・きゅうり・
トマト・レタス・ゆで卵マヨネーズと。
昨日買った超熟食パン等必須です。
そして3週間に一度のペースでお願いして
いるヘアカラーリングで11時予約の美容院
へ。午後15時から整形外科通院と買い出し
等々と。それなりに色々と。(苦笑)

コロナ 知は語る
米政治学者 イアン・ブレマー氏 
主導国不在…
米中分断が世界の「最大の脅威」
2020.5.11

https://special.sankei.com/a/international/article/20200511/0003.html

抜粋
 米国と中国の対立が新型コロナウイルス
感染拡大の責任をめぐり一段と激しくなっ
ている。G7を構成する主要先進国が
指導力を失い、G20も機能しなくなった
「Gゼロ」という国際社会のリスクを警告
してきた米国際政治学者のイアン・ブレマー
氏は、双方の分断がさらに深まり、世界の
「最大の脅威」になると懸念する。
--新型コロナ危機で世界はどう変わるか
 「グローバリゼーションは減速し、米中
の経済圏が分断される『デカップリング
が深まる。分断はすでに先端技術のサプ
ライチェーン
(調達・供給網)で進み、
今回の危機では医薬品や医療用品を囲い
込む動きが目立った。製造・サービス業に
今後広がり、(消費地の近くで生産する)
ローカリゼーションや(外部委託した業務
を自社に戻す)インソーシングも進む。
その結果、国や企業の生産性や成長率が
低下する」

コロナ 知は語る
 慶応大教授・細谷雄一氏 
民主国家結束 日本が主導を
2020.5.12

https://special.sankei.com/a/society/article/20200512/0002.html

抜粋
■韓国と5Gで連合 国際秩序支え
 新型コロナウイルス禍が変化をもたら
す世界で、日本はどのような針路をとる
べきか。国際政治学者の細谷雄一慶応
大教授は、米国、中国ともに世界を主導
するのが困難になると見据え、日本は
国家間競争を生き残るために民主主義
諸国の結束を促す役割を担うべきだとの
見解を示す。
サイバー空間重視
 --新型コロナ禍で世界はどう変わる
 「2点ある。1つは生活様式の変化だ。
従来は人や物が動く物理的移動の時代で、
陸運や海運、空輸がグローバル化を支え
てきた。だが、感染拡大を防ぐための社会
的な隔離により、遠隔地を結ぶオンライン
会議などのテレコミュニケーションが拡大
し、サイバー空間が重要となっている。もう
1つは、その変化の加速だ。従来なら数十
年かけて起こるような変化が一気に進行
している。これに適合できる人や国家が
コロナ後の世界で主導権を握る」

中国軍事情勢
初の強襲揚陸艦火災で見えた上陸侵攻能力
の急ピッチ増強
2020.5.12

https://special.sankei.com/a/international/article/20200512/0001.html

韓国クラブ集団感染、公開が裏目に…
連絡途絶3千人超
2020.5.12

https://special.sankei.com/a/international/article/20200512/0002.html

「中国がワクチン開発データの窃取図る」 
米が警報発令と報道
2020.5.12 08:38国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200512/wor2005120015-n1.html

抜粋
米紙ニューヨーク・タイムズ(11日付)は、
新型コロナウイルスワクチン開発をめ
ぐり、中国共産党体制傘下のハッカーや
スパイが米国の研究データの窃取を図っ
ているとして、連邦捜査局(FBI)と国土
安全保障省が近く、米国民向けに警報を
発令する方針だと伝えた。
 米中両政府は、どちらが先にワクチン
を開発
して新型コロナ治療をめぐる世界
的な主導権を握れるかに関して対立を
深めている。警報の発令は、中国があら
ゆる手段を使ってワクチン開発で優位に
立とうとしているとみるトランプ政権の
警戒感の表れといえる。
 同紙が入手した警報文書の原案は、
中国が「ワクチンや治療法、検査に関する
貴重な知的財産やデータを不正な手段で
入手しようとしている」と指摘。特に、中国
からの研究者や留学生を指すとみられる
「従来とは異なる当事者」がサイバー攻撃
などによる情報窃取に関与していると警鐘
を鳴らしているという。

米、中国人記者の滞在を制限 
中国の米有力紙排除に報復
2020.5.12 10:33国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200512/wor2005120020-n1.html

「中国に聞け」と中国系記者に激怒 
トランプ氏、会見打ち切り
2020.5.12 11:32国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200512/wor2005120028-n1.html

マイナンバー機構に高市総務相が苦言 
システム不具合続く
2020.5.12 11:53ライフくらし

https://www.sankei.com/life/news/200512/lif2005120024-n1.html

第2波は韓国などに打撃 
米研究者「集団免疫まで収束せず」 
2020.5.12 12:02国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200512/wor2005120031-n1.html

抜粋
 感染症の権威として知られるミネソタ大
のマイケル・オスターホルム教授が同紙
の取材に答えた。ワクチンが開発されない
限り、人口の60~70%が感染する集団
免疫獲得まで感染は止まらないと指摘。

現時点で米国の感染率は5~20%であり
「ほど遠い」と述べた。
 第2波の被害が最も深刻だった1918年
のスペインかぜを引き合いに、現在の感染
は初期段階にすぎず「本当の打撃は
(感染の)ピーク時に来る」と強調、
韓国
など現時点で比較的、感染を抑えている
国は第2波に「攻撃されやすい」との見方
を示した。

尖閣の領有権「おどおどする必要ない」 
衛藤領土相が強調
2020.5.12 12:30政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200512/plt2005120007-n1.html

検察庁法改正抗議に
「検事長人事とは関係ない」 
森法相が反論
2020.5.12 12:35政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200512/plt2005120008-n1.html

ブラジルが新型コロナの新たな“震源地”に 
経済重視の大統領が「最大の脅威」
2020.5.12 15:46国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200512/wor2005120032-n1.html

抜粋
経済重視の同国のボルソナロ大統領
新型コロナ「ただの風邪」と呼び、規制
派の州政府と対立するなど政治的混乱
も表面化している。
 ブラジル保健省は11日、国内の感染
者が16万8331人、死者は1万1519
人となったと発表した。世界で感染者は
8番目、死者は6番目に多い。米国や欧州
の先進国と異なる点は感染の増加ペース
が鈍化しておらず、9日には前日から新た
に約1万人の感染が確認されたと発表。
南半球に位置するブラジルはこれから冬を
迎え、インフルエンザの流行期と重なって
医療機関がさらにひっ迫する懸念が高まる。

有力な英医学誌ランセットは9日、論説を
掲載し、サンパウロやリオデジャネイロ
など大都市がホットスポット(一大感染地)
となっているが、「集中治療室や換気装置
が不十分な内陸部の小さな都市に感染が
広がっている兆候がある」と警戒。
「ブラジルの新型ウイルス封じ込めの最大
の脅威
ボルソナロ氏だ」と、新型コロナ
の脅威を軽視する姿勢を痛烈に非難した。

台湾、ホテル運営でも「優等生」 
星野リゾートは予約率9割超維持
2020.5.12 16:17経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200512/ecn2005120039-n1.html

東京都で新たに28人の感染者
2020.5.12 17:00ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200512/lif2005120049-n1.html

10万円給付「世帯ではなく個人に」
希望急増 
迅速給付目的も過去にトラブル多発 
2020.5.12 18:27産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200512/wst2005120023-n1.html

存在感増す維新 「吉村人気」追い風 
批判目立つ立民と明暗
2020.5.12 19:48政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200512/plt2005120045-n1.html

リムパック、日本説得で8月実施 
コロナ禍の中国進出牽制
2020.5.12 20:17政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200512/plt2005120049-n1.html

抜粋
8月に米ハワイで行われる米海軍主催の
リムパック(環太平洋合同演習)が、日本
政府の強い働きかけで実現することが
12日、分かった。米側は当初、新型コロナ
ウイルス
の世界的大流行を踏まえ中止する
意向だったが、中国軍の活発な動きを念頭
に日本側が開催を要望した。

今日の」小田氏からのメールは?

みんなを守ろうとする

<成長のヒント>
 何かしら
 問題が起きたとき
 自分を守るために
 「私は悪くない」
 と言いたくなるもの。
 その衝動に流されて
 言い訳や正当化するほど
 周りが気分を害して
 関係性が悪くなっていく。
 いい人に囲まれて
 豊かな人生を送るには
 自分だけを守る以上に
 みんなを守ろうとすること。
 全体のことを考えるほど
 今まで気にならなかったことが気になる
 ようになり
 秘められた良い部分が引き出されていく。
 そして
 目の前で起きたことや
 見たり聞いたりしたことは
 自分にも関係があると思うほど
 心と頭が回転して
 試行錯誤しながら改善していき
 周りとの関係性も深まって
 全体が良くなっていく。
  


Posted by Myu at 07:25Comments(0)世界!政治医療民族

2020年05月12日

どさくさに紛れて?・・・・火事場泥棒の本家本元のかの国とかの国。許すまじ!屈すべからず!







本日は5月11日(月)
今日は気温30度晴れ時々曇りとの予報。
一気に真夏日と相成り候にて暑いこと!
今日は半日仕事につきしっかり元気にやり
きって生きましょうと。
冷房しつつ喚起のため窓ドアを開けっぱなし
の店内です。
先行きの収束・終息のまだまだ読めない状況
にて、地球温暖化も年々厳しくなっていくに、
何とも辛くなること必至でしょう。
暑がりの人(自身は勿論)は更に試練です。
マスクに手袋、レジでは透明ビニールの
パーティションは致し方なくも何とも暑苦
しい(息苦しいとも言いたい)限りです。
が、此処でしっかり頑張り続けるしか無い
ということです。見えない敵、中国武漢発
新型肺炎コロナウイルス
には勝たねば、
絶対負けられませぬ。

台湾参加か否か…米中、
WHO総会へ激しいバトル
2020.5.11

https://special.sankei.com/a/international/article/20200511/0005.html

抜粋
【台北=矢板明夫】中国・武漢発の
新型コロナウイルス
が世界で猛威を振るう
中、18日からテレビ会議方式で開かれる
世界保健機関(WHO)の年次総会で、
WHOから排除されている台湾が参加でき
るかどうかが大きな焦点に浮上している。
中国は例年同様、反対の姿勢を示している
が、米国は台湾参加を強く支持している。
台湾のWHO総会参加問題は米中の新た
な攻防の舞台になっている。
米、第三国へ異例の支持呼びかけ
 米国の上院外交委員会のリッシュ委員長
(共和党)と下院外交委員会のエンゲル
委員長(民主党)ら複数の議会幹部らは
8日、連名で英国、ドイツ、オーストラリア、
インドなど55カ国に書簡を送り、WHO
総会への台湾参加を支持するよう呼びか
けた。これまで米国の政府高官は何度も
同じ立場を言明しているが、第三国を巻き
込んで台湾支持を求めることは異例だ。

中国ウオッチ
コロナの“教訓”生きぬ中国 
児童生き埋めの悲劇でも隠蔽体質
2020.5.11

https://special.sankei.com/a/international/article/20200511/0001.html

抜粋
 中国河南省原陽県の住宅地建設予定地
で4月中旬、遊んでいた男児4人がダンプカ
ーの降ろした土砂に巻き込まれ、生き埋めに
なって死亡する痛ましい事故
が起きた。この
悲劇は中国全土の注目を集めたが、地元
当局者は中国メディアの記者を「暴行」して
取材を妨害、その携帯電話のデータを消去
するなど情報隠蔽に走った。新型コロナウイ
ルスの震源地となった中国の当局は、その
隠蔽体質が感染爆発を招いたと国内外から
指摘されているが、教訓は生かされていない
ようだ。
何年か前の特急列車(新幹線?)事故で
乗客を救出せずに車両ごと大きな深い穴を
掘ってそのままなかったことにするかの様
に埋めてしまった事実に世界中が非人道
的あるまじき列車事故と驚愕したが。
中国政府の事故処理隠蔽偽装は極極普通
に当然で日常茶飯事、常套手段の様です。
人権無視の空恐ろしい国です。


緯度経度
欧州で怒り買う中国「戦狼」外交官 
三井美奈
2020.5.11

https://special.sankei.com/a/international/article/20200511/0004.html

抜粋
 中国の外交官が欧州各地で怒りを買って
いる。新型コロナウイルスの猛威からいち
早く抜け出した途端、「中国モデルの優位」
を言い出した。イタリアにマスクを支援し、
「中国に感謝せよ」と宣伝圧力をかけた。
当初は歓迎したイタリアも、「いくらなんで
も異常ではないか」と警戒を強めている。
 とりわけ、フランスで中国の盧沙野大使
が放つツイッター発言はすさまじい。
 西欧の感染拡大は「個人主義とエゴイ
ズム」のせいと決めつけ、「政治家は国民
をウイルス地獄に放置した」と記した。
あまりの暴言に、ルドリアン仏外相は4月、
直接抗議した。それでも、大使は懲りずに
発信を続ける。欧州連合(EU)は、コロナ
禍で広がる陰謀論や偽ニュース発信の背景
に「中国政府がいる」と報告書に記した。
 対欧関係をこんなに悪化させてまで、
外交官が「中国の優位」を示そうとするのは
なぜなのか。

【産経・FNN合同世論調査】
維新支持率7・4% 今月も野党トップ
2020.5.11 16:05政治政局
産経・FNN合同世論調査

https://www.sankei.com/politics/news/200511/plt2005110020-n1.html

「反日種族主義」の続編発行 
著者一同会見、批判に「反論」で応じる
2020.5.11 17:48国際朝鮮半島
日本と韓国

https://www.sankei.com/world/news/200511/wor2005110013-n1.html

中国、日本漁船が「違法操業」と批判 
尖閣追尾めぐり
2020.5.11 18:38政治政策
膨張する中国

https://www.sankei.com/politics/news/200511/plt2005110029-n1.html

抜粋
趙氏は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は
中国固有の領土だ」と強調し、日本側に
外交ルートを通じ主権侵害をやめるよう
申し入れたと説明した。
 尖閣周辺で中国当局の船が確認される
のは28日連続。第11管区海上保安本部
(那覇)によると、11日に確認した4隻の
うち1隻は機関砲のようなものを搭載。
領海に近づかないよう巡視船が警告した。

とうとう本性本音を強権的に顕著如実に
言動行為行動をしてきましたね!
日本の現の憲法かで反論抗議可能か?
野党一部の固辞憲法学者はその殆どが
親中派なのか?日本人として愛国心は?
日本をしっかり守るべき思考行動を持って
こそ、日本の国会議員としての使命であり、
日本人であると思います。

ニュージーランド、新型コロナ「勝利宣言」 
迅速措置と発信力奏功
2020.5.11 19:02国際アジア

https://www.sankei.com/world/news/200511/wor2005110017-n1.html

抜粋
 政府は感染者が10人以下だった3月
15日深夜から全入国者に14日間の自主
隔離を決定。同25日深夜からは、死者が
1人もいない中でロックダウン(都市封鎖)
に踏み切った。ロックダウン前には4段階
の警戒レベルを設定し、制限対象などを
国民に事前に明確にした。こうした素早い
措置が評価されており、公衆衛生に詳しい
オタゴ大学のマイケル・ベイカー教授は
「他国は段階的に対応を強化させたが、
正反対だ」とアーダン氏のリーダーシップ
を分析する。

パリ閑散「できるだけ外出しない」 
仏、不安と緊張の封鎖緩和
2020.5.11 21:41国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200511/wor2005110020-n1.html

東京都が抗体・抗原検査導入検討 
小池知事、国に支援要請
2020.5.11 21:56ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200511/lif2005110069-n1.html

【産経・FNN合同世論調査】
子育て世代「9月入学」前向き 
男性30代8割超す賛成
2020.5.11 22:58政治政局
産経・FNN合同世論調査

https://www.sankei.com/politics/news/200511/plt2005110042-n1.html

自民・二階幹事長
「どさくさに紛れるつもりない」 
検察庁法改正
2020.5.11 23:00政治政局

https://www.sankei.com/politics/news/200511/plt2005110043-n1.html

決算発表539社が延期 
新型コロナで作業遅れ
2020.5.11 23:11経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200511/ecn2005110038-n1.html

緊急事態解除、14日に34県一斉で調整 
茨城・岐阜も検討 
2020.5.11 23:39政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200511/plt2005110045-n1.html

東京、感染者集計ミスで76人増 
報告漏れや二重計上
2020.5.11 23:48ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200511/lif2005110071-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

闇を見てしまうか、光を見ようとするか

<成長のヒント>
 人生は、運でつくられる。
 運は、縁でつくられる。
 縁は、心でつくられる。
 心は、身近な人との関係でつくられる。
 すなわち
 普段、誰と一緒にいるのか。
 その人のどこと
 つながっているのかが重要。
 誰にでも
 光の面と闇の面がある。
 だから
 そのどちらに目を向けて
 つながろうとするかで
 自分の心は大きく変わり
 関係性も変わっていく。
  


Posted by Myu at 14:22Comments(0)世界!政治医療民族

2020年05月09日

岡本行夫氏曰く、「自国の船は自分で守れ」・・ごく当然の独立国の在り方。







本日は5月9日(土)
今日は気温21度曇り時々晴れとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。
危機感を持って感染予防対策励行して。
今日も忙しかった。会社と通しての予約
注文していたマスク(50枚入り)がやっと
届きました。やはり中国製でした。
シャープの無菌室で製作されたマスクが
欲しかったけれど、注文殺到で
とんでもない、今や抽選で大変そうですね。
器用な人々は布製手作りマスクを製作し、
当店でもカラフルなステキなマスク販売も
一角でするようになりました。350円から
から800円くらいで飛ぶように売れて
います。おしゃれなマスクです。そのうち
洋服に合わせて製作されたりファッション
化するような勢いです。でもこれから暑く
なってマスクは更に息苦しいと思います。
早い収束を期待したい。どんなにステキ
なマスクでもずうっとは嫌です。
社会も実に色々ですね。

コロナ 知は語る
多国間協調が機能不全 
国民国家の責任増す-
エドワード・ルトワック氏
2020.5.9

https://special.sankei.com/a/international/article/20200509/0001.html

抜粋
新型コロナウイルスのパンデミック(世界
的大流行)は第二次世界大戦以来の危機
と形容される。世界はどこへ向かうのか。
戦略論研究の世界的権威として知られる
米歴史学者のエドワード・ルトワック氏は
危機が「世界の真実」を暴いたとし、国際
秩序は多国間枠組みの機能不全を受け、
「国民国家の責任」が増す時代に回帰
すると予言した。

 --新型コロナが世界に与えた地政学
上の影響は
 「第一は、欧州における(政治的な流れ
の)断絶だ。欧州連合(EU)は欧州諸国間
の戦争を予防するために設立されたが、
EUが直面した初の戦争並みの不慮の事態
である新型コロナへの対応に失敗した。
共有された医療情報や共通の医療戦略は
存在せず、被害の少ない国が被害の多い国
を助けるなどの相互支援もあまりなかった」

自国の船は自分で守れ 
死去した岡本行夫氏寄稿再掲 
2020.5.9 01:00政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200509/plt2005090001-n1.html

抜粋
安倍外交の正念場
答えるべきは、同盟国として米国に協力
するかどうか、ではない。自国の船を自分
で守るのか、それともリスクを他国に押し
つけて自分は圏外に立つのか、という選択
である。
 海洋の安全確保について、日本はこれま
でリスクは負担せずにカネで済ませてきた。
1987年、イラン・イラク戦争の際には、
湾内の民間船舶を護衛する多国籍艦隊が
組織された。日本はペルシャ湾の最大利用
国であったが、米国の参加要請を断り、
電波灯台の設置で勘弁してもらった。
 それで済むはずもなく、日本は翌年に
特別協定をもって多額の在日米軍経費の
増額を行い、今日に至っている。1990年、
湾岸戦争に際して艦船も航空機も人も出さ
なかった日本が、130億ドル(1兆7千億円)
の巨費を米国に支払った例は有名だ。
要は、自国の船を自国で守るという当たり
前のことを決断し、1987年以来の不作為
国家から脱却する意思があるかどうかだ。
今度こそ自分の力で自国民を守るという
課題に、正面から向き合うときだろう。

【深層リポート】
千葉発 虐待再発防止へ児相2増 
「質の高い職員確保」の声も
2020.5.9 08:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200509/prm2005090002-n1.html

路上で女性死亡 女児重体、
東京・多摩 無理心中か
2020.5.9 11:07社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/200509/afr2005090002-n1.html

正恩氏がプーチン氏に祝電 
対ドイツ戦勝75年
2020.5.9 11:54国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200509/wor2005090011-n1.html

中国公船が日本漁船に接近、追尾も 
尖閣周辺
2020.5.9 16:22政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200509/plt2005090007-n1.html

東京都の感染者36人 
4日連続50人下回る
2020.5.9 17:24ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200509/lif2005090028-n1.html

習近平氏が金正恩氏にメッセージ 
新型コロナで協力強化伝達
2020.5.9 18:29国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200509/wor2005090017-n1.html

「次亜塩素酸水」活用広がる 
消毒液不足、コロナへの有効性検証
2020.5.9 18:31経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200509/ecn2005090008-n1.html

韓国で集団感染 
クラブ店内でマスク着用せず 
再び警戒感
2020.5.9 19:04国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200509/wor2005090019-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

見つめることで輝く

<成長のヒント>
 どれだけ伸びるかは
 どれだけ見てもらえるかで決まる。
 ひとりでこもってやっても
 過去の延長線上でしか考えられずに
 すぐに限界がやってきたり
 ズレたり、ブレたりする。
 全体が分かる人や
 先に経験している人に
 わざわざ自分から会いに行って
 今やっていることを
 いろいろな角度から見てもらう。
 また
 何かに挑戦している人がいたら
 応援する気持ちで見てあげる。
 そうして
 見てもらい、見てあげることで
 いいところが輝きはじめる。
  


Posted by Myu at 21:55Comments(0)世界!政治日本?!医療

2020年05月08日

突然!全世界、全人類を襲い悲劇混乱を多大な問題をもたらした中国武漢発新型肺炎コロナウイルス禍!収束は?終息は?







本日は5月7日(木)
今日は気温21度晴れとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり危機感を
持って緊張してやり切って生きましょうと。

首相インタビュー一問一答 
政府批判「当然」 
企業給付は「性善説」で入金
2020.5.7

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200507/0001.html

抜粋
「最低でも7割、極力8割、人との接触を
削減するとの目標の下、欧米のように
罰則があり、ロックダウン(都市封鎖)の
ようなものではないが、国民の皆さまには
大変ご協力をいただいた。その成果が
出てきており、間違いなく、われわれは
収束に向かう道を着実に進んでいる。
新規感染者の数を退院者の数が上回っ
ていけば医療現場の負荷は減少していく。
さらなる努力でそのレベルまで減らしたい。
各地への感染拡大を防ぐためにも、地方
への人の流れが生まれることを避けなけ
ればならない」
 「こうしたことから緊急事態宣言は全国
を対象とし、5月31日まで延長することに
した。有効な治療法やワクチンが開発され
るまで、長期戦を覚悟する必要がある。
『3密』を徹底的に避けながら、新しい生活
様式を定着させ、新たな日常を国民の皆
さまとともに作りあげていく。そして、次なる
流行に備えて医療提供体制をしっかりと
強化する。いわば、守りを固めるための
1カ月にしたい」

PCR検査抑制は日本の恥」 
山梨大・島田真路学長に聞く
2020.5.7 15:00プレミアム
新型コロナ

https://www.sankei.com/premium/news/200507/prm2005070006-n1.html

抜粋
--PCR検査体制の問題点は
 「国がPCR検査を都道府県や政令指定
都市の衛生研究所にほぼ独占的にやらせ
てきたことがいけない。東京都の1日の
感染者数が報道されるとき、『土日は検査
数が少ないので』と当たり前のように解説
されるが、感染症対策に土日は関係ない」
 --山梨大病院で8日からドライブスル
ー方式検査を始めるのはなぜか
 「私どもは1月下旬から独自のPCR検査
体制の構築を始めた。その結果、
新型コロナによる髄膜炎患者や0歳児の
感染を見つけることができた。今回、山梨県
の長崎幸太郎知事からの要請で県内の
PCR検査数増加に協力することになった」
 --検査数をもっと増やすにはどうす
ればいいのか
 「全国の大学病院が奮起するよう呼び
かけたい。東京都医師会がPCRセンター
を各地に作って検体を採取し、民間の検査
機関に検査してもらうそうだが、そのような
方式もどんどん取り入れていくべきだ」

韓国人女児搬送で日本協力 
「こどもの日の奇跡」と報道
2020.5.7 15:53ライフからだ
日本と韓国

https://www.sankei.com/life/news/200507/lif2005070022-n1.html

東京の新規感染者は23人 
5日連続で100人下回る
2020.5.7 17:07ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200507/lif2005070028-n1.html

宣言1カ月、新規感染86%が
特定警戒都道府県 地域差顕著に
2020.5.7 19:38ライフくらし
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200507/lif2005070057-n1.html

抜粋
「宣言の解除に際しても、移動を抑える
何らかの方策を講じていく必要がある。
PCR検査を拡大し、無自覚の感染者を
把握していくことも今後の重要な課題だ」

首相単独インタビュー 
緊急事態解除14日にも 
中小支援8日に250億円超
2020.5.7 20:52政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200507/plt2005070026-n1.html

抜粋
首相は解除の基準について、感染者数や
退院者数の動向、感染者1人から平均何人
にうつるかを表す「実効再生産数」、人工
呼吸器の数などを踏まえて検討する考えを
示した。
「大切なのは必要なところにしっかりと手元
資金が届くことだ」と強調した。
 緊急事態条項を創設する憲法改正について
は「反対する人は常に『今はそういう時では
ない』と言うが、時の問題ではなく、必要か
どうかいう問題だ」と議論の必要性を訴えた。
 昨年5月に表明した北朝鮮の金正恩朝鮮
労働党委員長と無条件で会談する意向に関
しては「決意は今も変わらない。さまざまな
ルートであらゆる手立てをとる」と述べ、
日本人拉致問題の解決に全力を挙げる考え
を重ねて示した。

人民日報、
感染「中国で始まった」の記述削除 
EU27カ国大使の共同寄稿
2020.5.7 22:37国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200507/wor2005070029-n1.html

抜粋
中国共産党の機関紙、人民日報が、
欧州連合(EU)27カ国の中国大使による
共同寄稿から、新型コロナウイルス感染
「中国で始まった」とする記述を削除して
掲載した
ことが分かった。
EU側は「中国との関係を考慮し、やむ
なく削除に応じた」
とコメントした。
削除要求は、ウイルス起源をめぐる
米中対立への配慮とみられている。

 ウイルス起源をめぐっては、米国が中国
・武漢の研究所が感染源ではないかと主張
するのに対し、中国が反発。解明に向けて、
メルケル独首相が中国側に透明性の確保
を求めるなど、欧州でも対中圧力が強まっ
ている。

外交評論家の岡本行夫氏死去 
新型コロナに感染
2020.5.7 23:51ライフ訃報
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200507/lif2005070090-n1.html

抜粋
国際問題を中心に積極的に発信し、講演や
メディアなどで幅広く活動した。産経新聞の
「正論」の執筆メンバーだった。

74歳、まだまだ活躍して欲しかった!
残念です!ご冥福をお祈り申し上げます。


今日の小田氏からのメールは?

関係ないこと無い

<成長のヒント>
 手にした結果よりも
 自分の周りに誰がいて
 どんな関係性なのかで
 印象がガラッと変わり
 人生の濃さが決まっていく。
 だから
 自分の仕事だけをやっていればいいと
 思っていると
 周りの人たちに無関心になって
 心の距離が広がっていき
 表面的な損得のつながりが増えていく。
 豊かな関係性を築くには
 自分がいないところや裏側で起きている
 ことにも
 アンテナを立てて
 全体が良くなることをやっていく。
 そうして
 周りと影響し合って、重なり合って
 深く進んでいける。
  


Posted by Myu at 10:42Comments(0)世界!政治生活全般医療

2020年04月26日

世界中が中国武漢発新型コロナウイルスと理不尽と不安恐怖のジレンマのパンデミックに苦しんでいる!







本日は4月25日(土)
今日は気温18度晴れとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。
昨日も本当に忙しかった。
今は平日も土日も無く連日千客万来にて
大忙しの地元農家さんを新鮮野菜販売に
一所懸命の会社です。
会社はテレワーク・学校は休みと政府の
緊急事態宣言指令にて各自治体とも
しっかり励行中です。
飲食業も外出抑制にて大変の様ですが、
当店は新鮮食材販売にて日常生きるに
必要不可欠のまさに人間生活の原点を
担うしごとばです。スタッフ一同はその
外出禁止も何のその、感染のリスクを
抱えての必死の忙しい仕事を担って
感染予防対策の色々をしっかりお客様
にも協力をお願いしつつ励行徹底して
頑張っているわけです。
我が家では私が外出してのウイルス
運び込む可能性があるわけで、何とも
責任重大です。見えない敵との必死の
闘いですが、必要あっての役割を真剣に
緊張しつつ慎重にやり切って生きましょう。
中国武漢発新型肺炎コロナウイルス
ろしや!!憎きかな!!許しがたき!!
中国の隠蔽・儀情報操作・不透明性・
誠意なく・優位姿勢行為行動等に腹が
立つ!!原因の捜査追及拒否も後ろめ
たさがあるからか?・・・ひとまず発生さ
せてしまったことの詫び謝罪に始まって
謙虚に世界と協力協調する態度なら・・
普段が普段でも今回だけでも・・そんな
殊勝な国民族では地球が滅んでも無い
か・・期待し思うだけ徒労か?どうして
どうしてこうも違うのか?!

米臨時代理大使インタビュー 
トランプ政権のWHO懸念 日本に伝達
2020.4.24 18:59国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200424/wor2004240028-n1.html

3月の百貨店売上高、過去最大の33%減 
スーパーと明暗
2020.4.24 20:05経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200424/ecn2004240041-n1.html

政府、GWの休暇延長を要請 
首相はDV対策など指示
2020.4.24 21:05政治政策
今、中東は

https://www.sankei.com/politics/news/200424/plt2004240049-n1.html

カプセルホテルが破産 
「ファーストキャビン」業績悪化
2020.4.24 21:57経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200424/ecn2004240046-n1.html

GW帰省に地方危機感 高齢化、
医療脆弱で一気に拡大も
2020.4.24 22:00ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200424/lif2004240115-n1.html

久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ
金正恩氏に異変説、北朝鮮は異例の「沈黙」
2020.4.25

https://special.sankei.com/a/international/article/20200425/0001.html

抜粋
 北朝鮮の体制事情を熟知する亡命者、
太永浩(テ・ヨンホ)元英国公使(現在は
韓国「未来統合党」議員)がこう述べて
いる。「北朝鮮は体制の特性上、『最高
の尊厳』にケチが付けられるたびに『最高
の尊厳』は健在だという動きを数日のうち
に見せてきた」「今回、反応を見せないの
は極めて異例だ」。つまり、沈黙には「特別
な意味」があることを示唆しているのだ。

北朝鮮、新型コロナ死者267人以上 
「疑い」扱いで処理、隠蔽
2020.4.25

https://special.sankei.com/a/international/article/20200425/0002.html

WHOにサイバー攻撃5倍 
昨年同期比、アドレス流出
2020.4.25 08:50国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200425/wor2004250001-n1.html

尖閣周辺に中国船 12日連続
2020.4.25 11:06国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200425/wor2004250007-n1.html

米駆逐艦が台湾海峡を通過 今月2回目
2020.4.25 11:34国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200425/wor2004250008-n1.html

布マスク、綿とシフォン生地などの
組み合わせが効果大 米研究チーム
2020.4.25 17:18ライフ科学

https://www.sankei.com/life/news/200425/lif2004250052-n1.html

東京で新たに103人感染 
累計3836人に
2020.4.25 17:40ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200425/lif2004250054-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

つなげて、つながり、つながっていく

<成長のヒント>
 日々の生活や仕事で
 つながりを感じられないと
 何のために働いているのか分からなくなり
 何を得ても、虚しさが大きくなっていく。
 みんな
 つながりがほしい。
 今まで支えられてきたことを思い出し
 「ありがたいなぁー」
 と深く感謝して、結び直す。
 今、関わっている人たちの
 幸せ、喜び、成長を心から祈って
 つながりを深めていく。
 そのうえで
 お役に立てそうなことを
 心を込めてさせていただき
 つながりを強めていく。
 人と深く関われば
 面倒なことも起きるが
 そのおかげで
 出番と学びと喜びが増えていく。
  


Posted by Myu at 07:21Comments(0)世界!病気?!医療民族

2020年04月24日

これでもか?これでもか!まだまだこれからもまだまだ気を抜いてはならぬ!







本日は4月24日(金)
今日は気温17度晴れ後雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかりやり切って
元気に生きましょうと。
中国発新型肺炎コロナウイルス感染予防
対策を可能な限りしっかり励行して。

東京都の「陽性率」、高止まり 
感染収束へ検査拡充急務
2020.4.23 18:52ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200423/lif2004230070-n1.html

スーパー密集対策に限界も 
問われる利用客のモラル
2020.4.23 20:47ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200423/lif2004230086-n1.html

香港の「反中」書店、台北で25日に再開へ 
直前に妨害相次ぐ
2020.4.24

https://special.sankei.com/a/international/article/20200424/0001.html

習近平氏「党幹部の能力不足を露呈」 
コロナ対応で引き締めか
2020.4.24 07:46国際中国・台湾
膨張する中国

https://www.sankei.com/world/news/200424/wor2004240007-n1.html

米、WHOに拠出再開しない可能性も 
「大胆な変化が必要」
2020.4.24 07:52国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200424/wor2004240008-n1.html

「破産させろ」共和幹部発言に
NY知事が激怒
2020.4.24 09:07国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200424/wor2004240012-n1.html

金正恩氏の重体報道「正しくない」 
トランプ氏、誤報との認識
2020.4.24 09:23国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200424/wor2004240013-n1.html

【経済インサイド】民間企業夏ボーナス、
コロナ禍で急減の公算 冬はもっと厳しく?
2020.4.24 12:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200424/prm2004240001-n1.html

津島園子さん死去 太宰治の長女
2020.4.20 13:42ライフ訃報

https://www.sankei.com/life/news/200420/lif2004200020-n1.html

大阪府、
休業拒否のパチンコ6店舗公表 全国初
2020.4.24 13:59産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200424/wst2004240021-n1.html

都がパチンコ店41施設に休業要請 
応じない場合は店名公表へ

2020.4.24 15:23ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200424/lif2004240055-n1.html

太宰治に良く似ていますね。ご冥福を!

東京で新たに161人の感染を確認
2020.4.24 15:48ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200424/lif2004240059-n1.html

ロシアなど14か国「レベル3」に 
対象地域からの外国人の入国拒否へ
2020.4.24 16:00政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200424/plt2004240023-n1.html

西村担当相「5月7、8日も休暇を
労使団体トップに要請
2020.4.24 16:44政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200424/plt2004240024-n1.html

シンガポールで感染者急増
東南アジア最多に 
「劣悪な住環境」で拡大
2020.4.24 17:11国際アジア

https://www.sankei.com/world/news/200424/wor2004240027-n1.html

抜粋
シンガポールは水際対策の強化や他者と
の距離を保つことの徹底などで感染を押
さえ込もうとしてきたが、「三密」(密集、
密室、密接)がそろっている寮が盲点と
なった格好だ。リー・シェンロン首相は
21日のテレビ演説で、外国人労働者が
感染した場合、「シンガポール人と同様に
治療する」とし、国としてケアしていくこと
を強調。合わせて、5月4日までの予定
だった学校や大部分の職場の閉鎖を
6月1日まで延長すると発表した。


自民党若手、
WHO事務局長解任や拠出金見直し主張
2020.4.24 17:33ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200424/lif2004240075-n1.html

抜粋
「早くから人から人への感染が指摘されて
きた。テドロス氏は危険性を世界に呼び掛
けなければならないのに、中国をかばうか
のような発言をして結果的に広げてしまっ
た。政治を持ち込むのではなく、科学的・
医学的な見地から対応を判断すべきだ。
発言は不適切であり、解任に値すると思う」
 テドロス氏の出身地であるエチオピアも
中国が巨額投資していることで知られて
いるが、WHOに対する国内総生産
(GDP)に応じた「分担金」と任意の
「拠出金」の合計は、米国が1位で日本が
4位、中国は9位だ。任意の「拠出金」が
比較的少ない中国が大きな影響力を行使
していることになり、トランプ氏は「米国民
に対して不公平だ」などと批判している。

徳島で県外ナンバーに差別的行為 
知事指摘 「県内在住」ステッカー販売も
2020.4.24 18:07ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200424/lif2004240085-n1.html

イオン、入場制限の可能性 
密集回避で各店が判断
2020.4.24 18:08経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200424/ecn2004240030-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

みんなで力を合わせるしかない

<成長のヒント>
 ステージがあがるときや
 次に一気に進むときは
 たいてい
 その前に、大きく下がったり
 いろいろな問題が起きるもの。
 そのときに
 どう対処するかが重要。
 今までと同じやり方をしていたり
 自分一人だけで解決しようとしていると
 どんどん状況は悪くなっていくばかり。
 周りの人と心と力を合わせて
 応援し合いながら、励まし合いながら、
 補い合いながら
 チーム戦で立ち向かうこと。
 そのためには
 それぞれの感情と情報を共有し
 方向性を定め
 各人がそのために何ができるのかを考え
 できることをどんどんやっていく。
 その中で
 だんだんと最適な役割が見えてきたり
 最優先で解決するモノがハッキリしてくる。
 それを
 みんなでやっていったら
 チームの結束が高まり
 自然と次のステージへと進んでいく。
  


Posted by Myu at 22:26Comments(0)世界!生活全般病気?!医療

2020年04月24日

中国武漢発新型肺炎コロナウイルス感染拡大でこれほどに全世界が震撼恐怖に陥っているが・・・







本日は4月23日(木)
今日は気温18度晴れ時々曇りとの予報。
4連休最終日につきしっかり有効に愛孫と
善い関りで過ごしたいものです。

宮家邦彦のWorld Watch
活動再開は「急がば回れ」
2020.4.23

https://special.sankei.com/a/column/article/20200423/0001.html

抜粋
最初の不都合な真実は「ウイルスを消滅
させ、終息させるか、全員がウイルス
かかり病気になるか、のどちらかしか解
はない」という横浜市大・佐藤彰洋特任
教授の卓見だ。人類の歴史は感染症と
の戦いでもある。ウイルスや細菌は宿主
が死ねば生き残れない。新型ウイルス
感染力は強いが、致死性が低いので手
ごわい。ワクチン等(とう)特効薬ができる
までは「生きるか死ぬか」の戦いが長期間
続くのだろう。ここまでは分かる。

米大統領選 
勝敗のカギ握る新型コロナ対応 
ワシントン支局長・黒瀬悦成
2020.4.23

https://special.sankei.com/a/international/article/20200423/0001.html

抜粋
米大統領選は、11月3日の投開票まで
190日余に迫った。再選を目指す共和党
現職のトランプ大統領と、民主党候補指名
を確実にしたバイデン前副大統領の対決
の行方は、トランプ氏が目下の新型コロナ
ウイルス
危機を適切に乗り切った上で、
経済を再び回復軌道に乗せることが
できるかにかかっている。
 トランプ氏は新型コロナ対策に関し、
自らをウイルスという「見えない敵」と戦う
「戦時大統領」に位置付け、国のあらゆる
資源を総動員して対策に取り組む姿勢を
打ち出した。

新型コロナ対策 女性リーダーが牽引? 
米メディアが相次ぎ報道 
2020.4.23

https://special.sankei.com/a/international/article/20200423/0002.html

抜粋
 台湾、ドイツ、ニュージーランド、
フィンランド、アイスランド…。これらの
地域・国には2つの共通点がある。
いずれも女性が指導者で、現時点で新型
コロナウイルス
への対策が一定程度奏功
していることだ。ドイツを除けば島であった
り、人口が少なかったりなど対策に優位な
要素があるとの指摘もあるが、複数の米
メディアは、世界で6%程度と少数派の
女性指導者が「効果的なメッセージと断固
とした行動により、相当高い割合で成功し
ている」と報じている。
 米CNNが新型コロナ対策の成功例と
して真っ先にあげるのは台湾(人口、
2400万人)だ。中国本土と近いうえ、
世界保健機関(WHO)への参加もはば
まれるなど、コロナウイルスには脆弱で
あってもおかしくない環境だったが、蔡英文
総統は、1月22日に「台湾は世界的な
防疫の最前線」とWHOへの加盟を認める
よう改めて要請。ただちにコロナウイルス
感染が最初に確認された中国武漢市との
団体旅行往来を禁止し、感染拡大防止に
向けた124の措置を発表した。2月には
中国本土からの来訪を禁止した。

イランが初の軍事衛星打ち上げに成功
2020.4.22 21:49国際中東・アフリカ
今、中東は

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220033-n1.html

イラン軍事衛星打ち上げを非難 米国務長官
2020.4.23 07:07国際米州
今、中東は

https://www.sankei.com/world/news/200423/wor2004230001-n1.html

長期地方滞在で錯綜…
健康不安説の金正恩氏、コロナ避け?
2020.4.22 21:23国際朝鮮半島
北とミサイル

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220032-n1.html

米制服組ナンバー2、
「金正恩は全軍を掌握」との見方 
米軍は上空からの偵察監視を強化
2020.4.23 08:35国際米州
韓国と北朝鮮

https://www.sankei.com/world/news/200423/wor2004230007-n1.html

任天堂「あつまれ どうぶつの森」が
米で販売首位 「隔離生活の癒やし」評価
2020.4.23 11:47経済金融・財政
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/economy/news/200423/ecn2004230022-n1.html

富士スバルライン閉鎖へ 
山梨県、来訪阻止へ強い措置
2020.4.23 11:02ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200423/lif2004230015-n1.html

米大統領選 
トランプ氏「バイデン氏は中国第一」 
強硬姿勢を争点化
2020.4.23 12:03国際米州
米大統領選

https://www.sankei.com/world/news/200423/wor2004230013-n1.html

金正恩氏がシリア大統領に礼電 
健康不安説の中
2020.4.23 14:20国際朝鮮半島
北とミサイル

https://www.sankei.com/world/news/200423/wor2004230016-n1.html

抜粋
 正恩氏は太陽節に姿を現しておらず、
健康悪化説が出ている。アサド氏は今月
11日付で金正恩氏に祝電を送っており、
金正恩氏も17日、アサド氏に対しシリア
独立74周年を祝う祝電を送ったことが
報じられている。

女優の岡江久美子さん死去 
新型コロナ感染で肺炎
2020.4.23 15:36ライフ訃報

https://www.sankei.com/life/news/200423/lif2004230039-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

能力の差ではなく、行動速度の差

<成長のヒント>
 いいと思ったら、すぐにやってみる。
 ダメかもと思ったら、パッと切り替える。
 様子見をせず、間を空けずに
 行動スピードをあげていくほど
 勢いがついて
 いいアイディアがひらめく。
 いい流れがやってくる。
 もし、やらかしてしまっても
 リカバリーも早く
 次に活かせる学びがある。
  


Posted by Myu at 06:55Comments(0)世界!政治病気?!医療

2020年04月23日

中国武漢発新型肺炎コロナウイルス感染拡大の収束とはまだまだならず、少々疲労感?!しかし気は抜かず!









(愛孫を前にして今更ですが学びと共に)
本日は4月22日(水)
今日は気温17度曇りのち晴れとの予報。
今日も休日休養日にてゆっくり色々と。
月曜日からお陰様の4連休、愛孫2人との
生活は賑やか賑やか!しかし、中国武漢発
新型肺炎コロナウイルス感染拡大抑制全国
緊急事態宣言発令中につき、外出は殆ど
せず、家の中で寝転んでゲーム三昧状態に
まさに異常さを目の当たりに痛感実感して
います。女の子でもこうですから、男の子の
いる家庭は更なる活動エネルギー抑制状態
は如何ばかりかと・・・
せめて規則正しい時間生活(起床就寝・
3食おやつの食事・学習・家族一緒の遊び
楽しみ活動・・)や清潔習慣(手洗い・トイレ・
入浴・・)と、良かれと思うことを再考して
今できることを精一杯一所懸命したいもの
と・・・言い過ぎ、押し付けは極力注意して
気づいいたことはそれなりに伝わる様努め
て生きましょうと。
子供の成長は目覚ましく計り知れません。
心身脳個性の成長もすごいものがあります。
短い期間にできるだけ良い関りを、多少の
影響刺激も社会性育成に役立つような
善い機会としたいものです。
と思い構えつつも、規則正しい生活は
ついつい厳しい言葉かけに必然と・・・
祖父母の立場での責任感は自己満足で
しかないか?愛孫たちの今後の成長に
如何に作用するか?今この時の関りが
無駄ではないと思うも、行った責任は
とれるか?厳しいものがありまする。
優しく甘くするばかりは無責任と思いつ。

中国「一貫して透明」 
メルケル首相に反論
2020.4.21 21:51国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200421/wor2004210031-n1.html

竹島を考える
主権問題と共通 
コロナ緊急事態に対応できない日本 
下條正男・拓殖大教授
2020.4.22

https://special.sankei.com/a/column/article/20200422/0001.html

抜粋
 新型コロナウイルスが、日本中を席巻
している今、国民にも危機感が芽生え始
めている。戦後70年以上が過ぎて戦争を
知らない世代が大部分を占め、非常時を
非常時として認識できなかったが、日本の
政治力のなさを見せ付けられては、嫌でも
恐怖感を覚えてしまう。
 今は「ウイルス戦」の最中で、見えない
敵と戦っているはずだが、なぜか国会議員
の諸先生方の影が薄い。われわれ日本
国民は、緊急時に対応できない国会議員
を国会に送り続けてきたのである。

帝国アメリカの終焉とアフター・コロナ 
そして中国は動き出す 三浦瑠麗
2020.4.22

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200422/0001.html

矢板明夫の中国点描
米国がなければ何もできない?
2020.4.22

https://special.sankei.com/a/international/article/20200422/0001.html

「新型コロナは動物が起源」WHO、
武漢の研究所説を否定
2020.4.22 07:05国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220003-n1.html

トランプ一家経営ホテルの賃料減免要請 
新型コロナで客が激減
2020.4.22 09:34国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220016-n1.html

トランプ氏、金正恩氏の重体情報
「知らない」「快癒を祈る」
2020.4.22 10:10国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220019-n1.html

長崎停泊のクルーズ船で新たに33人感染
2020.4.22 10:46産経WEST
新型コロナ

https://www.sankei.com/west/news/200422/wst2004220016-n1.html

新型コロナで中国に損害賠償提訴 
米ミズーリ州政府、全米の州で初めて
2020.4.22 13:01国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220021-n1.html

乳幼児8人がコロナ感染 
東京・済生会の乳児院
2020.4.22 13:26ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200422/lif2004220045-n1.html

「葛藤迫られる」「患者家族としこりも」 
フランス救急現場の日本人医師語る
2020.4.22 15:00国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220023-n1.html

抜粋
新型コロナは治療薬がない。医師に
できることは酸素吸入や人工心肺の
装着で、苦しまないようにするだけだ。
生存できるかどうかは患者次第。
患者を助けられないことに無力感を
抱くこともある。

休業一転、再開の都内パチンコ店 
SNS炎上「呆れた」
2020.4.22 15:41ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200422/lif2004220058-n1.html

東京都、新たに132人の感染確認
2020.4.22 17:09ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200422/lif2004220067-n1.html

帰国者の水際対策、「自覚」頼み 
ホテル・レンタカー利用も急増
2020.4.22 19:49ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200422/lif2004220088-n1.html

中国、新型コロナで大気汚染改善 
経済再開で再び悪化の見方も
2020.4.22 19:56国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200422/wor2004220031-n1.html

新型コロナ「軽症」で
自宅待機の男性が死亡 埼玉
2020.4.22 20:32ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200422/lif2004220096-n1.html
 
FBより抜粋
豪の武漢感染症研究所調査申請に対し、
「拒否」する中国。

中国には良心とか誠実とか正義とかの
実態がない。でっち上げ、欺瞞、詐欺、
武力による弾圧、人権蹂躙、独善、独裁、
背信、裏切りという言葉が相応しい❗

今日の小田氏からのメールは?

活躍するリーダーの3つの条件

<成長のヒント>
 リーダーは
 心に3つの要素が必要。
 1)温かさ
 2)清々しさ
 3)エネルギッシュ
 心を温かくするには
 普段から
 人に感謝し、人の幸せを心から祈り
 日常から
 人に喜ばれることをすること。
 心を清々しくするには
 任された仕事、与えられた役割(場)で
 知性と表現を尽くして
 やれる限りのことを惜しみなくやること。
 エネルギッシュでいるには
 想いを高く
 日常で一緒にいる人を大切にして
 心を通させること。
  


Posted by Myu at 10:24Comments(0)世界!政治医療

2020年04月18日

中国武漢発新型肺炎コロナウイルスの感染状況は、人から人、人から物、物から人へとな?!







本日は4月18日(土)
今日は気温14度雨時々大雨との予報。
今日は雨で悪天候とのことで、昨日店長より
シフト変更休んで良しとの連絡にて休養休日
と相成り候にてゆっくり色々と。

正論
武漢ウイルスは安全保障問題だ 
平和安全保障研究所理事長・西原正
2020.4.15

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200415/0001.html

抜粋
「中国が新型コロナの発症を隠蔽していたが
ために、世界の対応が2カ月遅れ、被害が
増大した」と非難した。新型コロナは武漢市
の市場のコウモリからヒトに伝染したことに
なっているが、米国は市場近くの感染症関連
の研究所から病菌が漏れたとの疑念を持っ
ているようだ。これに対して中国は、米軍が
病原体を持ち込んだと、根拠を示さずに
反論して、関係を悪化させた。
 ≪米中関係悪化にどう対処≫
 さらに米国は、中国が武漢での感染者や
死者の数字を過少に公表していると非難し
ている。米国は、中国が世界中に新型コロナ
を撒(ま)き散らした後に、多くの感染国に
医療チームと大量のマスクを送る「マスク
外交」をするのも気に食わない。「マスク
外交」の後ろにある中国の覇権意欲を警戒
している。「放火犯が消火チームを演じて
いる」と揶揄(やゆ)する米学者もいる。
 中国の新型コロナ発症に関する国際的
責任と併せて国内的責任も重要である。
新型コロナの発症公表が遅れたこと、
および米中対立が激化したことは、中国
共産党内で反習近平の権力闘争を生む
かもしれない。その結果、習国家主席の
訪日が瓦解(がかい)するかもしれない。
 
日本が中国との友好を選択し、習主席の
訪日の実現を目指すのは、日米同盟に
とって望ましいことだろうか。新型コロナの
発症で情勢が変わった。日本は米国ととも
に、中国に対して武漢で実際に何が起きた
のかを明確にさせるべきである。さらに言え
ば、日本は米国やヨーロッパの自由民主
主義陣営とともに中国の「マスク外交」を
批判することが、長期的に日本の安全保障
に役に立つと考えるべきである。

正論
感染症と共生する知恵の蓄積を 
元文化庁長官・近藤誠一
2020.4.16

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200416/0001.html

抜粋
 文明の力で感染症をねじ伏せようとする
だけでは問題は解決しない。戦いはエスカ
レートし、パニックが人類を自滅に追い込む
だけだ。文明や人類への過信を反省し
ウイルスと共生する知恵を蓄積すること
こそが賢い道なのだ。

「韓国与党急進派に存在感 
日韓関係に影響も」小此木政夫・
慶応大名誉教授 
2020.4.16 20:12国際朝鮮半島
日本と韓国

https://www.sankei.com/world/news/200416/wor2004160025-n1.html

抜粋
現政権は富の分配を中心とする雇用政策や
社会保障にこだわり、企業活動を活発化する
ことに関心が薄い。傷ついた韓国経済をいか
に再建するかというのは、最も苦手なテーマ
だろう。しかし、野党側は今回の選挙で、
この問題を争点化することに失敗した。
 日韓関係への影響も、こうした内政の動き
と密接に関連する。現状では、理念を重視す
る政府・与党が「被害者中心主義」の看板を
下ろすことは考えられない。徴用工問題で
差し押さえ資産の現金化が執行されれば、
両国関係は最悪の事態に陥るだろう。

正論
文政権審判ならず日韓関係に暗雲 
龍谷大学教授・李相哲
2020.4.17

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200417/0001.html

非常事態は「無期限」 
強権強める東欧2カ国
2020.4.17

https://special.sankei.com/a/international/article/20200417/0001.html

首相記者会見全文(3)
現金給付「感染リスク避け、
郵送やオンラインで」
2020.4.17 19:36政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200417/plt2004170046-n1.html

田村秀男の経済正解
コロナ恐慌の克服は政治決断次第
2020.4.18

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200418/0001.html

久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ
与党圧勝でスーパーパワー握った文政権、
危険な独走に懸念
2020.4.18

https://special.sankei.com/a/international/article/20200418/0001.html

抜粋
 15日に行われた韓国総選挙で、文在寅
政権の左派与党が大勝した。1987年民主
化以降の与党では最多議席を獲得し、
憲法改正以外のあらゆる法制化が可能な
スーパーパワーを手中に収めた。残る任期
2年の優先課題は後継政権作りとなるが、
圧倒的な勝利で全権を独占した政権の
独走が懸念されている。文在寅大統領が
長年主張してきた反共法「国家保安法」の
解体や、保守派の言論を封じ込めるため
の規制強化、さらに歴史問題では新たな
“親日派処罰法”の実現などが取り沙汰さ
れ、早くも危険視する声が聞かれる。

「ありがたい」「もっと困っている人に」 
10万円給付に賛否
2020.4.18 00:06ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200418/lif2004180005-n1.html

【記者発】火事場泥棒にご用心 
政治部・田中一世
2020.4.18 08:52コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/200418/clm2004180002-n1.html

【アメリカを読む】
「マスク争奪戦」で米に反感 
輸出停止など「間違っている」
2020.4.18 09:00プレミアム
アメリカを読む

https://www.sankei.com/premium/news/200418/prm2004180004-n1.html

米ウォルマート採用拡大に応募殺到 
15万人枠に100万人超
2020.4.18 11:15国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200418/wor2004180027-n1.html

トランプ氏「中国に不満」 
死者数「米国より多い」と主張
2020.4.18 12:27国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200418/wor2004180032-n1.html

国内感染1万人超え 
東京都は181人 新型コロナ
2020.4.18 16:41ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200418/lif2004180043-n1.html

夏のボーナス大幅ダウンへ 
中小は支給見送りも 家計に打撃
2020.4.18 18:13経済金融・財政
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200418/ecn2004180023-n1.html

抜粋
4月から大企業などに同一労働同一賃金
が義務付けられ、パートなどに賞与が支給
される押し上げ要因もあるが、コロナ禍の
圧倒的な下押し圧力にはかなわない。
 日本総合研究所も6・4%減と大幅な
マイナスを予想。もともと令和元年度下期
の業績低迷で今年の春闘はベースアップ
(ベア)見送りが相次ぎ、ボーナスの基準
となる基本給も伸び悩んだ。景気減速を
新型コロナがダメ押ししたとみる。
 夏は“不可抗力”としても冬はどうか。
第一生命経済研究所は夏が前年比4・0
%減と予測した上で、「冬や来年夏は
さらに厳しくなる」(新家義貴主席エコノ
ミスト)とみる。悪化が必至の今年度の
業績をもとに労使交渉を行うからだ。
企業活動縮小で残業代も減るとみられ、
家計の所得環境は一層厳しさを増す。

家族総出でスーパーが物議 
新たな「3密」 利用制限の動きも
2020.4.18 18:47ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200418/lif2004180056-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

自分の周りから変えていく

<成長のヒント>
 重くて暗いムードを吹き飛ばすには
 自分の心に火をつけて立ち上がって
 第一声を発して、一歩踏み出すことから
 始まる。
 見通しを明るくするには
 いい未来を想像して
 少しでも近づきそうなことを
 何でもいいから具体的にやっていく。
 飲まれない。
 流さない。
 正当化しない。
 見逃さない。
 素のテンションでいない。
 背伸びして、遠くを見て
 目的と誇りを持ち
 ブレーキを外して
 アクセルを踏んでいく。
  


Posted by Myu at 21:03Comments(0)世界!政治経済医療

2020年04月17日

天皇陛下曰く、「感染症 の拡大は、人類にとって大きな試練」心を一つにして難しい状況を乗り越えていくことを願う。







本日は4月17日(金)
今日は気温15度曇り時々雨との予報。
今日は月一回のミーティングにて朝2時間
の出勤です。この時期しっかり清掃をとの
事です。昨日からレジにビニールの仕切り
が出来ました。スーパーや薬局などで少し
前から見た風景でしたが、いよいよ当店で
も同くと。中国武漢発生の新型肺炎コロナ
ウイルス感染拡大は収束の兆しはまだなく
拡大するばかりです。とうとう安部総理は
緊急事態宣言を一都7県から全国対象と
拡大宣言を出されました。まさに危機迫る
感で緊張して感染予防のルーティン所作
をしっかり守りましょうと。

石平のChina Watch
「倒産ラッシュ」恐れる習政権
2020.4.16

https://special.sankei.com/a/international/article/20200416/0001.html

政府、大型連休移動を警戒、
崩れかねない収束シナリオ 
緊急事態宣言全国拡大 
2020.4.16 21:12ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200416/lif2004160070-n1.html

抜粋
安倍晋三首相は16日、周囲にこう語った。
大型連休対策は政府の最大の懸案事項
といってよい。全都道府県への指定は、
クラスター(感染者集団)とクラスターが
つながることで起きる爆発的な感染を
阻止するための切り札といえる。

言葉のひと解き
清湖口敏 武漢ウイルス 
この教訓を歴史に刻むため
2020.4.17

https://special.sankei.com/a/column/article/20200417/0001.html

【皇室ウイークリー】(637)
両陛下「国民が一丸となって」 
新型コロナで進講受けられる
2020.4.17 06:00プレミアム
皇室ウイークリー

https://www.sankei.com/premium/news/200417/prm2004170006-n1.html

抜粋
天皇陛下は冒頭、医療関係者らの努力に
感謝を示した上で、新型コロナウイルスが
世界各地で猛威をふるっていることや、
国内でも東京などを中心に感染拡大が
進み、医療提供体制が逼迫(ひっぱく)
し始めていることなどをご憂慮。「感染症
の拡大は、人類にとって大きな試練」とし
「私たち皆がなお一層心を一つにして力を
合わせながら、この感染症を抑え込み、
現在の難しい状況を乗り越えていくことを
心から願っています」
と述べられた。

マクロン仏大統領、WHO支持を表明 
G7首脳電話会議で
2020.4.17 08:48国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170023-n1.html

ナイジェリアで超法規的に18人殺害 
コロナ感染死者上回る
2020.4.17 09:24国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170024-n1.html

アフリカの国々の実態はあまり知らずまま
ですが、まだまだ国の政治・経済・生活・
教育・民度等が遅れて低く酷いようですね。
やはり一部の上層部のリードの良し悪しに
かかっているわけで、中国のうまい話に乗
って見習っては「債務の罠」にはまること
になり国も国民も浮かばれないでしょう。
それにしても酷い状態ですね。

マクロン仏大統領、
中国のコロナ隠蔽を示唆 英紙に語る
2020.4.17 09:39国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170027-n1.html

抜粋
マクロン大統領は、新型コロナウイルスの
中国での感染拡大に関し「起きていながら
私たちが知らないことが明らかにある」

述べ、中国政府による情報隠蔽を示唆した。
情報が自由に流れ、市民が政府を批判でき
る国と、真実が隠される国では比較になら
ないと指摘し「中国の方がうまく対応した
というのはあまりに無邪気だ」
と主張した。

中国GDP6・8%減 
1~3月期、初のマイナス成長
2020.4.17 11:20国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170030-n1.html

ロックダウンできない日本 
諸外国で目立つ強制力
2020.4.17 11:30ライフくらし

https://www.sankei.com/life/news/200417/lif2004170038-n1.html

一律10万円「要望者に配る」 
麻生財務相、5月給付目指す
2020.4.17 13:20経済金融・財政

https://www.sankei.com/economy/news/200417/ecn2004170033-n1.html

武漢市のコロナ死者5割増加 
当局が報告漏れやミスを訂正
2020.4.17 14:28国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170034-n1.html

わが道行く旧ソ連“独裁国”のコロナ対策 
イベント続行、ペット殺処分、
「ウオッカ飲んで消毒」
2020.4.17 15:46ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200417/lif2004170082-n1.html

「州民の健康と安全」 
米州知事ら慎重姿勢も 
NYは外出制限延長
2020.4.17 16:07国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170038-n1.html

東京都で新たに201人の感染確認 
1日当たり最多更新、初の200人台
2020.4.17 16:16ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200417/lif2004170090-n1.html

安倍首相が記者会見 
10万円給付は「郵送かオンライン」
2020.4.17 18:23政治政策
新型コロナ

https://www.sankei.com/politics/news/200417/plt2004170034-n1.html

首相記者会見全文(2)
10万円一律給付「国民とともに
乗り越えていく思いで決断」
2020.4.17 18:58政治政策
全文・詳報・一問一答

https://www.sankei.com/politics/news/200417/plt2004170042-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

学ばないと頭が鈍くなっていく

<成長のヒント>
 何の目的も無しに、ボーっとしたまま
 ネガティブな情報を浴びたり
 不安などのネガティブな感情に流されて
 いると
 頭が回らなくなって
 クリエイティブ性が失われていく。
 自分で学ぶことを見つけて
 自分で自分を教育していき
 頭を回転させていく。
  


Posted by Myu at 21:31Comments(0)世界!政治経済医療

2020年04月16日

社会的距離、ソーシャル・ディスタンスとは、公衆衛生上の用語で、感染拡大を防ぐために人と人の間を空ける等・・







本日は4月16日(木)
今日は気温15度晴れ夕方から曇りとの予報。
今日は半日仕事につきしっかりやり切って
元気よく生きましょうと。

皇位継承論議を振り返る
(上)「女系天皇」小泉政権で加速 
論拠は弱く
2020.4.15

https://special.sankei.com/a/society/article/20200415/0001.html

皇位継承論議を振り返る
古川貞二郎氏インタビュー
「旧宮家復帰、国民納得するか」
2020.4.15

https://special.sankei.com/a/society/article/20200415/0002.html

抜粋
 政府は今後、安定的な皇位継承策につ
いて議論を本格化させる予定だ。その前に
過去の論議の当事者を直撃した。初回は、
平成17年に「女性・女系天皇」容認の報告
書をまとめた小泉純一郎政権の有識者
会議委員で、事務の官房副長官を8年以上
も務めた古川貞二郎氏(85)に聞いた。

国連事務総長、
米にWHO拠出停止の見直し求める 
「今はその時ではない」
2020.4.15 12:15ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150027-n1.html

2022年まで「社会的距離」必要 
米ハーバード大、
新型コロナ再流行の恐れ予測
2020.4.15 15:13ライフ科学
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150039-n1.html

在日米軍が日本全国の基地に非常事態宣言 
新型コロナ
2020.4.15 17:17国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150025-n1.html

【Q&A】
現金給付1人10万円案が浮上…
30万円だと何が問題?
2020.4.15 18:14経済産業・ビジネス
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200415/ecn2004150026-n1.html

小池都知事「戦後最大の危機」 
感染封じ込めに決意表明
2020.4.15 21:31ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150100-n1.html

逃走中はねられ救護した男性は感染者 
群馬の男性巡査ら6人自宅待機に
2020.4.15 21:57社会事故・火災
新型コロナ

https://www.sankei.com/affairs/news/200415/afr2004150026-n1.html

東芝が国内の全拠点を原則休業へ 
20日から7万6000人
2020.4.15 22:41経済産業・ビジネス
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200415/ecn2004150039-n1.html

全国の郵便局で短縮営業 
日本郵便が感染防止
2020.4.15 23:04経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200415/ecn2004150040-n1.html

世界の感染者数が200万人超え
2020.4.15 23:37国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150034-n1.html

新型コロナ
「武漢の研究所から流出」疑惑に注目 
「過去に政府が危険性警告」と米紙
2020.4.16

https://special.sankei.com/a/international/article/20200416/0003.html

抜粋
 【ワシントン=黒瀬悦成】
新型コロナウイルスの感染源をめぐり、
初めて感染が確認された中国湖北省
武漢市にある中国科学院武漢ウイルス
研究所
からウイルスが流出した疑いが
あるとの指摘が改めて米国内で盛り
上がりを見せている。米国務省が
2018年、同研究所でのコロナウイルス
研究の安全対策が不十分と警告して
いたと米紙ワシントン・ポスト(14日付)
が伝え、一連の指摘が単なる「陰謀論」
ではないとの見方が強まったためだ。
 同紙によると、北京の米大使館の
科学担当の職員らが2018年1月に
武漢ウイルス研究所を複数回にわたり
視察後、研究所の安全対策が不十分
だとして警鐘を鳴らす公電を2度に
わたり国務省に送っていた。
 公電は、同研究所ではコウモリに由来
するコロナウイルスの研究が行われて
いたが、「大量の汚染菌を扱っている
施設であるにもかかわらず、安全に運営
するための適切な訓練を受けた技術者
らが著しく不足している」と警告した。

仏外出禁止1カ月 
パリコレ職人がマスク作成、
農家支援に24万人応募
2020.4.16

https://special.sankei.com/a/international/article/20200416/0005.html

韓国総選挙、文大統領の与党が勝利 
新型コロナ追い風
2020.4.16 00:07国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150031-n1.html

習近平指導部、アフリカ外交つまずく 
新型コロナ対策で 
2020.4.16 12:46国際中東・アフリカ
膨張する中国

https://www.sankei.com/world/news/200416/wor2004160016-n1.html

首相が補正予算案の組み替え指示 
新型コロナ、10万円一律給付へ
2020.4.16 13:18政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200416/plt2004160010-n1.html

新型コロナ 緊急事態宣言を全国に拡大へ
2020.4.16 16:07政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200416/plt2004160013-n1.html

新型コロナ感染者、
東京都内で新たに149人
2020.4.16 16:08ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200416/lif2004160034-n1.html

新型コロナで知事権限強化の
特措法改正言及 西村担当相
2020.4.16 17:06政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200416/plt2004160016-n1.html

仏外出禁止令1カ月 
「息ができない」もだえた患者
「わずか2日で死ぬとは」衝撃の遺族
2020.4.16 17:15国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200416/wor2004160020-n1.html

抜粋
フランスの感染者は15日までに約10万人。
死者は1万7千人を超えた。

マスク続く品薄 店頭価格も高騰、
1枚10円→80円超も
2020.4.16 18:11産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200416/wst2004160021-n1.html

医療ガウンにフィルム供給 
住友化学、30万着分
2020.4.16 18:12経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200416/ecn2004160034-n1.html

日産、国内で医療用シールド製造 
スペインでは人工呼吸器生産へ
2020.4.16 18:21経済産業・ビジネス
https://www.sankei.com/economy/news/200416/ecn2004160035-n1.html

10万円給付歓迎
「電子マネーでの給付が望ましい」
経済同友会
2020.4.16 18:28経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200416/ecn2004160036-n1.html

雨がっぱ、
大阪市に約10万着の寄付申し出 
松井市長「感謝」
2020.4.16 18:33産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200416/wst2004160023-n1.html

「科学的な根拠がない」 
中国外務省が新型コロナ流出説を否定
2020.4.16 19:25国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200416/wor2004160023-n1.html

苦悩する就活生「家にいるだけ」 
企業説明会中止、選考延期…
大学側も対応苦慮
2020.4.16 19:45ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200416/lif2004160047-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

どれだけ楽しめるか?

<成長のヒント>
 周り(誰か)に
 不平不満を言うのは
 そこまでの自分だと認める敗北宣言。
 人の本能のひとつが
 「楽しみたい」という欲求。
 だから
 「逆境でも活躍する人」と「パッとしない
 人」の差は
 イヤなことがあっても
 問題が起きても
 楽しんでいるかどうかで決まる。
 楽しみレベルをあげるには
 1)楽しいことだけやるのではなく
  やることを楽しむ。
 2)あっさり諦めず
  楽しめるように工夫する。
 3)大変なときほど、笑ってみる。
  こうして
 楽しみ上手になるほど
 名案をひらめいて
 逆境を乗り越えていける。
  


Posted by Myu at 20:50Comments(0)社会世界!政治医療

2020年04月15日

国際社会で通用しない非道言動行為行動の民族民度の強制是正を如何にすべきか?!







本日は4月15日(水)
今日は気温22度晴れ時々曇りとの予報。
今日は昨日急遽店長の依頼にて土曜日との
シフト交換と結果3連休と相成り候。
今日は4月下旬から5月上旬の陽気とのこと
で家事日和と嬉しく楽しんで生きましょうと。
花粉が今日は沢山飛ぶとのことにてやはり
布団干しはまだ解禁できませぬが。(苦笑)

WHOを“利用”した中国…
拠出金停止でアメリカの追及が始まる
2020.4.15

https://special.sankei.com/a/international/article/20200415/0003.html

抜粋
トランプ米政権が14日、世界保健機関
(WHO)に対する資金拠出の停止を発表
したのは、中国が新型コロナウイルス感染
をめぐる初動の不手際の隠蔽や、逆に
感染対策が成果を上げているとする政治
宣伝にWHOを利用し、ウイルスを世界に
拡散させた責任の回避を図っている問題
を厳しく追及する姿勢を打ち出したものだ。
 トランプ氏はホワイトハウスでの記者
会見で「WHOが感染発生の段階で医療
専門家を中国に派遣し、現地で何が起きて
いるかを客観的に調査する一方、中国の
透明性の欠如を非難していれば、感染は
発生地に封じ込められ、死者も少なくて
済んだ」と批判した。

藤本欣也の香港探訪
アジア最大の外国人墓地をゆく(上) 
19世紀の大英帝国も感染症に苦しんだ!
2020.4.15

https://special.sankei.com/a/international/article/20200415/0001.html

韓国総選挙で中間評価受けた文政権、
政権末期へ日韓が混迷も
2020.4.15

https://special.sankei.com/a/international/article/20200415/0004.html

トランプ氏は「王様」 
ニューヨーク州知事が批判
2020.4.15 06:41国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150002-n1.html

オバマ氏も支持表明 
バイデン氏後押しに
2020.4.15 06:55国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150003-n1.html

中国店舗「黒人入店禁止」 
米マック本社が謝罪
2020.4.15 06:59国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150004-n1.html

NY株反発、558ドル高 
米経済活動再開に期待感
2020.4.15 07:21経済金融・財政

https://www.sankei.com/economy/news/200415/ecn2004150010-n1.html

米、WHOへの拠出金停止 
新型コロナで中国寄り批判
2020.4.15 07:51国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150009-n1.html

抜粋
トランプ氏は中国が新型コロナ感染拡大の
初動対応で情報公開に消極的だったのを
念頭に「WHOが中国の不透明性を指摘
していれば感染拡大を封じ込め、死者も
少なく抑え込むことができた」と批判した。


米国務長官、
中国の新型コロナ対応批判
「責任を取らせる」
2020.4.15 08:04国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150011-n1.html

仏外相、中国大使に抗議 
中国批判封じに「認められない発言あった」
2020.4.15 08:35国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200415/wor2004150013-n1.html

抜粋
中国大使館が、フランスでの中国批判を
封じ込めるような声明を出した。
「米欧には感染阻止より、中国攻撃に熱心
な政治家や識者がいる」となじった。また、
仏各地の高齢者施設で感染死者が出た
ことに触れ、「職員は任務をほうり出し、
入居者を飢餓と病気で死なせた」と記した。

フランスのルドリアン外相は「中国大使館
の代表が示した立場は、マクロン仏大統領
と習近平国家主席が築いた二国間関係に
そぐわない」と表明した。

中国の盧沙野・駐フランス大使は先月末
には、マスクや医療品支援による中国の
政治宣伝を警戒した仏閣僚の発言に対し、
不快感を表明。ウェブ上の声明で、
「中国の影響力が増すのが嫌なら、もっと
自助努力しろ」と記した。

この高飛車な発言思考回路態度は
外交官として失格でしょう。
中国人のしみついた病的中華思想?は
世界から糾弾されるべしだが、気づきも
治りもしないのでしょうね。地団太踏む
ばかり・・・・しかし、許すまじ!


中国国内で新型コロナ「差別」 
アフリカ諸国が改善求める
2020.4.15 09:45ライフくらし

https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150016-n1.html

抜粋
 ロイターなどによると、広州では先週、
アフリカ人留学生らが複数回にわたり
強制的にウイルス感染の検査を受けさ
せられたり、住んでいるアパートや宿泊
先のホテルを追い出され、路上で夜を
過ごしたりしたとの書き込みや動画が
SNS上で相次いだ。
 ナイジェリア議会やガーナ外務省は
中国大使を呼んで懸念を表明したほか、
ウガンダや南アフリカなどのメディアも
中国での動きを批判的に報じた。
 世界銀行は9日、新型コロナの感染拡大
を受け、サハラ砂漠以南の地域が今年、
25年ぶりの景気後退を迎えるとの新たな
予測を発表した。中国は2000年から
17年の間に総額1430億ドル(約15兆
3千億円)をアフリカ諸国に貸し付けたと
される。返済に窮して中国に政治的要求
を突き付けられる「債務の罠」に陥ってい
る国もあり
、中国に債務の返済凍結など
を求める声が欧米の識者から出ている。
 アフリカ大陸では新型コロナの感染者
は1万5千人を超え、死者は800人以上
に達した。世界保健機関(WHO)は先週、
いくつかの国は今後数週間に感染拡大
のピーク
が来ると警告している。

薬剤服用で「細菌殺す」 
不適切動画配信で宇都宮のN国党市議が謝罪
2020.4.15 16:59ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150051-n1.html

東京都で新たに127人の感染確認
2020.4.15 17:23ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150055-n1.html

<独自>皇位継承で「旧宮家復帰」聴取 
政府が有識者ヒアリングで 
論点整理への明記が焦点に
2020.4.15 19:53政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200415/plt2004150034-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

今こそ勇気を出して

<成長のヒント>
 大変なときほど
 一気に大きく変えるとき。
 次々に問題が迫ってきて
 心が不安定になるのは当たり前。
 そんなときに
 ひとりで抱えていると
 余計に不安が大きくなっていき
 頭も回らなくなってしまう。
 そんなときは思い切って
 「困ったー!!」
 「助けてー!!!」
 と、周りに本音を叫んでみる。
 すると気持ちが楽になり
 案外、みんな助けてくれる。
 あとは
 頭も回り始めるから
 できることをすべてやっていき
 少し余裕ができたら
 今度は周りを助けていく。
  


Posted by Myu at 21:55Comments(0)世界!政治医療民族

2020年04月15日

中国武漢発生の新型肺炎コロナウイルスのパンデミックの最中に火事場泥棒の常套手段発揮の非道許すまじ!







本日は4月14日(火)
今日は気温17度晴れとの予報。
今日も休日休養日にてゆっくり色々と。

緯度経度
中国にコロナ賠償要求、
米国政の潮流に 古森義久
2020.4.13

https://special.sankei.com/a/international/article/20200413/0001.html

抜粋
米国では新型コロナウイルス感染が広がる
につれ、その本来の責任を中国に対して
追及し、中国政府に巨額の損害賠償金の
支払いを求める動きが顕著となった。
 その最も先鋭で明確な動きをとるのは
米国連邦議会である。3月下旬には上下
両院に中国政府に賠償金を具体的に要求
する決議案が提出された。

 数学の望月理論
「人類初、数百年に1度の偉業」 
加藤文元氏に聞く
2020.4.13 13:23ライフ科学

https://www.sankei.com/life/news/200413/lif2004130034-n1.html

抜粋
 --宇宙際タイヒミューラー理論とは
 「この理論は、既存の数学の言葉で書く
ことができるが、発想としては非常に斬新
なもの。特に望月さんが『舞台』と呼ぶ、
数学一式ができる世界を複数考えるという、
その発想に新しさがある。その世界と世界
を完全に共有できない形で行き来すること
により、今までになかった柔軟性を導ける。
ABC予想も、一つの数学の世界だけで考
えると証明が非常に難しかった。この発想
は、望月さん以前のいかなる人類もしなか
ったと思う。われわれが気づかなかったよ
うな未知の方法、発想によって全く新しい
数学のやり方を創造した。数百年に一度
の偉業と言ってよく、ノーベル賞何個分
にも相当する
だろう」


全く理解の外だが、ノーベル賞何個分にも
相当すると聞いてこれまた想像を絶する
気が遠くなるようです。同じ人間日本人と
言っては申し訳なく思うも、その緻密な脳と
想像性&創造性に尊敬と感謝そして誇りの
念でいっぱいです。


WHOテドロス氏VS台湾 
「差別」めぐり場外戦 中国が“かく乱”
2020.4.14

https://special.sankei.com/a/international/article/20200414/0002.html

抜粋
世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス
との戦いで、陣頭指揮を執っているはずの
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長
が突然、「人種差別的な攻撃を受けた」と
台湾を批判しはじめた。これを受けて台湾
の蔡英文総統は「私たちこそ差別されてい
る」と反論し、「差別問題」をめぐる場外戦に
発展した。背景には、5月にも開かれる
WHO総会の台湾の参加資格をめぐる
中国と台湾の激しい駆け引きがある。

「韓流」防疫、
IT駆使し感染経路97%把握 
プライバシー問題も
2020.4.14

https://special.sankei.com/a/international/article/20200414/0001.html

【主張】PCR検査 
全力で強化し感染を防げ 
不十分な態勢に猛省が必要だ
2020.4.14 05:00コラム主張

https://www.sankei.com/column/news/200414/clm2004140001-n1.html

新型コロナの致死率は新型インフルの10倍 
WHO見解
2020.4.14 06:46国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200414/wor2004140001-n1.html

コロナ対策? 米、メキシコ国境で
不法移民1万人送り返す
2020.4.14 07:47国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200414/wor2004140005-n1.html

【一筆多論】
台湾統治に欧米の高評価 河崎真澄
2020.4.14 09:00コラムその他

https://www.sankei.com/column/news/200414/clm2004140003-n1.html

抜粋
1895年4月17日、清国(現在の中国)
と「下関条約」に調印してから、まもなく
125年になる。 日本はこの条約で
台湾の割譲を受け、1945(昭和20)
年の終戦まで50年にわたり領有した。
台湾は日本にとって、欧米列強より何世
紀も遅れて獲得した初めての海外領土。
「台湾住民を重視した寛容な法治」や
「学校教育の制度の導入」、さらに
「鉄道網や銀行・通貨」といった近代化
政策だった。その結果、「衝撃的な経済
成長で住民は繁栄を享受し、人口も
急増した」
欧米人には思いもつかぬ寛容な対応を、
記事は「一つの教訓」と公平に評価した。
欧米列強の植民地政策への反省とも・・
「欧米列強の支配下に置かれた往時の
植民地に比べ、台湾は圧倒的な成功例。
海外領土の現地財政を10年で黒字化
させたのも歴史上、日本の台湾統治
だけだった」


実際今なお台湾と日本は友好関係は
素晴らしい!

それに比べ、半島今や南北分裂状態の
民族は日本統治時台湾以上に一所懸命
投資して石器時代の生活状況から文化
的生活へ引き上げ、インフラ(道路や鉄道
、上下水道、発電所・電力網、通信網、
港湾、空港、灌漑・治水施設などの公共的
・公益的な設備や施設、構造物・・・)整備
は国内より素晴らしく大変なものだった様
。更に人種差別(両班と奴隷)を撤廃し、
名も無き人々にも名前、そして学校教育
を施し、識字率をアップさせたりと・・・・
決して植民地ではなく同じ日本人として
対応した。・・・・にもかかわらず何という
台湾の人々との今のこの受け止め方、
日本に対する感情考えの相違でありま
しょうか??!!民族性、民度の差、
嘘・たかりが習慣となっているしみついた
根性は1000年2000年変わらないと
半島のリーダーとなるものの口癖故・・・
尽くしても徒労に、否、仇にも成るとは
空恐ろしい救いがたい民族であることよ!
更に更に嘘に嘘をつくり塗り騒ぎ、一切
感謝などすることなく、次から次と大声を
あげ賠償せよ金よこせととんでもない
手段にでる?!恥も外聞も無く、反省も
謝罪も全く無く、あきれるばかりです!!

国会議員歳費を1年間2割削減 
与野党が一致
2020.4.14 11:55政治政局

https://www.sankei.com/politics/news/200414/plt2004140011-n1.html

北が数発の飛翔体 日本海へ発射
 短距離巡航ミサイルか
2020.4.14 15:44国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200414/wor2004140025-n1.html

全世界が新型肺炎コロナウイルス感染拡大
防止と治療回復に専念必死の状態をして
すっかりその存在自体忘れ去っていました。
コロナ感染者も何故か全くいないとのこと。
結構なことではないですか。
今更ミサイルごっこして何の利があるという
のでしょうか?こっち向いてと言っても無理
でしょう!


東京都、161人の感染確認 新型コロナ
2020.4.14 17:29ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200414/lif2004140057-n1.html

北が巡航ミサイル数発、
150キロ以上飛行か 戦闘機も連動
2020.4.14 18:23国際朝鮮半島
戦闘機

https://www.sankei.com/world/news/200414/wor2004140029-n1.html

自民・二階氏、
一律10万円給付を政府に要求 
「強力に申し入れ」
2020.4.14 19:15政治政局
経済・新型コロナショック
https://www.sankei.com/politics/news/200414/plt2004140037-n1.html

果たして?

防護服代わりに雨がっぱ 
大阪市長、提供呼びかけ
2020.4.14 19:26産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200414/wst2004140024-n1.html

ホンダ、
コロナ感染者移送車の生産開始 
自治体に提供
2020.4.14 20:37経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200414/ecn2004140037-n1.html

世界成長マイナス3・0% 
日本はマイナス5・2% 
2020年、IMF見通し
2020.4.14 21:30経済金融・財政

https://www.sankei.com/economy/news/200414/ecn2004140038-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

欠乏を埋める道から、お役立ちの道へ

<成長のヒント>
 人は、ついつい
 自分に欠けたモノを求めて進みがち。
 お金が無かったらお金。
 承認されていないなら賞賛。
 教養が足りなかったら知識。
 それはそれで、良いことではある。
 しかし、みんなが
 それだけを続けたなら
 人を助けず、人に助けられず
 世の中も良くはなっていかない。
 自分に少々足りないものがあったとしても
 周りを見渡して
 ひそかに、お役に立てることをやって
 いたら
 何が大切なのかを分かり
 何が誠なのかを知っていき
 精神が成熟していく。
 もし、そんな人たちが少しでも増えれば
 いい世の中に近づいていく。
  


Posted by Myu at 07:17Comments(0)世界!政治医療民族

2020年04月14日

中国武漢発症新型肺炎コロナウイルス戦争は非道画策なのか?遺憾では絶対すまぬ!許すまじ!







本日は4月13日(月)
今日は気温9度雨時々曇りとの予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。
不要不急の外出は極力避けましょうと。

中国空母、台湾海域を南下
2020.4.12 23:46国際中国・台湾
台湾・蔡英文総統

https://www.sankei.com/world/news/200412/wor2004120018-n1.html

非道許すまじ!

あいちトリエンナーレ、
課題置き去り「灰色決着」 
補助金不交付決定見直し
2020.4.13 01:00ライフ学術・アート
表現の不自由展

https://www.sankei.com/life/news/200413/lif2004130002-n1.html

自由と責任と愛国心をしっかり通して!

死者ピーク期の可能性も NY州知事
2020.4.13 07:03国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200413/wor2004130001-n1.html

中国の軍事的挑発に
「極めてけしからん」と河野防衛相
2020.4.13 22:49政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200413/plt2004130033-n1.html

日本政府としてしっかりはっきりダメ出し
を表明すべし!平和ボケの国民もいざ
出陣・一致団結すべき時はいざ覚悟!
まずはコロナ感染拡大阻止!並行して
憲法改正!自己防衛は当然でしょう!
今の世の中(世界)は戦争が起きたら
地球ともども終わりでしょう!
それでも征服欲に狂った人間が一人
いることが、周りが何も言えないことが
狂気を増長助長させている!
人の寿命はこの半世紀で50歳から100歳
へと延びたが、それを短いとするか長いと
するか?人生の目標、目的が世界征服と
したら?欲望は果てしなく大きく勝るもの
なのかもしれない?最も醜い根性の人間と
してレッテルを張られてもなお悪の征服の
ための悪行所業を繰り返して生きたいもの
か?果たして??世界は民主主義ををして
しっかり「NO!」というべき、やはり、守る
戦争となるか?戦争はいけない!


都の補正予算は3500億円規模 
コロナ協力金は知事「1千億円」
2020.4.13 23:12政治地方自治

https://www.sankei.com/politics/news/200413/plt2004130034-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

これから進む方向を知るには?

<成長のヒント>
 何が事実であれ
 何が原因であれ
 大きな問題が起きるということは
 それまでの常識と体制と価値観が崩れて
 新たな方向性に進み始めるということ。
 では
 どんな方向なのかを知るには?
 自分にとって
 何が大切なのかを問い
 生活を支えている根源の食と
 自分の命(生命)を見直す。
 そして
 人とのつながりと
 自然とのつながりを大事にして
 自分のことだけでなく
 みんながよくなる共栄の道を考えてみる。
 すると
 これから進む方向性がだんだんと見えて
 くる。
  


Posted by Myu at 15:29Comments(0)世界!政治医療戦争

2020年04月11日

国家指導者の思考方針発言の極端如実な違いは如何に?!







本日は4月11日(土)
今日は気温16度晴れ時々雨との予報。
今日も休日休養日にてゆっくり色々と。
東京都をはじめ連日新型肺炎コロナウイ
ルスの感染者数が増加最高更新しています。
本当に楽観視できなくなってきました。
どこで誰が感染し不特定多数のクラスターと
なるか?見えないネズミ講的(無限連鎖講)
感染拡大の恐怖が?!

中国が西太平洋全域で軍事力展開も 
防研の戦略概観
2020.4.10 17:16政治政策
北とミサイル

https://www.sankei.com/politics/news/200410/plt2004100027-n1.html

抜粋
「東アジア戦略概観」を発表した。太平洋
島嶼(とうしょ)国と関係構築を進めている
中国について、第2列島線(小笠原諸島
-米領グアム-パプアニューギニア)を
越えて西太平洋全域で軍事力を展開する
可能性があるとの見方を示した。
 昨年8月には米露の中距離核戦力
(INF)全廃条約が失効し、米露は中距離
ミサイル開発に着手している。戦略概観
は「東アジアにおいてミサイル分野で軍拡
競争が発生する可能性がある」とした。

解読
コロナ後の世界、主導狙う中国 
中国総局長・西見由章
2020.4.11

https://special.sankei.com/a/international/article/20200411/0002.html

抜粋
「感染症を制御できず、ましてや国際社会
に拡散させることになれば、われわれは
中国の国家指導者として13億人の中国
人民と各国人民に申し訳が立たない」

3月10日に習近平国家主席が封鎖され
た武漢市を初めて視察した直後、中国
のインターネット上で拡散した
「国家指導者」の発言は習氏のものでは
なかった。

2003年10月、胡錦濤国家主席(当時)
が同年7月に終息した重症急性呼吸器
症候群(SARS)への対応について、
バンコクでの記者会見で語った内容だ。

中国では厳しい言論統制が敷かれている。
現指導部に対する、遠回しだが痛烈な
批判にほかならない。


「ヒロイン」演出の小池氏、
危機感募らせる政府…
休業要請でギリギリの攻防
2020.4.11

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200411/0001.html

日本のダイコン、中韓伝来ではなかった 
ゲノム解析で定説覆る
2020.4.11

https://special.sankei.com/a/life/article/20200411/0001.html

抜粋
煮物や漬物など日本の料理に広く使われて
いるダイコン。これまで中国や韓国を経由し
て日本に伝わったと考えられてきたが、
ゲノム(全遺伝情報)の解析でこうした大陸
渡来ではなく、南アジアから伝わった可能性
が浮上した。日本人の渡来ルートと関係して
いるのかもしれない。

久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ
「総選挙は日韓戦」文政権与党、
野党叩きに反日全開
2020.4.11

https://special.sankei.com/a/international/article/20200411/0001.html

抜粋
韓国総選挙で、文在寅政権と左派の与党
「共に民主党」は、野党潰しに「反日」を
最大限に利用している。与党側は野党を
「土着倭寇」と呼んだり、「投票で親日
清算を」
との横断幕を掲げたりして
“反日=愛国”をアピールし、選挙戦で
優位に立っている。「この国から親日派を
追い出せ」
とあおる政府・与党系の新党
からは、慰安婦問題で名をはせた旧
「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」
の尹美香(ユン・ミヒャン)元代表が立候補
し、当選圏内に入ったとされる。

【主張】WHOテドロス氏
 事務局長の任に堪えない
2020.4.11 05:00コラム主張

https://www.sankei.com/column/news/200411/clm2004110001-n1.html

【新型コロナ】世界の死者10万人超え
2020.4.11 08:18国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200411/wor2004110003-n1.html

【田村秀男のお金は知っている】
イタリア、スペインの教訓から…
ヒト、カネでも“脱中国”を!
2020.4.11 10:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200411/prm2004110005-n1.html

抜粋
米ニューズウィーク誌は3月31日付号で
メードインチャイナ・パンデミック(中国
製感染症世界大流行)
」と題する専門家
の寄稿を載せた。中国・武漢発の新型
コロナウイルス
によっておびただしい種類
の中国製品の世界への供給が制約を
受けているが、習近平政権が医薬品の
輸出制限を脅しに使いかねない
ことに
警鐘を鳴らしている。
 同記事によれば、米国で販売されている
抗生物質の97%が中国産で、中国国営の
新華社通信は「中国がAPI(原薬)の対米
輸出を禁止すれば、米国は医薬品の不足
によりコロナウイルスであふれ返るだろう」

と警告した。
 世界にとって脱中国が急がれるのは、
医薬品や電子部品などモノばかりではない。
投資プロジェクトもそうである。

 欧州のコロナ蔓延国はいずれも緊縮財政
により、医療支出を抑制してきた。グラフの
財政赤字のGDP比の改善傾向は緊縮財政
を反映している。これらの国々は緊縮路線
の中でローン、ヒト付きの中国からの投資
を喜んで受け入れた。その結果が
パンデミックだった。

 もはや教訓は明らかである。財政の緊縮
をやめ、中国の企業やヒトにインフラを頼ら
ないことだ。日本では、習氏の一帯一路
構想に事実上組み込まれている北海道
でのコロナ感染が目立った。
 安倍晋三政権はコロナ不況対策の中で、
企業の中国からの本国回帰を税制面で支援
することにしたが、今後はモノに限らず、
カネもヒトも脱中国を図るべきだ。そのために
必要なのは内需を破壊する緊縮財政と増税
と決別することで、一時的な緊急経済対策で
やり過ごすべきではない。


WHO、日本のクラスター調査を評価
「非常に優れたデータ」
2020.4.11 10:14国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200411/wor2004110004-n1.html

トランプ氏、
WHOへの拠出金見直し策を来週発表
2020.4.11 13:42国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200411/wor2004110006-n1.html

波紋呼ぶ中国船とベトナム漁船衝突事故 
米比など抗議
2020.4.11 16:01国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200411/wor2004110008-n1.html

東京、新たな感染者は197人 
4日連続で最多更新
2020.4.11 17:07ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200411/lif2004110030-n1.html

#吉村寝ろ 対策奔走の吉村大阪府知事
気遣うツイート相次ぐ
2020.4.11 19:12産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200411/wst2004110013-n1.html

抜粋
週末返上の多忙な仕事ぶりに、ツイッター
には11日午後2時50分までに約5万9千
件の投稿があり、「私らは家におるから
知事寝てや、休んでや」「知事が寝れる
ようにみんな外出自粛頑張ろー」
などと
吉村氏を思いやる内容が目立った。

〈独自〉米艦が台湾海峡の中間線越す 
異例の行動、中国強く牽制 
2020.4.11 20:01国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200411/wor2004110013-n1.html

異常事態の連鎖 見えない出口…
パンデミック宣言1カ月の世界と経済 
2020.4.11 20:30ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200411/lif2004110046-n1.html

抜粋
世界保健機関(WHO)が「パンデミック
(世界的大流行)」を表明した3月11日
には4千人台だったが、わずか1カ月で
約25倍に増えた。米国などでは厳しい
行動制限で感染者の増加ペースが抑え
られているものの、依然、収束時期は
見通せていない。

今日の小田氏からのメールは?

守備簡易の広さが、可能性の広さ

<成長のヒント>
 自分の守備範囲は
 どこまでだと意識しているか?
 自分だけを守ろうとしていると
 何かあるたびにストレスが増え
 周りと衝突して
 ますます孤立してしまう。
 家族や大切な人たちを守ろうとすれば
 行動力と勇気が湧いてきて
 少々の問題トラブルは乗り越えられる。
 仕事で関係する人たちも守ろうとすれば
 使命感と知恵が出てきて
 新しいことを創造することができる。
 地域・業界・国・世の中に貢献したいと
 思っていれば
 強力な助っ人との劇的な出会いに恵まれて
 逆に周りが助けてくれる。
  


Posted by Myu at 21:48Comments(0)世界!政治医療民族

2020年04月11日

中国武漢発新型肺炎のパンデミック下、救世主と覇権軍事的挑発等多面性の危機感







本日は4月10日(金)
今日は気温15度晴れ時々曇りとの予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。

台湾パスポートから「CHINA」削除
の動き 「中国人と誤解されないため」
2020.4.9 12:09国際中国・台湾
台湾・蔡英文総統

https://www.sankei.com/world/news/200409/wor2004090012-n1.html

北海道知事「羽田空港で止めて」 
移動自粛徹底を国に要請
2020.4.9 21:49ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200409/lif2004090120-n1.html

中国新型コロナ感染拡大でも軍事的挑発
2020.4.10

https://special.sankei.com/a/international/article/20200410/0002.html

抜粋
中国は湖北省武漢市発の新型コロナ
ウイルスが世界中に広がる中でも相変
わらず各地で軍事的挑発を繰り返して
おり、日本にとっても警戒を緩めることが
できない状況が続いている。


世界的ベストセラー史家ハラリ氏に反論 
リベラル帝国主義がコロナに勝つ?  
福井義高
2020.4.10

https://special.sankei.com/a/society/article/20200410/0001.html

ジョンソン英首相、集中治療室から
一般病棟に 症状改善か
2020.4.10 06:46国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200410/wor2004100002-n1.html

日本人の6割が政府の新型コロナ対応
に不満 
国際世論調査
2020.4.10 07:18ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200410/lif2004100006-n1.html

中国で3億人がテレワーク 
効率に課題、寝間着は罰金
2020.4.10 09:36国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200410/wor2004100012-n1.html

現金給付、
基準は全国一律「1世帯30万円」 
郵送申請、口座振り込み
2020.4.10 11:00経済金融・財政
新型コロナ

https://www.sankei.com/economy/news/200410/ecn2004100018-n1.html

ソニーが中国「ビリビリ」に出資 
動画配信大手、430億円
2020.4.10 11:24経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200410/ecn2004100022-n1.html

ハリス駐韓米大使が年内辞任を検討 
「口ひげ批判」など嫌気か
2020.4.10 13:18国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200410/wor2004100014-n1.html

小泉環境相「ウェブ飲みに挑戦している」 
情報収集に活用
2020.4.10 14:25ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200410/lif2004100051-n1.html

東京都内の新型コロナ感染者が189人
2020.4.10 19:47ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200410/lif2004100082-n1.html

30万円の給付金 
誰が、どうすればもらえるの?
2020.4.10 21:25経済産業・ビジネス
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/economy/news/200410/ecn2004100065-n1.html

中国、
127カ国に支援外交 「救世主」狙う
2020.4.10 21:27国際中国・台湾
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200410/wor2004100019-n1.html

抜粋
中国製品の品質と安全性に対する不信感も
一部の国で高まっている。フィンランド政府
高官は今月、中国から緊急輸入した医療用
マスク約200万枚が品質基準を満たして
いなかったとして「失望」を表明した。

対象外の道府県にも自粛要請 
政府が対処方針改定へ
2020.4.10 22:53ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200410/lif2004100149-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

水面下で静かに、大胆に動く

<成長のヒント>
 驚くほどのスピードで
 状況は大きく大きく変わっていく。
 今までやってきたことが
 まったく通用しなくなることもある。
 今まであって当然だったものが
 急に消滅するものもある。
 この激変に対応するには
 時代の流れ(求められること)を見て
 それに合わせて
 自分の能力が発揮できる環境や体制を
 つくっていく。
 そのときの秘訣は
 ひとつだけに絞らずに
 やれることを一通り全部やってみる。
 そして
 最初は小さくはじめて(まず形を作って)
 大きくしていくこと。
  


Posted by Myu at 10:14Comments(0)世界!政治医療民族

2020年04月09日

感染拡大するばかり?!感染経路が分からない感染者増加?!







本日は4月9日(木)
今日は気温17度晴れ一時雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。連日振り上げ
目標をしっかり達成してコロナ状況で
新鮮野菜の強みを有り難く感じています。
しっかり感染予防にまず検温・手洗い・
マスク・手袋使用と防御装備行為行動の
徹底配慮に努めています。

正論
日本の医療活かしコロナ対策を 
精神科医、国際医療福祉大学教授・
和田秀樹
2020.4.1

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200401/0001.html

抜粋
新型コロナウイルスへの世界的パニックは、
いつ終わりが迎えられるのかが読めない
状況だ。実際、シンガポールやタイなど
でも感染が起こっているのだから、
インフルエンザのように夏になれば収束
することも期待しづらい。
 ≪長期戦と集団免疫の発想≫
 もちろん、特効薬やワクチンなどが開発
されれば今の不安感はかなり緩和される
だろうが、数カ月の単位で期待するのは
かなり困難だろう。現時点で、感染拡大を
防ぐという封じ込め型の対策が原則となっ
ている。
 ただ、このウイルスが、MERS(致死率
35%)やSARS(致死率10%)ほど
強毒性のものではないから、別の対策が
考えられないことはない。

正論
コロナ禍後に来る米中覇権争い 
東京大学名誉教授・平川祐弘
2020.4.3

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200403/0001.html

正論
台湾のコロナ対策と後藤の遺訓 
ジャーナリスト・井上和彦
2020.4.6

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200406/0001.html

正論
武漢ウイルス禍収束後の世界は 
東洋学園大学教授・櫻田淳
2020.4.7

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200407/0001.html

抜粋
武漢ウイルス禍の拡散を前にして、世界
保健機関(WHO)のテドロス・アダノム
事務局長は、3月11日に「パンデミック
を宣言し、13日には「欧州は今やパンデ
ミック
の震源地となった」と語った。
 ≪中国の責任回避の対外姿勢≫
 WHOの「パンデミック」宣言直前、
習近平中国国家主席が武漢を訪れ、
ウイルス禍の「国内封じ込め」を宣言して
以降、中国共産党政府の対外姿勢は、
初動対応の失敗により災禍を諸国に広げ
た事実を糊塗し、早期に「封じ込め」を
成したと自負をもって自らの優位を誇示
するものになっている。

正論
隠蔽や独裁は危機の答えにならず 
同志社大学教授・村田晃嗣
2020.4.8

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200408/0001.html

新型コロナ緊急事態宣言 
商業施設への要請、自治体間で
割れる判断 金銭補償に懸念
2020.4.8 19:32ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200408/lif2004080115-n1.html

タクシー会社が600人解雇 
コロナで売り上げ急減、営業停止
2020.4.8 23:21経済産業・ビジネス
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200408/ecn2004080043-n1.html

正論
現実を見据えて世界と協調せよ 
防衛大学校教授・神谷万丈
2020.4.9

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200409/0001.html

抜粋
 今や世界は新型コロナウイルスの問題
一色の感があるが、国際政治の現実が変
わったわけではない。国際政治学者の目
からみると今回の騒動がわれわれに突き
つけているのは、相互依存関係を管理する
ための国際協調の難しさだ。
 ≪国際的な相互依存と脆弱性≫
 20世紀後半以降の世界では、交通、
運輸、情報通信を中心とする技術進歩の
結果、国際的な相互依存関係が飛躍的に
増大し続けてきた。それは国際経済の拡大
と発展を促した半面、世界に過去にはなか
った脆弱(ぜいじゃく)性をもたらしてきた。
 今回のウイルス禍によって、われわれは
そのことを思い知らされた。世界中の国々
が鎖国のように人の流れを止め合い、モノ
の流れも滞り始め、世界的に株価が暴落
するという年頭には想像もつかなかった事態
を目の当たりにしてわれわれは、これまで
当たり前だと思っていた日々の生活が、
実はどれほど国際的な相互依存に立脚して
いたのかに気づかされた。

論点 緊急事態宣言
感染拡大は終息するか
2020.4.9

https://special.sankei.com/a/life/article/20200409/0001.html

米空母4隻で新型コロナ感染者 
米海軍の世界的な空母運用に影響
2020.4.9

https://special.sankei.com/a/international/article/20200409/0003.html

阿比留瑠比の極言御免
一部野党は国会登院自粛したら
2020.4.9

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200409/0001.html

抜粋
新型コロナウイルスの感染拡大は、有事を
想定していない憲法をはじめとするわが国
の法的・社会制度的な脆弱さを可視化した。
国会は国民の生命と財産を守るため、与野
党がその垣根を越えて一致協力するところ
を見せてほしい。それでこそ政治は、国民の
信頼を勝ち得るだろう-。
 そんな淡い期待を込めてここ2カ月ほど
国会の様子を眺めてきたが、やはり現在の
主流派野党にそれを望むのは八百屋で魚を
求めるのに等しいらしい。

バイデン氏指名確実 サンダース氏が撤退 
米大統領選民主党候補争い 
2020.4.9 01:16国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200409/wor2004090002-n1.html

病気→不安→差別→感染拡大…
負の連鎖を断ち切ろう 
日赤医師らが情報発信
2020.4.9 06:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200409/prm2004090003-n1.html

WHOテドロス事務局長 
米トランプ大統領の「中国寄り」発言に反発
2020.4.9 06:45国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200409/wor2004090003-n1.html

空自緊急発進「947回」 
河野防衛相、異例のツイート
2020.4.9 12:39政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200409/plt2004090007-n1.html

抜粋
河野氏によると、対中国は675回と
18年度から37回増えた一方、対ロシア
は268回で、75回減った。中国機は
戦闘機、ロシア機は情報収集機に対し
て、緊急発進するケースが多かった。

東京都の新型コロナ感染者、
9日は181人
2020.4.9 17:06ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200409/lif2004090061-n1.html

新型コロナ
NYのウイルスは中国ではなく
欧州由来か 研究チーム
2020.4.9 17:06ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200409/lif2004090060-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

何に時間を使うか?

<成長のヒント>
 これからは
 本当に何をしたいのか?
 何に情熱を注ぎたいのか?
 が問われていく時代。
 周りの意見や価値観に合わせるのではなく
 損得関係なしに
 時間、エネルギー、経験、知識、技術、
 全人生を
 惜しみなく費やして
 好きなだけ夢中になって燃えられることを
 見つけて(気づき)
 作り出し(育てて)いき
 自分が輝き
 周りを喜ばせていくことが
 大事になってくる。
  


Posted by Myu at 22:29Comments(0)世界!政治経済医療

2020年04月09日

新型肺炎コロナウイルスパンデミック発祥地の武漢封鎖解除とな?!日本・世界中はまだまだ感染拡大でパニック格闘中!!







本日は4月8日(水)
今日は気温19度晴れ時々曇りとの予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って楽しく生きましょうと。

届かなかった自粛要請、
「宣言」は経済減速とのギリギリの決断
2020.4.7

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200407/0003.html

日本の緊急事態宣言は「見せかけ」 
海外メディア
2020.4.7 18:34国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200407/wor2004070022-n1.html

抜粋
ロイター通信も「日本では自粛要請を無視
しても、罰則はない。ロックダウンにある多
くの他の国の厳格さとは異なるようだ」
「東京では感染者が急増しており、非常
事態宣言の対応は遅すぎる」
AP通信は、日本が新型コロナ対策として、
大規模な検査の実施よりもクラスター
(感染者集団)対策を重視してきたと指摘。
「関連しない感染例が急激に増え、日本が
取ってきた戦略は困難さを増している」
米紙ウォールストリート・ジャーナル
「コロナ対策で成功した後、アジアの国々
は規制強化に追い込まれた」
環球時報は「新型コロナウイルスの拡散
抑止に一定の役割を果たすことは間違
いないが、その効果と“後遺症”について
は不明点も多い」「日本政府にとって、
感染症の抑制と経済損失の回避のどちら
が失敗しても日本に深刻な打撃を与える。
安倍(晋三)政権は二者のバランスをいか
にとるかを考慮してきた」
「日本の『恥の文化』が役割を発揮する。
違反行為があれば巨大な世論の圧力を
受けることになる」

韓国の聯合ニュースは、「安倍首相は
緊急事態宣言に消極的だったが、感染者
が急増し警告する声が大きくなったのに
押され、宣言するに至ったとの分析もある」
「相当遅い感がある」
台湾中央通信社は「ほかの国と比べて、
日本の緊急事態宣言は、都市閉鎖もなけれ
ば罰則もない」
「今日新聞」は「強制力のない宣言の効果は
限られるのではないか」

生活どうなる? 
特集「新型コロナ緊急事態宣言
2020.4.7 21:06ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200407/lif2004070164-n1.html

中国・武漢の封鎖解除 
2カ月半ぶり、正常化にはなお時間
2020.4.8 01:20国際中国・台湾
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200408/wor2004080002-n1.html

トランプ氏「WHOは中国寄り」 
拠出金削減を検討 新型コロナ
2020.4.8 11:32国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200408/wor2004080018-n1.html

抜粋
トランプ米大統領は7日、ホワイトハウス
での記者会見で、世界保健機関による新型
コロナウイルスへの対応に関し「非常に
中国寄りだ」
と批判し、米国からのWHO
拠出金の凍結または削減を検討すると
表明した。
 また、「WHOは私の判断を批判した
が、彼らの方が間違っていた。彼らはい
つも間違ってきた」
と非難した。
「WHOは米国から巨額の拠出金を受けて
いる。それなのに中国寄りの態度を取る
なら拠出金の在り方を検討する」
と述べ、
拠出金の削減や凍結もあり得るとの立場
を打ち出した。
 米メディアによると米国はWHOへの最大
の資金拠出国で、2017年はWHOの年間
予算の約4分の1に相当する約5億ドル
(約544億円)を拠出した。
 共和党のルビオ上院議員は7日、
「中国共産党体制はWHOを利用して世界
をミスリードした」
と非難した上で、
「WHO指導部は(中国と)共犯関係にある
か、危険なほど無能かのいずれかだ」

切り捨てた。
またWHOからの中国の影響力排除に向けて
米政権と一緒に取り組んでいくと表明した。
 米議会では、WHOが現状のままであれば、
拠出金を連邦予算から出すことを阻止する
動きも出始めている。

「マスク不足」背景に 
花粉症対策商品が思わぬ売れ行き
2020.4.8

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200408/0001.html

米海軍長官代行が辞任 
空母艦長解任で批判
2020.4.8 07:10国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200408/wor2004080004-n1.html

米政府が日本の緊急事態宣言で声明 
「緊密連携」を強調 新型コロナ感染拡大
2020.4.8 08:42国際米州
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/world/news/200408/wor2004080012-n1.html

台湾からの激励に謝意 菅氏、
蔡総統ツイートで
2020.4.8 16:53政治政策
新型コロナ

https://www.sankei.com/politics/news/200408/plt2004080016-n1.html

新型コロナ
東京都内で新たに感染者140人超
2020.4.8 17:03ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200408/lif2004080075-n1.html

北朝鮮、700人に新型コロナ検査し
陽性ゼロとWHOに報告
2020.4.8 19:26国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200408/wor2004080026-n1.html

習主席の威信かけた武漢封鎖解除 
成果強調も感染「第2波」懸念
2020.4.8 20:37国際中国・台湾
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200408/wor2004080027-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

遠くを見て、希望を見て

<成長のヒント>
 ゴールが分からない
 マラソンほど
 つらいものはない。
 さらに
 ゴールだと思って近づいて
 先延ばしにされたら
 絶望して疲れ切ってしまう。
 だったら
 最初から
 ずっと走り続ける気持ちで
 根本から走り方を変えて
 一緒に走る仲間を見つけて
 補給所を頼りなら(作りながら)
 走ること自体を楽しんでいく。
 
  


Posted by Myu at 06:39Comments(0)世界!政治日本?!医療

2020年04月07日

安倍首相が「新型コロナ緊急事態宣言」発令!日本国民ワンチームで頑張りましょう!









(両親の法事お墓参りを昨年10・11月
の3週間で兄弟姉妹4人で行いました。
父51周忌・母40周忌です。ロサンゼルス
の姉上の訪日を頂いて長崎の先祖代々
のお墓詣りまで本当にお天気に恵まれて
つつがなく善き時を過ごしやり切ることが
出来ました。ご先祖様そしてすべてに
心から感謝の思いいっぱいです。
そして、その後2・3か月後から、何と!
今や日本のみならず世界中がそして姉上
の住むアメリカも非常事態宣言が出るよう
な中国武漢発生発症の新型肺炎コロナウ
イルスの感染拡大のパンデミック状態に
成ると誰が予想したでしょうか?
何とかどうか鎮まるよう祈るばかりです。)

本日は4月7日(火)
今日は気温17度晴れ時々曇りとの予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。

首相記者会見全文(4)
「地方移動は厳に控えていただきたい」
2020.4.7 20:07政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070055-n1.html

首相記者会見全文(3)
「ロックダウンでは全くない」
「108兆円の経済対策実施」
2020.4.7 20:06政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070056-n1.html

首相記者会見全文(2)
「このペースで感染者増えれば、1カ月後
に8万人超す」
2020.4.7 19:54政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070053-n1.html

首相記者会見全文(1)
「もはや時間の猶予はない」
2020.4.7 19:49政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070052-n1.html

【首相会見】
「ロックダウンではない」 道路封鎖せず
2020.4.7 19:34政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070050-n1.html

【首相会見】
「日本経済は戦後最大の危機に直面」
2020.4.7 19:27政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070049-n1.html

【首相会見】
軽症者向けに関東1万室、関西3000室
の宿泊施設を確保
2020.4.7 19:26政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070048-n1.html

【首相会見】
「接触を7~8割削減することが前提」
2020.4.7 19:22政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070047-n1.html

【首相会見】
「雇用と生活は断じて守り抜く」
2020.4.7 19:20政治政策
緊急事態宣言 首相会見

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070046-n1.html

論点 緊急事態宣言
緊急事態宣言 国が打つべき次の一手
2020.4.7

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200407/0002.html

抜粋
「関係法令に緊急事態の条文を入れ、権限
と制限の範囲を示せ」
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の
宮家邦彦氏
 日本は主要国の中で、非常事態に関する
制度設計が最も不十分な国の一つだ。例えば
、米国には国家非常事態法があり、それに基
づいて別途、さまざまな法律が非常事態に関
する条文を設けている。要するに、米国の
大統領は軍事だけでなく、大気汚染や感染症
などでも広範に非常事態を宣言できるのだ。

緯度経度
EUは命を守るのか 
新型コロナで「国境なき欧州」は
「鎖国の共同体」へ 三井美奈
2020.4.6

https://special.sankei.com/a/international/article/20200406/0001.html

抜粋
 共同債は、ユーロ圏加盟国が借金を
共有する仕組みだ。発行を求めたイタリア、
スペイン、フランスは、いずれも重債務国。
これ以上、国債発行ができないので
「ユーロの傘」を頼った。実際にはドイツや
オランダ、北欧の財政健全国が、負担を
肩代わりすることになる。一見すると、
10年前のギリシャ危機の「南北対立」が
再燃したようだが、今回は人命がかかって
いる点でずっと重い。

テレワークってどうよ? 
悩みは肩こり腰痛、仕事スイッチ入らない 
女性はウェブ会議前にメーク
2020.4.6

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200404/0001.html

抜粋
磁気治療器のピップ(大阪市)が3月に
20~50代の会社員男女5千人を対象に
実施したアンケート結果によると、在宅
勤務制度を導入した企業では49・4%
の人が制度を活用。うち74・2%が肩こり
や腰痛を「感じるようになったり、症状が
深刻化したりした」。

仕事考 検証 働き方改革1年
(上)残業減っても「不満」残る 
コロナ影響、在宅勤務は進む
2020.4.6

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200406/0001.html

抜粋
 企業の間でテレワークなど在宅勤務を
進めたり、残業を制限したりする動きが
広がっている。新型コロナの影響だが、
働き方改革の浸透も少なからずある。

仕事考 検証 働き方改革1年
(中) 「同一賃金」、月収目減りも
2020.4.7

https://special.sankei.com/a/society/article/20200407/0002.html

抜粋
正社員と同様に賞与を支給するが、年収を
維持するために賞与の支給分だけ基本給を
引き下げると説明した。基本給を基に計算
される残業代も目減りする。
 会社が賃金制度を変更したのは、「同一
労働同一賃金」の導入を見越したためだ。
だが、賞与を与えるために基本給を引き下
げるのでは待遇改善にならない。残業代の
目減りなどでむしろ月収は減ってしまう。

見えない敵とも戦う福島第1原発 
新型コロナ感染防止に躍起
2020.4.7

https://special.sankei.com/a/society/article/20200407/0001.html

加藤達也の虎穴に入らずんば
コロナ長期化は北エリートの
正恩氏憎悪への導火線?

2020.4.7

https://special.sankei.com/a/column/article/20200407/0001.html

抜粋
危機を演出して注目を集め、その局面を
利益に転換するビジネスモデルが通用
しなくなった北朝鮮は、体制がいつ、
どうなってもおかしくない状況にあるという
指摘が多い。特に今年は金正恩氏が
2016年5月の党大会で示した
「国家経済発展5カ年戦略」の最終年だが、
「発展」どころか先行き真っ暗である。

【主張】外出の自粛 
スターの発信に期待する
2020.4.7 05:00コラム主張

https://www.sankei.com/column/news/200407/clm2004070002-n1.html

抜粋
サッカー元日本代表の本田圭佑はツイッター
「やるべきは自粛であり、休校であり、それ
らに対する徹底した国からの補償である。
その補償に感謝して、コロナが落ち着いて
から、みんなで一生懸命働く」
と提起した。

ジョンソン英首相が集中治療室に移送 
容体悪化

2020.4.7 06:50国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200407/wor2004070002-n1.html

今夕に「緊急事態宣言」発令 
7都府県対象、5月6日まで
2020.4.7 11:51政治政策
緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070014-n1.html

抜粋
対象地域となる東京、神奈川、千葉、埼玉、
大阪、兵庫、福岡の7都府県の知事は、
宣言に基づいて具体的な措置を決める。
宣言発令により、各知事は法的な裏付けを
得た上で、不要不急の外出の自粛要請、
学校や映画館などの使用停止や制限を
要請・指示することができる。医薬品などの
必要物資の収用や、臨時医療施設を設置
するための土地・建物の強制使用も可能と
なるが、諸外国のようなロックダウン
(都市封鎖)は実施できない。

次世代スパコン「富岳」で
新型コロナ研究へ 利用前倒し
2020.4.7 12:06 ライフくらし

https://www.sankei.com/life/photos/200407/lif2004070059-p1.html

抜粋
2021年度の運用開始を目指して開発中
の段階だが、世界中で広がる新型ウイルス
の被害を軽減するため、富岳が持つ計算力
を前倒しして提供することにした。治療薬
候補の発見や、感染が拡大していく様子や
予防対策の効果のシミュレーション
(模擬実験)などに生かす。
 同センターの松岡聡センター長は
「富岳の能力を大幅に前倒しして速やかに
提供し、一日も早いパンデミックの終結に
貢献する」とコメントした。

ドイツ政府が「アビガン」購入決定 
数百万錠、重症者に投与
2020.4.7 13:00ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200407/lif2004070073-n1.html

アビガン希望する国に無償供与」 
茂木外相、20カ国調整済み
2020.4.7 13:08政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070022-n1.html

安倍首相、
緊急事態宣言と巨額経済対策
国民の不安払拭へ 
2020.4.7 15:02政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070029-n1.html

米の元患者「悪夢は終わらない」 
回復後も家族とハグできず
2020.4.7 15:32国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200407/wor2004070021-n1.html

米の工場、月内再開困難に 
ホンダなど停止期間延長
2020.4.7 15:33経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200407/ecn2004070027-n1.html

偉大な6選手に羽生、伊調ら 
米NBCが紹介
2020.4.7 16:26東京五輪

https://www.sankei.com/tokyo2020/news/200407/tko2004070002-n1.html

東京都内、約80人の感染確認
2020.4.7 17:40ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200407/lif2004070107-n1.html

安倍首相が「緊急事態宣言」 
対象7都府県
2020.4.7 17:47政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200407/plt2004070036-n1.html

日産、海外の1万人超を一時解雇
2020.4.7 18:56経済産業・ビジネス

https://www.sankei.com/economy/news/200407/ecn2004070037-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

感情的衝動ではなく、時分の意思で知的
に判断する

<成長のヒント>
 周りに流されて、動かされたのか
 自分の意思で、動いたのか
 この違いは大きい。
 流されて
 感情的衝動で
 不安で、心配で、焦って動いたことは
 たいてい、ろくなことない。
 落ち着いて
 全体と流れを俯瞰して
 知的に判断すれば
 何をすればいいのか
 どう動けばいいのか見えてくる。
 知的判断の制度を上げていくには
 時代が変われど、変わらない

 本質や普遍の原理原則を学ぶこと。
  


Posted by Myu at 20:52Comments(0)世界!政治生活全般医療

2020年04月07日

とうとう緊急事態宣言となるか!





(ホテルの朝食にのどぐろを頂きました。)


本日は4月6日(月)
今日は気温17度晴れとの予報。
今日は休日休養日にてゆっくり色々と。

櫻井よしこ 美しき勁き国へ
暴かれた中国依存の脆さ
2020.4.6

https://special.sankei.com/a/column/article/20200406/0001.html

抜粋
中国湖北省武漢市由来の新型コロナ
ウイルス
蔓延の危機の真っただ中、わが
国が国難に打ち勝つ鍵は、政府と国民が
一体となって協力できるか否かである。
政治家も国民も、かつて後藤新平が唱え
たひとつの純真さに徹することができるか。

百の学問よりも千の経験よりも、渾身の
努力をする一人一人の純真さが、国難
から日本を救う力となる。


医療逼迫にらみ 
緊急事態宣言決断した首相 阿比留瑠比
2020.4.6

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200406/0001.html

抜粋
首相は4日夜、宣言の意義について
こう周囲に語っていた。
 「一番大きいのは、ホテルなどを
野戦病院のように使用できることだ」

新型コロナ感染のジョンソン英首相が
検査入院 
2020.4.6 07:22国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200406/wor2004060002-n1.html

〈独自〉政府、
首都圏で鉄道減便要請を検討 
緊急事態宣言後、新幹線も 
最大5割、終電繰り上げも
2020.4.6 12:54政治政策
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/politics/news/200406/plt2004060009-n1.html

世論が圧力、韓国で裁判長交代 
「性犯罪に寛容」批判
2020.4.6 15:54国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200406/wor2004060012-n1.html

隣大国の中華思想に従属し支配された
歴史による事大主義。その半島に沁み
ついた哀しき宿命の「恨み」「火病」によ
る民族性国民性。男尊女史の性支配の
性癖は自らの国内の女性に向かい、
「慰安婦」は自国内の問題でしょう。
そして外に向いては、日本では全くなく、
ベトナム戦争時の自らその性癖民族性の
禍根に向かうべきでしょう。
ベトナムの女性を凌辱し、30000人とも
の多数の子ども「ライダイハン」を残し、
母子二重の犠牲を強いた行為はまさに
重犯罪極まりないものでしょう。れっきと
した事実事象にもかかわらず、韓国は
今だにそれらを認めもしなければ謝罪も
何もせず厚顔無恥状態。事実も証拠も
ないのに恣意的に間違った反日教育で
国・国民総出で日本に対して賠償賠償と
たかりを繰り返すこともいい加減可笑しく
恥と気づき、自覚し訂正認識し大反省
大謝罪するべきでしょう。

コロナ禍の裏で韓国震撼、最悪の
デジタル性犯罪「n番部屋事件」
2020.4.6

https://special.sankei.com/a/society/article/20200406/0001.html

韓国らしいその国民性民族性による
さが(性)犯罪極まれりといったところで
しょう。


都内の感染者数は最終的に83人の見通し
2020.4.6 16:34ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200406/lif2004060050-n1.html

安倍首相の発言全文 
緊急事態宣言発令「7都府県に1カ月程度」 
経済対策「事業規模108兆円」 
2020.4.6 18:39政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200406/plt2004060016-n1.html

緊急事態宣言で暮らしどう変わる?
スーパーは、鉄道は、医療は、学校は…
2020.4.6 21:27産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200406/wst2004060042-n1.html

経済対策事業規模108兆円 GDPの2割 
首相表明 
個人や中小向け現金給付に6兆円
2020.4.6 21:28政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200406/plt2004060029-n1.html

NYでは非常事態宣言から1カ月 
「医療崩壊」は現実に 
日本の未来か 新型コロナ
2020.4.6 21:52国際米州
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/world/news/200406/wor2004060017-n1.html

兼六園の入園者が激減 石川知事「残念」
2020.4.6 22:09ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200406/lif2004060118-n1.html

昨年10月にロサンゼルスの姉と金沢
へ2泊3日し、兼六園もゆっくり観賞
散策しました。良い思い出と良い機会
タイミングでした。今思えば色々が・・・
今、世界は中国武漢発生発症の新型
肺炎コロナウイルスでパンデミックに
世界の医療・経済・政治・生活・・・色々
が大変な騒ぎ格闘葛藤苦しみもがいて
いる状態です。ふと、こんなニュースも
と、目に留まることがせめても懐かしく
必要あってのものと思われました。






暮らし
「先見えない」「今までと変わらない」 
緊急事態宣言に不安と困惑
2020.4.6 22:29ライフからだ
新型コロナ緊急事態宣言

https://www.sankei.com/life/news/200406/lif2004060123-n1.html

新型コロナ 世界の死者数7万人超え 
NYで死者増初めて減少
2020.4.6 23:26国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200406/wor2004060018-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

その奥に人生の課題(テーマ)が
あるのかも・・・

<成長のヒント>
 今まで
 身近な人や
 心のキョリが近くなった人たちに
 イヤがられてきたり
 「○○が嫌い」と言われてきたことは
 その奥に
 自分の人生の本質的なテーマが隠れている。
 しかし、たいてい場合
 仕事に逃げたり、夢に向かうことで
 キョリをとったり、避けたりしてしまう。
 どこかで
 そのテーマが引き金となり
 同じような問題が勃発して
 痛い経験をしたり
 さらに人を傷つけてしまう可能性もある。
 言い訳したい衝動や
 相手を責めたくなる気持ちを
 ぐっとこらえて
 燃え盛る炎に飛び込むように
 腹をくくり、腰を据えて
 人生の課題(テーマ)として
 向き合い方を変えていく。
 すると
 相手の反応も少しずつ変わっていき
 あるときから
 関係性も景色もガラッと変わる。
  


Posted by Myu at 10:26Comments(0)世界!政治医療民族

2020年04月05日

世界を一変した中国武漢発!!新型コロナウイルス感染拡大更なる危機拡大!!







本日は4月5日(日)
今日は気温15度晴れ時々曇りとの予報。
今日は勢いのある日曜日の半日仕事につき
しっかり元気良く楽しんで生きましょうと。

訪日米国人は帰国準備を 
大使館が呼び掛け
2020.4.4 12:14国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200404/wor2004040016-n1.html

ライダイハン ベトナム戦争時の
韓国軍の所業を英BBCが報道
2020.4.4 19:29政治政策
「慰安婦」問題

https://www.sankei.com/politics/news/200404/plt2004040008-n1.html

抜粋
韓国政府は国連の場でも、旧日本軍の所謂
慰安婦問題を再三取り上げてきたが、
ベトナムでの自国兵の行為について謝罪は
していない。BBCは、韓国の二重規範につい
ても指摘している。
ベトナム戦争時に韓国軍兵が現地の女性を
性的に暴行するなどして生まれた混血児は、
「ライダイハン」の蔑称で呼ばれ、ベトナムで
差別を受けてきた。その数は定かでないが、
5000~3万人に上る。
「ライダイハンのための正義」が、国連人権
理事会による調査や韓国側の謝罪を求めて
いることも伝えた。
日本に謝罪を求めながら、自らの問題には
頬かむりする韓国の姿勢を浮かび上が
らせた。
韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、慰安婦
問題をめぐる日韓合意を事実上白紙化。
康京和(カンギョンファ)外相が3年連続で国連
人権理事会で慰安婦に言及するなど問題を
蒸し返してきたが、韓国軍によるベトナムでの
広範な性暴力については認めていない。


【激動ヨーロッパ】
欧州の古傷えぐる新型コロナ
2020.4.5 01:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200405/prm2004050007-n1.html

【正論5月号】
WHOが示す中国国連外交の野望 
産経新聞パリ支局長 三井美奈
2020.4.5 02:00ライフ本

https://www.sankei.com/life/news/200405/lif2004050001-n1.html

抜粋
新型コロナウイルス騒ぎで、「最大の勝者」
は皮肉なことに中国になるかもしれない。

2月には明らかに世界的拡散になっていた
のに、「パンデミックと呼ぶのは時期尚早」
「いたずらに不安を煽るべきでない」と言い
続け、3月11日になってようやく、
パンデミック宣言した。

「欧州がいまや、世界の感染の震源」と語り、
不安を増幅した。さらに、ウイルスを
「COVID(コビッド)19」と命名し、
「武漢ウイルス」「中国肺炎」いう俗称の広
がりを阻止しようとした。
習氏は「中国人民の努力で、世界各国の
感染拡大防止のために貴重な時間を稼ぎ、
貴重な貢献をした」と自画自賛し、グテレス
氏は中国の外国への支援に謝意を示した。
武漢からウイルスの拡散が始まったのに、
いつの間にか「中国は世界に貢献した。
感謝せよ」というストーリーにすり替えて
しまった。 

中国の「恫喝」
 WHOは、基本的人権としての「健康」を
最高水準に高めることを目標に掲げ、約七
千人の職員を擁する専門家集団である。
なぜ、一国に偏向するようになったのか。
 WHOのムードを象徴する事件が、
1月22、23三日に開かれた緊急委員会
だった。ウイルス感染拡大に対し、
「緊急事態宣言」を出すか否かが争点
だった。
 「中国大使の『恫喝』で、見送りが
決まったのです」
と語るのは、
WHOを長年取材するフランス人の医療
ジャーナリスト、ポール・バンキムン氏だ。

【主張】新型コロナと台湾 
信頼に足る隣人と協力を
2020.4.5 05:00コラム主張

https://www.sankei.com/column/news/200405/clm2004050002-n1.html

【日曜経済講座】「コロナ倒産」拡大 
迅速な経済対策で万全期せ 
大阪経済部長 内田博文
2020.4.5 08:00プレミアム

https://www.sankei.com/premium/news/200405/prm2004050006-n1.html

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】
〈765〉
1930年代の世界大恐慌に匹敵?
2020.4.5 09:00プレミアム
花田紀凱の週刊誌ウオッチング

https://www.sankei.com/premium/news/200405/prm2004050004-n1.html

ブラジル感染者1万人超え 
4日で倍増、急速に拡大
2020.4.5 09:52国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200405/wor2004050011-n1.html


選対幹部から撤退論 
民主サンダース氏に
2020.4.5 10:51国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200405/wor2004050016-n1.html

宮古島にミサイル部隊編成 
中国にらみ地対空、地対艦
2020.4.5 12:49政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200405/plt2004050007-n1.html

欧米「マスク争奪バトル」突入 
不要論一転…需要急増
2020.4.5 16:24国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200405/wor2004050022-n1.html

韓国の「WTOルール逸脱」造船支援、
日韓協議難航 コロナで長期化
2020.4.5 16:34経済産業・ビジネス
WTO

https://www.sankei.com/economy/news/200405/ecn2004050001-n1.html

東京都、新たに143人の感染確認 
新型コロナ
2020.4.5 16:49ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200405/lif2004050041-n1.html

三木谷氏、大阪府に「ホテル使って」 
個人所有のUSJ隣接ホテル
2020.4.5 17:39産経WEST
新型コロナ

https://www.sankei.com/west/news/200405/wst2004050017-n1.html

米カナダ、露サウジ石油への制裁関税検討 
減産合意へ圧力
2020.4.5 17:41経済金融・財政

https://www.sankei.com/economy/news/200405/ecn2004050002-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

脳が目覚める7つのステップ

<成長のヒント>
 ピンチのとき
 いざというとき
 まさかというときに
 パッと動ける人は、何が違うのか?
 それは
 脳の反射神経がいいこと。
 そんな脳に目覚める7つのステップが以下
 1)最悪の状況を想定する
  危機感にスイッチを入れて、避難訓練を
  しておくと
  脳が前向きに回転し始める。
 2)最高の状況を想像する
  理想の未来(ビジョン)を描いて
  そのときの感情を味わって、ニヤニヤ
  するほど
  アクセルが踏まれて、脳の回転が加速
  していく。
 3)新しいことを学び、新しいことに挑戦
  する1と2で脳がひらかれて、どんどん
  吸収して
  シナプスがつながっていき
  知識(インフォメーション)が結晶化し
  て知性(インテリジェンス)になって
  いく
 4)フォードバックを受けて、調整・修正
  ・改善する
  一人だけでやっていると、我流になって
  ズレていくから 
  自分の言動や、やったことが、どうだっ
  たのか
  客観的に知って、軌道修正していく。
 5)先人や戦友から刺激を受ける
  ひとりだけでは、モチベーションも続
  かずに
  感覚も変わりにくいから
  先を進んでいる人や同じ方向を目指
  す同志から
  外的刺激を受ける。
 6)楽しくなるように環境と仕組みをつくる
  いいことばかりが起きるわけではない
  から
  工夫して楽しくなって、習慣化する
  ように
  自然と続けられる仕組みをつくる。
 7)1に戻る
  あとはこれを繰り返すほど
  どんどん脳が目覚めていく。
  


Posted by Myu at 19:53Comments(0)世界!政治経済医療

2020年04月04日

密集・密接・密閉の3蜜を避けて感染防止を!







本日は4月4日(土)
今日は気温21度晴れ時々曇りとの予報。
今日も休日休養日にてゆっくり色々と。

田村秀男の経済正解
全体主義・中国は「
コロナ太り」するのか
2020.4.4

https://special.sankei.com/a/economy/article/20200405/0001.html

抜粋
地球は新型コロナウイルス・ショックに
覆われ、すべてが逆さまに見える「鏡の
国のアリス」
(ルイス・キャロル作)の
世界と化した。パンデミック(世界的
大流行)の中心は発生源の中国ではなく、
欧米となった。全体主義国家の中国は
ウイルスをまき散らした元凶ではなく、
ウイルス感染対策に悲鳴を上げる各国に
医療支援する救世主のように振る舞う。
中国はコロナショックに乗じてさらに
膨張を遂げるのか。

拙論の答えは「ありうる」である。

久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ
韓国総選挙、
文在寅与党に新型コロナの追い風
2020.4.4

https://special.sankei.com/a/international/article/20200404/0001.html

抜粋
新型コロナウイルス対策で選挙戦を有利に
進め、勝利の予測が相次いでいる。疑惑が
次々と浮上することから「タマネギ男」と
揶揄されたチョ・グク前法相のスキャンダル
や、経済面での失策に対する批判は、
「韓国が提供している検査キットは国際的
に高い評価」「国民の7割に100万ウォン
(約8万8000円)支援」などのキャン
ペーンに掻き消えている。

【正論5月号】「戦時大統領」の評価が
握るトランプ氏再選への道 
産経新聞ワシントン支局長 黒瀬悦成
2020.4.4 02:00ライフ本
経済・
新型コロナショック
https://www.sankei.com/life/news/200403/lif2004030002-n1.html

IMF専務理事、世界経済
「2008年よりはるかに悪い」
2020.4.4 11:52国際欧州・ロシア
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/world/news/200404/wor2004040015-n1.html

1年延期の東京五輪競技は栃木に来るのか? 
2020.4.4 16:00プレミアム
新型コロナ

https://www.sankei.com/premium/news/200404/prm2004040003-n1.html

東京都で新たに118人の感染確認、
1日に100人超は初めて
2020.4.4 16:22ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200404/lif2004040044-n1.html

「マスク」習慣ない欧米で相次ぎ方針転換 
各国メディアがマスク文化を分析
2020.4.4 18:07国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200404/wor2004040018-n1.html

韓国、シンガ、台湾…スピード最優先で
新型コロナ押さえ込み
2020.4.4 19:19国際朝鮮半島

https://www.sankei.com/world/news/200404/wor2004040020-n1.html

現金給付やマスク配布を悪用…
新型コロナ詐欺、後を絶たず
2020.4.4 19:40産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200404/wst2004040016-n1.html

中国、全国で新型コロナの哀悼活動 
祭日の墓参りは感染拡大警戒で制限
2020.4.4 20:11国際中国・台湾

https://www.sankei.com/world/news/200404/wor2004040023-n1.html

国内新たに225人感染 
新型コロナ、岐阜1人死亡
2020.4.4 20:14ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200404/lif2004040071-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

最初と変わっていい

<成長のヒント>
 今までよかったことが
 今からも続くとは限らない。
 ずっと同じことをやり続けていると
 どんなに優秀な人でも、どこかで壁に
 ぶつかる。
 何かをきっかけに、一気に崩れてしまう。
 だから
 何度も根本改善をして
 何回もイノベーションを起こしていく。
 その第一歩が
 うまくいっていないことは、潔く引く
 (やめる)こと。
 負担になっていることは、見切って損切
 りすること。
 その次に
 何が当たるか分からないから
 何でもいいから試していく。
 もしくは
 「良さそう」と思う人をマネて
 とにかく数をやっていく。
 すると自然と
 自分に合ったスタイル(スタンス)に変わ
 っていく。
 
  


Posted by Myu at 21:47Comments(0)世界!政治病気?!医療

2020年04月02日

嘘隠蔽が当たり前の中国で発生発症したからこその今の世界の感染拡大の惨劇悲劇








本日は4月2日(木)
今日は気温16度晴れ時々曇りとの予報。
今日も半日仕事につきしっかりやり切って
元気に楽しく生きましょうと。

阿比留瑠比の極言御免
国民を見ない立民と菅内閣
2020.4.2

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200402/0001.html

米中、新型コロナで東南アジア支援強化 
影響力向上狙う
2020.4.2

https://special.sankei.com/a/international/article/20200402/0002.html

米「ソーシャルディスタンス」で
新型コロナ感染拡大防止図る 
各州に広がる「自宅待機令」
2020.4.2

https://special.sankei.com/a/international/article/20200402/0001.html

数日以内に感染者は100万人、
死者は5万人に WHOが見解示す 
新型コロナ
2020.4.2 06:39国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200402/wor2004020005-n1.html

中国が新型コロナ感染者・死者数を
虚偽公表か 
米情報機関が政権に報告書 
米報道
2020.4.2 09:24国際中国・台湾
膨張する中国

https://www.sankei.com/world/news/200402/wor2004020008-n1.html

「死んじゃうの?」
子供のコロナ不安どう払拭
2020.4.2 11:00産経WEST

https://www.sankei.com/west/news/200402/wst2004020006-n1.htmlx

艦内感染拡大の米空母、
計2700人を下艦させ隔離へ 新型コロナ
2020.4.2 11:59国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200402/wor2004020012-n1.html

米国防総省、遺体収容袋10万人分確保へ 
新型コロナ感染死亡者の急増に備え
2020.4.2 12:34国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200402/wor2004020013-n1.html

新型コロナ】首相「瀬戸際が継続。
ギリギリ持ちこたえている」
緊急事態宣言になお慎重
2020.4.2 14:00政治政策
新型コロナ

https://www.sankei.com/politics/news/200402/plt2004020008-n1.html

東京都、95人以上の感染確認 1日で最多
2020.4.2 16:25ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200402/lif2004020071-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

今だからこそ水面下で、能力を磨いておく

<成長のヒント>
 自分の中に秘められた才能を引き出して
 ガンガン活躍していくには
 まず
 聞いた(教わった)ことを
 正確に理解し
 忠実に再現する能力を高めること。
 ポイントは
 感情的にならずに
 我を挟まずに
 大量インプット&高速アウトプットする。
 そして
 最大の秘訣は
 今の仕事は
 自分の天命であり、天職だと見立てて
 熱心に働く。
 しかし、燃えて仕事するほど
 いいことばかりが起きるとは限らない。
 ときに
 別れがあったり、つらいこともある。
 打ちのめされても、食い下がらずに
 悲しみや虚しさを超えて
 立ち上がって、涙を拭いて
 再び、前に踏み出す。
 すると
 このときに
 それまでの感情がスパークして
 能力が引き出され、才能が開花し
 一気に変わっていく。
  


Posted by Myu at 18:50Comments(0)世界!政治病気?!医療

2020年04月01日

新型肺炎コロナウイルスは中国武漢で発生発症、今や世界中に感染拡大悪化するばかり!







本日は4月1日(水)
今日は気温13度曇り後雨との予報。
今日は半日仕事につきしっかり元気に
やり切って生きましょうと。

学校再開「本当にいいのか」 
自治体、判断に苦慮
2020.3.31 18:05ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200331/lif2003310075-n1.html

スペインのマリア・テレサ王女が
新型コロナで死去 世界の王室で初
2020.3.31 18:49国際欧州・ロシア
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200331/wor2003310026-n1.html

緊急事態宣言の発令はいつ? 
政府は何を見ているのか
2020.3.31 19:04政治政策
新型コロナ

https://www.sankei.com/politics/news/200331/plt2003310036-n1.html

京大iPS研職員を懲戒解雇 
機密書類スキャン
2020.3.31 22:39社会事件・疑惑

https://www.sankei.com/affairs/news/200331/afr2003310047-n1.html

安倍政権考
新型コロナで必要な「情報戦」 
日本の改善点は
2020.4.1

https://special.sankei.com/a/politics/article/20200401/0001.html

冠婚葬祭にも陰 葬儀縮小、
結婚式は延期相次ぐ
2020.4.1

https://special.sankei.com/a/society/article/20200401/0001.html

米大都市感染深刻、
「第2のNY化」に懸念 
ニューオーリンズなど急増 
2020.4.1

https://special.sankei.com/a/society/article/20200401/0002.html

新型コロナの外出規制 
各国で生活、娯楽、ビジネス一変
2020.4.1 05:00国際欧州・ロシア

https://www.sankei.com/world/news/200401/wor2004010002-n1.html

北朝鮮の弾道ミサイル発射 
安保理がオンライン会合
2020.4.1 06:54国際欧州・ロシア
北とミサイル

https://www.sankei.com/world/news/200401/wor2004010003-n1.html

3月の日銀短観、
7年ぶりマイナス、コロナ影響深刻
2020.4.1 08:58経済産業・ビジネス
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200401/ecn2004010025-n1.html

スバル、群馬製作所の稼働停止 
雇用は維持
2020.4.1 10:34経済産業・ビジネス
経済・新型コロナショック

https://www.sankei.com/economy/news/200401/ecn2004010028-n1.html

米国で死者24万人も…
ホワイトハウス対策チームが指摘 
トランプ氏「厳しい2週間に」
2020.4.1 10:42国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200401/wor2004010020-n1.html

米原子力空母の感染者200人に拡大か 
艦長が緊急支援求める書簡
2020.4.1 10:47国際米州
新型コロナ

https://www.sankei.com/world/news/200401/wor2004010021-n1.html

安倍首相、辞職を否定 
小泉元首相の「辞任すべき」発言に
2020.4.1 12:01政治政策

https://www.sankei.com/politics/news/200401/plt2004010008-n1.html

感染症専門家が存在感 
冷静助言、トランプ氏発言修正も 
2020.4.1 13:08国際米州

https://www.sankei.com/world/news/200401/wor2004010023-n1.html

東京、新たな感染60人超 
新型コロナ、増加傾向続く
2020.4.1 16:28ライフからだ

https://www.sankei.com/life/news/200401/lif2004010059-n1.html

都立校、5月6日までの休校延長決定 
都教委
2020.4.1 18:20ライフからだ
新型コロナ

https://www.sankei.com/life/news/200401/lif2004010071-n1.html

今日の小田氏からのメールは?

今、何(どこ)を見ているのか?

<成長のヒント>
 人生は
 それまで見てきたもの
 普段見ているものでつくられる。
 美しいものを見ていたら
 瞳も、心も、振る舞いもキレイになる。
 ヘンなものやイヤなところを見ていたら
 人相も、雰囲気も、人間関係もひどく
 なっていく。
 だから
 意識してキレイなものをみる。
 努力して人のいいところをみる。
 何度もいい未来を想像する。
 
  


Posted by Myu at 21:44Comments(0)世界!政治病気?!医療